<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
スイカ@なう
昨夜は大雨だったshogame地方。
このところの、天候不順で、あの元気いっぱいだったスイカもかなり気になっていました。
そこで 今朝 ウォーキングがてら畑に様子を見に行ってみました。


何しろ先日も書いたように今年は人工授粉もことごとく上手くいかず、
そのうち脇芽も伸び放題。
気が付いたら、勝手に沢山のスイカが出来ていた状態。


さて 畑のスイカ、4個ほど割れて腐ってしまっていました・涙
スイカの収穫時期サッパリ分かりませんが、
こうやって割れたりするものがあるって事は
たぶん6月終わりから7月初旬にかけて一斉に受粉したのでは?



そこで、片っ端からたたいてみました。
どうかな〜。
分からないながらも一番音が澄んでそうでしかも水がたっぷり入っていそうな1個収穫。






さぁ さぁ みなさ〜ん、スイカ切りますよ〜!!

f0097970_15302538.jpg


f0097970_1533127.jpg


f0097970_15345236.jpg





f0097970_1535145.jpg



すいか@なう!!!


みなさんのご期待に添ったジャストな食べ頃の真っ赤なスイカ!
お味は、もちろん極甘!!!!!!

残りのスイカも期待持てるな〜。

ぐふふ。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-30 15:40 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
トマトに続いて
f0097970_19495554.jpg


今年のブルーベリーは豊作でした。
木が2本ダメになって、8本だったのですが
昨年買ったチャンドラーを除いて、みんな沢山の実を付けてくれました。

タルトを2つ焼いて、他に瓶詰めにしたものが5つ。
さらに畑で、家で、かなりつまみ食いもしました。
大きなブルーベリーも収穫できたし、今年は万々歳だな。


ただ 先にもちょっと書いたけど
また1本ダメになりました。
「ブルージェイ」です。
確か買ってから2シーズンくらいです。
2年生の苗だったと思うのですが
やっぱり このところの猛暑には勝てない感じです。

「畑」という場所も難しいのかも。
水やりは極力するようにしているのですが、数日あげられない時もあるし。
基本的に「ノーザンハイブッシュ」は難しい地方なのかもしれないですね。
後は地植えじゃなくて鉢植え管理だと、もうちょっと良いのかもしれないです。


でも 秋にはやっぱり欲しい苗。
今度は昨秋買った「接ぎ木苗」にしてみようかな。
園芸店でも出回ってきているし、涼しくなったらまた考えてみることにします。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-28 20:00 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
すっかり忘れてた!
本当は6月の終わりか7月の始めに定植しなくちゃいけなかった長ネギ。
冬の鍋には欠かせない野菜なのに、
いつもは絶対に忘れること無かったのに、今年はすっかり忘れていました。

f0097970_19271095.jpg

これは、一本ネギ。
沢山種まきして、沢山発芽したのに、いつのまにか無くなってしまって
結局18本しか有りませんでした・涙

やっぱり野菜って、ちゃんと見ていてあげないといじけちゃうんだわ〜。


f0097970_1924978.jpg

こちらは、晩生のネギ。
分けつネギです。
こちらは それなりに残っていてくれたので良かった!
でも 放ったらかしだったから、やっぱりちょっと全体に細め。




f0097970_19312695.jpg

毎年ネギは2畝作るんだけど
今年は、そんな感じで本数不足。

2種類のネギで1畝となりました。
まだ少し残っているので、植えるかどうするか・・・・。


たまたま 台風後涼しくて曇り空だったので
定植も無事に出来たけど、暑さがぶり返してきたら
定植しても、根付かないかもしれないな〜。

今からちょっと種まきして、秋に定植するか
HCの苗に期待するか・・・・・・・。
悩みどころです。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-27 19:34 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
インゲン考
皆さんは、インゲンを「蔓あり」「蔓無し」どちらで作っていらっしゃるでしょうか?
私は、ずっと蔓無しで作ってきました。
それは「蔓無しが良い」というわけではなくて
雪印種苗のベストクロップキセラというインゲンの品種が気に入っていたからです。



f0097970_947916.jpg
ベストクロップキセラ、2009年の収穫の時の物です。
この美しさ!
沢山の収穫になっても ほとんど変形が無いのです。
それは、味にも通じてくるのです。
とびきりの美味しさはもちろん固さとか食感も私好み。
しかも調理もしやすい。

