カテゴリ:2010春夏畑のお話( 67 )
辛口系?イモ虫
f0097970_14114183.jpg

今朝のことです。
干してあった「島唐辛子」
なんだか色が褪せているのか、変な色が多い・・・・・。

よ〜く見ると、あの真っ赤な皮が無くて種が露出している。
どうしたんだろう?

雨続きだから かびたり何か病気?

と思って退けていったら





f0097970_1464398.jpg

なんとそこに 種を同じような色をしたイモムシ!

イモムシッ!?!?

残念ながらそのイモムシは、パニックになった私が即座に割り箸でつまんで外に捨てたので
写真は無しですが。(見たくもないですわね)

で この写真に写っている赤いツブツブ。

どうやらイモムシの糞ッ!!


えっ?   ってことは、さっき捨てたイモムシは、この辛い辛い島唐辛子を食べて生き延びていた?
もう 朝から ビックリ ビックリ!
いくら食べ物が無いからって、この辛い島唐辛子を食べていたなんで!
それにしても 赤い皮を食べてもイモムシは赤くならず、ベージュ。
糞が真っ赤なんで!

干してある島唐辛子が食べられてしまったことより、
これしか食べるものが無かったイモムシ。
真っ赤な糞をみると何だか哀れに思えてきました。

きっと どのイモムシよりも我慢強くて、どのイモムシよりも根性が座った、
まさに 最強イモムシだったんだ。
うん 良く頑張ったね。

外に捨てたとはいえ、外は草地だから、久しぶりに美味しい緑の葉っぱを食べておくれ・・・・。


そんなビックリな朝でした。
[PR]
by shogame2 | 2010-09-28 14:20 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
トマトのお話し、ふたつ
ひとつ目

f0097970_10514144.jpg

土曜日、トマトピューレを作っている時間が無かったので、とりあえずミキサーにかけて冷蔵庫へ。
昨日見たら、こんな風に分離していました。
上の所は、普通にトマトの潰した物というお味。
下の透明な部分、なかなか取り出すことが出来なかったのですが
上を使っていって、最後にちょっとスプーンで取り出して味見。


不味かったです。
奇妙に味が付いた水?トマトの味はしませんでした。
本当に めちゃくちゃ不味かった。
これって 何?




ふたつ目

f0097970_10553759.jpg

随分遅くなったけど、トマトの雨よけをようやく外しました。

連日の猛暑で、天井のビニル付近の枝は、干からびたようになっていました。
しかも ほとんど花がありません。
そういえば3年前にも同じような事がありました。
今年は、梅雨が明けてからは、雨らしい雨が無かったので、その時に取ればよかった。
後悔しきり・・・・・・。

今からでも花が咲くでしょうか?

トマトは、今年は特に大豊作だったので、なんだか株の手入れとかをちょっと疎かにしてしまったかな。
追肥も後半はしなかったので、ミニトマトは極小になりました。


何でもまんべんなくお手入れをするというのは、特に暑い夏の野菜はなかなか難しいものだと思いました。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-30 10:50 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
夢よもう一度
今年は、久しくなかったナスの大豊作の年でした。
普通のナスから、長なすに変えて2年目、本当に良く収穫しました。

でもって すっかり遅くなった「剪定」
本当なら8月上旬あたりまでには済ませるのに、とにかく次から次に収穫できるから、もったいなくて剪定なんて出来ない・・・・・。
ここ一週間、相変わらず出来てはいるものの、表皮が硬くなってひび割れたり、カタチが変形しているものが出てきました。

ようやく重い腰を上げて、剪定です。

f0097970_6413781.jpg

と言っても この写真、どこを剪定?って感じですよね。

やはり ケチ子な私。
今実が付いている所は切ることが出来なくて、結局大して切り戻せませんでした。
この実を収穫したら切るつもり。


でも こんな時期に切り戻しをして、果たしてまたあの美味しい長なすが収穫できるようになるでしょうか?
まあ 今年はまだまだ暑いようなので、あのナス地獄をもう一度という感じて
楽しみに待とうと思います。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-29 06:46 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
4日留守の処し方とその後
このところ、「黒い仔」のブログのお引っ越しやら、新しいブログの設定やらで、「ぬるぅい畑」はすっかり放置されていました。
野菜達は、暑さの中で息も絶え絶えという感じです。
さすがに 今年は、2,3日おきに夕方水やりをしているのですが・・・・・。

さて 先週後半は、3泊4日でお山のキャンプに行ってきたのですが、
その間、ベランダに置いてあるキャベツ、ブロッコリー、ロマネスコの苗をどうするかは
かなり悩みました。
家の中に入れておいても水分は必要だし、第一徒長が心配です。

そこで 考えたのが








f0097970_85421100.jpg

プール作戦。
このビニールプールは、黒い仔の水遊び特訓(?)用なのですが、それにトレーに乗せたビニポットを入れ、水を少々張っておくというもの。
日差しがあると、水温が上がってしまうことも考えて、物干しに布を掛けておきました。


f0097970_8594419.jpg

4日後、帰ってきた日の苗の様子です。
多少徒長したものの、元気でした!
フシギにちょっとしなっとしているものも有りましたが、ほぼみんな元気。
水温もそれ程上がっていず、カーテン効果もあったみたい。



ところが・・・・・・


その後、水から出して、ベランダに置いておいたら、


f0097970_92334.jpg

キャベツの苗が、どんどんこんな感じになってきました。
環境の急激な変化のせいか・・・・?

