<< 頑張ってくれてありがとう 思いっきりが大事 >>
痛恨のミス
f0097970_2083196.jpg

ケッパーです。あのサーモンとかに付いている。

昨年、家のリフォームで ベランダに置いておけなくなった夏
畑に移植しました。
畑では、沢山の綺麗な花を咲かせていたのですが、
とにかく忙しくて、蕾を収穫することも出来ず・・・・。
っていうか 畑にあると収穫のタイミングって難しいです。
花が咲く前の蕾で収穫しなくちゃならないので。


さて そのケッパー
秋に 鉢上げするつもりだったのですが、
何となく面倒になって・・・・。
まあ なんとか越冬してくれるんじゃないかと都合良く思って、
ちょっと、カバーを多めにして置いておいたのがいけなかった・・・・。

ケッパーの産地はイタリアのシチリア地方ですからかなり南の方。
日本の冬・・・・越冬できなかったみたい(涙)
この時期になっても 新芽が出てこないし・・・・、



ケッパーは発芽するまでに なんと3ヶ月もかかったのですよ。
その間ずっとひたすら土に水まきをして待ったのに・・・・、


今 ものすごい後悔です。







f0097970_20164541.jpg

後悔しつつももう諦めるしかないので、
こちらに気分転換。

紫の花がきれい〜〜とか見とれていたら
あっという間にキヌサヤが出来てきました。


キヌサヤ祭り、一気に突入です。
[PR]
by shogame2 | 2013-04-16 20:21 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/19227258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikeblog at 2013-04-16 22:17
ケッパー、もったいないことをしましたね。乾燥にも弱いのでしょうか。今度作る時はよく面倒見てあげてくださいね。
キヌサヤはうちのはまだ花が咲かないのです。確かに花芽はあるんですが遅いですー。何か私の作り方が悪かったのかな?
Commented by komorebi at 2013-04-16 23:40 x
じぇ じぇ じぇええええ!
あのケッパーちゃんがぁ~?
でも、ホラ
芽がでるのも時間がかかった子ですから…
気長に待てば…

今年はことのほか寒かったですからねェ
それにしても、もうこんなに「木」状態になってたの~?
スゴイ成長力~!
カムバーック! ケーッパー!!
Commented by K@アリゾナ at 2013-04-17 10:52 x
ケッパーはイタリアで直接見てきました。
ダヴィンチのお里の博物館の石垣にあったんです。
ヴィンチ村って、フィレンツェからバスで30分ぐらいのところにあります。
蕾だったんですね。
イタリアの方のブログを見ていたので直ぐに分かりました。
でも、まだあきらめずに待ってみたら如何ですか。
勿体ないですね。ガッカリな気持ち分かります。
それはどうやって?日本に苗売ってますか。
Commented by shogame2 at 2013-04-17 16:49
*mikeblogさん*こんにちは
ケッパーは乾燥気味の暖かい気候が向いているようなんです。
土も粘土質はダメみたいです。
イタリアの南の方のものなのでそうなんでしょうね。
もうちょっと気をつければ良かったと思っています。

キヌサヤは、取れ始めましたが
今日は強風で、枝がかなり折れてしまっていました。
お豆達は、花が咲いてある時から一斉に実になるので
もうすぐお祭りですね。
Commented by shogame2 at 2013-04-17 16:57
*komorebiさん*こんにちは
ぢぇ ちぇ ちぇぇぇっ  でしょ?
私も3月に入った頃は、まだこれから芽が出てくるんじゃないかと
思っていたのですがね〜。
でも もったいなくてまだそのまま置いてあるので
ひょっとしてひょっとする???とかね。
まだ諦めきれないんですけどね、本当は。

木のようになっているとはいえ、高さは30cmくらいしかないんですよ。
低木というよりは地面を這う感じ。
でも幹は3cmくらいあるので、かなししっかりしています。
Commented by shogame2 at 2013-04-17 17:01
* K@アリゾナさん*こんにちは
ケッパーは、「実」ではなくて蕾なんですよね。
ですからまだ開く前の状態で収穫して塩漬けにします。
タイミングがちょっと難しいです。
日本だとネットで苗を売っているようですけどほんの少しです。
私は、種から育ててみたかったので
種を買いましたが、発芽までにとても時間がかかり
発芽率も悪かったので、発芽した時にはとても嬉しかったです。
ケッパーは沢山食べるものではないですけど
サーモンとの相性は抜群ですね。
瓶詰めとは全然違った味でした。
<< 頑張ってくれてありがとう 思いっきりが大事 >>