ただ 一度に大量に出来てしまい、しかも収穫期間が一ヶ月弱。
次々種まきをしなくちゃいけないけど、後半はどうしても成長も悪い。
つまり、短期集中型なのです。
おまけに しゃがんでの収穫なので、腰が・・・・・。

蔓性なら、最初の柵作りは面倒でも、その後の収穫も楽だし
少しずつ長期にわたって収穫できるというの良いのに
クロップキセラの味とカタチが無くちゃ嫌なので、他の蔓性の品種にはしませんでした。




f0097970_9274571.jpg

ところが昨年から雪印種苗でクロップキセラの半蔓性の「アルハマ」という品種が出ました。
今年、初めて買ってみました。
棚を作るのはちょっと面倒でも、その後は発芽したインゲンが勝手にアミを蔦って伸びてくれるのでそれは楽ちん。
いつの間にか花が咲いて実が付きました。
これは良いな〜。
1回の収穫が少ないから、ゴマ和えとかしようと思うとちょっと足りない時もあるけど
とにかく収穫も楽!





f0097970_9335211.jpg
ところが、ベストクロップキセラに比べたら、随分とカタチが変形している物が、収穫開始後比較的早く出てきました。
写真は、それでも比較的形の良い物をピックアップして撮影したのですが・・・・。
まあ 追肥をしていない横着者なのでそのせいもあるかとは思うのですけどね。

そして 味ですが、これはね〜、絶対的にベストクロップキセラに軍配です。
私、インゲンなんて味はどれも大して変わらないと思っていたんですが
このこのインゲンに出会って、考えが変わりました。
そのくらい美味しい。

おなじ姉妹のような蔓ありアルハマ。
でも味は落ちました。
どういう風にっていうのも難しいですが、ちょっと水っぽいとか
食感がイマイチだったり。


そうそう このブログをアップするにあたって、久しぶりに雪印種苗を見たのですが
なんと「アルハマ」が無いんですよ!
やっぱり何か問題があったんでしょうか?



で です。
早くも来年の夏の話ですけど、やっぱりお手入れや収穫時に腰に負担があっても
いっぺんに沢山出来て収穫が大変でも、
短期だから楽しめる時期が少なくても、



やっぱり 好きな「ベストクロップキセラ」に戻そうと心に決めたのです。
気に入った物を作るのが一番ですからね。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-25 09:43 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(22)
ようやくトマト仕事
f0097970_13513288.jpg
サンマルツァーノも冷蔵庫の野菜室を占領し始めたので、
ようやく今年初のトマト仕事をしました。

サンマルツァーノ、約3kg
シシリアンルージュ、約1,8kg

なかなかの大仕事。
でもこのところshogame地方は、長袖が必要なほど涼しかったので
煮炊きも辛いって感じじゃありませんでした。




f0097970_13552037.jpg
我が家のピューレは、作り方は簡単。
このサンマルツァーノは、皮が柔らかいので、湯むきが少々面倒(汗)
そこで、よく水洗いをした後、軽くミキサーにかけて粉砕。
その後煮詰めます。
本当は、ちょっと香辛料とか入った方が日持ちするのかなとか思うのですが、
どうせ年内には使い切ってしまうので、瓶詰めの時の脱気だけは気を遣って。
ワタシ的には、この方が応用範囲も広く、おまけに楽ちんなのです。




f0097970_13591826.jpg
見た目一緒ですが、こちらはシシリアンルージュのピューレ。
作り方もサンマルツァーノと一緒。
今年は、畑で採ってきたものを直ぐにお料理というパターンが多くて
なかなか冷蔵庫で増えなかったシシリアンルージュ。
これで 3日分の収穫です。きっと最盛期ですね。
今年は、放射能の問題があったので
大事をとって、シシリアンは全て湯むきをして使いました。

