<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
カラカラっていったら
それが合図です。

f0097970_20502389.jpg

他のお豆を採っている時に
どこからともなく「カラカラ」って音がすると
どこかのグリンピースが収穫時。

ホックリと美味しいお豆出来てます。
の 合図です。





f0097970_20451735.jpg

スープにしたり、ちょっと彩りに飾ってみたり
グリンピースってそんな感じだけど
今回は、パスタで。

我が家産の新玉ネギとグリンピース。
とろけるチェダーチーズがまた良い味出したりして
グリンピースの甘味もグンと引き立ちます。
彩りはもちろんだけど、メインと言っても良いくらいのグリンピース。


このシーズンならではの味わいです。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-30 20:51 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
そして干した場所
f0097970_23521646.jpg

先日抜いて畑に並べて置いた玉ネギ。
雨も降ったりで気になっていたので、ようやく干してきました。


いつもだと、家に持って帰って、ベランダに洗濯物干しを置いて
そこに干すのですが、今年はこんな所に。
と 言っても分からないですよね。

ここは、畑の隅っこにある昔の資材置き場みたいなところ。
普段は、今使っている畑の資材、肥料とか、敷ワラとか
落ち葉(一昨年のもの)が置かれています。


f0097970_23525258.jpg

上部は、木の棒が何本も渡してあるので
その棒をちょっと整理して
そこに、葉と根を切り落として麻紐で縛った玉ネギを吊しました。



何となく虫が寄ってきそうな気もして、ちょっと気になるのですが
持ち帰るのもちょっと大変だし・・・・



ということで 今年の保存玉ネギ第一弾は、こちらに干しておくことにしました。


なかなか良い場所・・・・・でしょ?
[PR]
by shogame2 | 2012-05-28 00:04 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
注意!天気予報
f0097970_2042826.jpg


数日前に、玉ネギの茎をちょこっと押してみたら
すんなり倒れたので、そろそろ収穫時とふんで
昨日、1/3程抜いて干してきました。





が、今日は午後から雨・・・・

昨日は、今日の天気予報見てなかった。
だから な〜んにも考えずに玉ネギを抜いてしまいました。


今日 どうこうということは無いでしょうが
これが後に早く腐る原因になるとイヤだな〜・・・・とか。








そうそう、TAKIIからカタログが届きました。
サカタは、最近はあまり買っていなかったら
カタログ届かなくなりました。
だって あそこは送料が100円かかるし(ケチです)
あちこちから種買って、そのたびに送料がかかると
送料だけでも結構になるしね。
各種苗店の種を扱っているネットショップからだと
一カ所で済むので、送料タダのTAKII以外は そういうところを探しています。



さて 今年の玉ネギ どうしましょう。
今年作って良かった、極早生「チャージ」がカタログに載っていなかったので
また 極早生玉ネギを探さないと・・・・。
まだ5月の終わりですが、
の〜んびりかまえていると、極早生種は売り切れの可能性も。
(昨年危うかった)
極早生種は、私作るのも下手なので、種選びも難しい・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-25 20:06 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
間引きだって侮れません
f0097970_19495213.jpg


ニンジンの間引き。

一本の太さは太いところで1.5cm程度ですが
本数があるので、結構食べがいがあります。

しかも あま〜くて柔らかい。
ニンジン嫌いの人は「むむっ」って思うでしょうが
ニンジン臭さもイッチョマエにあります。

これ 葉を切って細すぎるところを切って
カレーとか煮物とか、結構重宝。
何しろほとんど切らないでそのまま使えるので楽ちん。
しかも柔らかいので直ぐに煮えて、煮崩れもなし。


出来上がった立派なニンジン、それはそれで本当に美味しいのですが
こんなチビニンジンでも、決して侮れない美味しさなのです。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-23 19:56 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(22)
ソラマメ祭りも開催!
f0097970_1544961.jpg



毎年思うんだけど
この美しさは感動すら覚えます。

ソラマメはお豆ですから、このお豆が完熟してそれがさらに進んだものが種。
その1つから、またしても同じ形をしたお豆達が入った鞘が出来てくる。
これ以上DNAを感じる野菜って無いような気がします。









f0097970_15471538.jpg
今年のソラマメは、危うくアブラムシに包囲させそうになりながらも
かろうじて 成長点カットで乗り切りました。
だから もう豊作も豊作!!
写真に撮ったソラマメもなんと4粒鞘でした!

