カテゴリ:放射能のこと( 8 )
2年ぶり菜園の放射線量測定
f0097970_19481032.jpg

久しぶりに自治体のHPを見たら、
出張所でも放射線測定器が借りられることが分かり
早速借りてきました。
以前は本庁舎のみの貸し出しで、しかもその日のうちに返さなくちゃならなかったので
結構大変だったんです。


さて その結果はというと・・・・。
写真でも分かるように、[0.133μSv/h ]まだまだ・・・・ですね。
多いところだと[0.18μSv/h ]くらありました。
2年前の12月に量った時は、この2倍くらいの [0.24 μSv/h ]くらいあったのですから
それから比べてたら半減でしょうか。

でも それって土をこねたり、堆肥を入れたりしているので
実際はどうかな〜。

敷地の境目の植木が植わっている所の下の所だと[0.2]くらありました。
今積んである菌床は[0.08μSv/h ]
菌床はハウスから出して数ヶ月野ざらしになっているので、
どうやら空気中に新たに放射能が降り注いでいることは無さそうです。



世の中は何だかもうすっかり過去のようになっている放射能汚染。
私の畑は、人体に影響があるような数値では無いですが
それでも 何も無ければ[0.04μSv/h ]程度なわけですから
やはり高いです。
福島から200kmも離れているのに・・・・。

今も 自治体は毎日 
農家で収穫された野菜の測定結果、子供達の学校給食の測定結果をメールで知らせています。
もちろん もうみんな25ベクレル以下の安全範囲内なのですけどね。
ちなみにこの25ベクレルという数値、日本の安全基準よりさらに厳しい数値になっています。
私はこの結果を一応信頼して、最近はもう 我が菜園の野菜の放射能物質は量っていません。

絶対とは言えない安全ですけど、ここで暮らす以上みんなこのことは受け入れているって事です。





f0097970_2061355.jpg

測定をした後、ふと見たらソラマメが発芽していました。
元気で育って欲しいですね。
[PR]
by shogame2 | 2013-11-11 20:09 | 放射能のこと | Trackback
決断
と 書きましたが そう大袈裟なものではないのですけどね。


f0097970_5163026.jpg
昨年作った堆肥を破棄することにしました。
理由はもちろん放射線量が高いため。

このまま堆肥箱の中に4,5年放置すれば、
セシウムは約半分くらいになるらしいのですが
そこまで 置いておく余裕もないし、本当にそうなのかも・・・。
あくまでも計算上みたいだし。

本当に色々と考えたのです。
もう 私達夫婦が食べることで問題になるような年でもないし
たぶんほとんど影響は無いのでは?とか。

でも これは結局私の気持ちの問題という結論になりました。
いつも「放射能」ということばが 心のどこかにひっかっかっている状態で
農作業をするのって どうにも気が重いのです。
影響が無いだろうと思っていてもやっぱり気になる。
畑の土より放射線量が多い堆肥を畑に鋤き込めば
土の放射線量は上がるし。




f0097970_5245644.jpg
丁度 先日地主さんともちょこっとお話しして、
畑の隅に埋めてしまえば?とのことだったのでそうすることにしました。
実際の作物への影響もないし、土を10センチくらい被せてしまえば
表面的にも影響はありません。
丁度、笹やドクダミ、スギナが沢山出てきています。
しっかり掘るので それを取り除くことも出来ます。


まあ そんなことで、作業に入りました。
私の中では、既にもったいない感覚は無くなっていて
気持ちの上では、懸案だったことだけに一区切り付く感じです。

これで 数年後、畑の方の線量も半減してくれたら良いのですけどね。




※コメント欄は閉じさせていただきました。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-13 05:32 | 放射能のこと
健康ということ
大好きな家庭菜園で汗を流し、無農薬有機栽培で安全で美味しい野菜を作る。
これぞ趣味と実益を兼ねたと言える程、
健康的で素敵な生活ってそうそうはないと思っていました。
あの3月の原発事故までは。


f0097970_17101056.jpg



畑は別に何が変わった訳でもなく、いつも通りの一年でした。
ただ 時間が経つにつれて、色々怖いことが分かってきて
気持ちは落ち着かない日々です。

今年の野菜はどうしようか・・・・。
作って食べても大丈夫なんだろうか。
自治体でも検査はしているけど、私の畑は大丈夫なんだろうか。

そんなことを色々と考えながら
昨年12月最初の畑の放射能測定をしました。
今日は、3ヶ月ぶりに放射能測定器を借りてきて2回目の放射線量を量りました。
たった3ヶ月ですから、きっと数値に大きな変化は無いと思っていました。


