<< もっと イタリア! 失敗宣言 >>
特別って程じゃないの
f0097970_1736353.jpg
これがプンタレッラの最終形。
色々と食べ方は有るかもしれないのですが、私が知っているのはサラダで食べる方法。
薄くスライスして冷水でクルリンとカールさせるとオシャレ。
本当は、水菜とかレタスとかと合わせて食べます。
ちょっとほろ苦くてシャキシャキとして美味しいですけど、特別に際だって美味しいというわけでは無いかな?って私は思います。

ソースというかドレッシングというか、奥の方に写っているのは「バーニャカウダ」
アンチョビソースなんですけど、以前にmintboxさんが生クリームを入れると美味しいと仰っていたので、私も真似をしてみました。
これ いけますよ!
非常に美味です。あ アンチョビは市販のものですけど。
茹でジャガイモとか温野菜にもとても良くあって大好きです。


作り方はとても簡単で、
ニンニク(2かけ)を牛乳で茹でて、それとアンチョビ(1缶)、オリーブオイル(100cc)、生クリーム(適当)をガーってミキサーで混ぜるだけです。

プンタレッラとバーニャカウダ、これから年末に人を呼んで鍋パーティーとかする時の前菜にちょっと話題性としてはありかも。



さて、そのプンタレッラの姿は、というと


f0097970_17401662.jpg
畑で見るとこんな感じに。ちょうど白菜一抱えくらいの大きさ。
ちょっと美味しそうに見えるかもしれない葉っぱは、実はとても硬いので全部切り落として持って帰ってきます。



f0097970_1742065.jpg

そうするとこんな感じ。
これで食べるところは白い部分だけです。


f0097970_17452110.jpg

白い部分は、こぶこぶって感じでいくつにもブロックに分かれています。
これをうす〜くスライスして、冷水でクルリンとカールさせるのです。
このブロック実は中心は空洞です。



て ここまで書いて、はたと気がつきました!
私、2年前とほぼ同じ書き方している!

しかも写真は小さいながらも、2年前の方がキレイ!
しかもプンタレッラ 2年前の方が良くできている!


なんだか進歩無いな〜。
うっすら落ち込む私。


良いの、良いの、今年は思いがけずプンタレッラのこんな美しい花を見ることが出来たしね。
[PR]
by shogame2 | 2008-11-11 18:04 | 2008秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/9636004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by t-haruno at 2008-11-11 20:26
これねー。前の記事の時も、同じことを思ったのですが(私も進歩無い?)すっごい廃棄物の出る野菜ですよね。
白菜やキャベツだって、こんなには出ない。
日本人に馴染みのある食材で、これに匹敵すると言うと・・・・・タケノコ?
でも、
タケノコって、それだけ廃棄物が出ても、美味しいから食べたいですが、
プンタレッラは・・・・・「??」なんでしょう?
何故、そこまで<芯>にたどり着く苦労をしてまで、イタリアの方は、これを食べるのでしょうね?他に食べるものが無いのならわかるけど。あのイタリアで。
いやー、異国の食事事情は、本当に不思議で興味深いです。

ところで、前の記事に書かれてた小豆。
えっ!?虫?
カメムシにたかられたんですか?
う~~~~~ん。もう、パツンパツンになってても、最後までネットの中に置いておいたら良いのかしら。
残念でした。
でも、結構採れたように見えた我が家の小豆や黒あずきも、
半分は水に浮く<スカ>でしたから・・・・・。
ホント、難しいですね。小豆。とほほほ。
Commented by junjun-bread at 2008-11-11 23:09
プンタレッラ・・こんな風に食べるんですね。
↑↑t-harunoさんが書いてらっしゃいますが、廃棄物がたんまりのタケノコ系なのですね。なるほどぉ~。
でもshogameさんが連続で作ったという事は、やっぱり美味しいからでしょうか。それともものすごーく体に良い何かがある・・とか何らかの恩恵があるのでしょうか。。。
スライスしてクルンとなっているプンタレッラはとーっても美味しそうですけど。苦いのですね(>_<)
バーニャカウダ、私も作ってみたいと思ってました。
挑戦してみますねー。
Commented by sakula-factory at 2008-11-12 05:49
プンタレッラ…ですか、言うのも難しい感じですね(笑)。
食べる部分が、表から全く想像つきませんでした。おもしろ〜いと思って、じっくり見てしまいました。それに、特別でもないお味???益々、おもしろいですね。アンチョビソースの方は、なんか想像できたのですが、ニンニクを牛乳で茹でるんですね。臭いが穏やかになるのかしら。作ってみたいと思います。
野菜もインターナショナルな時代なのですね〜。楽しいぃ。
写真、今年の方がかっこよくなってると、私は思いましたけど…。   
Commented by offsidegallery at 2008-11-12 09:33
ドンマイ!
ドンマイ!
画像は、いつもとってもキレイ!!
出来については、コメントは差し控えさせて
いただきます。

