カテゴリ:2009秋冬畑のお話( 36 )
美しいも美味しいも
f0097970_213276.jpg
皆さんが一斉にアップしている『ロマネスコ』 
知らないうちに大きくなっていたのを発見。
葉の中にくるりと巻かれていたので、気がつかなかった。
ほんのりと緑がかったクリーム色。
このフォルムの美しさは今更言うまでもありません。

どうやったら一番美しく写るか・・・・。
『ロマネスコ』1個を撮るのに、何枚もシャッターを切りました。




f0097970_2141839.jpg
畑のレタスが無くなってから放ったらかしになっていた『リーフチコリ』
トンネルを覗いたら こんな可愛らしくも美しい姿に。
あの頃とはまるで違って、大人の艶やかさも光ります。




f0097970_2183223.jpg
大好きなルッコラの花。
毎年、秋のルッコラはこの花を見るまで放っておきます。
4枚の清楚な美しい花。
中心から花びらの上をすぅっと伸びた赤紫の線の繊細さ。
何処を見ても好きな花です。




みんな美しいだけでなく、美味しいも兼ね備えています。
野菜なのだから当たり前と言えば当たり前で、本来は「美味しい」が先なのかも。
でも 美味しいけど この美しさを見て!っていう野菜もあるのです。


そんな野菜達。いつまで見ていても飽きない造形美なのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-03-05 21:16 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
草取り魔と性格の関係
f0097970_9584557.jpg
畑に行くきちょっとした作業や、収穫をしていて、ふと見ると雑草が・・・・。
気になって手が届く範囲くらいをさっと取る。
立ち上がると、何だか周りの草が気になる・・・。

で 畝を一本(1m×5m)の草取りをする。
と 今度は今まで全然気にならなかった隣の畔や畝の雑草が、気になり出す。
結局 1月中旬は、10日くらいかけて畑全体の草取りに発展してしまいました。

こんな風に書くと、いかにも几帳面で、きっちりとした性格のように聞こえますよね。
それが、ちょっと違うのです。


f0097970_10135467.jpg

確かに畑はそうです。
何となく、草がわらわらと生えてくると、ナンとも気になってしょうがない。
何はさて置いても草取りを始めてしまいます。
でも 家の中は・・・・・、決して几帳面にぴっちりとちり一つ無く、お掃除も片付けも行き届いているということは全く無く、むしろ雑然と散らかっている、しかも汚れている・・・・。
前もってアポ無しのご来訪は、ウチの場合は×です。

ナンで畑だけ、雑草が気になるんだろう?
よ〜く考えてみると、「草取り好き」と言うほどでも無いような気がします。
むしろ「ああ面倒くさい」と思いつつ、やらずにはいられない性格、もしかして草取り魔?


かなり困った性格です。
畑を実際に見た人や、このブログにお付き合いいただいている方々、何度か「几帳面な性格」というお言葉を頂いています。
「違うんですよ〜」と書いても、なかなか信じては貰えない。
別に、見栄っ張りというわけでもないんですけどね。
もうずっと前からリンクいただいているmintboxさんなんて、私と同様に草取り魔(?)って方のようだけど、お部屋の中の写真を見ても、ちり一つ落ちてない感じに、きっちりと綺麗。
これぞ「几帳面」の典型と思われて。
その感じとは、明らかに違う私。



ちょっと話は逸れますが、私の母、
もうすぐ70歳の後半なのですが、やはり父と家庭菜園をやっていて、
これが、畑もそうだし庭も、暇さえあれば草取りをしています。
もう年だし、冬の寒い時、夏の暑い時、危ないのでいい加減にしてと思うのですが
どうも止められない様子。
でも 家の中はというと、昔から、やっぱり雑然。
テーブルの上は、紙類から本、お茶の道具、何かしら乗っていて、私もうかつには触れません。
お世辞にも、几帳面とは思えないのですが(むしろ大ざっぱ)、草取りだけはちゃんとやるので、ご近所からも几帳面と思われているかも。


草取りをきっちりやる人=几帳面では無いんです。
そして、この母にしてこのおばさんこの子ありと、つい最近気付いた私です。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-26 10:15 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(20)
ひっそりと
f0097970_2119270.jpg


確か昨年もその前の年も2月になってから見つけた「フキノトウ」
今年はどういう訳か、まだ1月なのにこんなカワイイツボミがひょっこり。



季節は、ゆっくりと ひっそりと 何一つ前の年と違うことなく、巡ってきています。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-22 21:28 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
この時期ならでは
f0097970_22511365.jpg
チヂミホウレンソウ。
秋の撒きホウレンソウは、この時期になると肉厚でシワが入ったように縮れます。
寒さにさらされて、甘みも増して「これぞホウレンソウの味!」
市場では、わざわざこの「チヂミホウレンソウ」を栽培して、高値で売るお店もあるそうです。