結果、やはりほとんど変化はありませんでした。
畑の中で一番放射線量が高かったのは、今年使う予定にしていた落ち葉堆肥でした。
表面は0.35マイクロシーベルト、10cmくらい堆肥を退けてみても0.31マイクロシーベルトありました。
原因は、畑に積み上げて置いた菌床を昨年夏に混ぜたせいかもしれません。
ブルーシートでかばーをしていましたが、
3月〜6月頃までは、もうかなり古くなって破れたものでしたし、
その下にはコモをかけていました。そのせいだったかもしれません。
私もあの頃は、まさか250kmも離れた私の畑に
これ程沢山の放射が居座るとは思ってもいませんでした。

0.3を超える数値。
畑のどこの土よりも高い値で、これを使うと畑の土の線量がもっと高くなってしまいそうで
とても使えそうにありません。
かといって どこにも持って行けないので、
とにかくこのまま今年は放置することにしようかと思ったりしています。


反対に 2年前の堆肥。
もう ほんの少ししかないのですが、こちらは前回同様0.16〜0.20位の値です。
これは、どうやら畑に使えそう。


畑は、全体には0.18〜0.29位の数値でした。
高い方の数値を取れば、やはり今年は作らない方が良いのでは?という気持ちになり
低い方の数値なら、まあ大丈夫?という気持ちになります。
こういう時は、人間どうしても気持ちは「きっと大丈夫」という方に傾きますね。


f0097970_17105388.jpg


野菜を作って食べても全然健康じゃなくて、むしろ不安がいっぱいな感じ。
まあ 自治体からは、毎日農作物は20ベクレル以下だというメールが来ていていますが。


でも それじゃあ 作るのを止めるかというと・・・・。
家庭菜園を始めてもうすぐ20年近くになります(年が分かっちゃいますね)
もう私にとっては、趣味というよりはライフワークといった方が
近い存在の家庭菜園。
それを止めてしまったら 私はどうなるんだろうと・・・・ちょっと大袈裟ですけど。
カラダの健康不安は無くなっても、心の健康はどうなるんだろうとか。

試しに外から受ける放射線の年間被爆量をざっくりと計算してみると
(一日に畑で浴びる放射線量×年間に畑にいる大まかな日数)
自治体の基準値(国よりちょっと厳しい)を下回っていました。
もちろん これに食べる野菜から受ける内部被爆も入るのですが。


でも それなら、もうおばあちゃんに近い年なら、
残りの人生(大袈裟ですけどね)やっぱり
私の気持ちが健康でいられる方が良いんじゃないかと。
仮に5年後にガンになったとしても、この被爆が原因というのは分からないと思うし
まあ そうなったらなったで運命という感じでしょうか。




今日はちょっと重い話になってしまいました。
きっと 関西方面にお住まいの方は、温度差があるんじゃないかとも思うのですけど。
まあ そんな感じで、相変わらず放射能の不安は抱えつつも

放射能不安<畑を止めた時の心の不安

ということで、やっぱり私は畑をやっていこうという気持ちでいます。



ただ 1つ 残念なのは、私のムスコ君やお嫁さんに野菜を食べてもらえないことかな。



f0097970_17153090.jpg

[PR]
by shogame2 | 2012-03-02 17:16 | 放射能のこと | Trackback | Comments(18)
危険ゴミ
f0097970_19132984.jpg


袋の中身は、枯れ枝と、枯れたマリーゴールド。

例年なら、畑で燃やしているものです。

私の住む自治体では、昨年秋から畑の残渣や落ち葉を燃やすことを禁止しました。

ゴミとして出す時にも【燃えるゴミ】ではなくて【危険ゴミ】です。

放射能の値が高いためです。

自治体でも、放射能をかぶったであろう 【危険ゴミ】は燃やすことなく保管します。

でも どこももう満杯の状態。

もちろん 日本中どこの自治体でも受け入れてくれません。

自分のところで何とかしないといけないっていうのが何とも腑に落ちません。

東京電力は?、国は?、なぜ?という思いが常にあります。
[PR]
by shogame2 | 2012-01-16 19:21 | 放射能のこと | Trackback | Comments(14)
畑の野菜は大丈夫?
先日畑の放射線量は調べて、安全というほどでは無いけれど、まあ今のところ大きな問題では無さそうだと分かりました。

