<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
緑の季節
f0097970_21393714.jpg
オープンから1ヶ月。
キャンプ場は、沢山の緑に包まれていました。

f0097970_21435037.jpg
何の花?ってオーナーの方に聞いたら「小梨だよ」と教えてくれました。
今 満開。 淡い緑の森の中、ここ彼処で咲き誇っていました。


f0097970_21464447.jpg
土曜日、午後は天気予報通り、時間までピッタリに雨が降り始めました。
f0097970_21474416.jpg
雨が降り出すことは分かっていたので、その前にワラビ採り。
昨年もこの時期に行ったので、ワラビが沢山あることは分かっていました。
f0097970_21504865.jpg
今年は準備万端、重曹も持っていたので、早速アク抜きをしていただきました。

f0097970_2149322.jpg
雨は本降りに。そこで早々とタープの下で 一杯。
緑を愛でながらのワインは格別です。

f0097970_21543875.jpg
雨の予報だったので、寒くなることは必至。
夕ご飯はポトフにしました。
コトコトお鍋の横では、「ピコパパママさん」から教わったソラマメ焼きを実践。
すんごく美味しかったけど、「あちちっ!」って なかなか剥けません。



f0097970_2157535.jpg
土曜日から日曜の未明まで、本当によく降った雨。
朝5時半のお山は、霧?雲?

f0097970_2211062.jpg
テントサイトの回りは、「フデリンドウ」の花盛り。

f0097970_222840.jpg
芽吹き始めたカラマツ。雨に洗われて、昨日よりもまた緑が濃くなったような気がします。

f0097970_2243373.jpg
レンゲツツジのつぼみ。ここは、お日様が良く当たるのか、他の場所より少し早く咲きそうです。


まだ 白樺の葉も見あたらなかった一ヶ月前。
たった一ヶ月の間に、白樺は緑の葉を茂らせ、回りの山々は色々なトーンの緑でいっぱいになっていました。
そして、あと半月もすると、レンゲツツジの花が満開になり、
緑のキャンプ場は、突然華やかな赤に包まれます。

今回は、雨のキャンプでしたが、
そのぶん、ゆっくりと緑を楽しみ、ますます緑の美しさを感じたキャンプでした。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-30 22:13 | キャンプな日々 | Trackback | Comments(14)
こんな所に異変?
f0097970_611631.jpg
GW明けのある日、大麦の穂が出来ていたので、今年も早々に収穫。

f0097970_6115183.jpg
shogame1に手伝ってもらって7割位を干しました。
残りは、昨年作って美味しかった麦茶用に完熟を待つことに・・・・。


と  ここまでは良かったのですが・・・・・・・・・






f0097970_613485.jpg
これ 先週の大麦の穂。
今か今かと金色に輝く穂を待っていたのですが・・・・・。
こんな風に金色に輝く穂になる前に、どういう訳かみんな落ちてきて・・・・・。

f0097970_6172088.jpg
落ちた実も全然熟していないので、まだ緑色。

どう考えても この先待っていて熟すようには思えず、とりあえず 「穂」になっている物を収穫してきました。


f0097970_6191870.jpg
ベランダで干した穂。写真だと結構枯れている風に見えるけど、本当はもっと緑色です。
どうしちゃったんだろう?大麦・・・・・。
今年は、あの美味しい麦茶無理かも知れないな〜。



畑には 他にも異変が色々。
やっぱり 春先からこちら おかしい・・・・・・・・。

次回 またご報告します。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-28 06:22 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
ジャストなタイミング
f0097970_18253623.jpg
ソラマメ、ウチの畑ではいよいよ最盛期になってきました。
でも 案外収穫のタイミングって難しかったりする・・・。
気持ちとしては、もう食べたい一心だから、どうしても「もういいんじゃない?」って思ったりして・笑

これは 今朝収穫したソラマメ。
よく膨らんでいて、莢は下を向いていました。(頭重いんだよね〜って感じ)
色は最初の頃よりちょっと緑が濃くなって、表面に黒いソバカスが。
そして最初の頃の産毛みたいなものは少なくなって、表面にちょっと艶があります。
若い莢よりもちょっとでこぼこした感じもする。


