<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
じゃんけん!
                ぐー!

f0097970_2045568.jpg



じゃんけん!

                ぱー!
f0097970_20483673.jpg


miyaki_yaさんからいただいたイタリアナスの種。
夜は『ぐー』のポーズでお休み中。朝になると元気に『パー』のポーズでまるでお日様を独り占めするかのようです。
カワイイ・カワイイ双葉から本葉が少々出てきました。

ところで、このイタリアのナス、
<MELANZANA ROTONDA BIANCA SFUMATA ROSA>という名前なのですが未だにどういう意味か分からず、どもう喉に小骨が刺さった感じで気になってしょうがない。ネットで翻訳してみようとしても、私のPC文字化けが出てしまって・・・。

そこで最後の手段。妹に電話して聞きながら辞書で調べてもらいました。
今時スゴイアナログです(笑)
でも解ったんですよ!それもほとんど!
つまりですね

shogameのなんちゃってイタリア語講座〜
言葉を分解していくと・・・・f0097970_0261031.jpg
○MELANZANA・・・ナスのこと
○ROTONDA・・・・丸
○BIANCA・・・白い(ボンゴレビアンコつまりアサリの白いスッパってことか!)
○SFUMATA・・・・淡いとかぼかしたとかみたいな
○ROSA・・バラ色

この際、やれ名詞だとか何だとかは置いておいて、取りあえすこんな意味と言うことは解ったのです。
去年種を頂いた時に書いたブログでは、『BIANCA』がナス?なんていったりでめちゃくちゃだったけど、これでほぼ解りほっとしました。

<MELANZANA ROTONDA BIANCA SFUMATA ROSA>つまり
丸くて白いんだけど淡いバラ色のようなナスってことらしい。
淡いバラ色か〜。。。なんだかうっとりしてしまいますね。
可愛らしいんでしょうか。でも食べるんですよね。ナスだから。
例えば 淡いバラ色の焼きナスって????
楽しみのような。。。ちょっと不気味なような・・・・。


急に暖かくなって、トマトの苗達はスクスクですが、
このイタリアナス、万願寺唐辛子、島唐辛子、この子達はどうも成長がのんびり。
成長の温度がまだまだ足りないのでしょうね。
昔菜園を始めた頃は、ナスもピーマンも種から作ったのですが、結局成長が遅いので苗を買うことになったことを思い出しました。
夏まではまだ時間もあるし まあのんびりいきましょう。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-30 22:28 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
『インカのめざめ』おめざめ
f0097970_22375478.jpg


2月中旬に植えた『インカのめざめ』昨日ようやく芽が出てきました。
「おはよう!」っていう感じにひょっこり出てきています。

実は先週辺りから地下1cmで待機。寒かったのか土のチョット下で、ぬくぬくとうたた寝って居たみたい。先日の雨とこの陽気でお目覚めです。

姿形はずんぐりむっくり。厚みのあるしっかりとして濃い緑の葉っぱです。
他のキタアカリ、花標津も出てきました。
意外だったのは、十勝こがねの発芽。休眠期間が長く、種芋を植えるときも他の種芋と比べると芽はまだほんのちょっとだった十勝こがね。ここへ来て急成長でほぼ一緒に出てきました。

去年は、種芋を安物買いして途中ダメになったものもあったのですが、今年は大丈夫!だと思う。今年特に楽しみな『インカのめざめ』と『十勝こがね』
あれ程収量が悪いとか言っておきながら、ちゃっかり作ってしかも期待<大>
収量上げるため頑張ります!



f0097970_2255503.jpgもう一つのおめざめ。
この土のもっこりは、言わずと知れたモグラ。
モグラも元気いっぱい土の中を這い回りだしました。
モグラが居るとミミズが居るから土が肥えている、と言われるようですが
現実には、このモグラ、土を持ち上げるので折角出てきた双葉の根っこがやられちゃうのです。

ここにいても良いからどうかおとなしくしていて。お願い。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-28 23:02 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
新 ゴボウ栽培法?
f0097970_22342270.jpgこれはなんでしょう?
もうご存じの方もいらっしゃると思いますが、実はこれ、ビニール袋を地中に埋めてあるのです。
そしてビニール袋の中に5粒くらい、ゴボウの種を播きました。
もうどこで知ったのか忘れましたが、いつかはやってみたかったゴボウ栽培法です。

