<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
今年の畑計画
f0097970_20385768.jpg

ふ・ふ・ふ
出来上がりましたよ、、、今年の作付け計画。
と言っても 実際に定植するGW辺りまでには、まだまだ紆余曲折があったりして・・・。
二転三転、する可能性大です。





でも こちらはほぼ変わらない。

もう一つの作付け計画
[PR]
by shogame2 | 2010-01-30 20:46 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
そろそろ
来週はもう2月になります。
下旬になると、そろそろ夏野菜の種まきが始まります。
その時になって、完売になって慌てたりしないように、そろそろ種の購入計画を立てておかないと。


f0097970_2035989.jpg

まずは、レギュラーの野菜の種、そして今年作ってみたい野菜の種。
さらに買うのはずっと先だけど、苗の購入計画も忘れずに。
ここ数年は、だいたい3カ所くらいの種屋さんから種を購入しています。

書き出して、計算してみたらなんと種だけで6000円くらいになってしまったので、慌てて昨年のまだ残っている種を探します。
それで大分補えるように・・・・。

種は品種にもよりますが、大抵2年で使い切り、3年目には捨てるようにしています。
以前に4年目になったネギの種を撒いて全然発芽せず、新しく種を買って撒いたらほぼ発芽したという経験もあります。

書き出して、数日眺めたり思いめぐらしたりして、その間に作付け計画もします。
そして「これで良し!」と注文しますが、やっぱり落としがあったり、皆さんの野菜計画を見て「私も作りたい!」と思ってみたりで、結局再度注文って事になります。

根がケチなので、送料とかも出来るだけかからない方法を考えるのですけどね。
でも これが今年の野菜作りのお楽しみです。

さて、明日は作付け計画を作ることにしましょうか。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-28 20:41 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
草取り魔と性格の関係
f0097970_9584557.jpg
畑に行くきちょっとした作業や、収穫をしていて、ふと見ると雑草が・・・・。
気になって手が届く範囲くらいをさっと取る。
立ち上がると、何だか周りの草が気になる・・・。

で 畝を一本(1m×5m)の草取りをする。
と 今度は今まで全然気にならなかった隣の畔や畝の雑草が、気になり出す。
結局 1月中旬は、10日くらいかけて畑全体の草取りに発展してしまいました。

こんな風に書くと、いかにも几帳面で、きっちりとした性格のように聞こえますよね。
それが、ちょっと違うのです。


f0097970_10135467.jpg

確かに畑はそうです。
何となく、草がわらわらと生えてくると、ナンとも気になってしょうがない。
何はさて置いても草取りを始めてしまいます。
でも 家の中は・・・・・、決して几帳面にぴっちりとちり一つ無く、お掃除も片付けも行き届いているということは全く無く、むしろ雑然と散らかっている、しかも汚れている・・・・。
前もってアポ無しのご来訪は、ウチの場合は×です。

ナンで畑だけ、雑草が気になるんだろう?
よ〜く考えてみると、「草取り好き」と言うほどでも無いような気がします。
むしろ「ああ面倒くさい」と思いつつ、やらずにはいられない性格、もしかして草取り魔?


かなり困った性格です。
畑を実際に見た人や、このブログにお付き合いいただいている方々、何度か「几帳面な性格」というお言葉を頂いています。
「違うんですよ〜」と書いても、なかなか信じては貰えない。
別に、見栄っ張りというわけでもないんですけどね。
もうずっと前からリンクいただいているmintboxさんなんて、私と同様に草取り魔(?)って方のようだけど、お部屋の中の写真を見ても、ちり一つ落ちてない感じに、きっちりと綺麗。
これぞ「几帳面」の典型と思われて。
その感じとは、明らかに違う私。



ちょっと話は逸れますが、私の母、
もうすぐ70歳の後半なのですが、やはり父と家庭菜園をやっていて、
これが、畑もそうだし庭も、暇さえあれば草取りをしています。
もう年だし、冬の寒い時、夏の暑い時、危ないのでいい加減にしてと思うのですが
どうも止められない様子。
でも 家の中はというと、昔から、やっぱり雑然。
テーブルの上は、紙類から本、お茶の道具、何かしら乗っていて、私もうかつには触れません。
お世辞にも、几帳面とは思えないのですが(むしろ大ざっぱ)、草取りだけはちゃんとやるので、ご近所からも几帳面と思われているかも。


