カテゴリ:2015春夏畑のお話( 74 )
びろろーん
f0097970_20575276.jpg
袋牛蒡の残1本、袋の長さより長くなって地中にまで伸びていました。
ちょっと頑張って掘り出してみたら



こんなんだったのっ!



太い牛蒡の状態は上から10cmくらいで その下は見事に6本に別れていました。
しかも 綺麗にみんな太さが揃っていて真っ直ぐで!
ちょっと見とれてしまいました。


1ヶ月近く遅ればせで どうなるか分かりませんが お正月に牛蒡が欲しいので
もうちょっと袋牛蒡を作ってみようかと思っています。








久しぶりに雨が降って ほっと一息ですね。
これで水まきからも解放されます。
なかなか抜きにくかった支柱も 今日は簡単に抜けました。





f0097970_2174370.jpg
でも 雨が降って良かったことばかりじゃなくて 
トマトはほとんどが割れてしまい 腐っている物も多かったです。
ダメトマトを取ったら ほとんど実が無くなりました。
花も咲いていないので 当分トマトの収穫は無いかな〜。
あれほど 「多過ぎ!」って言っていたのに こうなるとちょっと寂しい
[PR]
by shogame2 | 2015-08-18 21:12 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
薫り高く
f0097970_683817.jpg
ご存じの方も多い「袋牛蒡」
肥料などの袋の底を抜いて そこに土を入れて牛蒡の種まき。
収穫の時にはこの袋を倒して収穫です。
倒すのに少々力が要りますが 土の中から一本ずつ掘り上げる労力と比べたら雲泥の差です。







f0097970_6114539.jpg
今回は全部で5本あったのですが
1本だけ地面のかなり下まで伸びたらしく 倒しても抜けませんでした。
時間も無かったので 後日ゆっくりと収穫することにして 倒したまま帰ってきました。


この牛蒡 根菜なので普通に美味しいだけかと思いきや
香りがとても良いのです。
最初に知り合いの方から頂いて 食べてみてビックリでした。
普通 牛蒡の香りって???って感じですけど 
茹でている時、揚げている時 煮ている時 香りが立ち上るし
食べてみると さらに「牛蒡ってこんなに美味しい物なの!」って驚きます。
以来 ずっと少しずつですけど作っています。
今回は大葉と合わせて肉巻きにしたのですが、肝心の写真は撮り忘れてしまいました。


さて 間に合うかどうか分かりませんが お正月用にもう一袋作ってみようか・・・・
[PR]
by shogame2 | 2015-08-16 06:18 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
今年は全然ダメ
今年のズッキーニは 全然ダメでした。
最初は例年通り順調に発芽して 順調に成長したのですが・・・
ほんの数本収穫しただけで  木は生長するも実がならずの状態でした。









f0097970_21582768.jpg
これだけは元気に大きくなりまして 種採り用として今日収穫。
といっても もう少しこのまま畑に放置ですけど。


普通のズッキーニと比べると 姿がちょっと違いますが
これは「ロマネスコズッキーニ」という品種で
私はもうずっとこの品種を作っています。
株が大きくなりすぎるのがちょっと困るのですが
普通のズッキーニより香りがあって美味しいように思え
我が家ではずっとこのズッキーニになっています。


でも 今年はあまり楽しむことが出来ず ちょっとガッカリでしたけどね。
また 来年ね、、、 
とりあえず 今年の種をきちんと収穫出来るように この実を見守ろうと思います。
[PR]
by shogame2 | 2015-08-14 22:08 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
香る柚子胡椒
f0097970_1033120.jpg
昨年ようやく出来た柚。
今年は10個以上はありそうなので そのうちから3個を青いウチに採って
柚子胡椒を作りました。
トウガラシも今ならまだ黄緑で 綺麗な緑の柚子胡椒ができそうということで。





f0097970_10355229.jpg
我が家のトウガラシは「島トウガラシ」
辛さが並ではないしサイズも小さいので、柚子3個トウガラシは15本。
レシピ本だと柚子とトウガラシは同等くらいの分量みたいですが。
それに塩。。。これは適当です。

作業中 キッチンはすがすがしい柚子の香りに包まれて幸せな気分。。。。
と 同時に なにやらじわ〜っとくる鼻のむずむず感・・・・島トウガラシの辛みでした・笑


昨年初めて作って 量が少ないのにハンドミキサーにかけようとして上手くいかなかったので
今年はトウガラシは種を取った後 ひたすらみじん切り(ゴム手袋をしてですよ!)
柚子は皮だけをすり下ろしました。
それを すり鉢に入れて あと塩と柚子の液を少し(まだ少ししかありませんでした)

もうちょっとペーストぽくしたかったのですが
ほんのちょっとだしこんな感じに。







f0097970_10413069.jpg
マスタードの小さな空き瓶に入れたのですが それでも7割程度でした。
でも どのくらい日保ちするか分からないので この程度で良いかな?
昨年はあっという間に無くなったので 日保ちとか関係なかったのですが
どのくらい保つ物なんでしょうかね?


