<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
やっぱり美味しい
f0097970_2149710.jpg


昨年は作れなかったインゲン「ベストクロップキセラ」

今年は久しぶりに作りました。

雨が少なかったりしたせいか、アブラムシの発生もあり

ちょっとでこぼこしたり曲がっていたりしていますが

味はやっぱり「ベストクロップキセラ」

インゲンなんてみんな同じじゃないんですよ。

これは、やっぱり美味しいのです。

ただ 矮性なので収穫時がちょっとね・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-28 21:58 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
やっぱり・・・・
f0097970_16105788.jpg

雨よけのビニールの天井に枝が届いてしまいそうだったシシリアンルージュ。
しょうがないのでカバーを退けたら
その後はずっとじとじとの雨・・・・。

案の定割れてきていました。
完熟で収穫しないと このトマトの持ち味を生かすことが出来ないから
とにかく真っ赤になってからの収穫が良くないのか・・・・
それに特にシシリアンは、割れやすいような気もします。






f0097970_16112763.jpg

だって すずなりのピンキーは、雨よけをしていないのに一つも割れていなかったのですから。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-26 16:12 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
トマトがなくちゃ始まらない
f0097970_10211666.jpg

ああ ちょっとお写真がいかんかったのですが・・・・。

トマトの収穫がちょっと軌道に乗ってきたので
そこはまずパスタで頂くという感じで。

シシリアンルージュとヤリイカのパスタ。
普通は「ヤリイカとトマトのパスタ」みたいなんでしょうが
シシリアンルージュは特別、メインです。
ヤリイカは添え物。



2皿を作るのに15個のシシリアンを使いましたが
もうちょっとあっても良かったな。
それに ちょっと煮崩しすぎ。
でも・・・・待っていたこの味!
やっぱりシシリアンのパスタは美味しい!
クッキングトマトの濃厚さと普通のトマトの水分と
さらに火を通した時の抜群の甘み。
やっぱりシシリアンで作るパスタは最高です。







f0097970_10271977.jpg

夜は、ミニトマト「ピンキー」でトマトサラダ。
ピンキーは、皮が柔らかいからサラダに湯むきとかしないで使えます。
他に、我が家の新玉ネギ、出来てきたて採りたてインゲンを入れて
オリーブオイルと酢と塩、コショウでシンプルに和えたものです。







トマト祭り、まだ前夜祭って感じですけど
今年も始まりました。

やっぱりトマトは夏の畑の王様ですね。
きっと梅雨が明ける頃には アップアップになるんだろうな〜って思うんですけど
今は、ワクワクと収穫を楽しんでいます。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-24 10:35 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
梅雨らしい日々
f0097970_20585781.jpg

梅雨らしい日々。
この季節はなんと言ってもラベンダー。
薄紫の美しい花は 今が満開です。
雨が降ると写真もしっとりとして花の色も際立ちます。
さらに ラベンダーですから香りも素晴らしいのです。





f0097970_2145553.jpg

ラベンダーは綺麗だから良いのですが
こちらは げんなり・・・・。
ほんの数日畑にいかなかった間に
雑草だらけです。
ここはイチゴと里芋の畑なのですが、地面が見えないほどになっています。
その向こうの方も雑草が・・・・。
雨がやんでも土が乾くまで しばらくは草取りも難しそうだし。


こんな景色を見ると ちょっと憂鬱になります。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-21 21:08 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
縁あって
こういうこともあるんだな〜って つくづくご縁を感じます。

ブログでお友達になったkomorebiさん
たまにランチをご一緒したりしていたのですが どうも気が合う感じ。
第一、偶然にも年齢が一緒。
偶然にも 一部子供の年齢が一緒(まあ 母の年が一緒ですからね)
偶然にも 子供の結婚した年が一緒。
偶然にも かなりの食いしん坊。
そして偶然にも ワイン好きの呑兵衛(?)


それなら 一度美味しいものを食べてゆっくり呑めて
のんびり出来る温泉にでも行きましょう!
と いうことになって、行ってきました。

せっかくのおばさま二人のの平日旅行なのでこちらにしました。
私としては大奮発です・・・・。



f0097970_1761130.jpg

部屋数は9室だし、見た目質素でひっそりとした感じの落ち着いた旅館です。
肝心の有名な玄関先は撮影忘れ(涙)
でも こんな感じにこぢんまりとした館内のあちらこちらに生け花が活けてあります。



f0097970_17152527.jpg

私たちが泊まったお部屋。
夏障子になっていて とても風情がありました。



f0097970_17215158.jpg

奥湯河原温泉ですから、まずはお風呂です。
何しろ9部屋しかないので、お風呂もこぢんまり。
でも 外に大きく開いていてとても気持ちの良いお風呂でした。
正面の先に露天風呂があります。なぜか傘も置いてありました。
明るいウチからのお風呂はそれだけで贅沢な気持ちになります。
ここの宿は、部屋もお風呂もサッシを使っていない昔ながらの木枠の窓なので
それだけでも凄く気分が良かったです。








f0097970_17165262.jpg

とても楽しみにしていたお料理。
今回はコンデジしか持って行かなかったし
komorebiさんが たぶん素敵な写真をアップしてくれると思うので
私はダイジェストです。