草取りをきっちりやる人=几帳面では無いんです。
そして、この母にしてこのおばさんこの子ありと、つい最近気付いた私です。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-26 10:15 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(20)
ひっそりと
f0097970_2119270.jpg


確か昨年もその前の年も2月になってから見つけた「フキノトウ」
今年はどういう訳か、まだ1月なのにこんなカワイイツボミがひょっこり。



季節は、ゆっくりと ひっそりと 何一つ前の年と違うことなく、巡ってきています。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-22 21:28 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
この時期ならでは
f0097970_22511365.jpg
チヂミホウレンソウ。
秋の撒きホウレンソウは、この時期になると肉厚でシワが入ったように縮れます。
寒さにさらされて、甘みも増して「これぞホウレンソウの味!」
市場では、わざわざこの「チヂミホウレンソウ」を栽培して、高値で売るお店もあるそうです。


数日前、スーパーで、普通のホウレンソウが一束198円で売られていました。
ウチの1回分くらいの量。
何だかとっても得した気分で、心の中で「やったっ!」と叫びます。
こういうのを見る時が、ちょっと意地悪おばさんの気持ちになる時。

ホクホクしながら、家路につきました。



●お詫びと訂正
「チヂミホウレンソウ」は、正確には「朝霧」という品種を冬場露地栽培をすることで、ずんぐりむっくりで地べたに這うような、肉厚の縮れたほうれん草になるんだそうです。
別名「寒締めほうれん草」とも言いうそうです。
私は、以前にお店の人から、聞きかじったことをうろ覚えのままアップしてしまいました。
お詫びして訂正します。
yasaibu-oyajiさん ありがとうございました!

でも ウチのほうれん草、品種は違うけど、やっぱりこれはこれでチヂミホウレンソウなんですよ〜。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-21 22:58 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(11)
年明け早々に最後の
f0097970_2191033.jpg
確か、前年のタマネギは、もっと早くなくなったような気がしますけど、今シーズンのタマネギは結構保ちました。

数も多かったのかな?
夏の終わり頃に、私が住んでいるマンションの大規模修繕で、ベランダにタマネギが干せなくなり、部屋に取り込みました。
それ以降は、やはりダメになっていくタマネギも沢山あって、箱が置いてある北側の部屋は、なにやらタマネギ臭い。。。。大変な状態の時もありました。

でも 全体的には、良い具合に長持ちしてくれて、今回は年明けまで保ってくれました。
その間、タマネギを買い忘れる心配も無く、大好きなタマネギを思う存分お料理にも使いました。
カレーなんて、普通なら中玉1個なのに、2個使ったこともあったり、そんな贅沢をさせてもらって、本当に感謝です。



今シーズンのタマネギは、どうも苗の出来が良くなくて、寒さに負けてどんどんダメになっています。
心配ですけど、どうしようもないですね。
春に元気になって、またお料理に沢山使えるようになると良いのですが・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-18 21:16 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(18)
初仕事

早くも1月半ばを過ぎたのに、畑仕事は全くと言っていいほどやっていませんでした。

f0097970_21344865.jpg
今年の畑仕事始めは、昨年の台風で壊れてしまったラズベリーの垣根の修復です。

後から見たら、もう縛ってあった麻紐も寿命だったのですが、それが台風の風で一気に切れしまったという感じでした。

f0097970_21463834.jpg
でも 一部木もだめになったりしていました。
木も寿命なのでしょうと思い、新しい木を探すことも考えなくも無かったのですが、ちょっと面倒になり、まだ使えそうな木をそのまま使い、2,3本を新たに探してきました。

結ぶ紐は、今度も麻紐です。
また2,3年で切れてしまうかもしれないのですが、やはりこの方がしっくりとします。



f0097970_2156367.jpg
分かりにくいですけど、ようやく組み上がったらラズベリーの垣根です。
既に下の方には、沢山のラズベリーの株があるので、それにある程度合わせて組んだので、何だか変なカタチに。


でも今年の初仕事としては、まあ上出来の部類だと、ちょっと満足です。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-16 21:59 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
年々早まる?
f0097970_6284519.jpg
見るも無惨に鳥に食べられたロマネスコの葉。
毎年冬の間に食べるものが無くなる鳥たちが食べるのですが、今年は1月の上旬に既にこの有様。
確か10年くらい前は、2月の中旬頃でした。

