<< 次の世代へ 暑くても頑張る >>
甘かったかもしれない・・・
f0097970_19475152.jpg

5m×4m  これがアズキ畑のサイズ。
ここにおよそ100本くらいのアズキが植わっていると思います。

アズキは、虫が付きやすい。
というのは、この種を貰った父から聞いていました。
特に夏場高温になると多くなるらしいのです。
8月中旬、そんな気配がウチのアズキ畑にも漂ってきました。

でももうこんなに茂ってしまって、駆除するのも大変だし、
第一 こんなに沢山作って居るんだから、少々虫が付いたところで、収穫できる物はあるだろう
ってことで、ほったらかしにしておりました。

異変が急にはっきりとしてきたのは、最近。
f0097970_19594146.jpg
アズキの花のつぼみが、なんだか枯れたようになっていて、触ってみると蜘蛛の巣の細かい物のような物が絡まっています。
もったいないと思いつつも ちょっと広げてみたら・・・・・

    !!!!!

中から クリーム色をした芋虫が・・・。
よく見ると あちらこちらの花、ことごとく 同じようになっているではありませんか!

ええっ! じゃあ そろそろできはじめていた莢はどうなの?と 調べてみると
f0097970_20112021.jpg
莢には穴が空いていて、そこからむにょむにょと虫が食べら後のふんらしき物が出てきていました。

あの莢も この莢も・・・・。
みんな みんな・・・・・・。
これって全滅って事?
って言うくらい、ひどい有様で、無事な莢を見つけることは残念なことに出来ませんでした。

焼け石に水、無駄骨かもと思いつつも、ほんのちょっと虫取りをしてきました。
小さい虫なので、ゴム手袋をしていればもう素手で、潰していけます。
っていうか 潰してかないと間に合わないくらい沢山!!

家に帰って 調べた虫の名は、フキノメイガらしい。
初めて、「農薬」の事も調べました。
調べているウチ やっぱり撒きたくないと思ったり・・・。
父は、今年は諦めて もうかなり前に一番弱い農薬を撒いたそうですが。

自前のアズキでおはぎとお汁粉が食べたくて、初めて作ったアズキですが、ちょっと甘く見すぎていました。
ちょっと欲深して、密植したのがいけなかったのかしら。
これだけ虫が付いてしまったので今年はもうあきらめるしかないかもしれないけど、来年の教訓にはしなくてはなりません。

アズキは、もっと隙間を空けて 風通しをよくして植えれば、虫の発生を少しは抑えられるかもしれません。そしてもし虫が見つかっても ある程度は対処できるかもしれません。

f0097970_20252615.jpg

きりきりしながら、虫取りをしていたら、の〜んびりと イナゴが日光浴をしていました。

はっと我に返り 腰を伸ばして和んだひと時でした。

※どなたか アズキに虫が付かない方法、若しくは駆除方法、ご存じの方いらっしゃらないでしょうか。 来年のために・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2007-09-25 20:40 | 2007秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/6421610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by y-kokano at 2007-09-25 20:51
心中お察しいたします。
読んでいて、凄く悲しかったです。
以前枝豆をカメムシにやられた事を思い出しました。
がっくり来ましたもの…。
私も農薬が嫌で木酢液のみ。
でも効果はほとんどなく(T_T)。
隙間をあけたらマシなんでしょうか…?来年は上手くいきますように。
Commented by shogame2 at 2007-09-25 21:06
★こかさん★こんばんは
でしょ〜。このアズキは、元手が一切かかっていないので(父から貰ったアズキ)まだちょっとは心に余裕がありますが、これが、買った種でしかもトマトなんて言ったら 今頃卒倒しています(笑)
木酢液って試したこと無いのですが、ネットで調べてもほとんど効き目無しって書いてある事が多くて・・・。
隙間開けたら マシになるかどうか。。。どうでしょう、
でも暑すぎる夏に大発生するらしいので、苗の隙間を空けるのはmちょっとは効果があるかもしれません。
 まあ 来年の話ですけどね。
Commented by sakko at 2007-09-26 07:09 x
小豆、大変なことになりましたね。
写真で見れば葉が青々として元気そうなのに。
一株に何個くらい種を蒔かれたのですか。
私は2本ずつ植えています。肥料が足りなかったのかひょっとして居ます。
横に丹波の黒豆を植えたので虫が心配で、ほとんど毎日朝夕見に行って虫取りをしています。
今年はまだカメムシを見ないので助かったいますが、あれにはお手上げです。
ほんの少しずつ蒔いた小松菜や子蕪は虫だらけ、もう一度蒔きなおそうかなと思っています。
私のことより、syogame2さんの小豆、どうすればいいでしょうね。
この際、涙をのんで農薬を使いますか。
赤い小豆が取れる真で、まだ随分、日がありますもの。
sakkoもやっと 小さな虫ならば手袋をして殺せるようになりました。一緒に行って手伝ってあげたい気持ちです。
Commented by kalut at 2007-09-26 09:20 x
うーん、これはショックが大きいです。
祖母に聞いてみましたが、昔の人なのでやはり「薬使え」と。
でも、使いたくないお気持ちはとてもよくわかります。素人の考えで間違っているかもしれませんが、ちょっと濃い目の石鹸水をかけてから洗い流してみるとかダメでしょうか。
小豆って涼しいところで育つ印象があるので、株間広げるのは効果あるのかもしれないですね。
Commented by hokkori-hime at 2007-09-26 09:26
おはようございます、shogameさん。
がっくりきますよねぇ~、虫も必死でしょうけど、こちらは、ヨトウムシが大発生の予感が・・・( ゚曲゚)キィィィィィ 毎日見回りしていても、いつのまにか、いるんですよー!!