ゴボウというのは、ちょっと不思議なのですが、出来上がった時に大根や人参のように『スポン!』と抜けないのです。
ですから ゴボウを掘り出すのは大変な作業で、とにかく掘らなくてはなりません。
私の場合は、ほぼ30センチ掘ったらもう諦め、そこで切ります。30センチ掘ると言うことはそれだけ回りも掘らなくてはなりません。
あんなに細いゴボウですが、種まきの時によく考えて、株間もかなりとらないとお隣のゴボウも掘ってしまうことになります。

f0097970_2247988.jpg
そこで どなたが考えたのか素晴らしいアイディア!
ちょっと丈夫なこんな袋に畑の土を詰め込んで畑に埋め込むのです。
袋の下に排水用の穴を開けることも忘れずに。
こうして、出来上がったゴボウを袋ごと一気に掘り上げる♪

素晴らしいアイディアですが、一つ難を言えば袋を埋める穴掘りがけっこう大変・・・なんですね。
だから何袋も作るのはちょっと、なので他はいつも通り地面に種まきしました。






そして 我が家でもようやく大根のかわいいかわいい双葉が出てきました。
春らしい暖かさになってきたので、これからスクスク大きくなっていってほしい。
f0097970_22573321.jpg



    今年も・・・
f0097970_2392553.jpg

  キヌサヤの花咲きました。
  大好きな紫の花。ビロードの風合いです。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-26 23:18 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(34)
今日の畑で
f0097970_20494328.jpg
畑のお隣の空き地。今を盛りとホトケノザ 大地はピンクに染まります。

前回の私のブログに沢山のお祝いのコメント本当にありがとうございました。
改めてみなさんに感謝すると供にこれからも長く楽しいお付き合いをよろしくお願いいたします。





■おいしくなって戻っておいで

f0097970_20555580.jpg
2月の初旬に購入した多々錦柚子。植えようと思っていたら真冬に逆戻り。
迷いつつようやく暖かくなった本日、定植しました。
高さ2m〜2.5m位にしかならないという種なしの柚子ですが、柚子が出来るのはまだ3年くらい先の話し。
のんびりとしたhatake計画です。
<橙(代々)栄える>」という縁起の良い果樹。実が生るまでどうか枯れることなく育ってほしいものです。
数年後この柚子が出来上がると<七味唐辛子プロジェクト>完成の予定。
ふっふっふっ。




■畑の入り口に

f0097970_21102350.jpg

先日、一周年記念に作った看板。畑の入り口に立てかけてちょっとガーデニングもどきにしてみました。
がらでもありませんが、一度作ってみたかったので・・・。
周りは、ラベンダー、ローズマリー、セージ、オレガノ、匂いスミレ、ベロニカ。
そして、hanaatorieさんからいただいた水仙。
f0097970_21312310.jpg
そうそうオレガノは、kalutさんから種をいただいたのですが、へたっぴーで発芽せず。kalutさんご免なさい。
根性なしのワタクシ、100均でオレガノの苗を見つけ速攻購入してしまいました。





でもねぇ、毎年枯らしてしまうのですよ。花達。
だから 今年はこの看板が強い日差しを遮って、どうか生き延びてもらいたい。
<花も団子も>になりますように。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-24 21:46 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
ありがとうのキモチを込めて
f0097970_11442076.jpg

今日から2年目のスタート。
ちょうど一年前の昨日、ブログを始めました。
拙いブログなのに毎回コメントを下さる方。
ご自分のブログを持っていらっしゃらないのに、
わざわざ私のブログにコメントを書いて下さる方。
毎回丁寧な言葉と暖かい言葉でコメントを下さる方。
いつもユーモアたっぷりに気さくな文面でコメントを下さる方。
そして、コメントは無くても毎回私のブログを見に来て下さる方。
本当にありがとうございます。

こんなに沢山の方がいつも見ていて下さるというのは、本当に嬉しいこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

こんな風に日々見に来て下さるみなさん、そのコメントが一年間私をブログに夢中にさせてくれました。
同じ家庭菜園をやっていらっしゃる方でも私と同年代の方だけでなく、
とってもお若い方ともお仲間になっていただけたり、
北国の方から南の島の方まで、知り合うことが出来ました。

そして 家庭菜園の新境地を見つけることが出来たこの一年でもありました。

10年以上も同じ場所で続けていた家庭菜園を 突然明け渡すことになり
その騒動をこのブログに書き留める事が出来ました。
新しい畑では「野菜を作る」だけでなく初めての色々なことに挑戦。
それもこのブログとみなさんが後押しをしてくれました。
そして、今まで全く菜園に興味の無かった相方が、毎週畑に行くようになりました。