今年は、1月に入って寒波が来たりで、寒さが強いせいかもしれないけど、特に早々とこのロマネスコの葉が食べられました。
ブロッコリーは、既に年末にカバーをして置いたのですが、ロマネスコは今シーズン、とても成長が遅くて、まだ葉ばかりだったので油断していました。


f0097970_6343662.jpg
早速アミをかけて防御。
でもやっぱり気になる。年々早まる鳥の被害。
なにか理由が有るのでしょうか?

気になると言えば、ロマネスコ。
ブロッコリーもそうだけど、最初の種まきで、上手く育たずちょっと遅れ気味で種まきをして育てたロマネスコとブロッコリー。
ブロッコリーはどうにか年末から食べられるようになったけど、ロマネスコは、まだ小さな花蕾も出てきていません。

昨シーズン、20078年の年末にはこんなに上手く出来ていたのに・・・・。
やはり種まきの時期がちょっと遅れるだけで、このシーズンの野菜、ずいぶんと収穫時期が違ってくる物です。


今年は、例年通り種まきをして、上手に育てないと・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-15 06:42 | 2009秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
鏡開き
f0097970_1738086.jpg
昨年は、ようやくできた小豆で、まずお祝いごはんを作り、次に夢にまで見たあれを作りました。

そして、今日は鏡開き。
お供えは、買った小さなお餅でしたが、それを焼いて「おしるこ」を作りました。
「おしるこ」「ぜんざい」地方によって呼び名は色々とあるようですけど、私の実家では、こんな小豆のカタチのある「田舎汁粉」を「おしるこ」と呼んでいます。

「おしるこ」は家で作るに限ります。
甘みを抑えて、小豆の豆の美味しさで食べます。
大したことないお餅も、これでかなり上等の感じがしてしまうから不思議です。
特に今年は、小豆が自前なのでなおさらです。

この鏡餅を食べ、今年も一年、家庭が円満にいきますようにと願います。
でも 我が家では、お餅より「おしるこ」の方が主役の「鏡開き」です。
[PR]
by shogame2 | 2010-01-11 17:53 | Trackback | Comments(16)
のんびりの4日間
f0097970_0502612.jpg
雪遊び、行ってきました。
写真は帰る日の朝、素晴らしいお天気で、本当ならスキーはせずに帰る予定でしたが、あまりにももったいないので、圧雪車でグルーミングされたばかりのコースを 少しだけ滑ってから帰ってきました。



f0097970_0553956.jpg
今回の雪遊び、天候には今ひとつ恵まれず、ほぼ毎日雪。特に3日目は大雪で・・・・・。

f0097970_0571070.jpg
滑っているウチにもどんどん雪が積もってくる感じ。
その後は大雪で、夜の間に70cmくらい積もった?ってくらい降りました。




f0097970_0585780.jpg
なので、滑ることも例年より少なく、代わりにホテルでのんびりすることが多かったのです。
こちらは、ホテルからゲレンデに出るところ。

f0097970_114151.jpg
ラウンジでの〜んびりとコーヒーを飲むことが多かったです。
オソロシイほど、座り心地の良いソファーで、気をつけていないと寝てしまいます・笑

f0097970_12482.jpg
お部屋も広めだったので、の〜んびり。
f0097970_194557.jpg
アメニティーグッズは、ちょっとオシャレ。
女性が喜びそうな感じです。

f0097970_1112292.jpg
暇なので、食べてばかり・笑
運動をせずに食べているので、すっかり肥えてしまって・・・・。これはラザニア。


f0097970_113299.jpg
帰る日だけ、天気予報が大はずれで、真っ青な空が!
ちょっと残念でしたが、朝一で真っさらなコースを滑ってきたし、
チェックアウトが12時だったので、朝スキー後にお風呂も入って部屋でゆっくり帰り支度。


大雪のおかげでかえってホテルでのんびりと過ごせたし、上げ膳据え膳だったし(笑)素敵な時を過ごすことができた4日間でした。

余談なんだけど・・・・
[PR]
by shogame2 | 2010-01-09 01:23 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(12)