<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
おこもり作業
昨日は、久しぶりに涼しかったですね。
こういう日に畑仕事が出来たらいいのですが、涼しい理由は雨だったから・・・・。



f0097970_20253027.jpg

で そういう日は、家に引きこもっているわけで、何をするかというと・・・・・、
暇なので、秋冬用に「ブロッコリー」「キャベツ」「ロマネスコ」の種まきなんぞをしてみました。
まだ7月ですから、例年よりはかなり早めの作業です。

実は、今週の初めに、畑の方にも播いておきました。
どちらが上手くいくか分かりませんが、
家での種まきは、数日出かけることになったら、乾燥が心配だし、
畑の方は、日照りや害虫が心配。


ま 上手くいく方をということで。
どちらも保険です。




f0097970_2030325.jpg
次の「おこもり作業」は、ブルーベリーのジャム作りです。
今年は、収穫したものをいっぺんにジャムにしようと思い、冷凍してありました。
でも かなり出来が良くて美味しかったので、収穫しながらとかかなり食べちゃったし、
家に帰ってきてからもそれなりに食べたので、思ったよりも量が少なめでした。

でも 今年は、イチゴジャム、フレーズ・デ・ボア、そしてこのブルーベリーとみんな豊作だったので、結構長く楽しめそうです。
ただ ラズベリーだけは、ちょっと秋に枝を切りすぎたのか、実付きが今ひとつ。
冷凍してありますが、一瓶くらいか?っていうくらいしかありません。
もっとも こちらも畑で収穫が少なめだと、食べちゃったりしたし・・・。




f0097970_20361371.jpg
そしてようやく出来てきた調理用トマトの「サンマルツァーノ」で最初のピューレを。
これが一番手間いらずで、どんどん縮小できるので助かります。




7月もいよいよ終わりですね。
暑い夏はまだまだ続きそうですが、畑はそろそろ秋冬のことが気になる時期です。
でもね〜 この暑さじゃ、野良仕事もままならないし・・・・。
それに 夏が暑すぎる時って秋口の虫、とりわけ芯食い虫の発生がかなり心配です。

ま 昨日の様な雨の日とか、暑くて野良仕事も出来ないような日中とか、そんな時にはまずは種の手配と作付け、そしてベランダでの種まき、そんなことをして過ごすのが良いかもしれません。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-30 20:43 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
はっぴーか?バースディ
今日は、shogame1の○○回目のバースディ。
って事で・・・・・

f0097970_1859474.jpg
大好きなトマトを使って、shogame家の夏の定番、トマトとナスのグラタンでお祝いしようかと思います。

これは、サンマルツァーノ。
ソースの方に使います。
サンマルツァーノは、イタリアのクッキングトマトなんだけど、種のジュルジュル部分がとっても少なくてお料理しやすいし、皮も薄いので、そのまま使っても口に嫌な食感が残らないので重宝します。
味も濃厚です。

f0097970_192418.jpg
お皿の下に、タマネギ、挽肉を炒めて、サンマルツァーノを入れたトマトソースが敷いてあります。
上に乗せるトマトはもちろんシシリアンルージュ。
ナスもトマトもタマネギも我が家の畑産。ぐふふ。

f0097970_1941342.jpg
上からシュレットチーズと、パン粉を振りかけ、バターを乗せて焼き上げます。


ただ今、夜7時。
お誕生日だっていうのにshogame1の帰りを待たずに お先な私、お許し下さい。

でも ちゃんと祝杯は挙げてあげるっ!
また一年 元気で働いてください・・・・。



そして   最後に またしても・・・・・・・











f0097970_1963887.jpg
スイカ登場。ケーキの代わりにスイカってことで。
子供の頃、お誕生日と言えば、ケーキでお祝いじゃなくて、大好きなスイカでお祝いだったそうな。
思う存分食べてください。


それにしても、このスイカの上のロウソク・・・・・・。
夕方写したせいか、何となく黄昏れっぽくて・・・・・・。






Happy birthday shogame1!!!
[PR]
by shogame2 | 2010-07-27 19:12 | 記念日 | Trackback | Comments(10)
続きもあり
f0097970_7112981.jpg
どうも こういう事は続けてやってしまわないと気が済まない性分。
昨日はまた朝8時30分から2時間だけ作業。
前日のブルーベリーの草とお礼肥、そして水やりと乾燥防御にワラを敷いてきました。



そして・・・・・・






f0097970_7133655.jpg
頑張ったご褒美には、冷え冷えの我が家産のスイカ。
金曜日に収穫したのですが、今回はピッタリの収穫時期で、最高の甘さ!
重さを量り忘れましたが、小振りの大玉スイカくらいありました。



