<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
成長著しい子達
f0097970_21433141.jpg
今年も8月上旬、ブロッコリー、キャベツ、ロマネスコの種まきをしました。
その後、本葉がちらほら見え始めた頃、小さなビニポットに植え替え。



f0097970_21421579.jpg
さらに、本葉の3枚目がちらっと見え始めた頃、
普通サイズのポットに植え替えをしました。
そして今日の様子。


キャベツやブロッコリーの苗は、私の感覚だと
植え替えをする度に、ぐんっ!って大きくなる感じがします。
少々根を動かしてやった方が、生育が良いように思えるのです。
あと1回、さらに大きなポットに植え替えて、しっかりとした苗を作っていきます。



f0097970_21483695.jpg
今日の苗の生育比べ。
なんと言ってもブロッコリーが一番大きい。
ちょっと遅れてキャベツ。
花蕾が出来る頃には、あんなに大きくなるのに
今はちっとも大きくならないロマネスコと続きます。


後は、ヨトウ虫、ネキリ虫、そして芯食い虫の被害に遭わないことを願っているんだけど。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-31 21:53 | 2011秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
一長一短
夏野菜の撤収が少しずつ始まりました。
こういう時に助かるのは、畑を広く借りていられること。
普段は、草取りとか大変なのですが
広い分、畝を遊ばせておける余裕もあって、あまり急がずに済みます。

それでも 少しずつはやらないと・・・・。



f0097970_6485048.jpg
今年初めて作った蔓ありインゲンも撤収です。
作り始めの時は、蔓が勝手に延びて勝手に絡まってくれるので、なんて楽ちん!
って 思ったのですが、そのおつりは撤収の時に・・・・。
こんな風に、しっかりとネットに絡みついています。

これを外すのが大変!
ネットはまた来年も使いたいので、出来るだけ綺麗に蔓を外したいのですがこれがなかなか。


それでも この蔓は1本なのでまだ良いのですが・・・・・・








f0097970_652995.jpg
これは大変でした。
このネット四角の一マスが10cmなのですがその一マスをはずだけでもげんなりしてきます。
結局 少しずつハサミで切ってかなり細かくして外しました。




蔓ありインゲン、勝手に伸びて、勝手に絡みついていくれるので
楽ちんだと思っていたけど、撤収はかなり大変。
蔓を外すのに2日かかり、ちょっとウンザリという感じでした。
お味や姿形のこともあるので、やっぱり来年蔓ありはないな〜。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-27 06:58 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
せっかく順調だったのに
今年のサトイモは、ちょっと高価でしたが「エビ芋」にしました。
ウチは 芋類はそれ程食べないのですが、
このエビ芋は、私が美味しい!って思ったので。

HCで10粒ほどで確か1000円位しました!
後は、母が産地に住んでいるので送ってくれたり・・・・。

サトイモは、今まであまり上手く育てられたことは無かったのですが
今年はなぜか順調に・・・・・・。
それが



f0097970_1841498.jpg
ここにきて やられてしまいました!
なんたらかんたらというイモムシ。
もう写真ではお見せできないくらい大量に生まれやがっておりました。
ゴム手袋をしていても、潰すなんてとてもとても!

葉ごと切り落として踏みつけるのが精一杯でした。



f0097970_18484151.jpg
葉の部分もですが、厄介なのは、成長点に落ち込んでいること。
つまみ出す以外に方法が無くて・・・・。


もう 「きゃ〜、むし〜」なんて おしとやかに言っていられません。
とにかく2日にわたって退治。

明日も又点検してきます。


苦手なお芋、せっかく 上手くできたのに
この期に及んで諦めるなんて出来ません。
イモムシとは、臨戦態勢です!
[PR]
by shogame2 | 2011-08-24 18:53 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
玉ネギ危機一髪
f0097970_2210283.jpg
北側のベランダに吊してある玉ネギ。
この時期になると、見た目には分からなくても腐ってきている玉ネギがあります。
ちょっと触ってみると、ぶよっとしていて何となく分かる。

