<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
リベンジ
f0097970_1748214.jpg

クリスマスケーキのスポンジ、卵を共立てにしたら、どうもしっとりとしたキメの細かさが無くて納得いかず・・・。
「いいじゃん!お正月ケーキだってありだし」ってことで大晦日にもかかわらずケーキです。

デコレーションは、栗きんとん用のクリペーストでモンブラン仕立て。
真ん中に松と南天(らしき物)を飾って、少しはお正月っぽくなったでしょうか。


今年一年、私のブログに来てくださって本当にありがとうございました。
また コメントを下さった皆様本当にありがとうございました。
リンクの方も増えて、なかなか皆さんのブログにコメントを残すことが出来ず、いつも申し訳なく思っています。申し訳ありません。
でも これからもどうかよろしくお願いいたします。

皆様良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-31 17:56 | ゆるゆる生活 | Trackback
やっと・・・・
f0097970_1643167.jpg
8月上旬に撒いたブロッコリーの種は結局上手く育たず、8月下旬にもう一度撒いたブロッコリーがようやく出来上がりました。
これ以前にも待ちきれずに、小さなブロッコリーを2個ほど食べてしまいましたが、あっという間に無くなってちょっともったいなかった・・・・。
秋野菜は、ほんのちょっとの時差で、随分と遅い出来になります。


f0097970_171208.jpg
さっそく持ち帰り、まずは簡単に茹でたブロッコリーのマヨネーズ焼き。
固ゆでのブロッコリーに小柱を少し。
唐辛子オイルをちょっと垂らしてから、マヨネーズを乗せて焼きます。
ブロッコリーをかなり濃いめの塩ゆでにしておくと、何もせずに焼いても味がしっかり付いています。




f0097970_16501871.jpg
「やっと」と言えば、以前にちょっとだけご紹介したイタリア野菜のリーフチコリ
種の袋を見る綺麗なダークレッドだったのに、なかなかそうはならず、やはり日本の気候には合わないのかな?と思っていたら、こんなに綺麗な色に出来上がりました。


f0097970_1653435.jpg
どうやって食べるのか。。。。
さしあたって、サラダでしょう。ということで
葉を外側から数枚取ってきて、レタスとルッコラとオリーブオイルで和えてサラダに。

やっぱりチコリでした・笑
しっかり苦みがあって、でもグリーンサラダのアクセントにはなかなか良い感じです。
ただ こんなに沢山あるとちょっと食べ切るのは難しい・・・・・。
何しろ葉の大きさ、一枚が長さ30cm位あるのです。
2枚もあれば、アクセントには充分です。

寒さには強そうなので、2,3枚ずつ収穫して食べていこうと思っています。
畑に置いておいても、なかなか美しい色なので。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-28 17:00 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(13)
めりくり
f0097970_20585262.jpg
12月24日ですね。
今年は、11月下旬からちょっと黒い子の事で バタバタとしていたので大きなツリーは何となく飾りそびれてしまいました。
代わりに小さなツリーと聖歌隊。


f0097970_212198.jpg
ケーキは作ったけど、何となくちょっと寂しげ??


f0097970_2123977.jpg
チキンの写真も撮り忘れてしまったので、最近手に入れた「バーニャカウダセット」の写真を。
小さなコンロの中には小さなロウソク。
これでぼちぼちとバーニャカウダを暖めながら、野菜を付けて食べます。
野菜はもちろん我が家産。


今年は、曜日の巡り合わせもあまり良くなかったので、実は昨日もう済ませてしまったクリスマスイブ。
済ませてしまったというのが いかにも日本人的でちょっと笑えます。


まあ キリスト教徒は無縁の我が家、チキンとケーキを食べて
皆様 メリークリスマス♪
[PR]
by shogame2 | 2009-12-24 21:15 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(8)
冬支度 その2
f0097970_19422225.jpg
こういうのって、売っているとつい欲しくなっちゃう・・・・。
圧縮ワラ、とでも言いましょうか。

自分でも大麦で作っていてまだまだあるのに、売っているのを見たら欲しくなってしまいました。
だってこの一抱え程もあるワラの固まりが500円なんですよ。
しかも20cm〜30cmくらいにカットしてあるので、使いやすそうだし。



で これをどこに使うかというと








f0097970_19475251.jpg
イチゴの霜よけ。
うちのイチゴは、宝交早生とクイーンベリー。
宝交早生は比較的寒さには強いのですが、クイーンベリーはもともとはハウス栽培の品種なので、寒さはちょっと苦手です。
それでも イチゴは元来寒さには強い方なので、ここは霜で根が持ち上がらない程度にワラを敷いて保温しました。