私が今までに食べたスイカの記憶・・・・・・・
おそらく1位じゃないかと思うくらい 美味しかったです。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-25 07:16 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
衣替え?
f0097970_12144666.jpg
ブルーベリーの棚。
実が色づく間、鳥たちに食べられないようにこんな防御をしていました。

万全の囲いは、私の作業もなかなか難しくしてしまい、特に草取りはもう全く出来ない状態でした。
でも 乾燥が苦手なブルーベリーにとっては、雑草が生えてくれて、いつも湿った状態が保たれるため、かえってよかったのかもしれません。



が 晩生のブルベリーもそろそろお終い。
さらに このお天気です。
ちりちりとお天道様が照りつけると、 今度は、暑さ対策をしなくてはなりません。


f0097970_12184839.jpg
雑草が絡まったアミを外し、天井部分のネットを外し、代わりに日除けのネットを付けました。
何だか前よりも暑苦しそうに見える衣替えですね。


朝8時30分からの作業、ココで10時になったのでもう限界です。
本当は、草取りも出来たら良かったのですが・・・・・。

水筒に冷たい水を入れていったのですが、飲んでも飲んでも直ぐに汗になって吹き出てしまいます。
テレビでは連日畑などで、お年寄りが熱中症で倒れたことを報じていたので、私も気をつけないと。



と いうことで 本日これまで。
ちゃっちゃっと収穫をして、その収穫したトマトを食べながら、さっさと帰ってきました。


こんなに暑くっちゃ、気になっている雑草取りも等分できそうにありません。
皆さんも、畑に出る時は気をつけてくださいね〜。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-23 12:26 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
これぞ夏キャン
f0097970_21333036.jpg
抜けるような青空のもと

f0097970_2145095.jpg
さあさあ スイカ切りますよ!


f0097970_21453223.jpg
甘味は後一歩だったけど、暑い日差しを避けて、タープの下で食べるshogame farm産のスイカは、それでも甘くてたっぷりの水分が喉を潤してくれます。


f0097970_2146343.jpg
そして トウモロコシが焼ける香ばしいニオイ。
これもshogame farm産


f0097970_21422187.jpg
食事の準備もそこそこに始まる宴。

これぞ夏キャン。






お山のキャンプの様子はこちら
[PR]
by shogame2 | 2010-07-20 21:51 | キャンプな日々 | Trackback | Comments(6)
うりうりっとうり
f0097970_148972.jpg
あと一歩だったメロン。もうほのかに黄色くなってきている・・・・・。
人工授粉したのは数個だったので、後は自然に受粉したみたい。全部で10個はあります。
たぶん「蔓枯れ病」だと思います。
今年の梅雨は雨が多くて、それも集中的に降ったので、メロンの大敵湿気や、水分過多でやられたんだと思います。

今年も敗亡宣言です。
道のり 遠いです。




f0097970_14135829.jpg
知らないウチに出来ていたスイカ。
知らないうちに獣にやれていました。
結構大きかったのに全然気がつかず・・・・。
直ぐそばにもう一つあったのですけど(それも気が付かず)、そちらは散々値踏みして、まだと思ったのか手を出していませんでした。でも雑草が踏みつけられていたんだよね。


ええ あげますとも。これはね。
管理人が気がつかなかったわけだからしょうがない。


でも








f0097970_14171225.jpg
これは あげない。
受粉の日も分かっているし、追肥もちゃんとやって大切に育ててきました。
小玉の割には結構大きくて、受粉日から今日で 34日目30日目。
ぬすっとにやられないように、カバーもしてあるし。


今日 これから畑に採りに行って、お山のキャンプに持っていくのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-16 14:22 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
トマト祭り始まりました
f0097970_10323762.jpg
とりあえず、ミニトマトからピューレに。
時間が無いので、ミニトマト『サンチェリープレミアム』をミキサーでガーッとやって
後は煮詰めただけです。

シシリアンルージュもそろそろ・・・・ですが、
こちらは、出来ればフレッシュなものをお料理に使いたいので、
まだ置いてあります。

野菜室、トマトとキュウリで満杯です。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-14 10:37 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
緑深く
f0097970_053844.jpg
週末は、お山のキャンプ場に行ってきました。
今回は、雨の心配があったので、キャビンを借りました。
でも 着いてみたら奇跡のようなこの晴天。
梅雨時なのに、カラッとしてキモチの良い高原の朝です。


f0097970_085142.jpg
一ヶ月半ぶりに見るカラマツは、一段と緑濃く、力がみなぎっていました。


f0097970_010958.jpg
でも やはり梅雨時、川の水は量も多く流れも早かった。


f0097970_011325.jpg
犬たちが遊ぶために川の一部をせき止めて作られた天然のブール。
とても綺麗な水ですが、水温はとても低くて、素足で5分も浸かっていたらしびれてしまいます。


