<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
やっぱりこのパスタッ
f0097970_19425346.jpg
うちでもようやくシシリアンルージュが採れ始めました。
これが採れ始めると トマト地獄の入り口に立った事に!?
今年シシリアンルージュは、昨年の残り5粒の種だったのですが、全て発芽。
私の大きなお尻で、1本を折ってしまいましたが、それも脇芽がちゃんと育って実を付けています。
そういえば、睦月さんも昨年残しておいたシシリアンルージュの種が、今年100パーセントの発芽率だってブログに書いていらっしゃいました。

だてに お値段が高いだけじゃないのね〜。
これだけ優秀なら、その優秀さに免じてお値段は許してあげる事に。




f0097970_19563510.jpg
そして、最初の収穫当然の事、トマトソースのパスタにしました。
材料は、シシリアンルージュ11粒とブロックベーコン、そしてルッコラ。
ちなみに過去のブログを見たら2007年6月30日にやはり似たようなシシリアンルージュのパスタを。
しかもトッピングはこちらもルッコラ。

なんだか進歩無いな〜。

今回の写真は、湯気が良い具合に出ていたので、そちらに気を取られていたら、ピントが何処にあったんだか??
でも湯気は、一応撮れました・・・・よね?

1年ぶりに食べるシシリアンルージュのトマトパスタ。
もう お昼時一人(正確には+wanですが)だっていうのに、にやにやしながらこのリッチなパスタを心ゆくまで堪能しました。

腕はともかく、下手なパスタ屋さんで食べるフレッシュトマトのパスタなんかより、数倍美味しいって思っている私。
もう 今思い出しても笑いが止まりません。

本当に美味しいものを食べると 人間笑っちゃうんだそうですが、これはお料理が美味しいんじゃなくてシシリアンが美味しいの!



この夏は、なるべくならトマトソースにせず、フレッシュなままのシシリアンルージュを出来るだけ沢山食べよう!って思っている私です。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-29 20:12 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
確かにカボチャのお仲間
f0097970_1631477.jpg
mikeさんから頂いた種で出来たコリンギーです。
いつ収穫して良いか分からないって書いたら、mikeさんが黄色くなったら大丈夫とい教えてくださって。
ちょっとイレギュラーな カボチャといった風貌ですよね。
黄色が何とも可愛らしい。


f0097970_1671999.jpg
切ってみると、なるほど中は確かにカボチャ。
でもちょっと早かったかな?
薄く緑の部分がありました。




でも mikeさん推奨の浅漬け、作ってみました。

f0097970_16105396.jpg
漬けているウチに、黄色がちょっと濃くなった感じ。
シャキシャキとして良い歯ごたえ。
味は、とっても淡泊でほのかに甘みがあります。
ごはん、結構進みます。

へ〜、こんな感じなんだ〜。
もうちょっと他の食べ方も と言う事で
オリーブオイルで焼いてみたのですが、これもまた美味しい。
やはりほのかな甘みが、しつこくなくて美味しいです。
食感は、カボチャ・笑

煮物にはちょっと不向きかもしれないけど、
浅漬け、天ぷら、ソテーだととても美味しくいただけます。

お芋のもっさりした感じが、どちらかというと苦手な我が家。
これ結構いけるかも・・・。



そして 今回の浅漬けのために・・・という訳でもないのですが、

f0097970_16163120.jpg
mintboxさんが紹介していた「浅漬けの素」を購入。
ついでにやけに美味しそうに見えた「野沢菜の浅漬け」と「山芋の醤油漬け」も購入。

むひひ〜、美味だわ〜。
浅漬けの素は、昆布とかちゃんと入っていて、野菜に振りかけて重しをしておけば良いだけ。
これから畑の野菜が沢山取れだしたら、きっと活躍してくれるはず。

