<< 飛騨紅かぶ収穫 今年の玉ネギ仕事終了 >>
2年ぶり菜園の放射線量測定
f0097970_19481032.jpg

久しぶりに自治体のHPを見たら、
出張所でも放射線測定器が借りられることが分かり
早速借りてきました。
以前は本庁舎のみの貸し出しで、しかもその日のうちに返さなくちゃならなかったので
結構大変だったんです。


さて その結果はというと・・・・。
写真でも分かるように、[0.133μSv/h ]まだまだ・・・・ですね。
多いところだと[0.18μSv/h ]くらありました。
2年前の12月に量った時は、この2倍くらいの [0.24 μSv/h ]くらいあったのですから
それから比べてたら半減でしょうか。

でも それって土をこねたり、堆肥を入れたりしているので
実際はどうかな〜。

敷地の境目の植木が植わっている所の下の所だと[0.2]くらありました。
今積んである菌床は[0.08μSv/h ]
菌床はハウスから出して数ヶ月野ざらしになっているので、
どうやら空気中に新たに放射能が降り注いでいることは無さそうです。



世の中は何だかもうすっかり過去のようになっている放射能汚染。
私の畑は、人体に影響があるような数値では無いですが
それでも 何も無ければ[0.04μSv/h ]程度なわけですから
やはり高いです。
福島から200kmも離れているのに・・・・。

今も 自治体は毎日 
農家で収穫された野菜の測定結果、子供達の学校給食の測定結果をメールで知らせています。
もちろん もうみんな25ベクレル以下の安全範囲内なのですけどね。
ちなみにこの25ベクレルという数値、日本の安全基準よりさらに厳しい数値になっています。
私はこの結果を一応信頼して、最近はもう 我が菜園の野菜の放射能物質は量っていません。

絶対とは言えない安全ですけど、ここで暮らす以上みんなこのことは受け入れているって事です。





f0097970_2061355.jpg

測定をした後、ふと見たらソラマメが発芽していました。
元気で育って欲しいですね。
[PR]
by shogame2 | 2013-11-11 20:09 | 放射能のこと | Trackback
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/20823850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 飛騨紅かぶ収穫 今年の玉ネギ仕事終了 >>