数日前、スーパーで、普通のホウレンソウが一束198円で売られていました。
ウチの1回分くらいの量。
何だかとっても得した気分で、心の中で「やったっ!」と叫びます。
こういうのを見る時が、ちょっと意地悪おばさんの気持ちになる時。

ホクホクしながら、家路につきました。



●お詫びと訂正
「チヂミホウレンソウ」は、正確には「朝霧」という品種を冬場露地栽培をすることで、ずんぐりむっくりで地べたに這うような、肉厚の縮れたほうれん草になるんだそうです。
別名「寒締めほうれん草」とも言いうそうです。
私は、以前にお店の人から、聞きかじったことをうろ覚えのままアップしてしまいました。
お詫びして訂正します。
yasaibu-oyajiさん ありがとうございました!

でも ウチのほうれん草、品種は違うけど、やっぱりこれはこれでチヂミホウレンソウなんですよ〜。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-21 22:58 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(11)
年明け早々に最後の
f0097970_2191033.jpg
確か、前年のタマネギは、もっと早くなくなったような気がしますけど、今シーズンのタマネギは結構保ちました。

数も多かったのかな?
夏の終わり頃に、私が住んでいるマンションの大規模修繕で、ベランダにタマネギが干せなくなり、部屋に取り込みました。
それ以降は、やはりダメになっていくタマネギも沢山あって、箱が置いてある北側の部屋は、なにやらタマネギ臭い。。。。大変な状態の時もありました。

でも 全体的には、良い具合に長持ちしてくれて、今回は年明けまで保ってくれました。
その間、タマネギを買い忘れる心配も無く、大好きなタマネギを思う存分お料理にも使いました。
カレーなんて、普通なら中玉1個なのに、2個使ったこともあったり、そんな贅沢をさせてもらって、本当に感謝です。



今シーズンのタマネギは、どうも苗の出来が良くなくて、寒さに負けてどんどんダメになっています。
心配ですけど、どうしようもないですね。
春に元気になって、またお料理に沢山使えるようになると良いのですが・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-18 21:16 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(18)
初仕事

早くも1月半ばを過ぎたのに、畑仕事は全くと言っていいほどやっていませんでした。

f0097970_21344865.jpg
今年の畑仕事始めは、昨年の台風で壊れてしまったラズベリーの垣根の修復です。

後から見たら、もう縛ってあった麻紐も寿命だったのですが、それが台風の風で一気に切れしまったという感じでした。

f0097970_21463834.jpg
でも 一部木もだめになったりしていました。
木も寿命なのでしょうと思い、新しい木を探すことも考えなくも無かったのですが、ちょっと面倒になり、まだ使えそうな木をそのまま使い、2,3本を新たに探してきました。

結ぶ紐は、今度も麻紐です。
また2,3年で切れてしまうかもしれないのですが、やはりこの方がしっくりとします。



f0097970_2156367.jpg
分かりにくいですけど、ようやく組み上がったらラズベリーの垣根です。
既に下の方には、沢山のラズベリーの株があるので、それにある程度合わせて組んだので、何だか変なカタチに。


でも今年の初仕事としては、まあ上出来の部類だと、ちょっと満足です。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-16 21:59 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
年々早まる?
f0097970_6284519.jpg
見るも無惨に鳥に食べられたロマネスコの葉。
毎年冬の間に食べるものが無くなる鳥たちが食べるのですが、今年は1月の上旬に既にこの有様。
確か10年くらい前は、2月の中旬頃でした。

今年は、1月に入って寒波が来たりで、寒さが強いせいかもしれないけど、特に早々とこのロマネスコの葉が食べられました。
ブロッコリーは、既に年末にカバーをして置いたのですが、ロマネスコは今シーズン、とても成長が遅くて、まだ葉ばかりだったので油断していました。


f0097970_6343662.jpg
早速アミをかけて防御。
でもやっぱり気になる。年々早まる鳥の被害。
なにか理由が有るのでしょうか?