ところで、このお店のHPを見ていたら、販売しているお店の中にここがありました。
いつもキャンプに行く時に降りる信州道佐久ICの真っ正面にある ビッグなドライブイン。
ウチもトイレタイムとかに結構使わせてもらっていました。
全然知らなくて 失敗したね〜。

これからは、ここを通る時には「浅漬けの素」と美味しかった「野沢菜の浅漬け」を買う事にします。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-27 16:26 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(18)
梅雨だからこそ
f0097970_20335852.jpg
今年は、なんだか雨が多い梅雨です。
雨が多いと畑仕事もままならないし、たまに雨が上がっても畑はベタベタで、想像以上に繁ってしまった雑草を引く気にもなれないし。
スイカやメロンの受粉も上手くいかないし、トウモロコシにもどうやら虫が入ってしまった様子。
イヤな事ばかりだなぁと思ってしまいますが、梅雨だからこその緑の美しさもあります。

今年は雨が多いせいか、このラベンダーも美しく咲きました。
曇っている日、雨に洗われた葉と丁度タイミング良く咲いてくれたラベンダーが、小さいのですが群生しています。


f0097970_20384936.jpg
いつもならドライにして、玄関の香りにするのですが、今年は何だか採ってしまう気になれずこのまま緑と雨の中に置いておこうと思います。





f0097970_20411789.jpg
緑の中で、一際赤くひかるのは、やはりこの時期ならではのラズベリー。
葉も丁度若葉が茂ってきているので、本当に綺麗。
今年は、雨のおかげか全体に実がとても大きいです。
毎年、年の瀬に小さく切ってやる以外は肥料もなんの手当もしてあげないのに、今年も申し訳ないくらい沢山の実を付けてくれています。


そして ようやく








f0097970_20465431.jpg
ウチの畑でもようやくトマトが色づいてきました。
これは「サンチェリープレミアム」
もうここ何年も 私のお気に入りのミニトマトです。
シシリアンルージュもちゃんと色づいてきて、3,4粒収穫したのですが、写真は取り忘れ。

雨よけがギリギリセーフで間に合ったせいか、今のところ割れも出ず元気に育っています。
元気すぎて、雨よけに届きそうな数本の成長点を早くもカットしました。

でも 脇芽が又伸びてくるので、結局一緒なんですよね。
上の方は手が届かないので、それ程こまめに脇芽を取ってあげないから。


トマトは、今年も結構良い感じの予感。

     地獄よ。

            come on !!
[PR]
by shogame2 | 2009-06-24 21:00 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(18)
あの子は今・・・・
f0097970_20133992.jpg
昨年、発芽までにナンと3ヶ月を要したケッパーです。

3ヵ月後にはこんな風に発芽し、秋に畑に定植してみたらこんな風になっちゃったので、慌てて鉢上げして越冬は結局家のベランダ。

でしたが、それも寒さが強くなると葉が萎れてきました。

色々と調べてみると、どうも越冬温度は5度程度のようです。
もとももと暖かい土地の植物なんですね。

で 結局冬場は、そのまま小さなポットで家の中。
4月になってようやく外に出しました。


f0097970_20302267.jpg
耐寒温度が5度となるともう畑はあきらめて、このままベランダで育てる事にし、私も久しぶりにベランダ菜園です。

でもやっぱりよく分からない。
この子達は、いったいどの位の大きさになるんでしょう。
そしていつあのケッパーの蕾を付けるんでしょう?


