<< スイカジュースと秋野菜 おこもり作業 >>
見とれていたら
f0097970_12573689.jpg
相変わらずおマメの花は可憐で美しい。
これは 夏アズキの花です。
うっとりと見とれていたら、葉陰に「????」
よくよく見たら



f0097970_12583962.jpg
既に花が終わったものがあって、莢が・・・・・。
昨年、初めて作った夏アズキ。
そういえば収穫は、8月も半ばを過ぎてからだったせいか、結構採り時を過ぎ、萎れてしまったものもありました。

ってことで まだまだ花も咲いているし、葉も青々としていますが、出来ている莢を収穫してみました。



f0097970_1364627.jpg
ああ やっぱり昨年と比べると格段にマメが綺麗です。
やはり この時期から順次収穫なんですね。
夏アズキなので、大納言とかと比べたらずっと粒が小さいのですが、今年のアズキは、てりもなかなか良いみたいで上手くいったような気がします。
これから数日ベランダで干して乾燥させたら莢から取り出します。

アズキと言えば大納言。
でも 私は3年トライして、どうしても害虫に勝てませんでした。
そこで 見つけた夏アズキで再挑戦。
これは、種まきの時期が5月で、収穫も虫が付く前。
本当に育てやすいのです。


そして なんと言っても「お彼岸」ですよ。
お彼岸に、今年収穫したアズキで、今年もどうやら「おはぎ」が作れそうです。
想像していると 自然に顔がほころんでしまう。

にやけ顔で このブログを書きつつ、「お彼岸早くおいで〜」
って思ってるおばさんです。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-02 13:12 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/14316900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by stereoscopic at 2010-08-03 10:09
自家製のアズキで粒あん、最高ですね。おいしそうですね~
去年、義父がアズキを植えたのですが、やはり虫の害でとても
食べられるものではありませんでした。
そうか…夏アズキを植えればいいのですね。いい事を聞きました。
来年はぜひリベンジを果たしたいです。
そしておいしいおはぎを食べるのだ。
Commented by shogame2 at 2010-08-03 16:07
* stereoscopicさん*こんにちは
今はアズキと言えば大納言ですよね。
大納言、大粒ですし一粒一粒のアズキの味が違います。
でも ちゃんと出来なければ意味無いので、私は3年で諦めました。
作る場所にもよるのでしょうが、ウチは無理でした。
父は、一度だけ農薬を使うと言っていました。
そうしないと無理だって。(父も家庭菜園を少々)
夏アズキは、大納言より粒も小さくて味もちょっと落ちますが、なんと言ってもお彼岸に食べられるのが良いですね。
出来たてのアズキで出来たてのおはぎって なかなかですよ!
Commented by daphnid at 2010-08-03 18:09
あずき初収穫、おめでとうございます!
きれいな粒ですね〜〜〜
うちの近所では大納言あずきの種は売っていまして、ちょっと惹かれたのですが場所もないしあきらめました。
shogame2さんのおはぎ、楽しみにしてます(^^)
Commented by shogame2 at 2010-08-04 06:01
*ミジンコさん*おはようございます
大納言、やっぱり夢ですね。
あの粒の大きさは、やっぱりゆであがった時のアズキの味が違います。
でも 無理だろうな〜。
大体この時期に花が咲き始めるようなのですが、あっという間に虫が入ってしまいます。
花の段階で卵を産まれてしまうので、実が結実するまで行きません。
夏アズキは、そのイモムシの卵が産み落とされる前に収穫になるのでギリギリ「セーフ!」という感じ。
まずは 食べなくちゃね。って感じです。
Commented by offsidegallery at 2010-08-04 14:49
きれいですね~。
可愛くって食べるのがおしくなりますね!
本当に野菜って姿よし、性格よし!
って感じです。
ピコパパママ
Commented by shogame2 at 2010-08-04 20:02
*ピコパパママさん*こんばんは
野菜の中でもマメの花はやっぱり一番可憐で美しいように思います。
どんなおマメでもやっぱり綺麗。
アズキは、収穫の中から選別をすると残念ながら食べられそうにないおマメも1割くらい出てしまいます。
そういうおマメが何だか愛おしいですね。
食べられなくてごめんねって気持ちになります。
<< スイカジュースと秋野菜 おこもり作業 >>