f0097970_013519.jpg
こういう所に来ると、時計を見なくなります。
少し暗くなったかなと思う頃、ランタンには暖かい灯が灯ります。
高原の空気は冷たくなって、長袖の厚手パーカーを羽織らないとちょっと辛くなります。


f0097970_0171084.jpg
陽が長いので、どうも全てがのんびり進みます。
それでも晩餐の準備。
何も用意せずに行ったので、村まで下りて買ってきた豪華な食材。


f0097970_0185722.jpg
朝ものんびりと。
と言っても、夜が明けると共に目が覚めてしまいます。
でも そこからがのんびりのんびり。
まずはコーヒーを飲みながら、朝の景色を楽しみ、鳥の声を聞きます。
その後 おもむろに支度を始めるので、食べる頃にはすっかりお腹が空いています。


f0097970_021262.jpg
昨年からサポーター(会員)になったお山のキャンプ場。
毎回見る同じ景色。でもいつも新鮮な景色。
今回は、一段と深くなった緑の中で黒い仔と遊んできました。



Vi-B 2010.7.10-11 その1はこちらから。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-12 00:24 | キャンプな日々 | Trackback | Comments(14)
雨上がりに映える緑
このところ 夕方はゲリラ豪雨とか、毎日のように雨が降るのですが、朝は大抵曇りか晴れ。
ムシムシするけど、畑に行ってひとしきり草取りをしています。
雨が前日に降っているので、土もベタベタですが、そのぶん緑はいつになく綺麗です。
そんな中で、見つけたこの子。

f0097970_1942182.jpg
島唐辛子ベビ。
今更ですが、花が終わった後にこんな可愛らしいベビが出来ていたなんて!


f0097970_1945194.jpg
で この子はどうやら小学生あたりでしょうか?
島唐辛子は、こんな風に1個1個出来て、最初は緑からだんだん黄色に、そしてオレンジ、赤、朱赤、となっていきます。
今年はちょっと遅めだし、花も少なくてちょっと気になっています。
暑い所の野菜ですから、間に合わない可能性もあります。



f0097970_19484046.jpg
これは、金柑の花。
清楚な白が、雨に洗われた緑に本当に良く映えます。

金柑は昨年から花を付け始めたのですが、そこそこまでいくとアブラムシが大量に付いてしまい、全然実にはなっていません。
今年は、花の数が昨年よりずっと多いので、ちょっと期待かな?
お隣にある柚は、実が出来るまでまだまだらしいので、せめてこの金柑くらい ほんの少しでいいから実を付けて欲しい。


合うかどうかは分からないけど、唐辛子プロジェクトの一員にしたい気持ちでいます。
[PR]
by shogame2 | 2010-07-09 19:54 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
長い畑生活の中には
まあ こんな事もあるのですよ。

f0097970_17113462.jpg
これは、『アピオス』という植物。
蔓性で、地中にお芋が出来ます。
本来は、この蔓用に支柱をちゃんと立ててあげないといけないのですが、
めんどくさがって そのまま3年の月日が経ってしまいました。


f0097970_1714544.jpg
掘ってみるとこんな感じ。
『アピオス』は、アメリカホドイモというツル性のマメ科の植物です。見た目はお芋なんだけど、実はマメ科。
ネイティブ・アメリカンの栄養源として食されていたそうです。

新しもの好きの父が、3年ほど前に「作ってみたら?」ってくれたもの。
もうちょっとちゃんとお手入れをしてあげないといけなかったのですが、
ついついほかの野菜に手がいってしまい・・・・・。


f0097970_17172595.jpg
洗ってみるとこんな感じ。
私はお世話をしてあげなかったので、粒も小さいのですが、ちゃんと育てると手の「グー」くらいのサイズになるそうです。

先ほどから、「手入れをしてあげなかった」と何度も書きましたが、それにはちょっと理由が・・・・。
3年前に父からもらった種芋。
試食もできるということだったので、実際に茹でて食べてみました。

食べてみてね、そこでねぇ、ちょっと作る気が失せたわけですよ。
でもせっかく父が送ってくれたものだし、そのウチには作る気力も・・・・・、とか思って一応畑に埋めてみた。


で 3年が経ってしまったわけです。
まあ お世話をしなかったので、粒の大きさも量も大したことはなくて、
収穫してみても はてさてお料理・・・・・・。

テレビや家庭菜園の雑誌などでは取り上げられているみたいだけど・・・・・・。

まあ 長い家庭菜園生活の歴史の中には、失敗じゃないけどどうもね〜ってこともあるって事で。


ちゃん ちゃん
[PR]
by shogame2 | 2010-07-08 17:25 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)