そういうのを集めてみたら今の所の6個ほど。
sakkoさんのブログで、そういう玉ネギを薄くスライスして炒めて冷凍していらっしゃった。

なるほど!
今まで全然気が付かなかったけど
考えてみたら ウチはカレーが大好きで、それを作る時には必ず「炒め玉ネギ」を作るわけで
それなら危ない玉ネギの危ないところだけを切り取って先に「炒め玉ネギ」を作ることに。



f0097970_22203360.jpg
腐ったところを切り落としたとはいえ、6個の玉ネギって結構大量・・・。
でも みじん切りにして飴色になるまで炒めたら これぽっち・・・・・。
普通の玉ネギと比べてもなんだかね。


でも 放って置いたら全部使えなくなってしまって、しかも異臭が出てくるので
今年はsakkoさんのブログに危機一髪助けられました。
カレー用の炒め玉ネギ、3回くらいは作らずに済みそうです。
早速冷凍保存にしました。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-21 22:27 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
夕顔を食す
f0097970_9564475.jpg
夕顔です。
あの夕顔の実の方。
先日畑のお仲間から頂きました。

以前にちょこっとお遊びで作ったけど全然成長せずに終わった夕顔。

でも 実は私、干瓢が好きです。
干瓢を甘辛く煮て海苔巻きにしたの。
干瓢巻きが大好きです。

その干瓢は、この夕顔を細く切って、干して使います。
丁度 すごいタイミングでmikeblogさんが話題にしていらっしゃいました。
mikeさんは、毎年この夕顔を作っていらっしゃっています。




で 干瓢を作ろうか迷ったのですが、
畑仲間さんから、炊いて餡かけにしたら美味しいとお聞きしたので
まず それをやってみることに。

実は私、冬瓜の餡かけが大好きで
夕顔もちょっと似ているのでね。




f0097970_1043851.jpg
ああ、これ美味しい!
果肉もとろっとしていて、熱くても、冷たくても、中途半端でも
とにかくつるるんと美味しくいただけます。
もしかしたら 冬瓜より夕顔の方の食感の方が好きかも。

私は毎年夏でも全然夏ばてしなくて食欲もしっかりあるのですが
食欲が落ちてしまう人にもオススメできます。


冬瓜は、昔は母がよく餡かけを作ってくれました。
鶏挽肉でも美味しいけど、ベーコンとかもいけるし。
同じように夕顔も美味しく食べられるし、
調理の時に皮も柔らかくて扱いやすいです。



これ 来年頑張って作ることにします!
そうしたらmikeさんみたいに、干瓢も作るのだっ!
ちょこっと調べてみたら、結構種もフツーに売っているんですね。
場所は取るようだけど、今から来年がとても楽しみです。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-19 10:13 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
楽ちん袋ゴボウ
f0097970_1913334.jpg
肥料などのしっかりした袋を使って毎年作る「袋ゴボウ」
今年もどうやら出来た感じ。
ゴボウと共にいつの間にか雑草も出てきていました。


f0097970_19143315.jpg
土がびっしりと入っているので、ちょっと重いですけど、
えいやっと押し倒すと底から地面に伸びていた部分も一緒に抜けてくれます。
ここからゴボウを抜き出すのですが、
地面に植えたゴボウを1本1本掘り下げて抜くことを考えると
本当に楽ちんです。


f0097970_19193488.jpg
抜き出したゴボウ。
袋に土を入れる時に肥料とかしっかりと混ぜて入れたはずなのに
どうしていつもこんな風にゴボウが枝分かれしたみたいになってしまうんでしょう。

まあ 味には影響ないのですが、細い所は使いにくくて困ります。
どちらかというと、地面に直接種まきをした方が、
真っ直ぐなゴボウが出来るように思えたりするのですが
抜き取る時のあの大変さを思うと、まあ来年もこれでいこうかと思います。


ゴボウ、何となくお野菜の中ではマイナーなイメージで
手作りしても大して・・・・と思いがちですが
これが、びっくりするくらい香りが良くてみずみずしく美味しいのです。
作ってみると なるほどと思わずにはいられない。

来年は、袋が調達できたら5袋くらい作っちゃおうかな〜とか思ったりしています。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-16 19:29 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
ナス祭り開催中
f0097970_21464695.jpg

今年は、久しぶりにナスも種から作りました。
長なすと普通のナスの中間くらいのサイズ。
でも これは時々普通のナスが出来たりと、あまり安定はしません。

ただ 味は上々!
しかも 雨が少なかったにもかかわらず豊作です。


f0097970_21511382.jpg

一日置きに10本以上も採れるので、食べる方がなかなか追いつきません。
最近一番食べるのが焼きナス。
大抵は二人で6本くらい焼いて、冷たいだし汁に浸けていただきます。
これが目下一番消費できる我が家の食べ方。