で その莢を開けてみると








f0097970_18312679.jpg
こんな感じ。前回の写真よりもさらにジャスト採り頃という感じ。
お歯黒もちょっと黒くなっていて、こうなると甘味も上がって、ホックリ感も増すように思います。


f0097970_18405957.jpg
で せっかくの朝取り、夕食まで置いておく手はないですよね。
ここは当然パスタランチ。
以前に hokkoriさんが作っていたグリンピースのクリームパスタのソラマメ版。

こういう写真をアップすると、時々shogame1にちょこっと言われる・・・・。
「一人でも 結構良いモン食べてるんだね〜」
「スミマセン」

だって 朝採りは美味しいし、パスタの写真も昼の光の方がずっと綺麗に写るし、撮影も楽ちん。
こちらも ジャストなタイミングってのがある訳です。

f0097970_18415427.jpg
でも ソラマメのスープなら、少々時間が経っても(半日だし)全然問題なく美味しい。
沢山じゃなくて、ほんのちょっと食べるのが美味しい感じがします。
味付けは塩と生クリームと牛乳。
ほんのりと甘味があって、ソラマメの香りが感じられます。

f0097970_18442090.jpg
もう一つ、ソラマメとくれば「天ぷら」でしょ。
丁度同じ旬の桜エビと一緒にかき揚げに。
この時に ジャストなタイミングで収穫できたソラマメは、威力を発揮!
ホクホクして甘味たっぷり。
揚げ物なのにいくらでも食べられそうな気になります。



今年、我が家はおマメ全般に豊作。
ソラマメも ビミョウにアブラムシにやられそうになりつつ、なんとか回避して結構大きな莢が出来てきました。
ソラマメって 他の豆達に比べると お料理にもバリエーションがあるように思えるので、
食べ飽きることも少ないし、これからしばらくは楽しめそうです。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-25 18:55 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
プックリ’s
f0097970_2213548.jpg
プックリなソラマメ、出来ました。
ほわほわの綿毛の中に包まれて、大事に大事に育てられた子が誕生。
さて どうやって食べましょうか?


f0097970_22183212.jpg
8卵生双生児。
みんなお行儀よく並んで、誕生です。
ツルツル ピッカピカのこれぞ文字通りの嬰児(みどりご)です。


f0097970_22222251.jpg
スナックエンドウとスナップエンドウ、どっち?
答えは「スナップエンドウ」
昭和58年に、農林水産相から正式に決められた名前です。
「スナックエンドウ」は、商品名。
私は、いつもサカタのタネを使っていたので、長いこと「スナックエンドウ」と言ってきましたが、今年からは正式名称「スナップエンドウ」と言うことに。


今 我が家の畑では平日も「スナップエンドウ祭り」開催中。
初期には、少々厚みが足りなくても収穫していたのですが、最近はプックリと膨らんだ物しか収穫しません。
贅沢ですが、若干食傷気味に・・・・・・。

まあ 短い期間のお祭り。
楽しんで、今年はまた「種も収穫」出来たら良いな」と思っています。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-23 22:35 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(22)
お湯の中に〜も〜
f0097970_108522.jpg
こぉりゃ〜 花がぁ咲くよっ、ちょいなちょいな〜。

ということで、両親と一泊で名湯「草津温泉」に行ってきました。
結構あちらこちら旅行をしている両親ですが、草津温泉だけは なぜか行ったことが無かったので。
黒い仔とshogame1はお留守番(ゴメンナサイ)



f0097970_10102566.jpg
と 簡単に書きますが、これがたった一泊のしかも平日なのに、なかなか日取りが決まりませんでした。
と いうのも 最近のご老人はかなり多忙で、私の両親も「今週は老人会の会合」「来週はお稽古の発表会」「その次の週は老人会の旅」。
その合間に家庭菜園の畑仕事と私よりよっぽど忙しい。
今回もようやく日取りが決まりました。