収穫時期は・・・・
なんと言っても「空豆」ですから最初は空を見るようになっています。
それが下向きになって、お肌がつるつるっとして
すこ〜しソバカスが出てきたくらいが採り頃。


本当ならこれを持ってお山に行って
鞘ごと炭火焼きをしたいのに、
ウチは、来年マンションの管理組合の役員。
今 丁度引き継ぎの時期で、6月一週まで拘束されます。
間に合うかな〜。
いやいや ちょっと無理だよね〜。


まあ 家で茹でたり、皮ごと天ぷらにして食べたらいいのですけど。
鞘ごと炭火で焼く美味しさは、ちょっと家では味わえないので
残念でなりません。


でも このソラマメ、
まだお歯黒も黒くなくて、若い若いお豆です。
こんなの お店では売っていないんですよね。
若いから、とても柔らかくて香りも良く、天ぷらなどは皮ごと食べられます。

さて 今夜は、ビールで堪能しますか。

そうそう 今朝あったあの出来事
[PR]
by shogame2 | 2012-05-21 15:59 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
イチゴ祭り開催中
f0097970_20302563.jpg

「○○祭り」っていうと ちょっと豊作すぎて大変そう?
っていうイメージがありますが(あくまでイメージ)
この「イチゴ祭り」だけは違います。
もっと もっと おいで〜!!
って感じで、堪能中です。



f0097970_20321595.jpg
ちょっと油断していたら
堪能していたのは、私達人間だけじゃなかった!
何ものかが、結構沢山食べていたのですよ。
しかも それみんな「クィーンベリー」ですからっ!!
クィーンベリーは、大粒な分収量は少ないので
大打撃だよ〜!!




f0097970_20345744.jpg
今日はその採れたてもイチゴでタルトを焼いてみた。
イチゴタルトは、普通タルト生地を焼いた後に カスタードとか生クリームをのせ
その上に生のイチゴを並べるんだけど
今年は、初めてちょっと冒険してみました。


焼きイチゴタルト。
生のイチゴを4等分して、タルトソースに入れて一緒に焼いてみた。
イチゴの水分が結構あるので、ベタベタになることが心配で
イチゴは少なめにしてみたら、何だか真ん中に集まってしまってちょっと足りない感じ。
もうちょっと入れたら良かったかな。
いやいや これ以上入れたらきっとベタベタになったと思う。


でも 甘いタルトの中に、酸味の効いたイチゴが入っていて
それがすごく美味しい。
生で乗せるより、なんか好きかも。

お祭り開催中に もう一度くらい焼いてみたいな。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-18 20:39 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
実りの予感
f0097970_21145575.jpg
ソラマメがここにきてグンと大きくなってきました。
ちょっと前には、アブラムシが付き始めていて、
慌てて成長点を切り、
ちょっともったいなかったけど、あまりにアブラムシが酷かった枝は
切り取りました。

今日見た限りでは、アブラムシはいない模様。
やっぱり成長点を切ってしまうのはアブラムシ対策としては良いように思います。








f0097970_2118948.jpg
昨年の秋に買ったブルーベリー「チャンドラー」
何だか実の付き方も堂々として大きい。
沢山の実が付くという感じじゃないけど
一粒一粒が大きくて、これは大粒の期待が膨らんできます。








f0097970_21193442.jpg
今年も実付きの一番乗りは、やっぱり「シシリアンルージュ」
元気いっぱいです。
トマトの中では肥料食いなので、追肥をしてあげた方が良いかも。



f0097970_21205574.jpg
そうそう アラレと風雨で折れてしまったトマト。
やっぱり先はダメでした。
でも右の方から脇芽がグングン伸びてきて
こちらを伸ばしていったら、ちゃんとトマトが出来そうです。
トマトって、大玉だと病気になりやすかったり
雨で割れてしまったりするけど
基本は、丈夫な野菜のように思います。
脇芽だってどんどん出てきちゃうし、
肥料過多のものは、下の茎のあたりから根が出てきたりもするし。




みんな元気で大きくなって、
美味しい実になりますように!
[PR]
by shogame2 | 2012-05-16 21:26 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(19)
やっぱり旬もの
例年 春になってくると地元の直売所で必ず出回るのが、タケノコ。
でも 今年は放射能が基準値以上のものが出たとかで
地元産は、見事なくらい全く見かけませんでした。

いつも すごく楽しみにしているので 本当にガッカリ。
たま〜に、個人の直売所の方が「タケノコ、欲しい方お申し出下さい」
なんてこっそり的に張り紙をみたいな感じもあったんですけどね。



f0097970_1651279.jpg
でも ふふふ
手に入ったんですよ、地元産。
畑仲間のおじさんの所。
畑の隅っこに竹が生えていて、そこからどうやら出てきていたらしい。
「いる?」って聞かれて、二つ返事で「はいはい!要ります」


早速持ち帰って 茹でてパスタにしました。
「タケノコとキヌサヤのペペロンチーノ」
タケノコと 我が家産のキヌサヤがまた良く合うし!

