<< 旬 到来 企み白日のもとに >>
失敗に思う
f0097970_14534380.jpg


収穫できたわずかなアズキ。
それも光沢がなく、マットな感じでいかにもまずそうです。

何度か書いたアズキの大失敗。
お豆ってそれほど難しいと思ったこともなかったし
後で食べる楽しみの期待も大きかっただけに
結構な痛手でした。

今年の夏が暑くて虫が異常発生したのは確かですが、
失敗の理由はそれだけではなく、やはり私の作り方にも問題があったのかなって思います。

最大の理由はけちけちともったいながって間引きをしなかった事。
タダでさえ、結構込み入って種まきをしていたのに
一カ所に3粒くらい撒いて、ほとんど間引きをしませんでした。
どれもみんな勢いが良くて、捨てがたかったんだよね。


間引は他の野菜でもそうですが、しなければ沢山出来るけど
結局小さかったり徒長した物が出来るのです。
思い切って間引きをすれば、大きい物でおいしい物が出来る子との方が多いのです。
でもこれがなかなか難しい。
何年野菜を作っても、やっぱりもったいなく思ってしまい、結局イチゴなんて毎年小さい実が出来てしまうのです。

f0097970_1457378.jpgもう一つには、カブ間が狭かったことだと思っています。
たぶん20㎝くらいしか空いていなかったのでは?これでは少々大きくなってきたらもう隣とぶつかって夏の間は葉も重なり風通しも悪いです。

写真は9月25日のアズキ畑。


アズキを虫を付けずに育てるというのは、どうやらかなり難しいというのは父の畑で農薬を撒いたことや、今年の様子からしても分かるのですが、植え方をもう少し考えれば農薬を使わなくても、少しは収穫できるのではないかと思うのです。
今年の反省を忘れずに、来年の今頃こんなお汁粉を食べられたらもうそれは本望という物です。


f0097970_1502536.jpgところで、お汁粉とぜんざいについて、お汁粉って言ったら私の場合つぶしあん(要はつぶつぶのあるもの)のお汁とお餅の事、ぜんざいは汁気のないねとっとしたこしあんとお餅と理解していたのですが、どうも地方によって色々あるらしいですね。皆さんお住まいの場所ではどんな言い方なんでしょう。
[PR]
by Shogame2 | 2007-12-11 15:06 | 2007秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/7038164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shio-ru at 2007-12-11 20:34
こんにちは、しおるです。こちらにもお邪魔しました。
間引き、経験はないながらももったいないという気持ち、わかります。
この子も成長したがっているだろうに、などと思ってしまうんですよね。

お汁粉とぜんざい、わたしの勝手な解釈かもしれないのですが
お汁粉はこしあんを溶いたお汁にお餅でぜんざいはつぶあんで作ったお汁にお餅です。
つぶがあるかないかの違いだと思っておりました。
地方によって違うんでしょうかね。
Commented by nonkinaokome at 2007-12-11 20:42
こんばんわ。

わかります~~(^^)
間引きってもったいなくて、なかなかできないんですよね。
これじゃあ大きくならないかな。と思うんですけど、いつも
いや、やっぱり。の堂々めぐりで^_^;

おしることぜんざい、私もshi-ruさんと同じく
つぶあんかこしあんか?の差だと思っていました。
Commented by Shogame2 at 2007-12-11 21:09
*しおるさん*こんばんは
はじめまして。私のブログにきてくださってありがとうございます。
植物の種って、一粒がそれぞれ独立しているというか、例えば一粒で一株のほうれん草が出来るわけで、とても貴重な感じがするんですよね。可愛そうな気持ち半分、いやいやそれほどでもなくて、案外もったいないのはいじましい心根だからです(笑)

私は小さい頃からお汁粉と言えばアズキがぶつぶつとある物と思っていたのですが、結婚してOTTOから言われたのは「それはぜんざい」と言うことでした。私にとっては、ぜんざいはお汁のないねっとりした物と思っていたのでびっくりでした。
いまでは「お汁粉」で統一されていますが。
Commented by Shogame2 at 2007-12-11 21:13
*nonkinakomeさん*こんばんは
野菜を作っていると、いつも突き当たるというか、ジレンマに陥るところですよね。特に今年のアズキは、初めてだったので、沢山取りたくてついけちけちしてしまいました。結果この通り。がっかりです。
やっぱり、もっとおおらかにゆるりと作らなくてはいけませんね。

お汁粉、どうやら関西から西の方が「ぜんざい=つぶつぶ」の様ですね。
私は「ぜんざい」という言葉に小さい頃から全くなじみがなくて、今でも「お汁粉=つぶつぶ」で、作るのは私と言うことで、家でもお汁粉と呼ばせております。
Commented by sakko at 2007-12-12 01:17 x
ウードゥちゃんはsyogame家にもうなれましたか。
「マリと子犬の物語」を見てきて、まだ興奮が続いているsakkoです。
小豆は私は2本ずつ30cmくらいの間隔で植えています。
カメムシがついたらもうお手上げなんですが今年は付かなかったので助かりました。葉につく虫は毎日見に行って手で殺しましたよ。
でも収穫は余りありませんでした。その年の気候にも因るのですね。黒豆の2本ずつ植えていたら隣の畑のおじさんが1本ずつ植える用に注意してくれましたが、もし虫にやられたらと思い2本ずつ植えましたが1本の方が大きく育って沢山なっていました。
間引くのも勇気がいりますね。
我が家ではおぜんざいは写真のような粒粒のをいいます。
汁粉はあまり作りません。
Commented by yaya_seiko_udoku at 2007-12-12 11:07
過密に種まきしてしまう癖がある上に、
可哀想、もったいないとか色々思ってしまい、
間引けません。
まずは、過密種まき禁止!
来シーズンの目標(?)です。