以前は東京に住んでいた両親も今は東海地方に住んでいるため、まず朝東京までて来てからの出発となるので、なかなかの旅行となりました。




f0097970_1016441.jpg
せっかく「湯もみショー」を見たのだから体験も!ということで「父の湯もみ」です(笑)
御年82才なので、なかなか頑張ったという感じですね。
ついでに 私も挑戦しました(笑)
これ 結構難しいんですよ〜。板がガフガフ泳いじゃって。

f0097970_10183310.jpg
終了後に賞状とタオルをもらいました。
賞状、ハンコの欄が5個もあるので、まだまだ元気でいてまた来ないとね〜。





f0097970_10243854.jpg
今回のお宿は、こちらの新館の方に。
とにかく「草津」だからお風呂の評判が良い宿、そして両親の身体に負担の少ない所ということで決めました。
お料理は、まあ 合格点といった所。美味しかったです。
お部屋でゆったりなので、気遣いもなく足も伸ばして楽しめました。



f0097970_10292117.jpg
お風呂は、露天も入れると全部で5カ所ありました。
こちらは、朝入った「万代の湯」。鋼泉だそうで酸性です。もちろん源泉掛け流し。
ぬるっとした感じで、硫黄のニオイを嗅ぎながら浸かっていると
「ああ温泉に来たな〜」という感じになります。

f0097970_10354298.jpg
同じ「万代の湯」の露天。
朝風呂で草津のひんやりとした空気とこのヌルッとしたお湯がとても気持ちよかったです。
他にも「西の川原湯」という源泉もあり、そちらは前夜に入りました。

草津は若い頃にスキーとか、ドライブで立ち寄ったことがあったのですが、あの頃は温泉を楽しむということもほとんど無くて、「ついで」という感じでした。
今回 両親と共に出かけて、母とゆっくりと話をしつつ浸かったお湯は、やっぱり良いものだと改めて思いました。


帰りには、次回の旅行先を色々と話しつつ・・・・。
「うん うん こうやってまだまだ元気で あちらこちら行こうよね〜」と思ったのでした。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-21 10:44 | 旅のお話 | Trackback | Comments(10)
イチゴ祭り開催中
f0097970_6402346.jpg
大きく実った今年のイチゴ、一粒ずつ味わって食べるも良し。







f0097970_642952.jpg
口いっぱいにほおばって、その甘みを堪能するも良し。




f0097970_644064.jpg
蓄えておいて、あとからじっくり楽しむも良し。



f0097970_6442651.jpg
タルトにして、クリームとの競演を楽しむも良し。



f0097970_6454274.jpg
大きく実ったイチゴをじっくり眺めるも良し。


今年のイチゴは、ビックリするくらいの粒の大きさと甘さ。
「2010年イチゴ祭り」まだまだ続きます。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-17 06:47 | オイシイもの | Trackback | Comments(18)
少しずつ
f0097970_732637.jpg
ホオズキの花が咲きました。
ホオズキは、初めてのトライ。
ナス科だというのも初めて知りました。
花の様子は、まあ ナス科といえばナス科ですが、キュウリにも似ています。
どの位大きくなるか解らないので、とりあえず支柱を。




f0097970_6491356.jpg
トマトの支柱は、今年は全面的にshogame1に立ててもらいました。
shogame1がやってくれると、全体にビシッという感じになって気持ち良いのです。
しかも一番上の渡しの支柱も私がやったのでは、こんなに上の方には難しいし。
この後、雨よけも待っています。また ヨロシクお願いします。

そうそう トマトは、たった4本しかないシシリアンルージュが、定植の時に風で折れてしまいましたが、薄皮で繋がっていたので、そのままそおっと埋めておいたら、ちゃんと根付きました。
さすがシシリアンだわ〜。



f0097970_6525158.jpg
スイカの雄花も咲きました。
雄花だけが咲いてもあまり意味もないことですけど、でもちょっと嬉しい。

f0097970_654099.jpg
スイカは、今年も3本。
昨年同様「紅小玉」ですが、恒例の命名はやはり「ポチ」「タマ」「グレイス」ということにしました。
一番長いのが7節くらいまできているので、もうすぐ雌花も咲くと思います。


何だか急にまた寒くなったりする変な天候の中ですが、畑も少しずつ夏の畑になってきています。
GW、キャンプで遊んでしまいましたが、残りの2日間で、支柱を 立てたり 立ててもらったり、種まきをしたりしました。
この土日は、まだ播いていない「落花生」と「夏アズキ」などを播こうと思っています。
遅れて注文した「黒豆」がまだ届かないのが気がかり・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-15 07:03 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
細くても美味しい
f0097970_685713.jpg