ところで ウチは長年 島トウガラシを作ってきていて
これはこれでパスタとかとても良いのですが、
一味唐辛子とか今回の柚子胡椒とか作ろうとすると ちょっと辛すぎるような・・・・
来年は 「鷹の爪」を1本育ててみても良いかな〜って思ったりもしました。





※アライグマ騒動その後
 先日自治体の担当の方から電話をいただき 子供のアライグマ1頭を捕獲したとのことでした。 
 でもあと3頭はまだ。
 アライグマは夜行性らしいのですが、結構どう猛らしいし
 夏休みだし子供に危害が及ばないようにと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2015-08-12 10:47 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
そろそろ
f0097970_540476.jpg
今年みたいにトマトが大豊作になると
ちょっと作りすぎた感のあるのがシシリアンルージュです。
作ったのは4株なのですが、とにかく豊産種です。
そこで 茂りすぎている枝をかなり切り落としました。
まだまだ青い実が付いているしもったいないのですが とにかく食べきれません。







f0097970_5494881.jpg
もともとシシリアンルージュは調理用のトマトなのですが
収穫した物をすぐにトマトソースとかにして パスタや煮物などにして食べるのが美味しいのです。
それがどんどんたまってしまうので トマトピューレにして瓶詰めにしておくのですが
サンマルツァーノと比べると種のジェル部分が多くて 煮詰めるのはかなり時間がかかります。
瓶詰めのそろそろ飽和状態 生の保存も飽和状態ということで
8月の中旬になる前から少しずつ縮小することにしました。


他のトマト・・・・生食用のサンチェリープレミアムとMr浅野も 相変わらず元気で
やたらに出来て仕舞うのですが
こちらは いよいよとなるとご近所や友達に気軽に差し上げて喜ばれます(ものすごく甘いって)
ご近所に差し上げるのも 調理用よりは そのまま食べられる生食用の方がこちらも
差し上げやすいし。。。。


そんなわけで 今年みたいに大豊作になってしまうと ちょっと困った事態になったりするんですよね。
来年からはシシリアンルージュは1株か2株くらいに縮小しても良いかな〜なんて
うっすら思っている次第です。
[PR]
by shogame2 | 2015-08-10 05:54 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
カラカラでも
f0097970_1542597.jpg
連日猛暑でカラカラの畑。
それでも今年もミョウガが沢山出てきました。
ミョウガって 何となくイメージではちょっとじめっとした所に咲いている感じがすのですけど。


ウチの畑は真南にあってとても日当たりが良いのですが
ようやく育ってきた柚子の木の回りに ミョウガと蕗が渾然一体となっていて
さらにラズベリーもどんどん出てきていて
それはそれで じめっとはしていないけど日陰にはなっているかな?







f0097970_1510229.jpg
ミョウガを撮るのはちょっと難しくて なんと言っても花がとても繊細で
収穫する時にはもう駄目になってしまう事も多いし
家に持って帰ってからの撮影はもう無理なのでその場で撮影。


さて ようやくミョウガが採れて大葉も採れて小ネギ(白ネギの小さいの)も出来てきました。
後は生姜が出来ていたらお素麺の薬味が揃うわけです。
さらに これらの薬味を使えば 万能薬味とか和風ドレッシングが出来るわけで
これはもう楽しみ楽しみです!
[PR]
by shogame2 | 2015-07-31 15:18 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
ここからは勘に頼るしかない
f0097970_912810.jpg
6月までは人工受粉をしていたスイカですが
梅雨になったり そのうち面倒になったりで放置しておりました。


でも その間にもどなたかがちゃんと受粉をしてくださっていてました。
でもね〜 いつのまにか出来ていたので受粉をされたのかは分からず・・・・


ここからは 蔓の枯れ具合とか なんと言ってもたたいた音の感じをよくよく聞いて
勘を働かせて収穫時期を見極めます。
一つのポイントは たたいてみた時に いかにも水がたくさん入っていそうな 

ぼよよ〜んていう透明感のある音。

他のスイカともたたき比べてみます。
はて 私の勘は働くのでしょうか??





