<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
心配性
今年1月の終わりに購入した柚子の苗。
もうすぐ桜という3月の終わりに畑に定植したのですが
その後春はどんどん進むのに新芽が出ることもなく何もなし。
葉が落ちないので枯れている風ではないのですが、あまりにも動きが無くてだんだん心配になってきました。そこでお店にメールで問い合わせると
「柚子は早くに動き出す物から6月頃まで動きがない物もあります」とのこと。
対策は
「度胸が要りますが、
 幹を短く切り、葉を全て切り落とすことです」っと!!


タダでさえ<心配で心配で>なのにそんなこと恐ろしくて
ムリ!絶対ムリ!

かといって何もしないのは、それはそれで又心配の種が増えるし・・・。
そこで
「5センチ切り葉を数枚落としました!」
これでもドキドキで頑張ったのです。
だって苗は70センチしかないのですから。
その後も 畑に行くたび心配しながら見ていました。

f0097970_18145338.jpg

そうしたらここへ来て、なにやら嬉しい動きが!
幹の途中から小さな新芽が何本も出てきたのです!
下の方の新芽は、取り除き上の方の数本を育てることにしました。




f0097970_18221621.jpg相変わらず心配

病気になったインカのめざめ。
先週の大雨を境に更にひどくなり、とうとう2本が枯れてしまいました。
心配だけどどうしようもないので抜くことにしました。








f0097970_182645.jpgそうしたら、あらあら小さいながらもちゃんと出来ていました。
でも3本の苗で800gだからかなり少ないです。
男爵だったら一苗でも1kg以上に。
インカは一番大きなジャガイモでもLサイズの卵ぐらい。
しかも甘くて美味しいのか、誰かが食べた跡が・・・。
他のインカも結局枯れていくような。心配だ〜。




異母兄弟?で心配
f0097970_18314466.jpg

黒スイカの「ポチ」
どうもスイカの蔓とは別に、根本から異母兄弟のように別の植物が・・・。
これって カボチャ?
スイカの苗は接ぎ木なんです。確かスイカ苗+カボチャ苗とか夕顔苗にするんです。
どうもその接ぎ木の片割れが伸びてきてしまったようです。

どうする?どうする?

このまま置いておいてもそれはそれで心配なので、
思い切ってその異母兄弟を取ることにしました。
慎重に切り取ったと思いますが・・・。
この後どうなるか 心配だ〜。



別にプロの農家じゃないので、失敗してもその時はその時、
お店で買えばいいのですが、やっぱり予想と違っている時って
心配なんだな〜。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-29 18:57 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(30)
ちいさい友人
週末からの3日間、私の一番小さい友人と遊んできました。
ただ今2才4ヶ月。

f0097970_21505573.jpg

きれいな物とカワイイ物と走ることが大好き。



f0097970_222390.jpg

ママはもちろん大好きだけど、ぱぱだって。
お風呂はパパとって決めている。



f0097970_2156915.jpg

お土産は、久しぶりにお針仕事を頑張りまして、
おままごとの材料を・・・。
お金を出せば買える時代ですが、かつて我が子にも作ったものを思い出しつつ作ってみました。
喜んでもらえるかな? 心配しつつ作りましたがスグに遊んでくれました。
よかった〜。

彼女からのお返しは、
小さな体からまるで和泉のようにわき出るみずみずしい「気」を。

私、ちょっと柔らかくなって、気持ちが若返えりました。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-28 22:10 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(10)
ハ・ジ・メ・マ・シ・テ
f0097970_19312640.jpg
はじめまして。。。あの ワタクシ ひよこ豆です。


前回、ひよこ豆姫ちょっと不調のお知らせをして
それから悩んだのですが、もう明日にも枯れてしまったらどうしよう。
と思ったらもう心配で、心配で・・・。
思い切ってたった「一粒」ですが収穫しました!