お汁粉とぜんざい。
どちらもおっしゃるとおり、お汁粉=こしあん、ぜんざい=つぶあん。
ただ、こちらではお汁粉には白玉。ぜんざいにはお餅、が多いようです。
Commented by mintbox1 at 2007-12-12 12:15
去年、お向かいのお爺ちゃんにお豆を頂いたのですが、お爺ちゃん曰く
「うちの豆が光ってないのは、店で売ってる豆と違って磨いてないからだ」
と言ってました。だから、shogameさんのようなマットな感じが、豆の
正しい姿なのでは?と思いますw
Commented by t-haruno at 2007-12-12 20:45
来年は、きっと作ろう自家製アズキのお汁粉!ですね。
私も<里山1号>を手に、今年より多くの収穫を目指します。
豆類は、ホント、虫が難儀ですが、負けちゃあいられませんものね!

ところで、私が生まれ育った土地では、↑の写真の状態の食べ物は<おぜんざい>でした。
で、それとは別の、こしあん系の・・・という食べ物は存在していませんでした。この手の食べ物は<おぜんざい>のみ。
たぶん、今も、高松の甘味屋さんへ行けば<おぜんざい>オンリーでは
ないかしら?
つぶつぶ系と、こしあんネットッリ系の両方が存在してる地域もあるんですねぇ。東日本と西日本では、和菓子が結構違うから、それは東日本の特徴かしら??
(私、桜餅って言えば、イコール道明寺だし)
Commented by Shogame2 at 2007-12-12 21:57
*sakkoさん*こんばんは
ありがとうございます。ウードゥは少しずつ慣れてきています。
でもなにぶん赤ちゃんですから、サークルから出るのもおっかなびっくり。私が動くとリビングの中だけならちょこちょこ付いてきて、それが又可愛かったり。
sakkoさんのアズキの収穫は、ブログを拝見してもちゃんと有ってうらやましい限りです。
やっぱり、毎日のようにお手入れをしないと駄目なんでしょうかね。
来年は、もうちょっと頑張ってこまめに手入れをしてみようと思います。

お汁粉、ってもしかしたら私だけ??
コメントをくださった皆さん、ぜんざいがつぶつぶ。
Shogame1が「ほ〜らね」って高笑いしそう。
天涯孤独だわ〜。
Commented by Shogame2 at 2007-12-12 22:02
* yaya_seiko_udokuさん*こんばんは
どなたも一様に、もったいないと思い間引けないですね。
だからって、間隔を空けて種まきって、これが又結構面倒くさい。
それにたまたま芽が出ないところもあったりして。

yaya_seiko_udokuさんもやっぱりぜんざい=つぶつぶ。
はあ もうウチの実家てどうなっていたんでしょうね。
そもそもこしあんのお汁粉は存在しなかったのですけどね。
白玉のお汁粉って、何となく上品で美味しそう。
白玉は最近冷凍とかでも売っているので、今度作ってみようかな。
もちろん我が家のお汁粉=つぶつぶで!
Commented by Shogame2 at 2007-12-12 22:08
*mintboxさん*こんばんは
ええ!?そうなの?って、冷蔵庫にある父から送ってもらったアズキを見たらなるほど!マットです。
今までどうして気付かなかったんでしょう。
おじいちゃんにも感謝だし、mintboxさんにも感謝だわ〜。
もう こんなの!って危うく捨てるところでした。
来年この種も大切に撒くことにします。
貴重な情報「自家製アズキはマット!」忘れずに。
ありがとうございました。
Commented by Shogame2 at 2007-12-12 22:17
*harunoさん*こんばんは
そうそう、たった1回の失敗で負けるわけにはいきません。
だいたい今回は私の「けちけち」も原因の一つなので、それをなくしてもう一度作ってみようと思います。

アズキは、やはり私の実家が変??みたい。
どうなんだろうね。ちなみに両親とも名古屋に近い静岡で、これが食文化となると結構ビミョウな位置なんです。
母がいつから「お汁粉=つぶつぶ」と思っていたかは知りませんが、私を始め兄弟達は、皆「お汁粉=つぶつぶ」だと思います。
そもそもぜんざいという言葉になじみがないので、今後も「お汁粉=つぶつぶ」ですね。私も頑固モンだわあ(笑)
Commented by mikeblog at 2007-12-12 22:52
豆類はなかなか難しいですね。私なんか大豆からして(その前にエダマメも)採れたためしがありません。下手ということもあるだろうし作るタイミングが悪かったというのもあるだろうし、無農薬栽培だということもー。懲りてもまた少し播いてみて失敗している私です。プチプチのエダマメは夢なのかなあ。
お汁粉は粒あんでもこしあんでもお汁粉、ですね。こちらではぜんざいもお汁粉も同じものかも。要は違いがわからないんですね。私個人としてはおいしかったらなんでもいいんですけど。
Commented by Shogame2 at 2007-12-13 10:06
*mikeblogさん*おはようございます
そうそう枝豆も案外難しデス。昔は夏の子供のおやつでしたが、沢山植えてもほんのちょっとしか出来なかったり、空梅雨だと身が入らなかったり。でも子供が喜ぶので作りましたが、最近はもう止めてしまいました。
アズキはまだ今年初めての物なので、懲りずに来年又チャレンジです。
お汁粉、そうそう私ももう美味しければどっちもいいや、という心境です。
でも検索してみたら、案外話題になっていたりして「へー」という感じだったので、ちょっと皆さんにお聞きしてみました。
ここへ来てようやく「お汁粉=つぶつぶ」もありのmikeさん登場でほっとしました。
<< 旬 到来 企み白日のもとに >>