色々なことがあった一年間、
このブログを見に来て下さる全ての皆さんにココロから感謝しながら
2年目を始めます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。


■記念に■
ブログ一年目のお誕生記念&新しい畑一周年記念に作った看板。
材料費タダ、っていうのがケチって言うかエコっていうか・・・。

それとコレを機会に、<主任>は<shogame1>に。
なんだか恥ずかしかったんだそうで、このネーミング。
shogame2ともども宜しくお願いします。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-21 11:46 | 記念日 | Trackback | Comments(36)
お疲れさまでした
f0097970_1948370.jpg

我が家のブロッコリー、この冬は本当に豊作で、食卓を豊かに彩ってくれました。
でも 寒くても3月半ばを過ぎ、来るべき夏の野菜のためにも、残念ですが全て処分し、土を少し休ませなくてはいけません。

ここのところ ちょっと味も食感も落ちてきたブロッコリー、最後にいただくのは
<ブロッコリーのキッシュ>にしました。
といっても、このキッシュは<キッシュもどき>、下にパイ生地を敷いていません。
パイ生地を作るのちょっとめんどう〜。っていうのとパイの部分がないと意外とさっぱりになり、パンなどと一緒にランチになるのです。
冷めても、暖め直しがきくので翌朝に食べることも出来ます。
味の落ちたブロッコリーも卵や牛乳に包まれるとまた美味しくいただけます。

アツアツのキッシュの中からほっくり顔を出したブロッコリーに、この冬の食の感謝をしながら・・・・ごちそうさまでしたブロッコリー そして

*お疲れさまでした ブロッコリー*
[PR]
by shogame2 | 2007-03-19 20:25 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
春なのに
数日前くらいから急に寒くなったせいでしょうか。
それとも冬があまりに暖かすぎたから?

f0097970_21471299.jpg

可愛そうに春キャベツが既に割れてしまいました。
例年だとこれから大きくなっていく春キャベツ。
ウチの春キャベツは4月中旬頃グンと気温が上がると割れてきてしまうモノもあるのですが大きくなる前にこんな風に割れてしまったのは珍しいことです。


f0097970_21492643.jpg

もう一つは、腐ったように汚れた葉っぱのキャベツ。
表面だけでなく中まで薄く汚れたようになり、葉先は茶色くなっていました。

畑にあったキャベツのほとんどが2つの症状になってしまいました。
今年の春キャベツ。まともだったのは小さいウチから食べた5玉くらいです。
だから楽しみにしていたロールキャベツもちょっとムリ。

ひよこ豆といい、この春キャベツといい、ここのところ野菜は今ひとつ上手くいかずちょっと落ち込んでいる状態。

でもこの割れたキャベツ、このまま置いておいて菜花が出てきたら食べちゃおうかしら。
試したことは無いけど、白菜のトウが食べられるならキャベツだって親戚みたいなモノだからきっと食べられる・・・はず。。。

実験してみようっと!
[PR]
by shogame2 | 2007-03-16 21:59 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
大丈夫?ひよこ豆
f0097970_21493349.jpg

だいたい 野菜を育てるのにいつも過保護気味のワタクシ。
今回もその可能性が大です。

blogのお仲間、『kalutさん』からいただいた<ひよこ豆>
結局 10粒撒いて発芽したのはたった2粒。8粒はどうも気になって土をどけてみるとクリーム状に腐っておりました。

原因はその過保護。と思われます。いつもたっぷりの水を与え、ホットカーペットの上で暖めて・・・。煮豆作っていたのでしょうかワタクシ。
こんなに発芽率が悪かったことは初めてなので、結構落ち込んでしまいます。

そして発芽した2粒は、丸一日水に浸して播いたもの。どうして発芽?
先日ご紹介した後、ポットの底から根が出ていたので、大きなプラポットに植えました。瞬く間に大きくなりましたが、どうもひょろひょろとして頼りない。
頼りないけど・・・・。かわいいぃ。


f0097970_21443793.jpgひよこ豆の栽培は、やっている人もそれなりにいるのですが、やはり決定的な「これ!」という物がありません。
秋撒きをする人、3月頃撒く人。いろいろです。
でももともとメキシコとかエジプトとか暑い国の植物みたいなので、暑い時期に成長期を迎えさせる方が良いのでは?と思い今回撒いてみました。