そおっと皮を切ってみると
ナント! たった一粒でしたぁ  お豆。

ちょっと拍子抜け。
色々調べているウチに どうも2粒くらい入っているような感じだったのですが。
それに結構大きな袋に思えたので。

でもその貴重な一粒は、ことのほか大きくて、
f0097970_19383181.jpg

ほらね。でもこれって乾燥すると小さくなってしまうのかもしれませんね。

それはそうと、このひよこ豆、よ〜〜く見るとハート型の模様が!?
ね。かわいらしいわ〜。かわいらしいわ〜。
でもこのままにしても置けないので、心を鬼にして予定通り茹でて食べることに!

そのお味はというと、これが又 あ〜ま〜いの。
たった一粒をしかもshogame1と分け合ったので、ほんの一瞬の味見でしたが
間違いなく甘い。
そしてホックリする感じは、ちょっとソラマメに似ているかも知れません。
乾燥したひよこ豆とは、チョット違う味わいでした。

これから どの位収穫できるか分かりませんが 苗はあと3本。
どう考えてもそれ程の収穫が有るとは思えません。
ただ 縁有ってshogame家で発芽し、お豆になってくれるなら
この先は完熟させて、来年の種まき用にしても良いかな。なんて思ってます。


ソラマメのかき揚げ f0097970_1957320.jpg

畑のブログをやっていると野菜の育て方や、病気のこと、新しい品種のこと、色々な事を色々な方から教えていただけてとてもありがたい。
中でも収穫した野菜のお料理方法は、新しい発見にも繋がる本当に良いアドバイスをいただけたり、ヒントを見つけたりすることが沢山あります。


ソラマメは、どうもお酒のおつまみ的な考えしかなかったのだけれど
昨日は私のブログのお仲間<hatake-gardenさん>から
「かき揚げがご飯のおかずにオススメです」っとコメントをいただきました。
ソラマメは茹でてからなのかそのままで良いのか、<hatake-gardenさん>のブログで質問したら、即お返事を下さったのでもうこれは作るしかない!
と言うことで 今夜早速ソラマメのかき揚げを作ってみました。

材料は、畑で収穫したてのソラマメと三つ葉、そしてエビです。
初夏らしくアサリとか生の桜エビとかにしたかったのですが、良いのが無くて。。
でも これは美味しい!何よりソラマメが、本当にホックリとして甘いのです。
最近天ぷらはほとんどお塩でいただくのですが、
こちらもお塩の方が合っていると思います。
もちろん お酒にもあうのでありました。

hatake-gardenさん ありがとうございました!

その他にも <さぬき日記のharunoさん>のソラマメのペペロンチーノ
<mikeblogさん>のソラマメの炊き込みご飯・・・。
これから試してみようって思っております。ぞくぞくお楽しみ料理です。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-24 20:23 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(30)
初夏の楽しみ

f0097970_2054212.jpg

ふわふわの綿毛に包まれたソラマメ。3年ぶりです。
ソラマメも充分にカワイイのですが
このソラマメが包まれている柔らかい毛布のようなベッドも本当に愛らしい。

同じ畑のお爺さんに教えていただいて、思いっきり間引きをし、
ついでに上の方の花芽も潔く取ったのが良かったのか
アブラムシも付かずにスクスク大きくなりました。
と言っても、お店で売っているのみたいには巨大にならなかったのですが、
ウチで食べるには充分ぷっくりと太りました。
もう少し待つと更に大きくなるのかな?とか思ったのですが、
さすがにこの陽気でアブラムシが発生してきました。
そこで日曜日と本日収穫。

最初は塩ゆでで。
ビールも良いけど白ワインも結構合います。




f0097970_2041598.jpg

そして 待ちに待った「ソラマメのスープ」
お豆の甘さとうま味があるので塩胡椒以外調味料無し。
小麦粉とバターは使わず、タマネギと少々のジャガイモでとろみを出しました。
後は牛乳と少量の生クリーム。
暑い日には、冷たいスープにしても美味しそうです。
なにより淡い緑色が爽やかできれいです。
(スミマセン私の技術では表現できませんでした)

なんとも清々しい初夏の味わい。
お腹にも優しいソラマメのスープです。



ところで
f0097970_20382011.jpg■緊急事態発生!

