カテゴリ:2013秋冬畑のお話( 50 )
のんびりと出来上がりました
f0097970_21464518.jpg


緑のロマネスコ。
これえ3個目の収穫。



f0097970_21473374.jpg


1個目と2個目はこんなクリーム色のロマネスコだったのですが
3個目は鮮やかなライトグリーンでした。
同じように葉の中に隠れていたのに この色違いったら!
色は緑が綺麗だけど、形はクリームの方が綺麗な渦。



畑にはあと2個あるのですが、これまた小さくて育つかどうか・・・。
まあ ロマネスコは、そこそこ楽しめたら良いんです。
これが 沢山採れるとちょっと飽きちゃったりするんですよね。
[PR]
by shogame2 | 2014-03-07 21:52 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
畑まで歩いてみた
除雪状態が分からなかったので、今日は徒歩で畑まで行ってみました。
約20分のウォーキングって感じです。
さすがに表の通りは、除雪してあったし
車道はもう乾いていましたが、まだチェーンを付けている車もありました。

そして 表の通りから一歩入った畑までの道・・・・




f0097970_2013584.jpg

一日中 お日様があたる道路なんだけど、
地元の人しか通らないからたっぷり雪残ってます。




f0097970_20135544.jpg

畑までの道の最大の難所と想像していましたが
本当に凄かった!
雪が上がってもう一日以上経っていて、しかもずっとお天気だったけど
ここはずっと日陰で、スタットレスの車じゃないと通れそうにない・・・・。
地面が見えているように思えるところも完全に凍っていました。

そろりそろりと、出来るだけ雪の所を踏みしめて歩きました。




f0097970_20193319.jpg

もっと凄いことになっているかと思ったけど、
トンネルの上の雪はありませんでした。
吹雪だったのと、比較的乾いた雪だったから積もらなかったのでしょうか。
まあ 周りは真っ白ですけど。


今日は長ネギとウチの黒い子用の野菜を収穫して 早々に退散してきました。
積雪は平らなところで20cmくらい?
吹きだまりだと30cmはありました。
当分畑仕事はおあずけのようです。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-10 20:23 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
ちょっびっと
f0097970_20422573.jpg


赤ちゃんのグー位の大きさだけど

ようやくロマネスコが見えてきました。

と言っても、葉っぱを押し分けてようやく見つけた感じ。

せめて大人のグー位になってくれないともったいなくて食べられないな。

今日スーパーで199円で売っていました。

案外安い・・・・のでちょっとね〜。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-06 20:44 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
こうなったら長期戦ぽい
f0097970_2072965.jpg

昨日の雪の前、月曜日に畑に行ってきました。
一週間たった菌床堆肥の表面です。
米糠のところにちょっと白いカビが出ていて、これは良い傾向です。

しかし 発酵熱は結局出ていなくて、せいぜい30℃止まりでした。






f0097970_2092929.jpg

1回目の切り返し。
新たに米糠と鶏糞を入れてきました。
その後、雪が降って今日も低温だったので
恐らく発酵はしないんじゃ無いかと思っています。

まあ 発酵しなくてもとにかく長々置いておけばそのうちには堆肥化するわけで。

こうなったら長期戦。。。。
気長に待つことにします。



春の堆肥は、今ある分でなんとかしないといけなくなりました。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-05 20:12 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(2)
堆肥作り始動
f0097970_16234298.jpg

2011年のあの放射能問題があってから、私は落ち葉を集めていません。
ようやく線量が少し少なくなってきた畑に、
この先もずっと除染なんてしないであろう雑木林の落ち葉を取ってくる気になれないのです。

昨年は、2010年に集めた落ち葉の残りと菌床で堆肥を作りました。
それがどうにか今年の夏野菜の8割くらいはまかなえそうなのでまあよしとして。


今年は、昨年地主さんからいただいた菌床を使って堆肥を作ります。

f0097970_16291499.jpg

菌床。椎茸栽培の土台というか・・・・。
こんな感じなんですけど、おが屑を固めたと言いますか・・・・。
(椎茸栽培見学はこちら
これを頂いて、畑の堆肥置き場で半年くらい野ざらしにしてありました。


