カテゴリ:2011秋冬畑のお話( 39 )
寒すぎる畑
f0097970_16584223.jpg
いや 畑だけじゃなくて、何もかも寒すぎる今年の冬。

このブロッコリーも 今までに見たこと無いくらい傷んでしまいました。
普通ブロッコリーはとにかく寒さに強くて、
霜や雪、氷なんてものともしないのですが
今年は、乾燥も手伝ったせいか、本当に酷い状態。



f0097970_1704810.jpg
いつもなら、沢山の脇芽が出てきているのに、
新しい脇芽は出てこないし、古いのは、乾燥と寒さで萎びてしまい
もう食べられません。


長い畑生活の中でも初めてのことです。
ブロッコリー、今年はもう諦めて抜き始めました。





f0097970_1734157.jpg
ロマネスコもまったく大きくなっていませんでした。
葉をめくって、めくって その中にぽつんと。
しかも ちょっと傷んでいて、このままいったらムリ?という感じ。

昨年は、2月の中旬には立派なのが出来ていたのに・・・・。
今年は、苗自体も全体に小さめで、もしかしたら育たないかな?とか。




2月も半ばを過ぎたのに、まだ真冬の寒さが続いていて
明日からもまた寒くなるらしいshogame地方。
3月に本当にジャガイモが植えられるんだろうか?とちょっと心配になるほどです。
[PR]
by shogame2 | 2012-02-17 17:09 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(18)
唐辛子オイル
f0097970_1911763.jpg

パスタに辛みがちょっと欲しいなっていう時、
私、タバスコを使うのがどうも・・・・・。
せっかくのパスタの美味しさに
余計な味が入ってしまうし・・・・・。
で 毎年作るのが「唐辛子オイル」

作り方は簡単で、
エクストラバージンオイルをお鍋で温めて
種を取った唐辛子を入れます。
「ジュッ!」っていったら、直ぐに火を止めて冷ますと出来上がりです。

香ばしい香りが立ち上りますが、同時にくしゃみが出る場合ありです。






f0097970_1915357.jpg

おなべに入れておくと、保存瓶に注ぐ時にちょっと面倒なので
あら熱が取れたら 注ぎやすいカップに入れておきます。





f0097970_19193140.jpg

ちょっと写真が・・・・・ですが。
今回私は、この瓶のオイルの8割位を唐辛子と共に熱して、また元に戻しました。

ちなみに 唐辛子は「島唐辛子」
昨年のは使わずにちょっと古い一昨年のを使いました。
念のためね。
ですから 唐辛子の香りと辛み、残念ながらちょっと少なめです。
ですから例年より唐辛子はちょっと多めです。


それでも やっぱり唐辛子オイル。
パスタやピザだけでなく、ビーフシチューなどにも合います。
[PR]
by shogame2 | 2012-02-06 19:28 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(6)
最後のタマネギ
f0097970_19514713.jpg
とうとう 残り2個になった玉ネギ。
確か昨年は、1月の終わり頃でもまだ10個くらいあったのですが
今年は、元々ちょっと少なかったのか
タマネギを沢山食べたからか??




f0097970_1953258.jpg
皮を剥いてみると案外綺麗で、食べてしまうのがもったいなくなります。
つるっとして白くて、可愛らしい。

そういえば、今回のタマネギは、夏にかなり腐ってしまい
使えるところをみじん切りにして炒めて、冷凍しましたっけ。
あれは、炒めるのは大量だったので、ちょっと大変でしたが
その後、カレーを作る時には本当に重宝しました。




f0097970_19561853.jpg
つるんつるんで白い綺麗なタマネギですが、
切ってみると、もう中心は緑になっていました。
春の準備ですね。
タマネギは、短縮茎に葉(鱗葉)が重なり合って出来ているので
緑の所は茎で、これから伸びていく準備なのかもしれません。