細いアスパラガスが数本しか採れなかったので、そのまま使うにはちょっとチカラ不足。
shogame1には申し訳ないけどお昼に使いました。

前夜 興味本位で買った「鯖の燻製」を試食した所 思ったよりも塩辛くてお料理には向かないなと思っていました。
調度良いかも〜と思って、パスタの具材に。アンチョビ感覚でしょうか。
パスタも塩ゆでなので、ほとんど調味料としての塩は要らず、燻製の香ばしい香りとアスパラの細いながらもシャキッとした歯ごたえ、そして畑採りならではの味の濃さでとても美味しく頂きました。


アスパラガスは、もう収穫の峠は過ぎたみたいで、ぼちぼちしか収穫できません。
こんな風に使うのも良いかなと。
ちなみにアスパラガスは茹でずに そのまま炒めます。その方が数段美味しい。
これも 畑収穫ならではの柔らかさとみずみずしさのおかげ・・・・かな。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-14 06:20 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
地上と地下と
f0097970_1542278.jpg
あとヒトイキのスナップエンドウ。
もうかなり太ってきて居るんだけど、あと一歩。
週末辺りから『スナップ祭り』開催か?


f0097970_15434339.jpg
こちらは、ラストスパートのソラマメ。
今年は、春の初めにアブラムシが付いたけど、唐辛子+酢農薬で、無事退治。
成長点も既に切って止めてあるので、後はぷっくりと太ってくれるのを待つだけ。
眺めていると 妄想ばかりが・・・・。





f0097970_1551340.jpg
一方 こちらは久しぶり『袋ゴボウ』作成中。
肥料の大袋は、とっても丈夫なので、これを使用して中に支えの支柱を4本。
底は抜いておきます。

f0097970_15514765.jpg
お隣で土を作って、袋の中に投入。
前回この試みをした時には、あの土の中に埋めるのも掘り出すのも大変な作業になったので、今回は地上で地下を作りました。
種まきをして、あとは芽が出てくるのを待つだけ。
楽しみです。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-12 16:01 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
ichigo day's
f0097970_1759037.jpg
収穫してしまってから気がついて撮影したイチゴ。
でも これからまだまだ採れそうなくらい 今年は沢山の実が付いています。
我が家で 今一番の働き手、イチゴ。

f0097970_17594121.jpg
昨年秋、イチゴを移植した後ももったいなくて抜くことが出来なかったイチゴ達。
春先にほんの申し訳程度に肥料を播いただけなのに、結構実を付けました。
しかも 移植したイチゴと遜色ないくらい。もちろん味も。


f0097970_1873265.jpg
初めて種から育てたあのフランスイチゴ「フレーズ・デ・ボア」
暑さにはめっぽう弱くて、昨年の夏は、かなりの株が枯れてしまいました。
生き残った強靱な苗だけがこんなに可愛らしい花を咲かせています。








f0097970_1891130.jpg
そして 本日収穫したイチゴ。
クィーンベリーと宝交早生。
どちらもここ数日の気温とお天気のおかげで、とても甘くて濃厚です。
強いて言えば、クィーンベリーの方が美味しい。
実も若干大きめです。宣伝程には大きくならないのは、私がケチ子で剪定をしないせいと思われます。
合わせて885gありました!


f0097970_18131041.jpg
こんなに沢山あったのでは、昨日のイチゴは困ってしまいます。
ジャム、という程は無いので(20粒くらい?)牛乳とメイプルシロップを入れて、ミキサーを軽くかけてイチゴミルクに。

う〜ん、ちょっともったりとして濃すぎます・笑
スプーンですくって食べても良いくらい。
でも イチゴの香りもするし、味は濃厚だしやっぱり美味しいね。
贅沢イチゴミルクです。


それにしても イチゴが、お料理として今晩のおかずにならないのが、とっても残念。
こんなに採れるのに、ジャムとかケーキくらいだものね。
贅沢な悩みなんだけど。
[PR]
by shogame2 | 2010-05-10 18:19 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)