<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ご褒美
昨日公言した通り、今日は朝からタマネギの定植をしてきました。
自転車で運べるだけ運んだのですが、
それでも まだほんのちょっと残っています。
穴もあとちょっと残っているので、今年は極早生と晩生で360本くらいになりそうです。
それだけあったら、その内1/3がダメになっても200本くらいは残るかな。
ちょっと期待しています。

タマネギの穴空けと言っても、穴開け器は切り取り線が付く程度なので
結局座っての手作業。
その後、植え付け作業だったので、腰が・・・・。
でも お天気が良くて暖かかったので、気持ちよく作業が出来ました。




そして そのご褒美。





f0097970_2021165.jpg
今年の落花生はスバラシイ出来です!
ここ2年ほど、落花生の収量が落ちてきていて、昨年はジーマミー豆腐も1回しか作れないほどでした。
そろそろ種も更新の時期かなと思い、思い切って「落花生の種」を買ってみました。

追肥もほとんどしなかったし、放ったらかしだったのに、やっぱり時々は更新しないとダメなんでしょうか。


f0097970_20261462.jpg
持って帰った落花生は、直ぐに茹でてお昼に食べました。
これも久しぶり。


ああ 染み渡るような美味しさ!
若い落花生なので、皮もまだほとんど出来ていなくて
柔らかく、ほんのりと甘味があり、美味しい!
市販では決して売っていないので、本当に作った人の特権。


タマネギ植えの最高のご褒美になりました。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-27 20:31 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
急に寒くなったので
f0097970_17566100.jpg
急に寒くなって 何だか慌てます。
今日は、畑でタマネギの畝2本とソラマメの畝を作ってきました。
どちらも こんなに寒くなったら早く植えた方が良いような気がして。

とりあえずタマネギから。
先日、畑に仮植えした苗ですが、随分ネキリムシ(?)に切られてしまっていました。
でも虫は一匹も発見できず・・・・。
その中から少し定植をしてきました。


f0097970_180583.jpg
マルチの穴開け器、径の小さいのを買ったので それに付け替えて空けたら、
一畝で180個くらい空いてしまった・・・・。
それが2畝。そんなに苗無いかも・笑

今日は夕方から 「木枯らし1号」が吹くとか予報があったので
ほんの少しだけ植えてきました。
でも 何だか無さそうだ。

後は また明日植えることにします。
こんなに細くて育つでしょうか・・・・・。



f0097970_1833584.jpg
「サラダあかり」というほうれん草を作ってみました。
生食サラダとして使えるとのことだったので、きっとシュウ酸も少ないんじゃないかと思い
今年初めて種を買ってみました。
今夜 間引きしたサニーレタスと一緒にサラダにしてみます。

ウチもようやくレタスが収穫できるようになってきました。
ま 間引きのちょっと大きいの程度ですけどね。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-26 18:09 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
なぜ?ブロッコリー枝分かれ
f0097970_21233535.jpg
トンネルにしていたブロッコリー。
頭がつかえてきたので、トンネルカバーを取ることにしました。
カバーを退けてみたら、びっくり!

ブロッコリーはみんな側枝が沢山出ていました。
丁度葉の出ているところから細い茎が1本ずつ。

f0097970_21264046.jpg
これなんて、もう根本辺りから太くなってしまっていて。


以前に芯食い虫に成長点を食べられてしまった時は、横から側枝が出てきたことはあったけど。
今年は定植のタイミングが良かったせいか、芯食い虫にもやられなかったし。
何事もない時に、こんな風に沢山出てきたのは初めてです。


f0097970_21311068.jpg
そのままだと花蕾が出来ても小さいのがいっぱいという感じになりそうなので、思い切ってみんな側枝は切り取りましたが・・・・。

どうしてんなんでしょうね?
フシギ。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-22 21:34 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
仮植えってあり?
f0097970_2062597.jpg
今年 初めてタマネギを箱蒔きしてみたら こんなになっちゃった!
もう押し合いへし合い状態で、これじゃ定植までにそれ程大きくなれないんじゃない?

f0097970_2072447.jpg
って事で、日曜日に先ほどの箱からそそ〜っと恐る恐る一部を間引きして、畑に植えてみた。
今日見てみたら、倒れ加減ではあるものの、別にダメになっている風でもないので
今日もまたそそ〜っと恐る恐る一部を間引きして 畑に植えてみた。

そうそうこの方は、既に定植されていた。
同じくらいの大きさみたいなので、まあ 畑に植えるのは大丈夫なんだろうけど、
ウチの場合、まだ土作りが出来ていないので仮植え状態。
タマネギの仮植えって大丈夫なんだろうか??