防風網はどうでしょうか?すっぽりと囲って、虫の侵入をシャットアウトしてくれますが、5mmの網目だから、フキノメイガも入れないと思いますが
あと、農薬をまく場合は、茎の中や実の中に幼虫が入る前の方が、良いようです、また、農薬を買われる場合も、種苗店で、話をして選ばれた方がいいですよ、家も3年前に、泣く泣く農薬を使った事があります・・・
近所の人は「オルトラン」がいいと言われ、仲良しの種苗店に買いに行ったときに、「間引き菜が、食べられませんよ、家庭菜園だから、コッチを一回だけ撒きなさい。」とアドバイスしてくれました。
「オルトラン」は残留性があるそうです・・怖い・・・(;´Д`)ウウッ…
おたがい、がんばりましょうねぇ~。
Commented by ピコパパママ at 2007-09-26 09:31 x
農薬を使わない栽培がいかに大変か!!ですねえ・・。
その代わり、イナゴ・・・が。
何って言ってる場合では、ありませんでした!
Commented by 彩り at 2007-09-26 12:46 x
毎度毎度、何の役にも立たない私です(^^ゞ
でも、こうやって見ると、私たちの口に入る、小豆にしても
農作物には農薬がふんだんに使われているという事でしょうか。
あな、おそろしやです。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 21:27
★sakkoさん★こんばんは
私も一カ所に2株植えています。
やっぱりsakkoさんのようにこまめに虫取りをしないとだめなんですね。
アズキは、作り方もほとんど分からず、聞きかじりのような感じで、あとはもう何とかなるだろうと高をくくっていたのが間違いでした。

