カテゴリ:2012春夏畑のお話( 61 )
毎朝10粒
f0097970_1111214.jpg
皆さんもそうですけど、今年はトマトが大豊作で食べても食べても食べきれない。

ウチでは、毎朝ミニトマトを10粒ずつ食べています。
トマトはビタミン満載ですから この時とばかりに沢山食べます。
夕食にも出てくるし、shogame1は帰宅したらまずは冷蔵庫から取り出します。
こんなに沢山食べているんだから
カラダに蓄積できたら良いのにね。

とはいえ、9月に入って栄養補給をしていないこともあり
みんな粒が小さくなってきて、10粒だとちょっと力不足気味。
中玉のトマトも、全体に小粒になってきて
ミニトマトの大きいバージョンぽいかな。
収穫量もこの間の雨以降ぐんと減りました。


何となく、最盛期を過ぎて寂しい季節の終わりを感じます。


でも 今年は本当にトマトは量も味も堪能したので大満足!
[PR]
by shogame2 | 2012-09-06 11:18 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
今年は違う
f0097970_23245679.jpg

例年なら吊したタマネギは、
もうかなり腐ったりして落ちているのですが、今年は違います。




f0097970_23254338.jpg

吊してあるのだけじゃなくて
その後 籠に置いたままになっているタマネギも
全然腐ってません。


今年、家に方には結局持って帰ったのはほんの少しで
後はこちらに置いたままにしていたのがよかったのでしょうか。
風通しも良いし、涼しいし。
雨が少なかったのも良かったのかもしれない。


とにかく 今のところ本当に良い調子なので
この場所を見る度にちょっとにやけてしまいます。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-31 23:31 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
圧倒的
f0097970_19235115.jpg

今年のトマト、

圧倒的な美味しさは、「Mr 浅野のけっさく」

中玉トマトで、出来はじめた頃は、フルティカに比べて、ちょっと濃い味?っていう程度で
あまり変わりが無かったのですが、3週間後に収穫してみたらビックリ!



普通、甘味が一番強いのはミニトマトで
粒が大きくなって行くに従って、甘味は薄らいできます。
でも 大きくなるとジェルの部分が多くて、皮も薄く 
それはそれでトマトらしい美味しさになります。
一方 ミニトマトは甘さが強いものの、皮の固さが・・・・。


「Mr 浅野のけっさく」は、ミニトマトと大玉の良いとこ取りって感じ。
同じ中玉のフルティカに比べても圧倒的な美味しさ!
甘味がとても強く酸味もあり、味が濃いのです。
中玉だから食べ応えもあって、畑のつまみ食いでも「Mr 浅野のけっさく」だけ選んじゃいます。
目をつぶって食べても分かるくらい。



ちょっと気が早いけど、来年の中玉トマトはこの「Mr 浅野のけっさく」だけにしてしまおうか。
なんて 今から思っちゃうくらいです。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-28 19:33 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
複雑な気持ち
「野菜は、主の足音を聞きながら育つ」という言葉を以前に畑の先輩から聞きました。
以来、ずっとそう思ってきました。








f0097970_20553988.jpg
トマトもそうですがスイカも。
そして この島唐辛子も、例年より遙かに豊作で、しかも大きいのです。
病気にもなった様子もなく(元来病気にはなりにくいみたいだけど)
スクスクと育って、先日気が付いたら





f0097970_20564429.jpg
真っ赤な実を沢山付けていました。
しかも 例年と比べると3割くらい大きめ。
ご覧の通り粒ぞろい。
もちろん追肥など全くしていません。




主が居ない方が、伸び伸びと育つのか???
何となく 複雑な気持ち。





※例のセシウムの影響か?という噂もあるのですけどね。
ほら セシウムの性質が「チッソ・リン酸・カリウム」のカリウムと
似ているって言われているのでね・汗
一度調べてみたい気もするのですが
検体は、350ml程すりつぶさなくてはならず、
想像するだけで目がしばしばしてくるので、目下の所保留中です。
スナップエンドウを検体に出した時には、20ベクレル以下だったので
一応それを信じているんですけど・・・・・

[PR]
by shogame2 | 2012-08-24 21:08 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
草取りその後
f0097970_204366.jpg

毎日暑いけど、夕方4時頃から1,2時間草取りに励んでいます。
ようやく地面が見えてきました。
抜いた雑草は、畝の上に敷いてある黒マルチの上にどんどん乗せていくと
この暑さなので、2,3日でへなってなってきます。
(遠くの方にあるんだけど見える?)