こうやって見ていると、本当に野菜というのは、
例えようもなく美しいカタチをしてます。
しばし見とれてしまうほどです。


が、最後の玉ネギ。
何にして食べたかというと、
それは、やっぱり我が家で一番人気のカレーにしていただきました。


今の ちょっと寂しい畑の玉ネギも、春になったらちゃんと大きくなって
また 来年の今頃まで食べられますように。
[PR]
by shogame2 | 2012-02-04 20:10 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
冬のブルーベリー
だいたい ブルーベリーは寒い地方のものなので、寒さには強い。
そしてその寒〜い地方の冬は、大抵雪に埋もれるので
たぶん 水分の心配なんてしないんじゃないかと思ったりします。

それが関東となると、寒さはそれなりにあったりするのですが
とにかく冬は雪も降らなければ雨も降らない、カラッカラの季節なのです。
毎日それは良いお天気。

お洗濯物は良く乾いてありがたいのですが
このブルーベリーはちょっと大変です。
毎年どうしたものかと 迷うのもこの季節。
たぶん 年末からずっと雨も雪も降っていないと思います。


f0097970_19131358.jpg

ブルーベリーは、とても根が浅く、それなのに乾燥にとても弱いのです。
ただ いくら寒いのに強いと言っても、そのまま水まきをしたら
根もさすがに凍ってしまいそう・・・・。

ということで 藁を沢山敷いて、そこに水をかけてやることにしました。
こうすれば 朝晩零度以下になっても凍ってしまうことは無いんじゃないかと・・・・。




f0097970_1920561.jpg

ブルーベリー、もうこんな風にツボミが膨らんできています。
このツボミは、たぶん葉の部分だと思うのですが。
ブルーベリーは、葉の部分も最初はこんな風に蕾みたいになるんです。



まだまだ長い冬ですけど、来るべき時期の用意は着々と進んでいるんですね。
[PR]
by shogame2 | 2012-01-10 19:23 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
肥料の難しさ
f0097970_0334035.jpg

ウチの畑のブロッコリーは、今とても巨大化しています。
これで 直径が25cm程です。
完全に大きくなり過ぎです。


私は、大抵の野菜は元肥重視で、追肥をほとんどやりません。
大した考えがあるわけではなく、単に面倒というのが本音。
だからって 自分としてはそれ程多くの元肥を与えているとは思えないのですが・・・・。
以前に借りていた畑でも 同じようにやっていて、あちらではもっと小さかったような気がします。

今の畑は、水はけも良く、それなりに保水力もあり
畑の土としては、本当に良いと思っています。
だから もしかしたら元肥もやり過ぎなのかもしれません。
さらに  秋物野菜は、成長過程で突然暖かくなりすぎたりというのがあって
そうなると 益々大きくなってしまいます。

大きければ良いというわけでもなくて
やっぱり ある一線を越えると 味は確実に落ちます。
私の感覚で言うと「モコモコ」になってきた頃。




f0097970_0401062.jpg

でも 今回たまたま場所が空いていたので同じ畝に植えた芽キャベツ。
こちらは、同じ肥料の分量でも良い具合に育っていて
今が丁度食べ頃。





以前にトマトで、甘く育てたいばかりに肥料を極力少なくして
ほとんど堆肥だけで作ってみたことがあったのですが、
フルティカやサンマルツァーノは、とても良い具合に育ったのに
シシリアンルージュやミニトマトは、ヒョロヒョロで
追肥をしても結局追いつかず、実も大して良いものは採れませんでした。

秋野菜の場合、追肥に頼ると成長が間に合わず
結球できなかったり、霜にやられたり・・・・・。


でも ブロッコリーのこの大きくなり様は、ちょっと尋常じゃないし
第一食べても 美味しくなくなってきています。
だからって 来年、元肥を意識して少なくするか・・・・・。
これはちょっと勇気が要る決断です。
定植時期やその後の気温季候の変化にも左右されるし。


肥料って 本当に難しいです。
まあ 一年間色々と悩んでみることにします。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-29 23:48 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(2)
年末の畑
師走になって急に寒くなり、
毎日収穫しなくちゃならない野菜が無いのを良いことに
畑からどうしても足が遠のいてしまうshogame2です。



f0097970_17225969.jpg

本当は、こんなに寒くても草取りとか、残渣のお掃除とかしなくちゃいけないのですけどね。
手前に何も植わっていないので、何だか綺麗には見えますけどね。
見えないところに・・・・。




f0097970_17264370.jpg

先ほどの写真で、左手の方にちらっと写っていたのがこれ。
エビ芋の霜よけです。
実は、最初の収穫をしてから、一ヶ月くらい家に置いておいたエビ芋。
1個のお芋の1/3位がダメになってしまっていたので
全て収穫してくることを止めて、お正月までとにかく畑で保存することにしました。