どうなるのかなぁ。
でも二株ではとても足りないので、もう少し撒いてみようか。
取りあえずもう少し様子を見て、この2株は日中の気温が15度を超えたら畑に定植してみようかしらと思ったり。
試行錯誤は続きます。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-14 21:50 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
そらまめの花 咲きました
f0097970_20451241.jpg
大きなお豆になるから 花もやはりちょっと大きめです。
でも大きさのわりに繊細。
花びらの中心に黒く見える部分は、実は濃い紫です。同じ濃い紫の線が葉脈のように花びらの外側に広がっています。
葉脈の周りは水を流してにじんでしまったような薄紫です。

この花が終わると ちいさなちいさなそらまめの赤ちゃんが出来てきます。
毎年アブラムシに悩まされたので、2年ほど作りませんでしたが、やはりそらまめのスープが食べたくて、あの塩ゆでが食べたくて作ることにしました。
対策として、もったいないと思いつつ茎をかなり間引きし風通しを良くしました。




■蒼い花が好きです■

f0097970_21112033.jpg毎年春になるとどうしても欲しくなって買ってしまう花達。
でも畑に植えると大抵は夏の日照りで枯れてしまいます。
分かっているけど今年も買いました。
蒼い花2鉢



<ベロニカ オックスフォードブルー>




f0097970_217616.jpghana atorieさんのblogに出ていた花。昨日ガーデニングやさんで発見。
大好きな薄紫で、名前の通り素晴らしく匂い立つ花です。
買った後で2鉢とも暑さに弱いことが判明。
畑に植えていいものやら・・・。




<匂いスミレ>





f0097970_21275348.jpg■行き倒れではなくて■
暖かい日溜まりがあると、ついうとうと。
最近はあまりお仕事がないのですが、
そのうち忙しくなるから。
今はの〜んびり。(隠し撮りです)

[PR]
by shogame2 | 2007-03-12 21:32 | 草花 | Trackback | Comments(22)
集団生活は大変
f0097970_20564032.jpg
思っていたよりも簡単に発芽したナスです。
見た目はタダのナスの苗ですが、実はこの子は大人になるとイタリアのナスになります。名前は<MELANZANA ROTONDA BIANCA SFUMATA ROSA>
イタリア語は全く分かりませんが、袋の写真からするとローズっぽい色の白ナスという感じでしょうか。私は勝手に白ナスと呼んでいます。
去年私のブログのお仲間 miyaki_yaさん からいただいたものです。
白いナスなんてどんな感じなのか、どんなお味なのか今からワクワクしています。


f0097970_21172046.jpg
先日mintboxさんから送っていただきブログにも登場した<シシリアンルージュ>です。
10粒しかなかったので5粒撒いたのですが4粒発芽。ただそのうち1粒はちょっと奇形だったので、考えた末もう2粒撒きました。今日一応発芽を確認。
これで6株作りました。この苗は、普通のトマトと比べるとちょっとか弱い感じで芽が出ても徒長しヒョロヒョロしています。ちょっと心配だったので最初に種まきした卵パックからこの容器に植え替えをしました。


f0097970_2127861.jpg
ヒョロヒョロっとしたこれはkalutさんにいただいた<ひよこ豆>です。
全部で7粒撒いたのですが、その内2粒は一日水に浸けたものを撒きました。
それが2粒とも発芽しました。他の5粒はなかなか発芽しないのでチョット掘ってみたらなんと土の中でとろけていました。
追加で数粒水に浸けて置いたモノを撒き直し。
噂に違わずなかなか手強い<ひよこ豆>です。









f0097970_21384830.jpgこんなシシリアンルージュやイタリアのナス、ひよこ豆、前にも載せた島唐辛子、万願寺唐辛子、そしてこの写真の一番手前にいるミニトマトの<サンチェリープレミアム>
<ひよこ豆>以外はどれもナス科なので、似たり寄ったり。
特に白ナスと万願寺は撒いた時期も同じなので区別が付きません。
しかもこんな感じで寒さをしのいで片寄せ合っているので、毎日間違えないかヒヤヒヤもの。

みんな元気で大きく育って、美味しい実を付けてほしいものです。
あ その前に畑に植えられる5月までに大きく大きく育ってね。
[PR]
by shogame2 | 2007-03-09 21:57 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(18)