<< まだまだ賑やか 晩秋の北陸へ・2 >>
懲りない女
f0097970_20334996.jpg
今年初めて作ったハトムギ。
当初の予想の中に、全くなかったわけでは有りませんでしたが、実を取るのがあれ程面倒だとは思いませんでした。


にも関わらず、またしてもワラ欲しさに穀類の種まき。
今度は、六条大麦です。
そう あの麦茶の素です。


ハトムギでは大きなワラが出来たものの、実を取るのが大変で結局「二兎追うものは一兎も得ず」状態だったので、今年は一兎を中心に追うことにしました。
つまり、大麦の実がなる前にワラとして刈り取ってしまおうという算段です。
そしてほんのちょっと残してそれは、麦茶を作ってみることに。





f0097970_21284470.jpg
そして こちらは、今年も失敗だった小豆を入れたおかゆ。
結局30粒〜50粒くらいしか収穫が無かった小豆。
でも せっかくだから何か美味しく食べたいと思って、本来なら時期では無いのですが小豆がゆにしてみました。

ほんのりと小豆色に染まったおかゆは、最近ちょっと飽食だったお腹には程よく質素で、しみじみとやさしい味わいです。
甘みもほんのりあって、本来の小豆の味ってこんなだったんだって妙に感動したりして。
食べているうちにやっぱり来年も作ってみようか、と言う気持ちになってきてしまいました。



2年目のワラ作り、3年目の小豆作り、懲りない女の挑戦は続きます。
[PR]
by shogame2 | 2008-12-02 21:38 | 2008秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://nuruilife.exblog.jp/tb/9809186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yasaibu-oyaji at 2008-12-02 23:13
うーん。
またもや、小豆の色がなんとも美しい・・・。
ふふ。懲りずに頑張ってください!小豆も麦もゴマも、私たちにとっては驚きの食材(え!?家庭菜園でできるのっ!の驚きです)で、とてもとても楽しみにしています。
来年こそは!お汁粉をです!!
Commented by sakko at 2008-12-02 23:45 x
小豆粥、いい色になっていますね。
美味しそうです。食べたくなってきました。
我家は今年は小豆は豊作だったのですよ。
あのカメムシがこなかったのです。
ササゲアズキは細長いカメムシの襲来でほとんどだめだったのですが。
畑を義父から引き継いだ時、初めて作った小豆は散々でした。
何年かして、上手く行くようになりました。
土が慣れてきたのかな?
それとも今年は運がよかったのかな?

懲りないで来年も挑戦してください。
来年は虫が来ないかも・・・・
Commented by mikeblog at 2008-12-02 23:54
小豆ってとても体にいいらしいのです。おしるこなんか甘さ控えめにするとすごく小豆の味がしておいしいです。でも作るのはめんどうだから農産物直売所で買ったりしてます。小豆もですが大豆もうまく出来たことがありません。だから枝豆もダメです。無農薬では難しいのでしょうか。
麦、私も藁を使おうと思って作ったことがありました。そして少し残して種にしようと、同じ同じそうなんです。その種にスズメが群がってしまってダメでした。だから早めにアミを掛けてくださいね。
Commented at 2008-12-03 00:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-12-03 00:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakula-factory at 2008-12-03 06:25
そっかぁ、麦でワラだったら、田んぼがなくてもワラを作れますね。すご〜い!面積的には結構作るんでしょうか。

小豆のおかゆ、色がきれい。とっても優しい色。ホントにカラダにも優しそう。伝わってきます。たとえ少ない量でも、こうやって楽しめるのっていいですね。
ウチでは今年作った枝豆は全然ダメでした。早朝草取りに出掛けていたら、ご褒美に隣の畑の方からプリプリの枝豆をいただきました。小豆、ダイズ、いつか自分の手で採れるようになれるといいなぁ〜と思っています。
Commented by oyajisans at 2008-12-03 10:26
懲りない女と言うか…その根気が無いと何事も上達いたしません。大麦ですか~?大麦若葉のナントカが健康食品にもなったりしていますよねぇ~。ウチもその手の物を作りたいのですが、あの夏になると辺りが草むらになってしまって何も考えられなくなるから…(汗)とにかく今年は網とかも最小限にして草刈に従事しようかと考えております。その前にまずは小屋作り。コレが我が家の最大のテーマです。
Commented by nonkinaokome at 2008-12-03 16:48
お!!今度は大麦ですね。何事にもチャレンジで、ホント脱帽です。
うちの小麦も芽が出て、うれしいところなのですが
麦踏をしないと分ケツしないよ。とこないだtotokoさんに言われ・・・
ショボーンとしています。踏んで歩くことは、きっとできないですよ(涙)
優しい色と味の小豆粥、ほんわかしてきます。
少しの収穫のありがたさ。しみじみつたわってきます。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:25
*yasaibu-oyajiさん*こんばんは
来年本当に作れば3度目ですからね、3度目の正直。
ちょっとプレッシャーだけど、これでダメだったら諦めるつもりです。土地が合わないとかナンとか言って。
麦は、脱穀が難しいことがよ〜く分かったので、大麦をゲットするのをほぼ諦めて作ることに。
失敗をくりかえすと、少しはお利口になるかな?
Commented by 単おじ at 2008-12-03 20:27 x
 いいですよ。何でも作っちゃってくださいよ。
 ほんのちょっと残して麦茶を作るというところが、大好きです。そんなこといわずに、全部麦茶にしてもいいですよ。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:29
*sakkoさん*こんばんは
確か昨年もsakkoさんは小豆を上手に作られていましたよね。そして今年も。いったい何が違うんだろうと事ある度にじ〜っとブログを見てみるのですが分かりませんでした・笑
それでも最初は失敗だったと伺って、来年こそと気持ちも新たになりました。
虫が来ないことを祈りつつ、来年も挑戦します。
Commented by junjun-bread at 2008-12-03 20:31
懲りないshogameさん!どんどん行っちゃいましょー!!笑
六条大麦、うまくいくといいですね!
ところで私は直に食欲を刺激してくれちゃう小豆のお粥の方にビビッ!と反応しています(^v^)b
とっても綺麗なピンク色で美味しそう~!
お赤飯の粥ですもんね。香りもいいんでしょうねぇ~。
これは先に小豆を茹でておいて、その後おコメを投入するんでしょうか?
一緒に炊いても小豆は柔らかくなりますか?
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:35
*mikeblogさん*こんばんは
よく考えたら、それ程無理して作る物でも無いと思うのですが、作ってみて成功無く失敗で終わるのがちょっと悔しいというか・・・。
3度目の正直で、これで上手くいかなかったら諦めでしょうか。
麦は、作られたことがあるんですね。
今やっていらっしゃらないと言うことは、何か問題が?
いえいえ、鳥に食べられないように気をつけて作ってみることにします。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:43
*pocpocさん*こんばんは
今年ハトムギを5m×5本作って、始末を付けるのが大事だったので、今回は5m×3本で作ることにしました。
どの位の量になるかは作ってのお楽しみで、想像が出来ません。
こちらの都合良く出来ると良いのですが・・・。