f0097970_981292.jpg
ユウガオが出来てきました。
ちょっと表面が傷んでいるのが気になるところですが・・・・
最初のは 干瓢にはせず浅漬けで食べたいと思っています。
白瓜と同じような感じで美味しいんですよ。
[PR]
by shogame2 | 2015-07-26 09:09 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
もう一つのトマト仕事
f0097970_11313729.jpg
連日猛暑続きのshogame地方
おかげさまで トマトは大豊作。



f0097970_11424633.jpg
その日のウチに食べきれるなら 水でジャブジャブ洗うのですが
とても食べきれる量ではないので 冷蔵庫保存となります。
で そういうトマトを洗ってしまうと 裂果や劣化が進んでしまうので
私は 柔らかいタオルで一つずつ拭くことにしています。
ちょっと面倒な作業ですが これをした方がトマトが冷蔵庫で長持ちするような気がするし
ちょっとした割れや痛みも見つけられます。
拭いたトマトは 100均で買ったタッパーの中に。
この作業 畑に収穫に行った日は必ず(ってほぼ毎日ですけど・汗)





f0097970_11473724.jpg
そしてフタに収穫した日付を貼っておきます。
こうして古いのから順番に食べていくのですが・・・・

おかげで 新鮮な新しいトマトはどんどん食べられなくなっていきます(涙)
冷蔵庫満杯になりそうなので 友人とかにあげたりするのですが
それも新しいのからとなる訳でして・・・・


目下の悩みは せっかく自分で作ったトマトを 新しいのから食べられないということ・・・です。





※※※追記※※※

※アライグマ騒動 その後
 一昨日自治体の担当者さんから連絡があって 罠をしかけたそうです。
 何でも ウチの畑の近くにある森の公園で 複数の人が見かけ写真もあるので
 その公園に5カ所も仕掛けたそうです。
 もしかしたらそこがねぐら?
 アライグマは母と子供4匹!
 そう聞くと ちょっと可哀想な気もしますが・・・・。
 特に連絡はくれないとのことなので 一ヶ月後ぐらいにちょっと聞いてみようかな?
 何でも 親子連れの場合 集中して罠を置いて一網打尽にしないとあとあと面倒らしいです。
 当初はウチの畑にも罠を置くとのことだったので
 残念と言えば残念 でも捕まった様子を見ずに済むのでホッとしているところです。





 
[PR]
by shogame2 | 2015-07-23 11:51 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
トマトの現状
f0097970_20583851.jpg
トマト ボーボーですよ。
下の緑のネットの上から青い風よけのネットを張って 
その隙間をかなり綿密に結んだりしているので 
はっきり言って手を入れるのがとても億劫・・・・。
もうネットの上からもびろ〜んて覆い被さってきているし。





f0097970_2121525.jpg
せめて 覆い被さった分を選定とか思ったのですが
既に 結構実が付いていたりで、結局背の高いshogame1にお願いして
上の所で結束してもらいました。





f0097970_2154713.jpg
足下を見ると 今度は腐ったりして落下したトマトが・・・・
長雨で割れたり腐ったりしたトマトです。
もうかなり臭いし 追肥もやりたいし って事で 
今日はトマト畝のお掃除&追肥をば・・・・



きっちきちに地面に止めてあったネットのピンを外して
お掃除&追肥&草取り・・・・






f0097970_21101576.jpg
ほらっ!
綺麗になりました。
でも 家に帰ってきて しっかりピンを止めたかどうか・・・
だんだん心配になってきています。
アライグマ襲撃に勝てるか・・・・



明日は 畑に行けないっていうのに。
[PR]
by shogame2 | 2015-07-20 21:13 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
今年もトマト仕事ちゃくちゃく
f0097970_15183387.jpg

既に3回目のトマト仕事です。
サンマルツァーノ種と ほんの少しですがシシリアンルージュのピューレ。
雨が多かったので シシリアンは かなり割れてしまって使えないものも多かったのですが
今日新たに作って 全部で19瓶になりました。
大半はサンマルツァーノです。










f0097970_15313724.jpg

色々と作ってみたのですが、ずぼらな私は香辛料などを入れて丁寧に作るのが面倒で
結局ミキサーに「ガー」ってかけて煮詰めるだけのピューレです。
瓶詰めは最初の頃は大瓶に詰めていたのですが
それだと 一度開けると使い切りるのに忙しい・・・・
そこで 最近は小さいジャム瓶サイズに詰めています。



詰め終わったら 脱気をしっかりしておけばかなり保ちます。
ちなみに昨年のトマトは 最後に詰めた8月30日頃だったと思うのですが
今年の6月まで保ちました。


さて この夏あと何瓶作れるかな〜。
[PR]
by shogame2 | 2015-07-17 15:37 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)