黒マルチも霜よけになるのですが、ちょっと地温が上がりすぎるようで、時々季節外れに花が咲いてしまい、結局実が出来ずじまいになります。

こういう時活躍するのがワラなんですね〜。
しかもこのワラは、先ほども書いたように、短く切ってあるので、敷くのがとっても楽ちんなのです。


これで ようやく越冬の準備が出来ました。
あとは この冬の間に、台風で壊れたラズベリーの棚を直し、ブルーベリーの棚を作り、そうそう年明けには、落ち葉堆肥も仕込まなくちゃ。

そう 考えると 農閑期とは言え結構やることは有るものです。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-21 20:04 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(4)
クリスマスプレゼント
f0097970_2293690.jpg

       知り合いから貰ったクリスマスプレゼント。


       裏返すと





f0097970_2210854.jpg





       開けてみると




f0097970_22111925.jpg





       ホンモノ?



これ 立方体型のメモ用紙。
上から見ると正方形のペラペラの紙が沢山重なって、立方体になっています。
いったい何枚あるんだろう?

[PR]
by shogame2 | 2009-12-19 22:14 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(2)
10年ぶりの華やぎ
f0097970_2351994.jpg

f0097970_2355398.jpg

f0097970_2361737.jpg

10年ぶりに表参道にイルミネーションが戻ってきました。
やっぱり この華やかさはウキウキします。

木に配慮した電球の取り付け方。
その電球はLEDにして省エネに。
この写真を撮っている時にも、地元の人たちがゴミ拾いをしていました。

ここまで来るのに10年。
私たちにとっても懐かしく、楽しく、何となく華やかな気持ちになるイルミネーションです。
ここに住んでいる人も、わざわざ見に来た人も、気持ちよくこの時を過ごせますように。
そして、やって良かったと、また来年もその次の年も続いていきますように。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-17 23:12 | ゆるゆる生活 | Trackback
冬支度
f0097970_20122922.jpg
ソラマメ、スナックエンドウ、グリンピース、サヤエンドウ、今年はどうも発芽が悪くて、出てきてもネキリムシにやられてしまったり。
で 先日家で種まきをしてみました。
良い具合に発芽した、スナックエンドウ達。
定植しました。

でも ソラマメだけは、ポットの中でみんなカビてしまった・・・・。



f0097970_20152667.jpg
数年前までは、この時期になると笹を切ってきて霜よけにしたのですが、だんだん面倒になってきて、ここ数年はネットでトンネルにしてしまいます。
ポットの苗も定植して冬支度。



f0097970_20174836.jpg
タマネギ、なんだかしょぼしょぼで、とても越冬できそうにないので、こちらもトンネルにしました。
と言っても レースみたいなトンネルですから、まあほんのちょっと霜よけ程度なんですけどね。

結構ダメになる苗もあって、15本くらいは追加で植えました。
今年は予備があって良かったけど、先行き不安な細さです。


今週は、急に寒くなってきて、天気予報も真冬並みとか言っています。
今日は、おマメ達とタマネギにネットをかけましたが、後はイチゴにワラを敷いてあげないといけないかな、と思っています。

いよいよ冬到来。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-15 20:23 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
シーズン到来
f0097970_21144750.jpg
これは・・・・、
mintboxさん直伝(?)の「牡蠣のオイル漬け」
最近ブログのお仲間の中でもかなりの評判で作っていらっしゃる方も多かったのですが、いざ作ろうと思ってもなかなかii牡蠣が手に入らず、しかもどうせなら沢山漬けたいし。
そんなことを思っていたら、嬉しいことに広島から旬の牡蠣、届きました!

で、もちろん早速「生牡蠣」を食べて、牡蠣フライを食べて、そしてこの「牡蠣のオイル漬け」。
待つこと一週間。


そろそろ出来上がり・・・・・?


f0097970_21175588.jpg
ふふふ、出来上がった・・・?ようです。
ああ もうここまでじっと我慢するのが大変でした。
毎日、一度は瓶を持って眺めては・・・。

そして ようやくご試食。
「なまら うま〜い」ってこの事なのね〜。
牡蠣のうま味、ぐぐっと閉じこめられたプリプリの牡蠣が本当に美味しいの〜!!!