でも、それじゃあ 畑で今出来ている野菜達は、本当に安全なんだろうかという事も
何だか気になります。

私が住んでいる自治体では、そういう人たち用に
検査を無料でしてくれるのですが
国の暫定基準値500ベクレルを下回った場合は
「安全の範囲」ということで、数値を教えてくれないそうです。
ですから、例えば450ベクレルでも50ベクレルでも
「安全の範囲」というだけで、数値は分からないのです。


そこで 民間の機関で調べることにしました。
ベクミルは、調べてもらうのではなくて
基本自分で調べるところです。
ただ 行ってみて分かったのですが、
スタッフの人がとても親切で、懇切丁寧に教えてくれるし
アドバイスもしてくれるので安心です。


f0097970_2027213.jpg


こんな感じで調べてもらうものを粉砕して持っていきます。
持っていった物は、
1.堆肥(今年初めに作り、来年使うもの)
2.畑の土
3.ブロッコリー

残念ながらカメラを忘れたので、
測定しているところの写真は無いのですが・・・・。


で 結果です。
数値はセシウム137のものです。
ブロッコリーは嬉しいことに、1kgあたり20ベクレル以下。
20ベクレルを下回ると検出することが出来ません。

現在日本の基準値は500ベクレル/kg、ウクライナだと40ベクレル。
日本の数値は高すぎるように思いますが
ウクライナを見てもそれよりずっと低い値だったので本当に良かったと思っています。

ただ、土と堆肥は非常に高い数値で両方とも1700ベクレルとなりました。
まあ 土ですから食べるわけでは無いのですけどね。
日本のお米を作る時の土壌放射線量は5000ベクレル以下となっているので
それよりはずっと低いわけですけど。


問題は、その土からどのくらい野菜に放射能が吸い込まれるかということ。
ある調査機関によるとトマトの場合、0.0007程度という結果も。
つまり土壌1キロあたり1万ベクレルでトマトを作付けする場合、
トマトの実のセシウム137は平均値で計算すると7ベクレルということになります。
でも これは野菜によって違うので、よくよく調べて気をつけないといけないような気がします。

まあ まだまだ分からないことだらけですが、
新たに種まきをしたらその都度ベクミルに持ち込んで調べ
慎重に見ていくことが大事かと思っています。

まずは 今 自分が食べている野菜の安全性が確認できて良かったと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-10 21:03 | 放射能のこと
菜園の放射線量測定
f0097970_17412324.jpg




覚悟はしていたけど、それなりにやはり高い数値でした。


5cmと1mで測定しましたが、5cmが若干高かったので
そちらのみ記録として残すことにしました。
測定器では小数点以下3位まで出ていましたが、四捨五入して2位までです。


A:0.31→ ブルーベリーの苗の根本。藁が敷いてあるせいか高め。
B:0.29→10月に雑草除けに菌床を播いたところ。土と混ぜてしまっている。(C]mo同様)
D:0.26→秋までイチゴが植わっていた。現在空き地
E:0.24→黒マルチをして玉ネギが植わっている。
F:0.22→柚子の木の根もと。不思議と低い値。
G:0.31→アスパラ畑。なぜか高い値。
H:0.21→秋に移植されたイチゴが植わっている。
J:0.27→菜っ葉畑。
K:0.27→ブロッコリー。測定は黒マルチの上から。
L:0.28→来春まで使う予定がないので、菌床を播いてマルチ掛け。
N:0.31→今年制作中の堆肥。ブルーシートがかなり破れていて、そこから雨水が大量に入った。
               最近新しいのに変えたけど遅かったか。線量高め
               ただ、5cm程掘ると、0.26まで下がった。
M:0.16→昨年の堆肥の残り。なぜか一番低い値。