もう 時期がちょっと過ぎていたので、
若い香りはちょっと・・・という感じでしたが
採った後30分後には茹でたので
何も入れずに茹でてもえぐみほとんど無し!!


shogame地方の自治体は、国の基準値より厳しくて
出荷ベースだと20ベクレル以上は、出荷停止になります。
学校給食も20ベクレル以下。
今のところ、タケノコ以外は問題ないみたいですけどね。
ただ そのタケノコも確か1検体だけだったんだけど。


まあ タケノコも1,2度食べても このお年なら・・・なんだけど。
毎日食べ続ける訳じゃないし。

それより やっぱり旬の美味しいものは
食べたい!
と 思う食いしん坊です。

堆肥は廃棄しているのに〜って思わんでも無いが・・・。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-14 17:05 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
決断
と 書きましたが そう大袈裟なものではないのですけどね。


f0097970_5163026.jpg
昨年作った堆肥を破棄することにしました。
理由はもちろん放射線量が高いため。

このまま堆肥箱の中に4,5年放置すれば、
セシウムは約半分くらいになるらしいのですが
そこまで 置いておく余裕もないし、本当にそうなのかも・・・。
あくまでも計算上みたいだし。

本当に色々と考えたのです。
もう 私達夫婦が食べることで問題になるような年でもないし
たぶんほとんど影響は無いのでは?とか。

でも これは結局私の気持ちの問題という結論になりました。
いつも「放射能」ということばが 心のどこかにひっかっかっている状態で
農作業をするのって どうにも気が重いのです。
影響が無いだろうと思っていてもやっぱり気になる。
畑の土より放射線量が多い堆肥を畑に鋤き込めば
土の放射線量は上がるし。




f0097970_5245644.jpg
丁度 先日地主さんともちょこっとお話しして、
畑の隅に埋めてしまえば?とのことだったのでそうすることにしました。
実際の作物への影響もないし、土を10センチくらい被せてしまえば
表面的にも影響はありません。
丁度、笹やドクダミ、スギナが沢山出てきています。
しっかり掘るので それを取り除くことも出来ます。


まあ そんなことで、作業に入りました。
私の中では、既にもったいない感覚は無くなっていて
気持ちの上では、懸案だったことだけに一区切り付く感じです。

これで 数年後、畑の方の線量も半減してくれたら良いのですけどね。




※コメント欄は閉じさせていただきました。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-13 05:32 | 放射能のこと
本当の旬
f0097970_544061.jpg

いつ頃からだったでしょうか。
イチゴがクリスマスの頃から出始めて
最盛期が厳冬の2月頃になったのは。

きっと今の子供達は、イチゴが出来るのは「冬」って思っているでしょうね。
もしも教科書で「春」って出てきてもきっとピンと来ないだろうし。
ましてや 本当は初夏に近いくらいのこの時期が
ようやく旬を迎えるイチゴの季節だなんて。



我が家のイチゴもようやく出来はじめました。
例年ならGW前からちらほらと赤くなってくるのに
今年は、ほんの1,2粒だけでした。

でも こうやって赤くなってくるとなんだかウキウキ。
赤い色の食べ物、イチゴとかトマトとか赤いピーマンとか、スイカとか
何となく収穫時期になるとウキウキしません?



でも 毎年思うのですが、最初の収穫の頃のイチゴって
味は濃いけどちょっと酸味が強くて
しかも遠くて苦みがほんのりある・・・・・。
我が家だけでしょうか?
この苦みがどこから来るのかが分からないのですけど。


でも これからどんどん赤くなって収穫が増えていくにしたがって
苦みも無くなって甘味がグンと増してきます。
今出来ている実が大きくなって、緑から赤になるだけなので
収穫時期は本当に短いのですが、
冬から春になって「今年も始まるぞ〜!!」っていう
彩りがあって、ちょっと華やかなイチゴの季節です。
[PR]
by shogame2 | 2012-05-10 05:54 | 2012春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)