ナス祭り、当分続きそうな雰囲気です。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-14 22:01 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
トマトの雨よけ撤去
トマトの木がドンドン伸びて、雨よけのビニールに届くようになってからずっと気になっていました。
猛暑も手伝って、木の先っぽがダメになりこの後の実が付かなくなりそうな・・・・。
てっぺんにあるピンを採ったりしなくてはならなかったのですが
どうやら手が届いて、ようやく雨よけを外しました。


f0097970_21173126.jpg
やっぱり、先端はかなりおかしくなっていました。
まず葉とか新芽がみんな縮れて茶色く傷んでいました。
既に枯れてしまったものもかなりあり、花も咲いていません。
こうなる前に、ちょっと剪定もしたのですが、やはり追いつかなかったです。

これは、数年前にも経験があり、その時はかなり長い間雨よけを取らなかったため
結局その後実は付かず、何のための雨よけ状態に。

雨よけのビニールは、確かに雨の被害はかなり軽減され
トマトの割れも減るのですが、
伸びも早くて、あっという間にビニールの天井近くになります。
そうなると高温とか日焼けで、成長が止まり花も咲かなくなります。
雨の多い年の夏は、威力発揮なのですが
今年みたいに雨が少なく猛暑が続くと、こんな状態になってしまいます。




f0097970_21195947.jpg
今年も、ちょっと遅めなので心配ではありますが、まあしょうがない。
とりあえず、枯れたりダメになっている枝を切り落とし
丁度ナスの剪定みたいにしてみました。

もしかしたらもうダメかもしれないけど、このまましばらく様子を見る事にします。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-12 21:43 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
バジルジェノベーゼ
f0097970_9445332.jpg

本当は、松の実とかパルミジャーノチーズとか入ったら良いのでしょうが
 買い忘れたので とりあえずパパッと作るので

畑で採れたバジルと、オリーブオイル、(ふつーの)パルメザンチーズ、ニンニク、塩を
ミキサーに入れてが〜〜っと。




これを ジップロックに素早く入れてなるべく薄く平らに伸ばし
ビニールの上から菜箸などで押さえて切れ目を入れておきます。
あとは そ〜っと平に冷凍庫に。


使う時に、少し力がいりますが、使いたい分だけ割って使えます。
松の実、案外無くても大丈夫と思ったり(言い訳)。
素早くジップロックに入れると色も綺麗に残ります。
パスタだけじゃなくて、カプレーゼとかサラダとか色々と使えます。


f0097970_1014390.jpg

[PR]
by shogame2 | 2011-08-11 09:59 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(2)
今年のトマト事情
いや 豊作でしたよ、今年のトマト。
味も上々だったし。

と ちょっと過去形な今年のトマト。




f0097970_8402611.jpg
梅雨が早く明けたせいか、
トマトの出来はとても良かったのですが、
どういう訳か、虫(イモムシ系)が大量発生して、どんどんトマトを食い荒らし
落下トマトが異常に多い年となりました。
まあ 例年でも結構この時期になると落下とか多いことは多いのですけどね。

落下以上に収穫が多かったので、まあ許容範囲なんですけど。
トマトピューレの瓶詰めは、ジャムの瓶サイズで9個、大瓶で6個となりました。
この先、サンマルツァーノは、もうちょっと収穫ありそうなので
数個の瓶が増えそうです。ムフフ。
生食では、まだまだ冷蔵庫に山のようにあって
いわゆる「家庭菜園で新鮮トマト」みたいなのとはほど遠いです(笑)

しかし どうやらそのトマトも、今年は終わりっぽい感じです。
次の花が咲いてこないし・・・・・。
今週末あたり、雨除けのビニールを取って様子を見ようと思いますが
早くから収穫が始まり、高温で一気に実った分終わりも早いのかもしれません。






f0097970_8451052.jpg
こちらは「ピコパパママさん」からいただいたイタリアの黄色トマト。
さて 収穫時期っていつ?
黄色だと分からないな〜。

と いうことで 毎日見守っている黄色トマトです。
[PR]
by shogame2 | 2011-08-09 08:50 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)