な・ぞ・・・




■キッシュのレシピ■
睦月さんからのリクエストがあったので、キッシュのレシピをちょこっと・・・。

お手本にしたのは、その名もキッシュ&タルト
この本のタルト生地の作り方が、超がつくほど簡単で立ち読み3分で買ってしまいました・笑

まず材料(18cmパイ皿)
生地は本のレシピ通りですが、ソースはウチはパイレックスのパイ皿で立ち上がりの直径が22cmあるのでそれに合わせて多めです。

★生地
薄力粉…200g
塩………小さじ1/4
卵黄……1個
水………大さじ1〜2(この時期だと1で)
バター(無塩)…100g
ですが、有塩のバターにして、塩を減らしても無事に出来ました。

★ソース
卵……1個+生地で残った卵白を少々。
牛乳…70ml
生クリーム…80ml
塩・胡椒
(全部混ぜて置いて大丈夫、几帳面な人は最後に漉しておく)

★フィリング
新ジャガイモ、新タマネギ、ブロックベーコン、ルッコラ、シュレットチーズ、塩胡椒

生地の作り方
1.大体1kgの味噌が入るくらいの密閉容器に小麦粉をふるい入れ、真ん中をくぼませてそこに水で溶いた卵黄、溶かしたバターを入れて、フタをして30回くらい振る小麦粉がちょっと残っているくらいが良いみたい。

2.30cm四方のラップに出してひとまとめにし、厚みを3〜2cmくらいに伸ばす。

3.冷蔵庫で20分〜30分くらい冷やす。
(その間に、ジャガイモを角切りにして茹で、のんびりと薄切りにしたタマネギと拍子木切りのベーコンを炒め始める。焦がさないように飴色まで)

4.生地を取り出して伸ばしていく。
 目安としては2mm程度。生地がラップの隅まで届くくらいの大きさ。

5.型にはめ込み、フォークで底に穴を開けてから、オーブンペーパーを敷きその上にパイウェイトを乗せる。(無ければ小豆でも可。ただしその後あんこには使えません)

6.180度のオーブンで15分、ウェイトを取って5分程度焼く。

7.焼き上がったら素早く卵黄を、まんべんなく塗る。(卵黄で膜を作りソースが漏れないようにする)

8.茹でたジャガイモ、炒めたタマネギ&ベーコンを乗せて、上からシュレットチーズを振り、ソースをかけて、180度のオーブンで25分〜30分焼く。

以上です。
でもタルト生地無しで、バターを塗ったパイレックス皿にソースだけ入れて焼いても結構美味しいです(昔よくやりました)
[PR]
by shogame2 | 2009-06-22 21:06 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(24)
初めてなんだけど
f0097970_17114853.jpg

明日、ちょっと知り合いの方の所におじゃまする。
はてさて 何を持っていこうか。

悩んだけど、一番私らしい物をと言う事で
今が旬のブルーベリーのケーキ。
同じく旬の フレーズデボアのジャム。
そして、新ジャガと新タマネギのキッシュ。

ジャムはともかく、ケーキとキッシュなんて、我が家で食べる事はあっても人様に差し上げた事はない。
それ程のレベルじゃないので、いつもは買った物を持参したりして。

今回は、初めてちょっと作ってみよう、という気持ちに。
でも 上手くいっているかどうかは、どちらも切って食べてみないと分からないし。

ええいっ!
失敗だったら、ご免なさいしてしまいましょう!
一応、採れたてのズッキーニをお詫び用に持っていく事にします。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-20 17:17 | オイシイもの | Trackback
ひとつぶ種
f0097970_20282848.jpg
今年もあの三兄妹【ポチ】【タマ】【グレイス】
スイカは、今年から小玉スイカになったのですが、何となくネーミングはもう慣れたのでこのままいく事にしました。


f0097970_2033166.jpg
その中で、【タマ】はどうやら6月5日の受粉が成功したようで、大きくなってきました。
他は、受粉の後雨が降ってしまったり、雨上がりの受粉で上手くいかなかったようで、今のところ我が家のスイカの【ひとつぶ種】です。




f0097970_20372599.jpg
今までに一度もメロン等物を作った事が無かったのに、無謀にもこんなメロンを作る事にしてしまいました。
お名前は、【シャロン】これは品種名をそのまま頂きました。
何となく上品だし・笑
でも受粉したかどうか、かなりビミョウです。
メロンの雄花って、とっても小さくて、人工授粉しても花粉がついたかどうかよく分からない。
こちらも我が家の今年の【ひとつぶ種】です。