miyaki-yaさんたちは、この間、アンチョビを作るという名目で
鰯つりに行ってました。
結構、凝り性な方たちは、そちらこちらにいらっしゃるのですね。
ピコパパママ
Commented by mikeblog at 2008-11-12 11:43
プンタレッラ、2年前のはうっすら色がついていたんですね。今年のもきれいに撮れていますよ。でも珍しい野菜にチャレンジするのって「ヘッヘッヘ」って感じがしませんか。誰かに何か感想を言っていただくとそれだけで満足します。「コレ、何?」って畑で言われるの快感~♪
ロマネスコも出てますね。最近はブロッコリーの葉があまり横に広がらない種類を見かけます。蕾は固くなくてすこしほどけている感じで、でもスチィックセニニョールまでいかない中間のようなー。いろいろ新種が出てきますね。
Commented by shogame2 at 2008-11-12 19:41
*harunoさん*こんばんは
確かに沢山の廃棄物が出ますね。
これも美食の国だからでしょうか?
それとも狩猟民族と農耕民族の違い?
農耕民族は、地に育ったものを食べるので、無駄をせずにみんな食べるというのが当たり前だったのか・・・?
でも取ってしまった硬い葉っぱも、いずれは堆肥化して地面に帰るのですから、まあ循環と言うことからすれば、それ程無駄ではないのかもしれないです。
で そのお味が、ね。やっぱりお国柄というか違いは有るんでしょうね。日本には「サラダ」の感覚が無いですものね。