それを昨日、米ぬかと鶏糞を混ぜながら積み込みました。
堆肥置き場の箱は、180cm×90cm×90cmです。
これにほぼいっぱいになりました。

理想としては、落ち葉堆肥みたいに2,3日で発酵熱が出てくれたら良いのですが
何となく無理そうな気もします。
もうずっと前あの時には
まだ廃棄したばかりの菌床だったので あっという間に発酵熱が出たんですけどね。
もともと おが屑の塊だしもうばらけているので、堆肥に近い状態ですから
今回は、発酵熱は出ないかもしれません。


さて どうなりますやら・・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2014-01-25 16:39 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
今年も鳥にご用心
f0097970_20451772.jpg


見つけましたよ、今年も。

この時期鳥さん達は、食べるものが無くなって

とうとう我が畑のブロッコリーの葉を食べ始めました。

でも今年の発見は早かったです。

早速 上からカバーを掛けておきました。

葉を食べられるのも少々なら良いのですが

とにかく丸坊主にしちゃうし、花蕾も糞で汚れるし・・・・。

鳥さんには申し訳ないですけど。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

shogame地方、昨日の夜中雪が降りました。
今朝は、日陰は雪が残っていてつるつるでした。
畑は・・・・もう雪は無いかと思われますが・・・・
(今日は都合で行けませんでした。)
でも 大して水分補給にはなってない感じがします。
[PR]
by shogame2 | 2014-01-22 20:59 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
寒い畑
f0097970_20395455.jpg

このところの寒さったら・・・・。
そりゃあ 北国の人たちに比べたらどうってこと無いのでしょうけど
それでも寒いのですよ、正直。
畑に行くの どうしよう・・・って思ってしまいます。
が、お野菜採ってこなくちゃね。

ブロッコリーに霜が付いていました。
霜が付いているって事は、冷凍庫並の寒さですよね。
それでも びくともせずにそこにいるわけですから、
強いです・・・・。
へたれの私とは大違い。




f0097970_20424587.jpg

先日の雪予報も結局空振りで
畑は寒いのにからからという状態。
とうとう思い切って玉ネギに水まきをしました。
そのままだと心配だったので
ちょっとだけトンネル。

まあ 薄いカーディガンを羽織った程度でしょうけど
無いよりはましかな。
[PR]
by shogame2 | 2014-01-20 20:44 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
何しているの?
f0097970_20504885.jpg

ロマネスコは、成長がとてもゆっくりで
こんな風になるのは
かなりの時間がかかります。


そこで 今シーズンは7月下旬にキャベツと一緒に種蒔きをしたのですが・・・・。


いや 大きくはなったんですよ。
これでも背丈は70cmくらいあるんですから。
それなのに 葉の中心をどんなに奥まで見ても あのぐりぐりっとしたロマネスコが見当たらない。
全くありません。

いったい今年はどうなってるんでしょう??
[PR]
by shogame2 | 2014-01-16 20:55 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
がんばれっ!
f0097970_1034560.jpg

玉ネギ・・・・・もう瀕死の状態。
栄養追加したいけど・・・・・。
こんなんで寒肥やっても大丈夫なんでしょうか。
もう既に かなり駄目になってるんだけど。





f0097970_10352941.jpg

こちらはルバーブ。
表面はもう寒さでダメになりました。
お願いだから地中で頑張って生きていてくださいね。




そんな寒々とした今日の畑です。
[PR]
by shogame2 | 2014-01-15 10:37 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(20)
寒い朝
f0097970_20244180.jpg

最後のブロッコリーに付いた朝露・・・凍っていました。
このところはshogame地方でもかなりの寒さ。
昨日の朝は、トンネルにしてあったのにキャベツが凍ってしまっていました。





f0097970_20264869.jpg

ブロッコリーは食べ終わりましたが、
脇芽がぽこぽこと出てきていました。
これから春までは この次々出てくる脇芽を食べることになります。
[PR]
by shogame2 | 2014-01-13 20:29 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(6)