f0097970_20524967.jpg
これはカボチャ。【エイコーンスカッシュタフィ】という、ちょっと一回では覚えられない名前。
昨年mikeblogさんが紹介していたので、貴重な種を種をおねだりして頂きました。
人工授粉 するのかな?とか思っているウチに、ミツバチの力をかりてちゃんと受粉。
結構手間いらずで、どんどん出来てきています。
「美味しい!」とのmikeさんの評価なので、とても楽しみな【ひとつぶ種】(一粒じゃないけど)
でもネットで調べても、mikeさんとmori_papaさんとウチくらいしかヒットしないのです。



f0097970_20564118.jpg
今年はもう一種類カボチャを育ててみる事にしました。
やはりmikeさんから頂いた【コリンギー】
こちらも美味しいカボチャだそうで、以前から気になっていたのですが、種も2,3粒で良いので買うのもどうしようか、かといって苗は売っていないし、と思っていたら頂いちゃいました。

食べ方、mikeさんのブログも参考にしなくちゃ。



今年はスイカもカボチャも品種を変えたし、メロンという大物(?)にも手を出したので、またまた新しい試みであります。

関東 梅雨入りして雨が集中豪雨のように降る時があり、人工授粉のものは今ひとつ上手くいきません。
トマトも病気にならないと良いんだけど・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-18 21:04 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
土作り?

f0097970_20483123.jpg
畑の通路に撒いたクローバー。
繁ってきたので、shogame1に草刈りをしてもらいました。


そしてそれは



f0097970_20491526.jpg
畝に鋤込む。


f0097970_20494053.jpg
おマメ達の畝。ワラが残っていたので、そのままワラを鋤込む。


でも鋤込むって、結構大変。
手作業だから、そんな簡単に綺麗に鋤込めない。

案外難しいものであります。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-16 20:52 | 2009春夏畑のお話 | Trackback
さらに緑濃く
f0097970_1319634.jpg
土曜日の明け方降った雨で艶やかに光る葉。




急遽 土日を使って八ヶ岳に行ってきました。
勿論キャンプ。
3週間前と比べると さらに緑濃く葉も生き生きとしています。






f0097970_13212114.jpg
朝陽を浴びるレンゲツツジ。



f0097970_1323136.jpg
草原は、レンゲツツジが満開。
私たちのキャンプサイトからの景色も素晴らしいものでした。




f0097970_132639100.jpg
カラマツの松ぼっくり。
松ぼっくりも最初は、こんな風に緑だったなんて知りませんでした。



f0097970_13272792.jpg
今回は高山植物のハンドブック持参。
これはベニバナイチヤクソウ(?)



f0097970_1328495.jpg
朝のお散歩に木々の間から見えるキャビン。
なんて可愛らしいんだろうと、うっとり。


f0097970_13302346.jpg
そして今回の私たちのキャンプサイト。
写真で見ると、前回と大して違わないように見えますが、今回のサイトは白樺サイト。
そしてレンゲツツジが満開のロケーションです。




でも朝夕は寒くて、フリースかヤッケを着ないといられません。
標高1400mの会員制キャンプ場、Vi-Bridge(ビブリッジ)です。
私たち+wan、そこのサポーター(会員)になってしまいました。



キャンプ場での黒い子との様子はこちらから
[PR]
by shogame2 | 2009-06-15 13:40 | キャンプな日々 | Trackback | Comments(19)
今年のジャガ事情
f0097970_2065586.jpg
今年のジャガイモは、【キタアカリ】一本でしかも1kg+家に残っていた昨年のお芋3,4個で作りました。
昨年は、大豊作で同じ1kgの【キタアカリ】からナンと20kgものジャガイモが採れました。
さらに 十勝コガネも1kg作ったので、合計でなんと40kgものジャガイモが出来ちゃって!