O:0.24→11月上旬に頂いた菌床。ブルーシートで覆っている。
P:0.22→8月末頃頂いた菌床。野ざらしだったが、現在はブルーシートで覆っている。
Q:0.31→畔
R:0.41→芝生。畑では一番数値が高かった。


その他の場所
いつも取っている神社の落ち葉が集めてあるところ:0.58→驚くほど高い数値!
いつも取っている近くのクヌギ林:0.41→こちらも高かった。やはり今年の堆肥はムリと判断。
我が家のベランダ:0.10。マンションの2階。




とにかく今日は寒くて、計測するのにも泣きたくなるほど。
ボタンを押したら計るところで1分待って、その後も出た数値を確実にするため
1分くらい様子を見る。結構数値が変わるので・・・・。
手はかじかんで、文字が書けず、もう本当に苦行のようでした・笑



色々と思うこと、書きたいこともあるのですが、
まだまだ分析やら(って大した事しないけどね)は後回しって事で。
ただ 一番心配だった今年の堆肥。
ちょっと高めの数値でしたが、
これまた気になっていた、野ざらしの菌床の影響は、少なそうです。
(菌床自体の数値が低いので)



今日、とにかく 現実をしっかりと見たいという希望は叶いました。
やっぱり 線量は高くて、それはそれで ちゃんと受け止めないといけないし。
もうちょっと頭の中の整理が出来たら、
感想やら、もろもろ書こうと思います。


今日は、まずはご報告だけってことで。
[PR]
by shogame2 | 2011-12-02 18:05 | 放射能のこと | Trackback | Comments(10)
悔しい気持ちで
f0097970_20115260.jpg

何となく覚悟はしていたんです。

いつも楽しく作っていた【落ち葉堆肥】

今年は諦めることにしました。

原因は、もちろん放射能。

何度か触れていますが、ホットスポットである我が地域。

特に雑木林の水が溜まりやすい所

そして落ち葉、みんな線量が高いそうです。

自治体が毎年無料で配布している落ち葉堆肥も

今年は無しになりました。


f0097970_20143596.jpg

それどころか、この葉が落ちても、危険ゴミとして出さないといけません。

焚き火も禁止です。

あんな事故が起きなければ・・・・。

本当に悔しい気持ちでいっぱいです。



今週金曜日には、自治体から線量計を借りてきて

畑の空間線量を計ります。

どうか 値ができるだけ小さくて、何とか続けられますように。

今、祈る気持ちでいます。
[PR]
by shogame2 | 2011-11-30 20:18 | 放射能のこと
放射線量測定器
私が住んでいる自治体で、今日から「放射線量測定器」の貸し出しの予約が始まった。
朝、久しぶりのウォーキングを兼ねて4kmほど歩いて申し込みに行ってきた。

おそらく すごい人で、のんびりと歩いてくる私なんて
数ヶ月後になるんだろうなと思っていたら、
大した人はいなくて
来週からの貸し出しで、私は12月2日に借りられることになった。
土日は休みだから実質2週間程度の待ちで借りられる。



「へ〜、みんな案外興味ないんだ」っていうのが正直な感想。
だって、結構色々と取りざたされている「ホットスポット」なんだけどね。



私は、一番気になっている畑と、落ち葉を毎年取る場所の測定をしようと思っている。
本当のことを知るのは、ちょっと怖い気もするけど
やっぱりちゃんと知っておいた方が良いように思うので。



ところで 我が自治体では、家庭菜園の野菜も放射能を調べてくれる。
私はまだやったことがないけど、畑仲間がやってもらった。
「検出されず」と言われて「ゼロなんですか?」って聞いたらどうやら違うらしい。

お国が示す暫定500ベクレル以下だと「検出されず」になるらしい。
例えば490ベクレルでも「検出されず」・・・・・・
聞いても数値は教えてくれない。
理由は「お国が決めたことだから」らしい。
風評被害が出るからとか・・・・・
????
せめて家庭菜園程度の人になら出た数値を教えてくれても良いように思うんだけどね。

なんだかな〜。


※これからどうなるか分からないけど、他のカテゴリにははまりにくかったので
   新たに「放射能のこと」を追加しました。
   出来るだけ このカテゴリが増えませんように。
[PR]
by shogame2 | 2011-11-07 20:34 | 放射能のこと | Trackback | Comments(12)