農薬は調べてみたら、もっと早い時期に撒かないとだめなようです。
莢が出来てしまうと、ちょっと怖い感じもしますしね。
卵の段階でやっつけるのでしょうか。

収穫までまだ2ヶ月くらい有るようなので、すこしでも収穫できるようちょっと頑張って、週末は虫撲滅でいこうと覚悟をしています。
今年は、できたら来年撒ける分くらい収穫できたら良いかな、位の気持ちになってきています。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 21:31
★kalutさん★こんばんは
やっぱり農薬なんですよね。
父も8月の終わり頃に撒いたと言っていました。
石けん水・・・・。そんなヤワな感じの虫では無いような。
っていうか、ほとんどが、茎や莢、つぼみの中に入ってしまっているのでもう農薬でもだめだと思います。
取り合えず、とれるところまで取ってみます。
週末はピンセットを持って・・・、きっとらち空かないでしょうね(笑)
だから 産地が北海道なんだ!って今更ながら納得ですわ。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 21:36
★hokkori-himeさん★こんばんは
私も今回ちょっと農薬も調べてみたのですが、やっぱりちょっと時期的には遅そうです。
莢が出来てきているのも気になります。
オルトラン、出ていました。やっぱり残留農薬が気になりますね。
生で食べるものではないですから、大丈夫なような気もしますが、
ここまで全く科学的な農薬は使わずに家庭菜園をやってきたので
ここで負ける(?)のも気になるところ。
網をかぶせるのは、良いかもしれませんね。全部を覆うのは難しくてもふわっとかけておくだけでもずいぶん違うと思います。
ありがとうございます、来年の参考にします。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 21:40
★ピコパパママさん★こんばんは
イナゴは、本当に癒されました。
私が青筋を立てるようにして虫取りをしていたその時に、の〜んびり秋を楽しんでいる感じで。近寄っても全然逃げないし。
あくせくしている自分がなんだか可笑しかったです。
まあ 初めての作物なので良い経験だったと思うことにして・・・。
収穫時期、楽しみにしていてくださいね。
収穫が有ろうと無かろうと・・・・。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 21:44
★彩りさん★こんばんは
アズキの最大の産地は北海道ですから、関東と比べたらずっと涼しいはずで、虫の発生も少ないでしょうが、やっぱり沢山の農薬は使っているでしょうね。
とにかく あっという間にやられてしまうし、あの綺麗なアズキを均一に出来るだけ落としなく収穫するのは、やはり農薬に頼らざるを得ないでしょう。もちろん残留農薬の制限も有るでしょうから、危険なことは無いと思いますが、やっぱり気になりますよね。
自分で作ってみて初めて分かる事もありますね。
Commented by tiny_zucky at 2007-09-26 22:00
せっかくのアズキ、残念でしたね。やっぱり防虫ネットが一番効果的でしょうか。たくさん植えているとコストがなかなか大変ですが、その分全部収穫できると思えば半分かけるだけでも効果大ではないでしょうか。
今、はたけ番さんの所に行ってきましたが、アズキの収穫の記事がアップされていましたよ。涼しいところだと作りやすいのかもしれませんね。
Commented by shogame2 at 2007-09-26 22:33
★zuckyさん★こんばんは
私もさっき はたけ番さんの所で、見目麗しきアズキの莢を見てきました!
北海道が産地なんだからやっぱり涼しいところの方が作りやすいですよね、きっと。
防虫ネットは、ちょっと高価だし、数も持っていないのですが、来年は何とか工夫してみようと思います。せっかくの作物、やっぱり何とか収穫したいですものね。
Commented by sakko at 2007-09-26 23:42 x
今日、小豆の葉の下をのぞいてみました。
小豆の鞘が虫にやられいました。丹波の黒豆は時々覗き込んで確認していたのですが、小豆は上から見て虫いないな~と思っていました。がっかりです・・・・・・。
今日いつもの園芸店に行きました。
「今年はあきまへんあ~。何処の畑も虫が多くて」と園芸店のおじさんが云っていました。
蕪は葉を食べるのではない、丸い蕪を食べるのだからと葉の虫を気にしていなかったら根の方もだめなんですね~。
また蒔きなおそうかとおもっています。
Commented by t-haruno at 2007-09-27 08:45
やっぱり豆類は、虫にたかられますね。
特に、今年みたいに残暑が長いと、虫も多くて・・・。
我が家は、丹波の黒豆を、もうあきらめました。サヤは出来ているけど、豆がちっともふくらんでこないのです。とほほ。悔しい。
でも、来年は、また気候が違うだろうし、shogame2さんのアズキも、来年はスムーズに収穫まで行けるかもしれませんね。
そのためにも、今年、ちょっとでも収穫しておかないと!ですね。
これだけ作付け面積が広ければ、まだこれから大きくなるサヤが、たくさんあるかもしれません。週末の虫取り、大変だと思うのだけれども、負けないでね!虫、やっつけてください。

ひとつ、思ったのは、次に作るとき、収穫期をずらしてみたら・・・ということなのです。私はshogame2さんより1ヶ月半ほど早くに蒔き、8月半ばにアズキを収穫しました。
夏収穫のアズキだと、虫の繁殖期のギリギリ前に収穫できる・・・と思います。ま、それでも、色んな虫は、やっぱりたかってくるのですが。
木酢液って、虫が発生する前から撒いておけば、ある程度予防になるけど、いざ発生してしまうと、とんと効かないし・・・。
Commented by mintbox1 at 2007-09-27 10:19
こんなことを書いちゃうと、家庭菜園を楽しんでいる者として失格かも
知れないけれど…。私は薬を使っちゃうかなぁ。もちろん、薬を使うのは
最終手段だしイヤだけれど、でも『○○と言う薬を、○回撒いた』って
確実に把握できる点、スーパーで買ってくる野菜より随分マシかも、って
思います。せっかく植えた野菜が、害虫に全滅させられるのは悲しいし。
最後の最後の手段としての薬…。私はこれは『有り』って思ってます。

家人の妹が農家に嫁いでいて小豆も作っているので、今度合った時に
害虫の予防やら何やらを聞いておきますわ。
Commented by はたけ番@緑ネット at 2007-09-27 10:51 x
むむ、悲惨ですね(涙)。こしらでは、三度目の小豆(最初の年はもらった苗を適当に植えただけ)です。6月に播いて、肥料もなし、サヤの日当りだけ気を使って収穫時を迎えました。カラスに狙われることもなく「小豆はラクだなぁ」が感想なのは、やはり気候の差なのでしょうか?
写真で気づいたのは、苗が混み合っていること。風通しの良さは大切なので、そのせいもあるかも?
こちらでは、今はハクサイや大根(聖護院)が小さなカメムシの集中攻撃に会って、かなり悲惨です!! 困った、困った。
Commented by grasshouse at 2007-09-27 11:05
小豆は作った事がないけど、丹誠込めて育てたものが被害にあう悲しさはどれも一緒ではないでしょうか、んん~~~残念です(/_;) シクシク