もっとも ベランダは、今日中37度位の温度になります。
特に酷いのがキャベツだけ。
そう言えばキャベツって 高原野菜だし、そんなに暑さに強くないかも。


ということで、2日ほど前からキャベツと一部ロマネスコを家の中に入れています。
家の中は、黒い仔の熱中対策で常時エアコン稼働中。
ほぼ28度くらいに保たれています。
その成果があったようで、すっかり元気になってきています。
ただ やはり徒長はしょうがないかな。
他の苗も日陰に避難。


今まで、この時期に苗を作ってもこんな風にダメになることが無かったので、
やはり今年の暑さは、ハンパじゃ無い感じです。
環境がベランダというのも ますます暑さを増長させている感じがします。


人間も熱中症で運び込まれる人が連日沢山いるそうなので、
苗だって、暑さの影響は大菌だと実感。

早く涼風が吹いて欲しいのですが、天気予報だと当分無理・・・・らしい。
苗の管理 かなり気を遣いそうです。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-26 09:12 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
気持ち伝わる?
f0097970_6153458.jpg
どうもこのところパッとしなかったトマト以外の夏野菜。

オクラは、大きくなっても柔らかくて美味しい丸莢に変えてから、苗の段階でアブラムシが付いたりでイマイチでした。
今年は、自家製の農薬のおかげか、良い調子で来ています。
オクラなんて、当たり前のように上手く行くものだと思っていたので、イマイチの時にはちょっと落ち込みました。


f0097970_618574.jpg
シャキシャキのオクラも美味しいけど、ちょっと長めに茹でて旬のミョウガ、大葉、そして生姜を入れてネバッとさせた感じが好きです。
味は出汁醤油でシンプルに。






f0097970_6211210.jpg
ナスも長なすに変えてみました。
焼きナスにするのに焼けるのがすごく早いし、味が濃いように思えて。
お料理するのもこちらの方が、やりやすい感じがします。
こちらも大量に採れているので、1回の焼きナスに5本くらい使います。
それでも食べきれないな〜。

ずっと上手くいかなかったキュウリも今年は、豊作でした。
写真を撮っておこうと思いつつ、うっかり忘れてしまいましたが、本当に沢山食べました。
8月撒きのキュウリは、ちょっとチカラが無くて、もしかしたらダメかもしれませんが、これだけ食べたら充分かなと思っています。



夏野菜、私はとにかくトマトにチカラを入れてきたのですが、ふと思うと他の野菜はちょっと放ったらかしだったかも。
今年は、ほんのちょっとですが、いつもより他の野菜にも目を向けました。
追肥をちゃんとやったり(いつもやらないの〜)、水まきをしたり(これもいつもやらないの〜)、自家製農薬を撒いたり(もちろんこれも やったりやらなかったり)・・・・・・。
もしかしたら こんな風にちょっと目を向けてあげると、気持ちが野菜達にも伝わるのかなとか、ちょっとメルヘンな感じに思ったり。





f0097970_625648.jpg
長なすの中に1個だけ出来た、まん丸のナス。
接ぎ木だったからかな?
硬くて食べられませんでしたが、あまりの可愛らしさに・・・・・。


※お詫び:これから数日お出かけするため、コメントを頂いた方、大変申し訳ありませんが、お返事が遅くなります。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-17 06:29 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(21)
ごめんなさい
畑で いろいろな野菜や植物を作ってみるって、本当に楽しいこと。
毎年  初めての野菜をいくつか作ってみているのですが、
結果はさまざま。

食べてみて「これは美味しい!」というときもあれば「なんかな〜」というときもあり。
それはそれで楽しいのですが・・・・・・・。

f0097970_6494925.jpg
今年は、どうしてかな〜?
これホオズキなのですが・・・・。

放っておいてもドンドン出来たホオズキ。
でも どういうわけか私の触手がちっとも動かず・・・・。

結局、こんな事になってしまいまいました。

たった1個でも2個でもしゅうかくして、どんな風かお料理(?)してみたら良かったのにね。
時間が無かったわけでもないのですが・・・・・。
どうしても気持ちが乗りませんでした。


しっかりと沢山の実を付けてくれたホオズキに   「ごめんなさい」

この種を下さった方に   「ごめんなさい」


また来年のお楽しみということにさせてください。

f0097970_6562172.jpg

[PR]
by shogame2 | 2010-08-14 06:57 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
花盛り
f0097970_14391726.jpg
金柑の花、確か1ヶ月くらい前に咲いていたのに、ここに来てまた第二の花盛り(?)
本当に沢山の花が付いています。

これがみんな金柑になったら・・・・・、なんて思ったりする食いしん坊です。


f0097970_14413889.jpg
これがたぶん1ヶ月くらい前に咲いた花の結果です。
まだマッチ棒の先っぽをちょっと大きくしたくらい。


頑張って大きくなるんだよ。
大きくなって、美味しい金柑のジャムになっておくれ・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-10 14:44 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
完成!袋ゴボウ
f0097970_12384361.jpg
畑では、この袋の中身が気になり出しました。
袋ゴボウ、と命名されたゴボウ。
この葉の大きさになると、そろそろ袋の中が良いんじゃない?