だから 今年は1kgでいこうという事に。
なんの根拠も無かったのですけどね。

そうしたら 遅霜にあったり、ちょっと調子が悪くて、地上の葉や茎もあまり大きくならないうちになんだか色もよく無くなってしまいました。
それで 日曜日お天気も良かったので思い切って掘り出しました。

案の定、全体に小粒で、収量も去年の半分の11.5kgほどしかありませんでした。
キタアカリ自体は、男爵に比べると小粒で収量も8割程度というのが一般的なようなので、昨年ができすぎだったかなというのはあるのですけど・・・。



f0097970_20152869.jpg
こうなると いつもは良い事にして捨てていた親指程のチビジャガ、もったいなくて捨てられなくなりました。
でも皮を剥いてお料理するのなんて 超面倒!
ということで、ワタクシ皮のママ茹でてみました。




そして





f0097970_20171620.jpg
裏ごしは大変なので、普通の水切りザルで荒ごし。
皮も入ってしまうには入ってしまうのですが、結構中身が「ぶちゅっ!」という感じで出ていて皮と身を分別することが出来ました。


そしてこのお芋。
ちょっと荒ごしなので、牛乳を入れてからバーミックスで「ガ〜!!!」とやって







f0097970_2020735.jpg
生クリームを入れて、ジャガイモのスープにしました。
ちょっと肌寒かったので、今回は温かいスープ。
これ 結構いけちゃう感じ。
お芋が小さいので、ホックホクという感じでは無いのですが充分美味しかった!



美味しかったと言えば、
GWにキャンプで 


f0097970_2022340.jpg
【ホクホク新ジャガイモとアンチョビ】というのを作ったんです。
これが まあ自分で言うのもナンですけど絶品で本当に美味しかったので、
今度は私の畑の新ジャガで作ろうと思っていたのです。

作り方はとっても簡単で、
ジャガイモを茹でて置いて、アンチョビの浸かっていたオイルでニンニクを炒めそこに切ったアンチョビを投入。
ほんのちょっと炒めたら、そこにジャガイモを入れて混ぜます。
仕上げに、今夜は今年初物の大葉を入れました。

どちらかといえば、まあ酒の肴?って感じですけどね。
ワインととっても良く合います。(キャンプで実証済み)

でもアンチョビ以外は全て畑からというのも私的には嬉しい事。
お味も50%アップでした。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-10 20:32 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
ようやく
f0097970_19193069.jpg

トマトの雨よけ、日曜日にやっと出来上がりました。
風が強くて大変だったけど、お天気だったので良かったかな。
この所shogame1が多忙、しかも日曜日といえば雨で、タイミングが悪かったのですが、ようやく出来上がりました。

雨よけも3年目になると 随分と手際が良くなりますね。
初めて作った雨よけは、アーチの部分もトンネル資材を使って、手作り感満載でしたが、今年はアーチ部分はもちろん、接続部分の留め具も奮発しました。しかも2畝分です。

アーチのてっぺんに支柱を入れなかったので、ビニールが全体に良い感じに張れました。
風がなかったらもうちょっとぴたっとなったかと思うのですが、今年はこれで合格です。

今年も美味しいトマトが出来ますように。





f0097970_1932096.jpg

この可愛らしさは何度見てもうれしくなります。
パッと開いた赤ちゃんの手のよう!

今年もようやく落花生が発芽です。
しかも種の自家採種2年目。

自家製落花生は、とっても美味しいので、毎年収穫直後に大きめの良さそうなものを先に除けておきます。
そうしないと うっかり食べてしまいそうなので。

ウチでは、この落花生をほとんど「ピーナツ豆腐」にしてしまいます。
美味しくて止められない・・・。
11月まで、じっと我慢で育てます。
[PR]
by shogame2 | 2009-06-08 19:38 | 2009春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)