沢山作ったつもりだったのに、瓶に詰めてみたらほんのちょっとでした。
これじゃ お正月まで保たない・・・・。くら美味しいの。
白いワインとの相性は勿論ですけど、アツアツのご飯と食べても絶対美味しい!
これじゃあ あっといいう間になくなりそうです。
困った 困った。



f0097970_2128370.jpg
そうそう 牡蠣のパスタも外せません。
牡蠣をいつもの通り、片栗粉で洗って、小麦粉をちょっと付けてオリーブオイルでサッと焼きます。
これだけでも美味しいのですから、パスタにして美味しくないはずがありません。
甘くなってきた我が家の畑産ホウレンソウと一緒に。


牡蠣のシーズン到来で、巷には沢山の牡蠣が出回っていますが、我が家はshogame1が広島人なので、広島産の牡蠣がご贔屓。
やっぱり 広島から直接送られてくる牡蠣は、これだけ流通の仕組みがしっかりしていても、市販の物とは全然違うのです。
だから どんな風にして食べても、絶対においしいだけどね。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-13 21:55 | オイシイもの | Trackback | Comments(14)
タバスコは好きじゃないので
f0097970_16352229.jpg
結構辛い物好きな私。
パスタには、ほぼ自家製島唐辛子を使います。
でも滅多に食べないけどピザとか、ちょっと後から辛くしたい時には困ります。
タバスコってのもあるけど、あの独特の香りがあまり好きじゃない。

って 思っていたらharunoさんが唐辛子オイルを作っていらっしゃいました。


これだっ!っていうわけで、私も作ってみました。
ただ harunoさんは緑の物を使ったのですが、私は、保存の期間も考えて、今年既に収穫して乾燥させた「島唐辛子」を使ってみました。
色も綺麗だし。

レシピ〜〜
エキストラバージンオリーブオイル:200cc
島唐辛子(種を取った物):5,6本(どの程度が良いのか不明なので適当です)
これだけ〜。

オリーブオイルを鍋で熱して、唐辛子を入れます。
焦げない程度にしゅ〜っと、泡が出たら出来上がり。
まあ 多少焦げても大丈夫みたい。(かえって香ばしくなります)

タバスコみたいに癖が無いのでナンにでも合いそうです。
ウチの場合は、shogame1が辛い物がちょっと苦手なので、私専用になりそうです。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-10 16:50 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
秋の終わりの景色
f0097970_9494995.jpg

12月になって平地でも紅葉が終わりを迎えてきました。
モミジ?
分からなかったので調べてみたら、植物学的にはモミジとカエデの区別は無いようなのです。
モミジもカエデも「カエデ」と言ってカエデ科カエデ属で、モミジ属というのは無いんだそうです。
一般的にですけど、赤ちゃんの手のように葉が綺麗に5つに別れているのがモミジ・・・らしい。

まあ せっかくの綺麗なモミジが台無しになるので、ここはモミジの紅葉としておきます。





f0097970_9573437.jpg
ウチの畑の周りは、普段はネギ栽培をしているのですが、この時期になるとホウレンソウに変わります。

その列の美しさと言ったらありません。
畑の左端から順番に時期をずらして種まきをしているので、少しずつ小さな苗になっています。


f0097970_1005814.jpg
こちらは もうすぐトンネルが掛けられるようです。
手前が一番大きなホウレンソウ。
遠くなるに従って、小さな苗になります。


この辺りの農家は、専業ではないようで、普段男の人はほとんど見かけません。
旦那様達はサラリーマンのようです。
作業をしているのは、農家の嫁が中心。
彼女たち、本当によく働きます。

朝8時30分くらい、私が畑に行くともう働いています。
種まきは勿論ですけど、大きなトラクターを使って土起こし、小さな機械を使ってネギの苗植えや土寄せ、もちろん収穫も機械です。
そして お嫁さんと一緒に働いているのが姑さん。
つまり この辺の農家は、「女手」で保っているようなものなのです。
このお嫁さんからは、私も野菜のことや肥料のことなどを色々と教えていただいています。


でも この景色、次世代に残していくのはやっぱり難しいそうです。
農業だけでは、生活していけない現実。
収入も含めて、農業に魅力を見いだせない環境。
一部若者に「アグリカルチャー」的言葉でもてはやされているようですけど、現実はやっぱり厳しい。

その事を考える時、いつもながらの景色がちょっと切なく見えるのです。
[PR]
by shogame2 | 2009-12-08 10:23 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(22)