昨日ちょっと収穫してみたけど、霜にもやられず大丈夫だったので
このままおいておくことにします。




f0097970_173036100.jpg

大根は、大きいのだと食べきれず
小さいのは、なかなか煮て美味しいというのが見つからずでしたが
今年「三太郎」というのを試してみたところ
これが煮物にしても美味しいのです。
しかも我が家サイズなので、とても重宝しています。
確か TAKIIだったかと思うのですが・・・。




f0097970_1733489.jpg

良いことばかりじゃないです。
玉ネギは、随分とやれました。
たぶんヨトウ虫ですね。
でも ダメになったところを掘り返しても一匹も見つかりませんでした。
こういう時って、本当に悔しい!
いくら想定内の欠損でも、やっぱり虫にやられるのは悔しいです。
全部で20本くらいはダメになっていました。

クンタンが虫除けに良いということで、今年は定植の時に播いてみました。
確かに 最初はほとんど虫に切られることが無くて良い調子だったのですが
どうやらずっと効力があるというわけではなく
追加をしないと駄目そうです。
来年は、追加をしないと・・・・。



この秋の畑は、どういう訳か葉物がほぼ全滅で、
小松菜も蕪の葉っぱも殆ど食べられませんでした。
なんとか春菊だけは収穫できて楽しめたけど・・・・。

白菜も我が家で種まきした分は、播いても播いても虫にやられました。
仕方なくHCに行って「これもお金取るの?」ってくらい酷い苗を
3株買ったのですが、それがなんと立派に大きくなって
3株とも美味しく頂きました。
我が家の物は、3.4株くらいはなんとか出来そうです。
後は 結球に間に合わなかったので春先のトウを楽しみに待つことに。


そんなこんなの年末の畑です。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-28 17:47 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(4)
香りも味も保存
f0097970_14123558.jpg


アップするのが随分遅くなっちゃったけど、
今年も新生姜で甘酢漬け作りました。

基本甘酢漬けが好きな私。
生姜も、ミョウガも、キュウリも甘酢漬けにするとすごく食べられる。

今年は、ちょっと作業が遅れてしまったので
そのせいか、甘酢を入れた時に綺麗なピンクに染まるのがどうもイマイチ・・・。
でも 新生姜の香りとピリッとした味わいは変わらず。

薄手に切ったつもりだったけど、
お寿司なんかに付いてくる「ガリ」と比べるとかなりぼってり厚口。
でも 美味しければ良いのだ〜。






f0097970_14164564.jpg


甘酢漬けが好きとはいえ、大瓶に2便近くも出来てしまうと
ちょっと一年掛けても・・・・・って思っていたら
ブログのお仲間で「sakkoさん」がすり下ろして冷凍していらっしゃった。
早速それを真似して、製氷皿に作ってみた。

確か 大昔小さい氷が欲しくて買ったはず・・・・・。
と探し出して。
これ 一マスが、1cmくらい。
フタも付いているので、まあまあ衛生的。
冷凍庫から出してコチコチだとムリだけど
ほんの少しレンジをかけたら、尖った物の先で取り出せました。

味も香りもすり下ろした時のまま。
いちいち ほんの少しすり下ろす手間も無くてすごく楽ちん。
しかもすぐに溶けるし。


生姜がすり下ろして冷凍できるとは知らなかったので、
やぱり ブログのお仲間はありがたいわ〜と思った次第。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-20 14:23 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
お豆の様子
うっかりしていいました。


毎朝犬の散歩はしていて、霜がしっかり降りていたのも見ていたのに
畑のお豆達のことはすっかり忘れていました。
畑には行っていたのにね〜。



f0097970_20143144.jpg

心配したソラマメは、まだ霜にやられることもなく元気でした。
ちょっと小さめだけど、このくらいの方が、
寒さにやられにくいかも。(と 自分で納得させる)


f0097970_20155684.jpg

キヌサヤやスナップエンドは、もちろん元気。
ちょっと伸びてきているので、この先余り暖かくなりませんように・・・。



f0097970_20171156.jpg

ちょっと迷ったけど、やはり霜よけ程度の覆いはすることにしました。
鳥除けに掛けたアミの上から、トンネルのアーチに添って
てっぺんから半分くらいまでて止めておきました。