ひよこ豆姫2号の先端が枯れてきました!
回りの葉もあまり元気が無く、部分的に黄色くなってきています。
この2号には現在3個のお豆が着いています。
はてさてこの子達をどうしたものか。
このままにして置いて、万が一緒に枯れては元も子もありません。
さしあたって一番最初に出来たお豆は、硬くなっているので収穫してみようか。

う〜ん迷うな〜。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-22 20:55 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(30)
今日のhatakeで
■私なりのこだわり
f0097970_22392143.jpgf0097970_22393828.jpg















○左:昨日作ったカラーピーマンの雨よけ。気に入らなくてずっと憂鬱。
○右:今日再提出。お手本は昨夏のmintboxさんの雨よけ。
   まだまだですが、一応合格にしました。

カラーピーマンは、去年お休みしました。
原因は、ピーマンがどうも赤や黄色になる前に腐ってしまうことが多かったので。
サカタの種の相談室にメールを出して、丁重に教えて下さったのが雨よけ。
今年はコレで、沢山の赤や黄色を期待!



■ピーナッツは種です
f0097970_22462830.jpg

昨年皆さんのご協力を得て、とことん楽しんだ落花生の栽培。
美味しく食べて気が付いたら、莢がわずかに6個ほど。
そっか〜。ピーナッツで種だった。って気付くの遅すぎ。
冷蔵庫に放り込んで置いたらタダでさえ少ないのになんだかしなびてきて・・・。

でも元気者の落花生。発芽しました。
ぱっと広げている、そう!それがかつてのピーナッツ。
落花生の種です。




聖域?

f0097970_22525830.jpg

hatakeの片隅にある落ち葉堆肥。名もない雑草がここ彼処に。。。
私は触れない。触ってはいけないらしい。


■病気にはなったけれど

f0097970_2256821.jpg

病気らしいインカのめざめ。
その中でも一番ひどかったものが、とうとう枯れかかってきました。
諦めて抜いた・・・ら小さなお芋さんを数個付けていました。
本当に小さくて一番大きいのでも栗くらいのサイズ。
f0097970_2259544.jpg

ありがたく持って帰り、蒸かしてみました。
栗のような色。ぽっくりと粉を吹いています。
蒸かしただけでもこんなに黄色い。
お味はまだチョット薄いけど 栗の様な甘さがあります。

残りは元気で大きくなってね。
熟成したお味が楽しみです。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-20 23:11 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(24)
その後のひよこ豆
ひよこ豆姫2号のご懐妊は以前にお伝えしましたが、その2号はその後<子ども1>の他にも兄弟を2個従えております。
大きさは、小さなミニトマトくらいの大きさです。

f0097970_1938302.jpg

そして「この袋の中はどうなって居るんだろう」という疑問。

ほんのチョットだけ想像できました。
というのもよく見たら<子ども2>の袋がかすかにへこんでいるのです。
じゃあ<子ども1>はどうなんだろうとよ〜く見ると、
<子ども2>よりもちょっと皮が厚そうです。
恐る恐る触ってみると・・・。
ちょっと硬いのです。
なんだか中に何か詰まっているような。
表面も以前よりつるっと光っています。

袋自体は以前見たときと大きさは変わっていないようです。
どうやら ひよこ豆ってキヌサヤみたいに、
皮も実も一緒に大きくなるのではなく、
まず袋が出来てそれから中身が大きくなるようです。