先付け。
夏を意識してとても涼やかなお料理。
ガラスの器にはウニがこんもりと。



f0097970_17185588.jpg
八寸

お料理が美味しいと、つい撮影を忘れます。
こちらも最初は撮ったのですが、朴葉を取った後はすっかり撮り忘れです。



f0097970_17274377.jpg

碗もの
見た目は普通ですけど、お出汁の味は秀逸でした。
他のお料理もそうですが、
とにかくお出汁やら 味付けが薄味なのにしっかりとしていてとても素晴らしい。



f0097970_1730543.jpg
造り
このアオリイカはとにかく美味しかった!
厚みがしっかりとあり 甘くてねっとりとして
komorebiさんとふたりで 思わずうなったほどです。



f0097970_17323683.jpg
焼き物
若鮎です。
小さいので骨まで食べられました。
これまた美味!
あまりの美味しさにお酒が すすむすすむ!!


そしてその後 凌ぎ 焚合せ 強肴 止肴 ごはん 水菓子 甘味
と続いたのですが、もう良い気分で呑んでしゃべっておりまして
すっかり撮り忘れです。
焚き合わせなど、茄子とアワビが白ごま仕立てになっていてそれはそれは美味しかったのに〜。
さらに最後のごはんは、ショウガとソラマメの炊き込みごはんで
とても美味しかったけどもう食べきれなかった(涙)

お料理は、みんな少しずつで 盛りつけも器もさすがという感じでとても美しい!
お肉のお料理が全くなかったのにもかかわらず
いや なかったからこそかな(?)お魚も野菜もとても美味しく頂きました。






f0097970_1749717.jpg
朝食
よくある「卵にのりに干物」とか「朝からガッツリ」の朝食とも違って
あくまでも和食の朝ご飯なのにたっぷり。
卵焼きが、さっき焼いたという感じでお出汁も効いていて美味しかったし
お味噌汁のアサリの実の大きさたるや!
ごはんは、お釜で炊いたものをそのまま持ってきてくれました。
本当はおかわり・・・・とか思ったのですが、完全に食べ過ぎなので自重しました。


で もってその後も温泉に入って、お昼までのんびりとしてチェックアウトしたのでした。



いやいや 本当に良いお宿で、美味しい食事と美味しいお酒
そしてなんと言っても オールドに若干ひっかかかたガールズの切れ目のない炸裂トーク。
仲居さん、お若いお嬢さんだったのできっとビックリされたでしょうね〜。
本当に楽しい2日間でした。
そして 快く送り出してくれた夫にも感謝をしないといけないです。







本当言うと チェックアウトした後も・・・・だったのですが
そちらも きっとkomorebiさんがそのうちアップすると思うので そちらをご覧下さい。


komorebiさん ご一緒ありがとね〜。
想像以上にめちゃくちゃ楽しいツアーでした!


また機会があったらご一緒しましょう〜。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-20 18:01 | 旅のお話 | Trackback | Comments(8)
トマト初収穫
f0097970_16301882.jpg

ミニトマト・ピンキーです。
皮の感じが大玉に近くて柔らか。
色もピンク系です。
味は、ウチで作っているサンチェリープレミアムよりは若干落ちますが
何より皮が柔らかいのが良いのです。




f0097970_16321526.jpg

シシリアンルージュも初収穫です。
ピンキーと違って 鮮やかな朱赤のシシリアン。
見るからに美味しそう!
でもまだ4,5粒だったので、パスタにするにはちょっと力不足ですね。
出来たら10粒は欲しい。
でも 次々緑は薄くなってきているので
週末にはシシリアンのパスタ、食べられそうです。






f0097970_16334513.jpg

そのシシリアンですが、どんどん背が伸びて、
2m以上はある雨よけの天井までもう届きそう!
となったので、近々雨の予報はあったけど(涙)
今日一部覆いを取りました。

このビニールをそのままにしておいて、
茎が触れていると、そこだけどんどん温度も上がります。
そして たぶん梅雨明け前に葉はちりぢりになって
花も咲かなくなるんじゃないかと・・・・。
過去にそういう経験があります。

この際、雨に濡れてもしょうがないって事で撤収しました。
でも 酷い雨が何日も続かない限り
まだ 初期のウチはそう割れてしまうこともないかと思います。
まあ 味は落ちてしまいますけどね。