以前作った袋ゴボウはこんな感じで、色々と問題もあったのですが、今回の袋ゴボウは、底を抜いて筒状になった袋に土を詰めただけ。
mikeblogさんの袋ゴボウを参考にさせていただきました。
それでも ゴボウを抜く時はどんな風にしようかと思っていたのですが、



f0097970_133425.jpg
とりあえず倒してみたら、これが簡単に土もゴボウも出てきました。
ゴボウは、結構枝分かれしてしまっていましたが、これは簡単。
来年のゴボウもこの方法で作ろうっと!



f0097970_1345351.jpg
で お約束のきんぴら。
今回は、ちょっと贅沢をして牛肉入りのきんぴら。
ニンジンと金ゴマももちろん我が家の畑からです。

ゴボウは、根菜だし自家製でも大して売っているのと変わり映えしないと思っていた私。
何年も前ですが、知り合いの方から頂いた自家製のゴボウを食べて目から鱗が落ちました。
この香りは、作らないと分からなかった!

以来、ほんの少しだけでも毎年自家製のゴボウを作っています。

もちろん 来年もこの袋ゴボウでゴボウ作り。
来年は、もうちょっと沢山作ろうかと薫り高いきんぴらゴボウを食べながら思ったのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-08 13:13 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
スイカジュースと秋野菜
f0097970_15332756.jpg
このところ畑で採れるスイカが今ひとつ甘くなくて美味しくない。
でも 捨ててしまうのはもったいないし・・・・・。

って ことでスイカジュースに。
甘味が無いから少々お砂糖を足します。
ハチミツの方がもっと美味しいかも。

ミキサーでガガーってやって、直ぐに飲みます。
時間が経つとどうも青臭くなるような気がします。
なかなか涼しくてさっぱりしています。
スイカには「シトルリン」というアミノ酸の一種が入っていて、
体内の老廃物や、有害物質などを体外に出してくれる利尿作用があるんですって。



f0097970_15384124.jpg

先日種まきしたキャベツ達。
29日に種まきをして31日には発芽。
もうすっかり出そろいました。

優秀!!

でも 夏ってこの後が問題なんですよね。
ひと株ひと株ポットに移して育てて、そこまではたぶん問題なくいくと思うのですが。
でも・・・・・
夏休みにお出かけの間の水の心配と・・・・、
畑に定植の後、虫が付かずに順調に育ってくれるか・・・・・・。
これは 至難の業です。

今年の夏は いつもにも増して暑いし、こういう年は「芯食い虫」大発生します。

畑にも種まきをしてあるのですが、
やはりこんな風には上手くいっていません。
発芽もちょぼちょぼ。

はてさて どうなることでしょう。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-03 15:47 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
見とれていたら
f0097970_12573689.jpg
相変わらずおマメの花は可憐で美しい。
これは 夏アズキの花です。
うっとりと見とれていたら、葉陰に「????」
よくよく見たら



f0097970_12583962.jpg
既に花が終わったものがあって、莢が・・・・・。
昨年、初めて作った夏アズキ。
そういえば収穫は、8月も半ばを過ぎてからだったせいか、結構採り時を過ぎ、萎れてしまったものもありました。

ってことで まだまだ花も咲いているし、葉も青々としていますが、出来ている莢を収穫してみました。



f0097970_1364627.jpg
ああ やっぱり昨年と比べると格段にマメが綺麗です。
やはり この時期から順次収穫なんですね。
夏アズキなので、大納言とかと比べたらずっと粒が小さいのですが、今年のアズキは、てりもなかなか良いみたいで上手くいったような気がします。
これから数日ベランダで干して乾燥させたら莢から取り出します。

アズキと言えば大納言。
でも 私は3年トライして、どうしても害虫に勝てませんでした。
そこで 見つけた夏アズキで再挑戦。
これは、種まきの時期が5月で、収穫も虫が付く前。
本当に育てやすいのです。


そして なんと言っても「お彼岸」ですよ。
お彼岸に、今年収穫したアズキで、今年もどうやら「おはぎ」が作れそうです。
想像していると 自然に顔がほころんでしまう。

にやけ顔で このブログを書きつつ、「お彼岸早くおいで〜」
って思ってるおばさんです。
[PR]
by shogame2 | 2010-08-02 13:12 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)