今度は<子ども2>もそ〜っと触ってみました。
へろっとしていて柔らかいの!
中には何もない感じ。紙風船を膨らませたみたいな・・・。
このへこみもこの間の大風で、支柱か何かに当たってへこんだのかも。


f0097970_1948637.jpgこのひよこ豆姫2号は無事に子ども3個をご懐妊でしたが、
他の姫達はというと 可愛そうな結果になった姫もおります。

最初に定植し、最初の花を咲かせたひよこ豆姫1号と後植え3号は、原因不明のまま突然枯れてきました。










しかし後植えのひよこ豆姫4、5,6,号は順調に育っております。
しかもこの三姫は、枝葉を大きく延ばしマッチョな躯体を作っています。
f0097970_19562267.jpg

なんだかもじゃもじゃでしょ?身長は大体50センチくらい。
最近ようやく花が咲き始めました。
体ががっしりしているので、かなり安心して見ることが出来
ご懐妊もかなりの期待が持てます。


今一番の心配は、ひよこ豆姫2号のご出産です。
いつ頃が良いんでしょうね−収穫。

あの種のひよこ豆じゃなくて、グリンピースの様なフレッシュひよこ豆というのを食べてみたい。というのが目下の望みです。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-18 20:12 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
あおい花たち
■ボリジ
f0097970_21313097.jpg

こんな毛むくじゃらの無骨なつぼみから 
信じられないような繊細で可憐な花。
もっと上を向けばいいのに。




■セージ
f0097970_21342116.jpg

のびのび育って
ビックリするくらい大きな花、付けました。
この畑が気に入ったんだね。




■ブルーサルビア
f0097970_21352812.jpg

古い畑では、小さくてちょっと自信なさげでした。
新しいこの畑では、青く輝いて・・・。
自信に満ちています。



■地獄対策メニュー■
f0097970_21475997.jpgブログのお仲間miyaki_yaさんからのヒントを元に<kinusaya paste>を作りました。
キヌサヤ大量消費可!

多めの塩で茹でたキヌサヤと少々の新タマネギをバーミックスでペースト状にします。
タマネギを入れると青臭さが軽減されます。
ゆで汁の塩が多いのでほとんど味付けなし。
生クリームを入れるとマイルドになります。
オリーブオイルでもいいかもしれません。
朝のトーストに合わせて。
鮮やかな美しい緑で、スキッと目覚めます。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-16 22:02 | 草花 | Trackback | Comments(12)
安心した事と心配な事そして・・・
強風で一時はどうなるかと心配したトマトの苗。
でもきっと立ち直ると思っていました。
f0097970_2032987.jpg

写真はシシリアンルージュ。
折れ曲がってしまった数本の苗のウチ
1本だけは先っぽが本当に折れてしまいました。
でもその横からもう脇芽が出てきています。
一番下の所からももうちょっと長めの脇芽。
どちらが先に大きくなるか、様子を見ながらいずれ1本にするつもり。

他の曲がった苗のウチ1本は途中が折れたためにふにゃふにゃなのに、先は真っ直ぐ元気なので、そっと新しく組み立てた支柱に何カ所か結わえ付けておきました。
やっぱり根は丈夫なんだな、トマト。


一難去って又一難。
ジャガイモの<インカのめざめ>になんだか不穏な様子。
f0097970_20371978.jpg

葉に黒い斑点が・・・。ヒドイ物は黄色の葉っぱになってきています。

私は今まで、男爵しか作ったことがなかったせいか、
ジャガイモの病気という物を知りませんでした。(男爵は丈夫?)

今年初めて、新しい4種類の品ジャガイモに挑戦。
そこでこのインカのめざめだけが、どうやら病気のようです。
弱い品種なのか、それとも まだ引っ越して1年目の畑なので
土の様子が良く分からないせいなのか。
幸にも他のジャガイモが少々離れたところに有るので、ちょっとは安心ですが・・・。


そして・・・・・。
f0097970_2041447.jpg

あの開墾した畑には、黒スイカ<ダイナマイト>が定植されました。
左から<ポチ><タマ><グレイス>と命名。
一番右だけ名前が違うのは・・ポチとタマは198円の苗だったのにグレイスだけは298円もしたから。