さて小豆ですけど、カメムシの姿はあまり見かけなかったのですよ。やたらにチョウチョウが飛んでいたので、あっという間に卵を産んで、あっという間に孵って、あっという間にたべられたという感じでしょうか?でも莢が育って中が無いって、やっぱり私が気がつかなかっただけで、カメムシの仕業でしょうか?
Commented by shogame2 at 2008-11-12 19:45
*じゅんじゅんさん*こんばんは
美味しかったから作ったというとちょっと違っていまして・・・。
この種は、いただいたのですよ。
で、もう一度作ってみようかと言う気持ちになったのです。
別にマズイとか嫌いとか言う感じでもないし、どちらかというと好きですね。このほのかな苦みって結構サラダにして美味しいです。沢山作るものでは無いと思いますけど。
ばーにゃは、オススメ。野菜だけじゃなくて、じゅんじゅんさんの美味しそうなパンにも合います。
ノンベイには、自家製の野菜スティックを並べて、お酒を置いて、このバーニャカウダを置いておけば、それでおつまみはOKと言うくらい美味しいです!
Commented by shogame2 at 2008-11-12 19:51
*pocpocさん*こんばんは
イタリアって、とても野菜の種類が豊富で豊かな国です。行ったことはないのですけどね・笑
だから、サラダにする野菜は本当に沢山あって、色々なものを取り混ぜて美味しく食べる食べ方を知って居るんだと思います。
日本はグリーンサラダの歴史って短いから「レタス・トマト・キュウリ・タマネギ」くらいであとはマヨネーズと和風ドレッシング?・笑
そのドレッシングというかソースというか、それで美味しいのがバーニャカウダです。牛乳で茹でるのは、臭みを和らげるからでしょうか。もう一つホクホクとして美味しくなります。
大人のソースという感じでしょうか。
写真、ありがとうございます。でも以前のはコンデジでの撮影。結構頑張っているなって思ったり・・・。
Commented by shogame2 at 2008-11-12 19:55
*ピコパパママさん*こんばんは
私も鰯からアンチョビを作ったことは有りますが、その鰯を釣りに行ってしまうところがすごい!しかも楽しそう!
そりゃあ 足が速い鰯ですから釣ってくるのが一番ですよね。
以前に三浦にドライブした時に、鯖の釣りたてを漁師さんから頂いたことがあったのですが、あれはナマのお刺身で美味しかったです!卵も行けちゃいました。食は全て鮮度ですね。
Commented by shogame2 at 2008-11-12 19:59
*mikeblogさん*こんばんは
そうですね。誰も作っていない野菜を作って発表(?)するってちょっと「うふふ」な所があります。それでもってそれが、すんごく美味しかったりしたら、これはもう「どうよっ!」ってくらいの自慢になるのですが、そこまではちょっと。。。でしたけど。
でもイタリアの野菜は、本当に種類が豊富で、しかもズッキーニとか言うだけでも何種類もあって、ビックリします。
種もかなり大ざっぱな詰め方で、日本とは違いますね。
日本は押し頂くような種、有りますから(ソラマメとか)
畑も色々な国の野菜が植えられて、インターナショナルになってきましたね。ホント楽しいです。
Commented by yaya_seiko_udoku at 2008-11-12 22:36
大きく育っても、食べる部分はちょびっとになっちゃうんですね(^_^;)
外側の葉っぱがほうれん草ぽくみえるのですが、硬いとなると・・・。
イタリア野菜って、不思議な味のが多いのかも・・・。
ルッコラも最初は「何じゃこれ??」って思いましたもん。
プンタレッラ。来年も栽培する組に入るのでしょうか?気になりますね。
バーニャカウダ。無印良品に「素」が売ってまして、「あぁ、これがあの・・・」っていったん手にとったりするんですけど。
ニンニクが苦手なので、買わずで・笑。
けど、牛乳で煮るのなら、刺激が弱まってていいかもしれませんね。
美味しそうですし。
Commented by tomokeda at 2008-11-13 10:24
おはようございます。
大きな野菜が、こんなに小さくなるのですね~。
何だか勿体無いような・・・。(^^ゞ初めて見る野菜だから、何だか
不思議ですが、カールしたサラダは、おしゃれですよね。
Commented by はたけ番@緑ネット  at 2008-11-13 10:47 x
おー、あのチコリに似たきれいな花が咲くイタリア野菜ですね。サラダを一目見て、白ワインと合いそう! と思ってしまいました。花といい硬い葉といい(いいんです、虫がつかない野菜をビラーッと並べて栽培して、「それなーに?」と聞かれたい・・)興味津々(笑)。来年への夢ふくらみ意欲満々になってます。
miyaki-yaさんとこへは仲間の一人と12月初めに行くプランを立てています。冬じゃないと行けませんのでね。
Commented by shogame2 at 2008-11-13 17:49
*睦月さん*こんばんは
プンタレッラ、不経済な野菜ですよね。
でもそこが美食の国イタリアたるゆえんかもしれないです。
プンタレッラが、栽培の仲間に入るかどうかは、ちょっとビミョウです。手間はかからず、虫も付かず、勝手に大きくなってくれるのでとても孝行者なのですけどね。でも花の美しさは、ちょっとビックリだったので、そのために作る可能性も有りますね。
バーニャカウダは、アンチョビ好きならニンニク抜きでもいけると思います。
まずは、ニンニク抜きで作ってみてというのも手ですよ。
Commented by shogame2 at 2008-11-13 17:52
*tomokedaさん*こんばんは
イタリアの野菜はとても種類が多くて、これだけ情報があふれているのに、まだ全然見たことのない野菜が結構あります。
同じズッキーニでも全く違ったりするし。面白いですね。
プンタレッラもその一つです。
取り立てて味がどうと言うこともないのに、面白くて作ってしまう野菜かな?
Commented by shogame2 at 2008-11-13 17:54
*はたけ番さん*こんばんは
ズバリ 当たりです!ワイン、特に白は試してみましたが、良く合います。と言ってもワインの味、知らないんですけどね・笑
さっぱりとして少し苦みのある味で、これが又バーニャカウダに良く合うので、益々ワインが進みます。
おお miyaki_yaさんの所に行かれるんですね。
冬のメニューも興味有り!
レポ楽しみにしています!
<< もっと イタリア! 失敗宣言 >>