<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
旬だけじゃない
f0097970_225554.jpg

数年前にもちょっと触れましたが、
私は、子供の頃に「牡蠣」にあたって、隔離入院を余儀なくされたことがあります。
以来、結婚するまでは、ひとくちも牡蠣を口にすることなく過ごしました。

たまたま 結婚した相手が、よりによって広島出身。
そう 誰でも知っている牡蠣の産地の出身でした。
そこで初めて振る舞われた牡蠣フライ。
そして亡くなった義父が、お正月に七輪で焼いてくれた殻付きの牡蠣。
どれもが 今まで思っていた牡蠣とは全く違うモノ。
驚くほど美味しい牡蠣でした。

以来 私は牡蠣ファンになりました。
が・・・・・。
牡蠣ならなんでも良いというわけではないのです。


広島から送られてくる牡蠣。
こちらのスーパーで、かなり良質の牡蠣を買っても
あの広島からの牡蠣にはかなわないのです。


口に含んだ時の「プリッ」とした食感。
よく「とろける」という表現をする人がいますが、その前に、歯ごたえがあるのですよ。
丁度取れたての魚を食べると、しっかりとした噛みごたえがあるのと一緒です。
一人で食べていても 思わず笑みがこぼれます。
牡蠣は、今が旬ですが、それだけでは無いなと、つくづく思うのです。

その極上の生牡蠣を極上のワインで。
本当は、お正月用に後生大事にとっておいた1本です。
ワインとしては、高いモノではないのですが、
薫りが素晴らしく、しっかりとした味なのにすっきり。
今ちょっと入手困難なイタリアワインです。

もちろん牡蠣との相性もピッタリ!
ワインも生牡蠣も進む進む。
こりゃ〜参ったね。




…………………………………………………………………………
ごあいさつ

今年も一年間、「ぬるぅい畑生活」を読んでいただき
ありがとうございました。
また 沢山の心のこもったコメントやその中でのアドバイスも
本当にありがとうございました。


一年を思い返すと 今年の夏は私の長い菜園生活の中でも、おそらく初めてであろうと思うくらい厳しい夏でした。
畑というのは、元々土のチカラがありますから、余程の事が無い限り水やりなどもしなくても
野菜は、頑張っているものですけど、今年は違いましたね。
私も 毎日夕方になると、水やりに出かけました。

あの暑さの中にいた時は、秋冬野菜はどうなるんだろうと思ったものでしたが、
季節はちゃんと巡ってきて、今皆さんのブログを見ると
大根も白菜もキャベツも豊作のようです。
私の畑も、野菜だけはお店で買うことなど無縁というくらい良くできました。


来年はどんな年になるでしょうか。
出来ることなら、今年のような夏は避けてくれると嬉しいのですが・・・・。
それでも 色々な年があって、土や雨やお天道様の恩恵を受けながらの菜園生活に変わりはなく
それが、一年終わってみれば大変だったけど楽しい野菜作りだったと思えるのではないかなと思ったり。



また来年も、楽しい菜園生活と、おいしい物と、それをブログにして皆様と楽しくお話しが出来たらと思っています。


皆様 良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-30 16:57 | オイシイもの | Trackback
持ち越しの仕事
f0097970_1651546.jpg
昨年よりはずっと少なかった金ゴマの収穫。
なのに、何だかお掃除は遅遅として進まず・・・・・。
例年なら、もうとっくに終わってしまっているゴマ掃除。

洗うところまではやったのですが。
ふるいにもかけてみたのですが、
いろいろなサイズの編み目にしてみても
小さなゴマサイズだと、ほとんどゴミと一緒に下に落ちてしまいます。
結局最後 小さなゴミは一つ一つ取り除かなくてはならず、という感じ。

f0097970_16533112.jpg
出来上がった金ゴマのこんな感じでほんの少し。
まあ 昨年のがまだまだ沢山あるので、問題は無いのですが、
どうしてだか 今年はまだまだです。
オマケに、今年は黒胡麻もあるんですよ。
まあ ほんの少しなんですけどね。


こんなことしていたら、ゴミを取りつつ、ホコリだらけになりそうです・・・・。
やぱり 収穫かくしたら できるだけ心を締めて、一気に作業をしてしまわないといけないな〜。
とは言うものの、年々怪しくなる目元のこともあり、
やっぱり なかなかね。

まあ 持ち越し作業ということになったことを、ここで公言したって事で
何となく 気持ちがのんびり?