気になると言えば、ロマネスコ。
ブロッコリーもそうだけど、最初の種まきで、上手く育たずちょっと遅れ気味で種まきをして育てたロマネスコとブロッコリー。
ブロッコリーはどうにか年末から食べられるようになったけど、ロマネスコは、まだ小さな花蕾も出てきていません。

昨シーズン、20078年の年末にはこんなに上手く出来ていたのに・・・・。
やはり種まきの時期がちょっと遅れるだけで、このシーズンの野菜、ずいぶんと収穫時期が違ってくる物です。


今年は、例年通り種まきをして、上手に育てないと・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-15 06:42 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
やっと・・・・
f0097970_1643167.jpg
8月上旬に撒いたブロッコリーの種は結局上手く育たず、8月下旬にもう一度撒いたブロッコリーがようやく出来上がりました。
これ以前にも待ちきれずに、小さなブロッコリーを2個ほど食べてしまいましたが、あっという間に無くなってちょっともったいなかった・・・・。
秋野菜は、ほんのちょっとの時差で、随分と遅い出来になります。


f0097970_171208.jpg
さっそく持ち帰り、まずは簡単に茹でたブロッコリーのマヨネーズ焼き。
固ゆでのブロッコリーに小柱を少し。
唐辛子オイルをちょっと垂らしてから、マヨネーズを乗せて焼きます。
ブロッコリーをかなり濃いめの塩ゆでにしておくと、何もせずに焼いても味がしっかり付いています。




f0097970_16501871.jpg
「やっと」と言えば、以前にちょっとだけご紹介したイタリア野菜のリーフチコリ
種の袋を見る綺麗なダークレッドだったのに、なかなかそうはならず、やはり日本の気候には合わないのかな?と思っていたら、こんなに綺麗な色に出来上がりました。


f0097970_1653435.jpg
どうやって食べるのか。。。。
さしあたって、サラダでしょう。ということで
葉を外側から数枚取ってきて、レタスとルッコラとオリーブオイルで和えてサラダに。

やっぱりチコリでした・笑
しっかり苦みがあって、でもグリーンサラダのアクセントにはなかなか良い感じです。
ただ こんなに沢山あるとちょっと食べ切るのは難しい・・・・・。
何しろ葉の大きさ、一枚が長さ30cm位あるのです。
2枚もあれば、アクセントには充分です。

寒さには強そうなので、2,3枚ずつ収穫して食べていこうと思っています。
畑に置いておいても、なかなか美しい色なので。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-28 17:00 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(13)
冬支度 その2
f0097970_19422225.jpg
こういうのって、売っているとつい欲しくなっちゃう・・・・。
圧縮ワラ、とでも言いましょうか。

自分でも大麦で作っていてまだまだあるのに、売っているのを見たら欲しくなってしまいました。
だってこの一抱え程もあるワラの固まりが500円なんですよ。
しかも20cm〜30cmくらいにカットしてあるので、使いやすそうだし。



で これをどこに使うかというと








f0097970_19475251.jpg
イチゴの霜よけ。
うちのイチゴは、宝交早生とクイーンベリー。
宝交早生は比較的寒さには強いのですが、クイーンベリーはもともとはハウス栽培の品種なので、寒さはちょっと苦手です。
それでも イチゴは元来寒さには強い方なので、ここは霜で根が持ち上がらない程度にワラを敷いて保温しました。

黒マルチも霜よけになるのですが、ちょっと地温が上がりすぎるようで、時々季節外れに花が咲いてしまい、結局実が出来ずじまいになります。

こういう時活躍するのがワラなんですね〜。
しかもこのワラは、先ほども書いたように、短く切ってあるので、敷くのがとっても楽ちんなのです。


これで ようやく越冬の準備が出来ました。
あとは この冬の間に、台風で壊れたラズベリーの棚を直し、ブルーベリーの棚を作り、そうそう年明けには、落ち葉堆肥も仕込まなくちゃ。

そう 考えると 農閑期とは言え結構やることは有るものです。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-21 20:04 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(4)
冬支度
f0097970_20122922.jpg
ソラマメ、スナックエンドウ、グリンピース、サヤエンドウ、今年はどうも発芽が悪くて、出てきてもネキリムシにやられてしまったり。
で 先日家で種まきをしてみました。
良い具合に発芽した、スナックエンドウ達。
定植しました。

でも ソラマメだけは、ポットの中でみんなカビてしまった・・・・。



f0097970_20152667.jpg
数年前までは、この時期になると笹を切ってきて霜よけにしたのですが、だんだん面倒になってきて、ここ数年はネットでトンネルにしてしまいます。
ポットの苗も定植して冬支度。



f0097970_20174836.jpg
タマネギ、なんだかしょぼしょぼで、とても越冬できそうにないので、こちらもトンネルにしました。
と言っても レースみたいなトンネルですから、まあほんのちょっと霜よけ程度なんですけどね。

結構ダメになる苗もあって、15本くらいは追加で植えました。
今年は予備があって良かったけど、先行き不安な細さです。


今週は、急に寒くなってきて、天気予報も真冬並みとか言っています。
今日は、おマメ達とタマネギにネットをかけましたが、後はイチゴにワラを敷いてあげないといけないかな、と思っています。

いよいよ冬到来。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-15 20:23 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)