まだ6月ですけど、早く梅雨明けてくれないかな〜。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-17 16:46 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
久しぶりの豊作
f0097970_20134335.jpg


何年か前に 剪定をちょっと失敗して
それから実がなかな良い具合に付かなかったラズベリー。
今年は久しぶりに、宝石のような美しい実を沢山付けています。

「雨だな〜」って思っても、その雨の中でこの美しい実を見て見たかったり
やっぱり収穫しないともったいないな〜って思ったり、で畑に行くのです。



今年、ジャムだけじゃもったいないので
何か美味しそうなスイーツも作ってみたく思ったりしますけど
いざとなると、ちょっと面倒になって、やっぱりジャムになってしまうかもしれないのですけどね。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-14 20:18 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
ほんのり
f0097970_553297.jpg

ようやく待ちに待ったトマトが色づき始めました。
まだ 夏のような「真っ赤!!」という感じではありませんが
この赤を見ると嬉しくなります。

一粒、サンチェリープレミアムをお試しで食べたら、酸味はもちろんですけど
甘みも結構しっかりあって、やはりここまで雨が少なかったのは良かったのかなって。




雨よけを作ったのに、結局台風の風が心配で
下の方を持ち上げて来たため、この雨は完全に当たってしまうし
土の方にもしっかり入ってしまうので、ちょっと残念。

でも この後空梅雨っぽいようなら、
早々に雨よけは取ってしまっても良いかなとか思ったりしています。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-12 06:00 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
元肥の入れ方と収量
ジャガイモ、先週末収穫しました。
今年は、ちょっと小さな試みをしまして。


ジャガイモの元肥、簡単に言っちゃうと
「地中埋込式」VS「シャッフル式」で収量に違いは出るのか・・・・。


なるべく同じ条件になるように、
今年のお芋「十勝コガネ」と「キタアカリ」をそれぞれ半々で試しました。





で 結果です。




f0097970_20564127.jpg
「地中埋込式」


f0097970_20565598.jpg
「シャッフル式」


見た目 分かりにくいですよね(汗)

解説すると

分量的には双方それ程違わないように思いました。
秤がなかったので、実際の重さは分からないのですけど
見た目ほとんど変わらない感じ。


でも 大きさからすると「地中埋込式」の方が大きいし揃っていました。
「シャッフル式」はピンポン球以下の極小のお芋がとても多かったです。



f0097970_2111987.jpg

ただ 「地中埋込式」のお芋からは、数個の割れジャガイモが出ました。
いずれも大きかったので、ちょっと肥料過多?
又は、直接肥料に付いてしまったとか。
「シャッフル式」の方はこの状態のお芋は全くありませんでした。



全体に大きめで粒が揃っていて使いやすそうなのは、やはり「地中埋込式」の肥料で出来たお芋。
でも「割れ」が出る可能性もあるし、
土作りの段階で、「シャッフル式」よりかなり手間な作業です。



さて 比べつつ収穫した今年も「キタアカリ」と「十勝コガネ」
量的には
キタアカリ3kg→→たぶん10倍くらい(小さいのも入れて)
勝コガネ1kg→→たぶん→10倍くらい(小さいのも入れて)
どちらも 豊作な感じ。


お芋の使いやすさは粒ぞろいですから「地中埋込式」に軍配。
でも、「割れ」が出たのは、ちょっと問題。
さらに 土作りにちょっと手間。
特に土を作っておくことが出来ないので
意を決して(?)の作業になりそう。

そんな感じでした。

さて 来年、若しくは秋ジャガ、どうしようかな・・・・。




ところで、今年は、ヨトウムシが大発生していたみたいで・・・・



f0097970_21274091.jpg

こんなお芋が結構ありました。
ちょっとがっかり。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-10 21:31 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
スイカの人工授粉
f0097970_20353042.jpg

スイカは、いつもこの時期くらいから人工授粉をしていました。
でも あまり成功しないんですよね〜。
どうも 下手らしくて・・・・。

でも 梅雨も明けようかというくらいになると
勝手に受粉してません?
我が家は、人工授粉すると日付を書いて、ミニ看板を立てておくのですが
そんなの全然ないところにちゃんとスイカが出来ていて・・・・・。





f0097970_20364427.jpg

で、今日のスイカ。
人工授粉していないのに、勝手にスイカが出来てきている!
ピンポン球くらいの大きさになっていました。


結論としては、今年はこの先 人工授粉をするのを止めてみようかと思います。
でも 一つ気になる事が。


いつ受粉したか、どれだったのかが分からなくなるんですよね〜。
それが分かれば、人工授粉しなくて良いように思ったりします。
[PR]
by shogame2 | 2013-06-07 20:42 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)