日曜日はは、親蔓を切り取ってしまう作業。
こうすると側枝の小蔓が、均等に伸びて実のお味も均等になるそうです。

小玉スイカは昔作ったことがありましたが、
大玉は今回が初挑戦です。
知らなかったんだけれど、大玉スイカは1本の苗から蔓を3〜4本しか延ばさず
なんとその1本の蔓に1個のスイカなんだそうです!
全部上手くできても、3本の蔓(3玉)×3株(ポチ、タマ、グレイス)で9個しかできないのですよ。

これはもう一大事!大切に大切に育てようと心に決めました。




■地獄対策メニュー■
f0097970_20564258.jpg
相変わらず毎日山ほど採れる「キヌサヤ」
今夜は、旬の生の桜エビとコレ又旬の畑で採れた新タマネギと一緒にかき揚げに。
出来合の天ぷら粉を使うと、
かき揚げもカラッと上がります。

キヌサヤの消費には今ひとつ力不足ですが、
たまには少なめで食べたかったので。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-14 21:04 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(24)
泣きたくなっちゃう
今日は一日ものすごい強風でした。
心配しながら畑へ行ってみると・・・・。
支柱もちゃんと立ててあったのに・・・・。
この2日間畑に行けなかった。
暑かったから結構伸びたみたいで・・・。

f0097970_20194077.jpg
大切なシシリアンルージュ。
折れ曲がった苗を立て直そうとして、枝を持ったそこへ強風。
「ぽきっ」鈍い感触が・・・。
ああ 花が咲いているのに・・・。



f0097970_20215520.jpg

中玉フルーツトマト レッドオーレも。
全部で5本折れておりました。


大丈夫、大丈夫。
トマトは案外丈夫だから、きっと持ち直す。
ダメでも脇芽があるから、そこが伸びてくる。

そういい聞かせて、帰ってきました。

本当に怖いくらいの強風でした。
皆さんこの強風で怪我などされませんでしたか?
そして皆さんの畑の作物は大丈夫でしたか?
[PR]
by shogame2 | 2007-05-11 20:32 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(21)
恐れていたこと
山の上で命の洗濯なんて、悠長にやっていたら
下界では大変なことがおきていました。

そうあの恐れていた地獄『キヌサヤ地獄』でした。

f0097970_20325239.jpg


■何でもペペロンチーノ
取りあえず、いつものようにペペロンチーノ仕立てにしてみました。
ペペロンチーノって、懐が深いお料理。
たいていのお野菜は受け入れてくれて、しかも香りを壊すことなく美味しく頂くことが出来ます。
キヌサヤの弟分、スナックえんどう(本当に弟?)もきっとペペロンチーノ美味しいと思います。



f0097970_2042583.jpg

我が家で定番のキヌサヤの卵とじ
4月の終わりから採れ始めたフランスの白タマネギと一緒に卵とじにしました。
あくまで薄味でさっぱりと。
写真、卵ケチっているみたいに見えるけど、器に盛る時に失敗。
こういうのって、一発勝負だから難しい(言い訳がましいけれど)



f0097970_20392310.jpg

こちらは、キヌサヤとイカの炒め物
同じく採れたてのフランスの白タマネギも一緒に、中華風にゴマの香りとショウガを利かせます。

と まあ下界に降りてきてから、明けても暮れてもキヌサヤのお料理ばかり。
これ以外にも、撮り忘れた『キヌサヤのサラダ』
これは、オリーブオイルと塩ビネガーで和えた物。

お料理だけ見ていると 色々作って楽しそうに見えますが、食べる方は毎食キヌサヤ登場です。
採っても採っても次から次に実を結ぶキヌサヤ地獄。
この後には スナックえんどうが控えているし なんだか大変なことになりそうないや〜な予感。




f0097970_943511.jpg
そして
今朝又採ってきたキヌサヤ〜〜〜〜
今日のお昼もキヌサヤペペロンチーノォ?

[PR]
by shogame2 | 2007-05-10 20:59 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)