で 近くの雑草。
なんで抜かないの???


ですが






f0097970_2064323.jpg
見えます?
イチゴの葉っぱ。

ここは、イチゴのランナーが伸びてきていて、
雑草を取ろうとすると、ランナーも一緒に抜けてしまいます。
雑草を残しておけば、多少は日除けにもなるし
保水の役に立つかも・・・・ってことでそのままに。

ただ 雑草の種が出来ていていたので、
まあ こぼれるのはこの際致し方なしなんだけど
飛び散らないように、上の方だけ刈っておきました。




畑の雑草は、周りの通路も大まかには終わりました。
とは言っても、通路の端に山積みになっていて
あれはどうしたものか・・・・・。

今まで こんなに沢山の雑草を放置したことが無かったので
対応が分からん・・・・涙

燃やすことは、自治体のお達しでダメで、
危険ゴミとして出すには多すぎる。
一部は、なんとか袋詰めして(と言ってもせいぜい2,3袋だし)
後は、自然に任せるしかないかなと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-17 20:14 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
Before after
f0097970_197394.jpg
Before


f0097970_1985100.jpg
and after




そして




f0097970_199264.jpg
帰ってきたら、まずはこれ!
今年はトマトだけじゃなくて、スイカも大豊作。
と言っても、もう受粉の時期とか全然分からなくなってきているので
叩いてみて、何となく水分たっぷり感があったら収穫。
でも 外したことは無いので、やっぱり今年は大豊作。





でも 草取りは、なかなか進まない。
今朝も頑張ってやるつもりで畑に行ったのだけれど
突然の大雨で、もうびしょびしょになりながら帰ってきました。


この雨で 一番喜ぶのは、これから出てくる雑草だろうな〜・・・・・。




※あれ?って思ったらもう8月過ぎていました。
 もうキャベツとかブロッコリーとか種まきしなくちゃいけないし
 種も買わないとならないし。
 畑もそうだけど、家のリフォームも本当なら終わっているはずなのに
 トラブル続きで、まだ終息を見ず・・・・。
 何となく種まきにも気持ちが向かない今日この頃です。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-06 19:16 | 2012春夏畑のお話 | Trackback
ひたすら
f0097970_671095.jpg


どうやら今年はトマトの豊作年。
それに加えて、収穫時期が一気に押し寄せてきて
とにかく冷蔵庫も冷凍庫も満杯で、しかも他にも大忙し。

でも そんなことも言っていられないので
とにかく作りました。

トマトソース

ひたすらブレンダーにかけて
ひたすら煮込んで・・・・。
大鍋に満杯状態で3回煮込みました。
だから何も手を加えず、ただのソースです。

シールが付いているのは、品種の違いの目印。





f0097970_65460.jpg

左が、色々とmixしたトマトソース。
真ん中がサンマルツァーノ種。
右がシシリアンルージュ。

シシリアンルージュが特に豊作なのは前回も書きましたが
瓶詰めにしたら一番多かった。
甘味が強くしかもジューシーなシシリアン。
そのままトマトパスタやナスとトマトのグラタンなど
なんと言っても美味しいのですが
それでも食べきれないのでソースにしました。
サンマルツァーノ種は、色が濃くて種も少なく
やはりトマトソースには一番向いている感じがします。




冷蔵庫には、まだミニトマトや中玉も残っているけど
まあ それは毎食トマト付きの食事で何とかなるかな?