気をつけないと、このままずるずるとなりそうな予感も・・・・。
年明け早々には、何とかしないとな〜。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-29 17:04 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(11)
縁起物?
f0097970_705130.jpg

今年は、黒い子のイタズラを言い訳に、小さなガラスのツリーを用意してそれで済ませてしまったクリスマス。
家族二人で、年々2mのツリーを出して飾り付けるのはだんだん億劫になってきたのでこんな風に。

昔 まだ子供が小さかった頃は、この飾り付けも1つのイベントで、それは楽しかったものです。
てっぺんの★は、毎年お父さんに肩車をしてもらったムスコが最後に付けるのがお約束で、
他にもクリスマス用に色々な小物を家のあちらこちらに飾り付けました。



さて
「今年ケーキとチキンはどうする?」
shogame1に相談したら
「まあ これも 長年やってきた縁起物だからねぇ」



縁起物って?



f0097970_79554.jpg
って事で、ケーキとローストチキンはやっぱり作りました。
ローストチキンは写真なしですけど。

ケーキは、モンブランに。
ケーキの材料を売っているお店で、洋栗のペースト缶を見つけたので
それにお砂糖と生クリームを入れて伸ばしました。
そうそう そして あのお酒 をちょっと入れてみたんですよ。

思った通りでした!
香りが際だちます!
洋栗との相性も良いみたいです。

洋栗は、生クリームとかリキュールを入れた方が数段美味しくなると何かで読んだので試してみたんです。
昨年末は和栗のモンブランにしたのですが、これもなかなか美味しかった。
でもリキュール類との相性は今ひとつかな?
洋栗は、かすかに甘味があるだけなので、その後のアレンジがとてもやりやすいように思いました。


うん 来年からは、これ ありだな〜。






f0097970_7181174.jpg
そして最後に、我が家の年代物のクリスマスリース。
私達家族が、この場所に引っ越してきた20年以上前、ここは良く言えば自然がいっぱいで、
周りは全て雑木林でした。
初めてのクリスマスに、私はその雑木林に分け入って、蔓を取ってきてこのリースを作りました。
大きな松ぼっくりやら小さな木の実を付けてみたり・・・・。
翌年キャンプに行くとカラマツの松ぼっくりを拾ってきたり・・・・。
全て自然のモノなので丁寧に扱わないと、ポロポロと色々とこぼれてきます。
リボンは、もっと綺麗な緑色だったのですが、すっかり色あせました。

もうこれも 玄関に飾ることは無いのですが、
捨てられずに 大事にとってあります。



昔のことばかり思い出したりで、なんだか冴えないクリスマス。
私も 年なんでしょうか・笑


皆様 素敵なクリスマスを!
[PR]
by shogame2 | 2010-12-25 07:30 | オイシイもの | Trackback | Comments(7)
畑も紅葉
f0097970_1803696.jpg

イチゴ 紅葉。
畑も秋は終わり、冬が始まった。
そろそろ ワラも敷かないといけないな。



………………………………………………………………………………
今日は家のベランダに置いておいた落ち葉の袋をshogame1に運んで貰いました。
全部で21袋だったので3往復・・・・・・。

その後、堆肥作りに必要な米糠をgetするため、無人精米所(?)めぐり。
この辺では、お米を精米する人が多くて、そうなると無人精米所で米糠が出ます。
それを 頂くわけです。

3カ所目にようやく見つけました。
米糠って、最近結構無くなっていることが多い。
家庭菜園のブームが到来したここ2年くらい顕著です。
堆肥作りにも、肥料としてもとても良い米糠。
だんだん集めるのも大変になってくるね。

ついでに 鶏糞とかコーラン(発酵促進剤)もHCで買ったので、
これで いつでも堆肥作りが始められるようになりました。

shogame1 お疲れ様でした。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-23 18:05 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
棚からぼた餅
f0097970_201952100.jpg
  こういう時の事を言うんですよ。



今日も畑で草取りをしました。
と  枯れて萎れてしまっているのに、抜けない草が・・・・。
よ〜く見ると、どうやらジャガイモっぽい。

そう言えば、10月頃に
「あれ またしてもここにジャガイモが」って思った。

この場所、確か初夏のジャガイモ収穫時にも、ジャガイモの茎が出ていて
ほんの数粒、それも小さいのを収穫したのです。


それの取り残し?


早速掘ってみたら、出てくる出てくる。
後から量ったら1,5kg位ありました。

今年はウチは秋ジャガを作らなかったので
予期せぬ喜び!

まさに 
棚からぼた餅でありました。



あれっ?
でも ジャガイモって連作ダメなんですよね。
そのまま種芋が植わっていたら、大丈夫なの?
[PR]
by shogame2 | 2010-12-21 20:27 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
珠玉のひとつぶ
f0097970_21105586.jpg

それは 

あまりにも可愛らしく

あまりにも美しく

私を見つめて  まるで微笑んでいるように思えて。







いつ 収穫しようかと思っていた金柑。
あまりに可愛らしくて、枝から切ってしまうのがもったいなかった。
でも つるりと本当に綺麗な山吹色になった5粒を思い切って収穫しました。