他にも、サンマルツァーノ共々最初水洗いの時にしっかりと水につけ置きして
その後に流水でかなり丁寧に洗いました。
今年は人様に差し上げることはしないで
全部、我が家だけで食べることにします。




f0097970_1413031.jpg
ラベル、結構大事です。
品種と日付を入れて。
これから夏の間出来てくるトマトをピューレにする時、
見た目はみんな一緒になってしまうので、やっぱり品種と日付があった方が安心です。
使うのは、古い日付から。
たぶん9月の終わりくらいから使い始めることになると思います。





トマトは、ナマだろうがお料理に使うことになっても
やっぱり採れたてが一番んだろうと私は思うのですが
こうやって夏の間作った瓶詰めの一番最初の瓶を開ける時というのも
それはそれで、楽しみなのです。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-23 14:13 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
スイカの困った
大型の台風、皆様の所では、大丈夫でしょうか?
shogame地方は、どうやら今のところ大丈夫みたい。
と言っても これからまた結構雨が降るみたいなのですけど。
のんびり進む台風みたいなので、気をつけないと。





f0097970_5132666.jpg
この写真は、台風が来る前の畑がカラッカラだった時のもの。
「なに?」っていうと、スイカの囲いです。
例年だとネットにする防御、
今年は、雑草取りとかが面倒ということもあって、こんなか囲いにして
上に紐を渡しておいたら問題勃発。





毎年可愛がって育てるスイカの「ポチ」「タマ」「グレイス」
今年も、最初はちゃんと3本仕立てにしてちゃんと剪定もしていたのですが・・・・・・・・。

5月から6月中旬まで、今年は朝人工授粉をすると夕方から雨というパターンが多くて
やってもやっても受粉は失敗。
こうなると、脇芽に雌花があったりするともうもったいなくて剪定は出来なくて・・・・・・。


そうこうしているうちに・・・・・・・・









f0097970_5185297.jpg
こんなに茂っちゃったんです。
もうなにがなにやら・・・・・。
もちろん これだけ茂ると雑草もあまり見えないのですが・・・・・。
囲ってしまったので、人工授粉も面倒だし・・・・・。



f0097970_5232489.jpg
ところが 昨日、雨の合間に畑に行ってみると、

出来ているじゃないですか!
しかもあちこちにゴロゴロ・・・・・。
結局私の人工授粉って何だったの?って感じです。



でもね、いつ出来たか サッパリ分からないスイカ達。
確か6月24日に人工受粉したものはあったはず。
それを頼りに採れ時を推察するしかないかな〜と思うのです。


はてさて 困った困った。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-20 05:29 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
大きな収穫
f0097970_14444374.jpg

今年のブルーベリー、特大の実がいくつか出来ました!
1円玉より大きい?って感じです。
品種・・・・分からなくなっちゃっています・・・、がたぶん数年前に買った「ネオダロー」なんちゃないかと。
他にも昨年買ったチャンドラーも、少しだったけど、大きな実を付けました。


お味は・・・・、酸っぱいですけど、フルーティー。
実を食べているというより、フルーツを食べている感覚というか。
ブルーベリーってこういう味なのね、って今更ですけど。





f0097970_1448213.jpg

大きな実は、やっぱりもったいないので、ほぼナマで食べました。
後はちょっとタルトを焼いてみました。
ナマのままあとからカスタードクリームとトッピングするか、
ジャムにしてからパウンドケーキにするか
色々と迷いましたが、結局ナマのままタルトソースと焼き込みました。

これは 美味しかった!
ナマのまま焼いたから、そのままのジュージーさは残したままだし
またタルトのソースの甘味と良く合う酸味。

二人だと食べきれないかと思ったけど
2,3日で間に完食でした。



ブルーベリーは、今 晩生の最後の収穫時期。
これまでの実は、今年は全部冷凍してあって、いっぺんにジャムにしようと思っています。

梅雨も明けて連日猛暑の中、ブルーベリーには過酷な夏到来です。
日除けをして、出来る限り夕方には水やりをして
何とか 猛暑の夏を乗り切って欲しいと願っています。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-12 14:58 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
小太り君
f0097970_98710.jpg
これってピーマン・・・・ぢゃなくて「満願寺唐辛子」です。
種を買い忘れたので、わざわざ苗を買ったんだけど・・・・・。


「あれ こんな所にピーマン植えたっけ?」って思ったくらいです。
これもトマトの畝だから、きっと肥料過多なんじゃないかなと思ったり。
ちなみに ピーマンですが、せっかく種から育てたのに、
支柱の立て方が悪くて、強風の時に折れてしまった・・・・。