タマネギの種まき、やっぱり畑でやるのが一番手間もかからず、しかも成長も良いような気がする。
ま 少なくとも 箱蒔きは来年からは無さそうだわ。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-19 20:16 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
秋だって緑の季節
今朝新聞に入っていた広告は「秋の紅葉」をメインにした旅行企画物が目白押し。
そうそう 世の中は、これから紅葉のシーズンなんですね。
葉がちらほらと紅や黄色に染まり始めると「今年も秋が深まって来た」と思うわけですが
畑では、逆ですね。
葉物達がどんどん緑の葉を広げ始めると「ようやく今年も秋が深まってきた」と。

秋は畑では緑の季節なのです。

f0097970_13473120.jpg
いつだったか 以前にも書いたことがあるのですが、
私が家庭菜園を始めた頃は、
私にとって「家庭菜園」と言えば「トマトやナスの夏野菜」でした。
夏が終わって、秋にオマケのように作ってみたキャベツや白菜を食べてびっくりしました。
その味の深みのあること!

この 小松菜もそうでした。
家庭菜園で作ってみるまでは、小松菜ってどうも味のたいしてないただの葉っぱ。
といういうイメージで、スーパーでもどちらを選ぶと言ったら「ほうれん草」でした。


f0097970_13575642.jpg
それが 初めて作った小松菜を食べて驚きました。
「今まで私が食べていた小松菜ってなんだったんだろう?」
菜園で作る秋の野菜は、夏野菜以上に味が濃くて柔らかく美味しいのです。

これはシンプルにオリーブオイルで炒めた小松菜に塩胡椒をして、ちょっと揚げじゃこをトッピング。
塩加減は本当に少なめにした方が、小松菜の美味しさが感じられます。


スーパーの野菜、まだ高いですけど、
我が家では小松菜が採れ始めたので、かなり贅沢にたんまりと食べています。


幸せな緑の季節なのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-17 14:02 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
お高い野菜達
f0097970_15333817.jpg
昨日だったかスーパーで一本160円!で売っていた長ネギ。
白い所がお店のみたいには長くないと思うけど、結構良い線になってきました。
1本160円×??本=うひょよっ!ですよ。
そう思って食べたらまた格別でしょうね。


f0097970_15374831.jpg
白菜は。お店では半分で300円!で売っていました。
先日行ったお山のキャンプ寿近くのスーパーは、産地のせいか一玉198円!でした。

ウチのは・・・・、ようやく結球を始めた所なので、まだまだ先は長い。
結球する頃には、もう普通のお値段に戻っているでしょうね。
でも今年の白菜、ちょっと遅播きにしたら芯食い虫の被害も全くなくて、良い感じに成長しています。
トンネルネットの端っこは、今年も土に埋めてあります。
こうすると虫の進入が少ないように思います。
なので、撮影もカバー越しです。


f0097970_154286.jpg
レタスも今年はゆっくり播きました。
なので まだまだちっこい。
でももう少しすると間引きしたレタスでサラダが食べられます。
遅播きだったので、結球レタスは無し。
サニーレタス 確かお店でやっぱり300円!で売っていました。


f0097970_15451731.jpg
ブロッコリーは、お店で国産を見かけない感じがします。
アメリカだったかオーストラリアだったか。
お値段だけを考えたら200円って高いけど(花蕾も小さいし)
外国から入ってくるのにどうして200円とかの値段で売れるのかがフシギ。
もっともっと高い気がするのですが。
円高だから?