この日をどんなに待ったことでしょう。
何だかふつふつと嬉しさがこみ上げてきます。
でも たった5粒なので、何にするということも出来ず。


あれ? 金柑ってまん丸じゃなかった?って。
私の金柑は、何だかちょっといびつだったり。
でも 待って待って やっと出来てくれた金柑ですから。

見ているだけでも幸せです。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-20 21:17 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(2)
お豆との相性
f0097970_169549.jpg
私は、お豆好きなので、せっかくだからと畑でも結構色々なお豆を作ってきました。

昨年は、それまでなかなか出来なかったアズキが、品種を変えてようやく出来ました。

今年は、そのアズキに加えて、お正月用に黒豆にも作ってみたくなりました。
そこで トライしてみたのですが・・・・・・。


もうお分かりですよね。
莢は、なんとか出来たのですが、肝心の実が全然出来ませんでした。



なぜだろうな〜。
真夏には、かなりの花が咲いたのですが、
これは結局虫の酷い被害にあって、ほぼ全滅状態。

もう諦めていた所に、また花が咲いて今度は莢が出来てきました。
これは期待!
と 思ったのですが、もう時期が遅かったからでしょうか?
実がとうとう入りませんでした。
ほんのちょっと入ったところもあったのですが、
虫にもやられて・・・・・。


ああ お正月の黒豆が・・・・・。


どうも 私はお豆とは相性があまり良くないようです。
食べるのは大好きなのに、作るのはどうも下手なようで・・・・・。

お正月、 がっかりだぁ。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-19 16:16 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)
遅かった!
f0097970_18561166.jpg

畑は、寒くなってきたからって雑草はが生えなくなる訳じゃなくて
むしろ 小さくて地面にしっかり根を張る雑草が生えてくる。

本格的に霜柱が立つ前に畑の雑草を一掃!
と 思っていたのですが・・・・・・。


遅かった・・・・・。


今朝畑では、びっしりとそれも本格的な霜柱が立っていました。


この霜柱の向こうに見える雑草がくせ者。
これを全部取っておきたかったんだけど。


この寒さは数日で、また少し暖かくなるらしいから
とにかく年内には、全部取り終えたい。
でも 朝は霜がやっぱり霜が降りるだろうから、午後からだな〜。


ずっとしゃがんだまま、取り続けるという結構疲れる作業だけど、
この雑草が取り終えると、本当に気持ちの良いくらい畑はサッパリとする。



頑張れ!ワタシ。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-17 19:02 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(4)
聞いてみるもんだ
f0097970_20531099.jpg

ウチの畑、この秋は「ヨトウ虫」大発生で、キャベツがボロボロになったことは書きましたが
この タマネギも「ヨトウ虫」の餌食に・・・・。

もともと 定植の時には、かなり小さな苗だったので、
その2週間後に追肥をするつもりでいたら、その間にかなりやられ
その後、遅ればせながら籾殻を撒いたのですが、それでもさらにやられてしまいました。
1/3位はやられたかも・・・・。
籾殻は、トゲトゲがあるので、虫が嫌うのですが
それでも今年は全く効かず・・・・。


そんな話を義姉にしたら
「籾殻くん炭」を撒いてみたら?とアドバイスを。
「籾殻くん炭」は臭いので、どうも虫が嫌がるらしいのです。
姉も家庭菜園をやっているので、畑の話をしていると
色々とヒントを貰うことも多いのです。


早速、「籾殻くん炭」を撒いてみました。
タマネギ これ以上ヨトウ虫にやられずに、無事に大きくなってくれると嬉しいのですが。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-16 21:15 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(6)
萎れてこそ味が出る
f0097970_1845386.jpg
長い菜園生活で、初めて切り干し大根を作りました。
今までは、これは父の領域で、父が作ったモノを送ってもらうというのがお約束でした。
ですから 私も「領域は犯すまじ」と心に決めていました。

しかし、今年は大根 豊作。
そもそも 小さい大根にしたので、それならとやたらに沢山種まきをしてしまったんですよね。


どのくらいの太さとか長さとか 分からなかったので、
フライドポテトくらいのサイズにしてみました。

f0097970_1850062.jpg
これは、乾燥途中。
お天気が続いたせいで、思っていたよりもずっと早く萎れてきました。
所狭しと並べたので、くっついてしまったモノも数多く、
これを離すのが、ちょっと面倒だったけど。



f0097970_18514025.jpg
そして 出来上がりました!
ああ 初めての切り干し大根。
何だか愛おしいわ〜。
この萎びた姿も 妙に可愛らしく見えたりして。
それに 大根のニオイがプンプンする!
出来たてだからでしょうか?


いつも若い人は羨ましく、戻れるモノなら若返りたいと思ったりするけど
人間・・・こんな風に萎れても、見るからに可愛らしく、薫り高く、そして煮れば煮る程味わい深くというのも
なかなか良いものと 切り干し大根を見ながら ちょっと思ったり。

それを目指すのも 悪くないかなとか・・・・・・ね。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-15 18:58 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(12)