話がそれますが「オルトラン」そんなに毒ですか~!
私は常用してました~!(≧д≦)アチャ
しかもこの間蒔いた大根の間引き菜も食べちゃったし。(/_;) シクシク
私はね~、オルトランして3日が過ぎれば大丈夫!と聞いてまして、、
あ~~~悲しい。
Commented by hokkori-hime at 2007-09-27 14:17
こんにちは、すいません、追伸です、
「フキノメイガ」は4mm目の防風網では、駄目だそうです、
1mm目の防虫網だそうです・・・ごめんなさいね、(← お父ちゃんに言われました。)
木酢液があるなら、網を浸けるか、網に噴霧してやると、虫がある程度は
避けてくれるらしいですよ、私も、夕方に自然農薬をカケにいきます。
 説明不足でごめんなさいネッ。。
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:20
★sakkoさん★こんにちは
今年は特別に虫の多い年だとは思っていましたが、園芸店の方もそう思われたのですね。
でも私は、もうちょっとアズキに注意を払っておけばここまでひどくはなかったのではと、ちょっと悔やんでいます。
週末の虫取り作業も 考えるとちょっと気が萎えてしまいそう。
来年は、もうちょっと準備と気遣いをしなくてはと思っています。
カブもダメでしたか!
私はちょっとネットをかぶせてあるのですが、こちらも週末は要チェックですね。私の場合、カブは葉っぱが大好きなので(笑)
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:25
★harunoさん★こんにちは
今年初めてのアズキは、父からもらったのものでした。
父の言うまき時が、ちょうど7月だったのですが来年はちょっと早めてみましょうか。
暑い夏の年は、虫が多い事はすでに分かっていたのだから、もうちょっと私も気をつけたらよかったのですが、ちょっと甘かったですね。
欲深せずに もうちょっとゆったりと植えて・・・・。
夢と消えそうなおはぎやお汁粉、そしてお赤飯。
なんとか初収穫のお祝いに お赤飯だけでも炊きたいですが、この調子だと来年の種まき用に種が収穫できるか・・・・。
だんだん不安になります。
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:31
★mintoboxさん★こんにちは
うんうん、わかります。私も農薬については、今回初めてちょっと迷いました。でももうちょっと手遅れのようなんです。
莢が出来てからでは、莢にも良くないようですし。
でも 父なんかは、もう危ない!って思ったら迷わず撒きますね。
アズキの場合、生で食べる事は無いし、むしろしっかりと火を通すし、場合によっては煮こぼせば良い事なので・・・。
今年は、もらった種と言う事もあって、かなりお気楽に作ってしまいましたが、来年は農薬の事ちょっとは考えなくては。
そんなにばさばさ撒くわけではないですものね。
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:37
★はたけ番さん★こんにちは
種はもらったし、肥料は・・・、去年菌床堆肥が沢山撒かれているし、私もかなりお気楽に種まきしました。
が、それがいけませんでした。やっぱり涼しい所の作物なんですね。
そういえば、沖縄でアズキが取れるって聞いたことないですものね。
それに やはり?私もちょっと欲深して、所狭しと種まきをしてしまいました。っていうか、なにしろ見たことなかったので、こんなに茂るとは思っていませんでした。
今年は良い勉強になりました。(種を買ってないから言えるのかも)
ウチでは、カメムシは、万願寺唐辛子やピーマンについています。そのせいか白菜や大根は無事です。
カメムシなら大きいから、ちょっとふわっと何かかぶせておいたら防御できません?甘いかな~。
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:42
★grasshouseさん★こんにちは
こういう農薬の事は、いろいろな噂が飛び交って、どれが本当だか分からなくなります。お店で聞けば、やはり売りたい事もあって「大丈夫」って言われるし。
私の場合は、家庭菜園を始めたときに、子供がアトピーだったと言うこともあって、農薬は使わない主義でここまで来ました。
使わないから知らないじゃなくて、ちゃんと知っておかなくてはなりませんよね。今度一度ちゃんと調べてみなきゃ。って思います。
そうすれば 安全に農薬を使うことも出来ると思ったりするのです。
Commented by shogame2 at 2007-09-27 15:46
★hokkori-himeさん★こんにちは
いろいろありがとうございます。
私も4mmはチト大きい網目って思いました(笑)
私もサンサンネット、持っているので、週末は虫退治とともにちょっとかけてこようかと思います。
少なくとも これから卵を産もうとしている(居るのかな?)チョウチョには有効ですものね。
ありがとうございました。
<< 次の世代へ 暑くても頑張る >>