我が家のブロッコリーは、もう葉がカバーにつかえてしまっています。
来週辺りはもうカバーを外さないとダメでしょうね。
肝心の中身の方は、まだポチッともなっていません。
ブロッコリーは、毎年カバーがつかえたら外してしまいます。
葉にはアオムシが沢山付くけど、ツボミに影響は無いので良いことにしています。


それにしても 私ったら、またしてもケチケチオバサンの本領発揮。
スーパーでも 買う気のない野菜売り場で、お値段を見たりして・・・・笑
でも 真面目な話し、高すぎる!
夏からこちら お野菜は本当に高すぎます。

今は、先日お山で買ってきた白菜がまだあるので、良いのですが、
その前は、ウチでも畑に野菜が乏しくて、
大根を買ったりしました。
横目ではレタスを見ても、作っているので「もう少し」と我慢できますが
普通の家庭では、相当な痛手でしょうね。

かく言う我が家も、早く自前の白菜やレタスを食べたい!
という気持ちでいっぱいです。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-14 15:59 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
何もしない贅沢
天気予報では、帰ってくる月曜日だけがかろうじて晴れだった3連休。
またしてもお山のキャンプ場に。

途中の高速は本降りの雨だったりしたのに
お山は、まだ曇り状態で、慌ててテントを張ると程なく雨。
ついていました。

f0097970_11421541.jpg
早起きだったので、ゆっくりとお昼寝をして、少々薄暗くなってきたかな?と思った頃におもむろに・・・・。
バーニャカウダを用意して早速ワインをば。

そして

f0097970_11451088.jpg
夜は鍋。
雨は予報通り一晩中ずっと降り続きました。

f0097970_11393183.jpg
でも 翌日は予報が外れて秋らしい上々の天気に。

f0097970_11464346.jpg
サイトの裏を流れる小川も 秋の風情です。

f0097970_1148873.jpg
木陰で本を読むつもりで開いたのですが、黒いこと一緒にまたしてもお昼寝。



f0097970_11562658.jpg

何もしない3日間でした。
この景色の中で 食べて、お昼寝をして、黒い子と遊んで、星空を眺めて。

もう 充分すぎるくらい贅沢な時間を過ごした3日間でした。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-12 12:01 | キャンプな日々 | Trackback | Comments(8)
新参者ですが
f0097970_6283525.jpg

2年生のブルーベリー苗「おおつぶ星」」が枯れてしまったので、新しい苗を植えることにしました。
実の出来る時期や、粒の大きさ、甘さ
もう穴の開くほど(!)ネットで調べて「チャンドラー」という品種にしました。
500円玉くらいになる大粒らしいです。

ブルーベリーの苗を調べる時に絶対に気になる言葉が「500円玉位の大粒」という言葉。

弱いです。私、この言葉に。

f0097970_6181375.jpg

ブルーベリーコーナーの一番端っこに、ちょこんと植えられたこのチャンドラー。
実は初めて買った接ぎ木苗です。
ビニールのラップの部分が接ぎ木部分。

ブルーベリーも開発が進んでいるようで、
比較的暑い地域や、強酸性でない土壌にも対応できる「ラビットアイ系」と接ぎ木することで
「ノーザンハイブッシュ系」も適応範囲が広がり、実も大粒で豊産になるらしいのです。
またしても弱い「大粒」の言葉。


こうなると もう夢は大きく膨らみます。
私の頭の中では、既にたわわに実った「500円玉大」のブルーベリーの姿が・・・・・。

新参者ですが、将来を嘱望される「チャンドラー」嬢なのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-06 06:29 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(16)
イチゴ定植
f0097970_15282146.jpg

この夏は、野菜達にとって本当に可哀想な夏でした。

中でもこのイチゴは悲惨でした。
もともと夏の暑さには弱いので、ここ2,3年 日除けを作っているのですが、
今年はそれでも間に合わず、8月からは1日おき位に夕方水まきに行きました。

それでも 親株はほぼ枯れてしまいました。
残った子株と孫株も、大きく育たず、もちろんランナーが伸びることもありませんでした。

定植したイチゴ、宝交早生とクィーベリーですが、
宝交早生の方が、暑さと日照りには弱かった。
例年よりずっと小さくて数も激減。
でもクィーンベリーは、冬の寒さには弱いのですけどね。

不幸中の幸いだったのは、秋があっという間に来てくれたこと。
もう涼しくなったし、明日からはちょっと雨が降りそうなので
元気に活着してくれることを 期待しています。


※おまけ〜
f0097970_15361871.jpg

涼しくなって、雨も結構降ったら、フツーの雑草がわんさか出てきた例の譲り受け畑。
今回で3回目の雑草取り・・・・っていうか、耕しているのね。
小さな雑草だけじゃなくて、地中に残った雑草の根っこも元気なので。

遠くに見えるトンネルは、ブロッコリーとか葉物のトンネル。
はよ 大きくなっておくれ〜。
[PR]
by shogame2 | 2010-10-03 15:39 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(16)