大豆、小豆、私の両親は、やはり家庭菜園で両方とも作っています。もっとも1度だけ弱い農薬を使うと言っていました。
使わないと出来ないと・・・・。
大豆は、その年のお味噌造りに使われるし、お豆腐製造器(?)も持っているのでそれも作っているようです。
小豆は、私が旨くできないので毎年もらって、お汁粉に。
食べると、やっぱり自分で作ったのが食べてみたくなります。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:47
*おやぢさん*こんばんは
お久しぶりです。お元気そうで!
小屋作りって、道具などを入れておく所用ですか?
すごいですね。そちらの方がすごいです。
懲りない女が何度も失敗しつつ作る小豆、どうかやさしい目で見守って居てください。
そして、万が一「や〜めた」ってなっても「よしよし」と優しいお言葉待っています・笑
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:51
*nonkinaokomeさん*こんばんは
そうそう このコメントを読んで、先ほどtotokoさんのブログにコメントと一緒に疑問符を投げかけてきました。
makiさんが出来ないのは、雪とかが積もってしまうため?
ふつーにずんずんと踏んでいけば良いの?
家庭菜園の本には、麦の作り方は出ていないんですよね。

小豆がゆ、ほんの数十粒でも(だからか?)なんだか今年収穫できたことがありがたいですね。しっかりと味わっていただきました。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:54
*単おじさん*こんばんは
ほんのちょっと残すところが、なんともケチな根性っぽいですよね。
やっぱりどうせ作るなら、次回の種も賄いたいし、ちっと麦茶にしてみたいというやっぱり欲深ですね〜。おばさんは大抵そういうものです。
かといって全部実を付けてしまうと、絶対今年のように実を取る方法がない!って事に。
案外難しい選択です。
Commented by shogame2 at 2008-12-03 20:58
*じゅんじゅんさん*こんばんは
ありがとうございます。
じゅんじゅんさんに言われると、畑の畔で旗を振って「頑張れ〜」って応援されている感じで頑張ろうっていう元気が出てきますね。
小豆がゆは、最初にお米をといで置いて、ザルにあげておきます。小豆を茹でて柔らかくなったら、マメと煮汁を分けて、煮汁でお米を炊きます。本来は、こうです。
しかし、今回は、面倒だったので、冷凍ごはんで作りました。
手抜きです。すみません。
Commented by offsidegallery at 2008-12-04 13:56
政界の皆様~?!
わけの分からない種まきしてないで
shogameさん見習って、
チャレンジ精神で、良い種まいてね!!
とおもわず思ってしまいました。
ピコパパママ
Commented by t-haruno at 2008-12-04 16:00
敷き藁作り!に目標を絞ったのですね。
刈り取った後は、やはりはざ掛けに?それとも、刈って地面に伏せて乾かします?
どちらにしても、今年よりは随分と気持ちに余裕が持てますね。
なんだか、伸び伸びとした気持ちで農業資材作りが楽しめそう。良いですね~。
麦茶も楽しみですね。
ハトムギよりは、焙煎時間は短いのでしょうか?
ハトムギは、根気がいりましたもんね。

3年目の小豆。今年は、もう一歩!って感じでしたから、来年こそ豊作となるでしょうね。
お父様に「どうよ!」と自慢できますように。
Commented by shogame2 at 2008-12-04 21:35
*ピコパパママさん*こんばんは
う〜ん、種まき、毎年毎年するのですけど、どうも失敗続きのような。。。。
種まきは来年も又出来ますが、政治の世界はお国の行方を左右するので難しですね〜。
Commented by shogame2 at 2008-12-04 21:40
*harunoさん*こんばんは
ワラ作りに絞ったように見えますが、そこはそれ何となく割り切れずで少し残して種とあわよくば麦茶・・・・。
やっぱり欲深でしょうかね・笑
麦茶の作り方は、ハトムギと比べてまだ作っている人も居そうな気がするので、どこかで探せるかもと思っていますが、まあ成功した場合と言うことで・・・。

小豆、確かに昨年は本当にゼロの収穫だったわけですから、今年は数十粒あっただけでもありがたい。
ほんのちょっとですが、これも進歩でしょうか。
だとしたら 来年は100粒くらい収穫したいですね。
<< まだまだ賑やか 晩秋の北陸へ・2 >>