このソースで、年内保ってくれたら良いなと思いつつ
我ながら本当に頑張ったのでした。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-03 06:17 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
こういう年に限って
f0097970_17311111.jpg

トマト 大豊作です。
不在の間の3週間、
友人にも取って食べてもらったのですが
それでも 採りきれず困るくらいです。
一部 木についたままダメになってきています。

一回の収穫がスーパーの大きな袋に2袋になるので
冷蔵庫も冷凍庫も満杯で、どうにも採ってこれないのです。

昨日 クッキング用のトマトは大鍋で2回煮詰めて
沢山の瓶詰めを作りましたが・・・・・・。





f0097970_17335114.jpg

シシリアンルージュも 鈴なり。
完熟になっていて「早く採ってよ!」って感じなのですけどね。


せっかく新しい品種を何種類か植えてみたのですが
味わう暇がないくらい 毎食食べています。


毎日がトマトの「ねぶた祭り」(意味不明?)みたいになっています。
[PR]
by shogame2 | 2012-08-01 17:39 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
ただいま!畑
f0097970_4434348.jpg
約3週間ぶりの畑。
想像以上の惨状でした。

でも お隣の畑の友人が、境の所は全部草取りをしてくれてあったし
中も部分部分で草取りをしてくれていました。

別の友人は、畑にトマトやスイカや夏野菜を収穫に行ってくれて
「美味しかったよ!」って喜んでもらえたし
shogame1にも採ってきてくれていました。

今年は、トマトが大豊作で、友人が相当に採ったはずなのに
まだまだ食べきれないほどなっています。


これから草取りをしながら、トマトの収穫と瓶詰め作りをしなくちゃならないけど
家の方がまだまだなので(リフォームと片付けが終わらない(涙))
野良仕事は、まだまだ難しい状況。


ま のんびりとやるつもりです。



ちなみに6月末の畑の様子はこちら。


f0097970_4511429.jpg

いやはや・・・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2012-07-28 04:52 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
迷アシスタント
父と母は、父が定年になってから この場所に移り住みました。
もともとは 父の実家なのですけどね。
そこで 二人で家庭菜園を始めたわけです。

と 言っても、もともと田んぼやら 祖父母の畑やらあったので
家庭菜園と言ってもかなりの広さです。
しかも数か所あります。
ですから 移動に「軽トラ」を買い「耕運機」も持っているという
かなり本格的なものです。


f0097970_11132714.jpg

ここは、サブの畑で、手前に植わっているのは大豆の苗。
先日父と母が二人で植えました。
これは来年のお味噌になります。


この日は、小豆の種まき。
腕に覚えのアシスタント(つまり私)がお手伝いに付き添いました。



f0097970_11175493.jpg

こんな感じで、ちゃんと赤い紐で等間隔にしるしをつけた紐を張って、そこを耕すのですが
紐がついている棒は、シュロの木だそうで、腐ったり折れたりすることがなくて丈夫なんだそうです。
シュロの棒には、10cm間隔で印が付いているので
畝幅もそれで計りながら作っていきます。
驚いたことに、この棒は、祖父の代からのものだそうです!






f0097970_11205546.jpg

たぶん20cm間隔くらいにこんな風に付いています。
それに合わせて、種を播いて行くわけです。






さて こんな写真を撮っててはまずいアシスタント。
さっそくお手伝いなのですが、実は私鍬を使うのがとても下手で
かなりのへっぴり腰になります。

しかも やはり父がイメージしているようには、なかなか耕せず
横で父がイライラしているのが分かったりして(汗)
「もっと横から掘って土を持ってくる」って言われて
「こんな感じ?」
「・・・・・・・」返事無しです(苦笑)


でも 自分でやるよりは、楽チンだと判断したんでしょうね。
後半は、もうどうでも良いという感じにで、私に預けてしまいました。



家庭菜園歴からしたら、私と父はどっこいどっこいなのですが
やっぱり、本格的で、しかもかかわっている時間はずっと多いので
どこかプロっぽくてね~。




小豆、無事に発芽してくれることを願うばかりです。
[PR]
by shogame2 | 2012-07-11 11:32 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)