今年はピーマンなしなので、まあ小太りの満願寺でもいいかという感じです。






f0097970_9112785.jpg
こちらは、伏見甘長。
これは、昨年自家採取した種から作りました。
こちらも若干小太りですけど、まあ一応見栄えとしては「甘長」です。


満願寺唐辛子、伏見甘長、どちらもピーマンの臭みは無くて(あの臭みも好きですけど)
夏和食の定番。
でも 昨夜は、ナスやジャガイモ、ズッキーニと一緒に多めの油で炒め、
油抜きをした後トマトと一緒に甘酢に漬けてみたら
ちょっと和風チックなラタトゥイユという感じで美味しかった。

写真撮り忘れちゃったけどね。



満願寺唐辛子と伏見甘長は、毎年 ある時期になるとカメムシの大群が付いてしまい
もうそうなると食べる気がしなくなる。
カバーを掛けることも考えたけど、いちいち外して収穫するのも面倒。
どなたか、防御策を教えていただけたら・・・・。
もちろんできるだけ簡単な方法で・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-11 09:18 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
とうとう一石二鳥
六条大麦を作ったら「敷藁」と「麦茶」の両方が手に入るんじゃないかしら?
って思って、作ったのが2年前。
確かその前の年には、ハトムギでも挑戦しました。


f0097970_1692550.jpg
3年目の今年、とうとうその麦茶と




f0097970_16385573.jpg
敷藁が手に入りました。
敷藁は、結局完全に穂が出来るまで放置したので、良い藁にはなりましたが、穂を外す手間がちょっとかかりました。







f0097970_16393027.jpg
それ以上に麦茶は、ちょっと出来上がるまでに手間がかかりました。
道具がないので、穂から一粒ずつ実を取る作業と、その後のゴミやホコリ取り、
最後に洗って干して、何度かに分けて中華鍋で40分くらいかけて煎りました。





f0097970_16161527.jpg
でも その甲斐あって、薫り高く香ばしい麦茶が出来上がりました。
お湯を沸かして、煮出して、そして冷やして・・・・・・。



これは 確か昔呑んだ麦茶の味です。


懐かしい夏の味です。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-09 16:24 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
あえて夏野菜のパスタ2種
畑では、毎日野菜が採れるようになりました。
採れて、採れすぎて困るほどの収穫です。

そんな野菜を全て破棄することは絶対にしない私。
そこで ちょっとやってみたらすごく美味しかった野菜のパスタ。
基本 我が家の菜園から収穫されてた野菜だけで作るパスタです。
こんな時ですけど、野菜パスタがマイブームです。



f0097970_2115941.jpg
まずは、今年も元気に育ってくれたシシリアンルージュをたっぷり使ったパスタ。
これで10粒くらい入っています。
皮を湯むきすると上品な味になるし、甘みも増します。
他にズッキーニと玉ネギ。
撮影用にバジルをちょっと飾ってみましたが、
このバジルを食べる時に、ちょっとずつ切りながら一緒に食べるとまた美味しいのです。




f0097970_21174451.jpg
先日お外ランチで、美味しかったジャガイモと野菜のパスタ。
我が家でも早速試してみました。
これは具だくさんです。
シシリアンはもちろん、ナス、ズッキーニ、インゲン、玉ネギ、そしてジャガイモ。

これだけの野菜が入ると、お肉やソーセージはかえってじゃまです。
野菜の旨味だけでもかなり濃厚な味になります。
ジャガイモは、パスタを茹でる前にそのお湯で茹でてから、他の野菜と炒めます。
ちょっと煮崩れるかなくらいの感じが、パスタとトマトと良く絡まってくれます。
野菜の味は、みんな煮崩れかけたジャガイモが吸い上げている感じで
それがまた美味しいのです。
パスタって、意外とジャガイモと相性が良いです。

心配事がありながら、これだけ食欲があるのですから
大したことないのかもしれませんね。

でも 使った野菜達は、トマトは湯むきをしましたし
水につけ込むようにしてよく洗ったのは言うまでもありません。
[PR]
by shogame2 | 2011-07-07 21:27 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)