したまでトンネルにしてしまうと
暖かいには、温度が高くなりすぎて、成長しすぎる気もしたので・・・・。


これで しばらく様子を見る事に。
霜にやられそうなら、ブルカバーのとんねるにしようと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-15 20:20 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(4)
牡蛎三昧に畑の野菜
f0097970_16215690.jpg


先週末から我が家は牡蠣づいています。
最初に金曜日に義姉から広島産の牡蠣1kgが送られてきました。
早速 プリップリの生牡蠣を堪能。

丁度 来客がある予定だったので
日曜日は、牡蠣フライパーティー。
残念ながら写真は撮り忘れ・・・涙


1kgの牡蠣は、綺麗にみんなの胃袋に収まって
大満足のうちにお開きに。
帰るみんなを車まで送って自宅に帰ってきたら・・・・・。
玄関には宅急便のお兄さん。


別の方から また牡蠣が届きました・・・・。
今度も プリップリの牡蠣1kg。










f0097970_16345947.jpg


さて 今度はどうやって食べる?
ってことで、とりあえず、私がお昼に頂きました!



畑の白菜と一緒に【白菜と牡蠣のクリームパスタ】
他に舞茸がちょっと余っていたのでそれも一緒に。

新鮮な牡蠣と自作の白菜だからこそ楽しめる贅沢パスタ。
牡蠣が美味しいのはもちろん、
クリームに白菜と牡蠣の旨味が出てクリームも美味しいの!



さて 今夜は、残りの牡蠣をどうやって食べようか・・・・。
思案中です。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-12 16:42 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(17)
この日を待っていた
f0097970_186992.jpg


夏からずっと待っていました。

キャンプのお仲間が作ってくれて、「美味しい美味しい!」って食べたサラダ。

我が家の白菜が採れたら、絶対作りたかった白菜サラダ。

ようやく白菜の季節になって、早速作りました。



超簡単なサラダ。
でも 一手間が格段に美味しさをアップしてくれます。

レシピというほどの物もないのですが。

材料:白菜、長ネギ、生姜、唐辛子(ホール)、花椒、酢、塩、サラダ油

1.白菜を切ります。私は白いところはそぎ切りに。
2.塩をしてそのまま放置。水が出てくるのを待ちます。(1時間位かかるかも)
3.その間に、サラダ油で生姜、ネギ、唐辛子を炒めて、サラダ油に香りを移します。
    これが一手間。もうそろそろ白菜がしなってしてくるかなという頃に作ると良い。
4.軽く水切りをした白菜にかけます。
   私はネギは棄てるような青いところを使ったので、油を漉しましたが、
   白いところを生姜と共に千切りにしたら全部混ぜでも。
5.酢と花椒で味を調えます。
6.花椒は、出来たらホールが良いけど無かったら粉でも大丈夫。
   ちなみに私は粉を使いました。(お店にホールが無かった)



これ ホントは【ラーパーツァイ】って言って、ごま油とかお砂糖を入れるようなのですが
私が教わったのは、このレシピで、こちらの方がサッパリと美味しいように思います。

これ キモは花椒。
これが入ると格段に美味しさがアップします。
もちろん無くてもオイルが丁度ドレッシングオイルの役目を果たして
それでも美味しいのですけどね。

新しいお料理って普段は、ネットやら本やら見ても、「う〜ん」って感じが多いけど
キャンプとかで、持ち寄りのお料理の場合、
目から鱗のように美味しいお料理が多いです。
しかも 基本野外料理なので簡単!


白菜って、菜園で出来上がると、相当な大きさになり
冷蔵庫も辛い時があります。
そんな時に、このサラダとか、昨年作って大人気だったこれとか、
今年はざくざく食べられるぅ〜!


この冬は、白菜サラダは、かなり登場が多くなりそうです。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-08 18:05 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)