<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ベランダ育苗
f0097970_19455826.jpg


ちょっと小休止的に涼しい日があったけど
またしても連日高温注意報が出ているshogame地方。

ベランダのキャベツやブロッコリー。ロマネスコは
朝晩の水やりもあって、どんどん大きく育っています。


で もう小さなポットだとちょっとはみ出しそうだったので
大きなポットに植え替えました。



ベランダで育てると、ちゃんとミズノ管理も出来るし
ほどほど日陰も出来るのでどんどん大きくなりますね。
まだまだ暑い日が続いているので、もうちょっとのんびりと育ってくれた方が良いんだけどね。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-31 19:55 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(6)
タイミング良し!
f0097970_20135584.jpg

先週の終わり頃、丁度久しぶりに雨が降った翌日種蒔きをした大根。

ぐふふ。

日除けの黒いカバーを取ったら、中で発芽していました。
ちょっと徒長気味だけどなんとかなるでしょう。





f0097970_2016176.jpg

こちらはレタス。
何レタスだったかは分からないけど、まあ大きくなったら分かるからね。
レタスは半分くらいは出ていたけど、たぶん結球の玉レタスがまだなんじゃないかな。





f0097970_2017366.jpg

これはたぶんルッコラ。
ルッコラはとても丈夫だし元気がいいからきっとすくすく育つと思う。



でも 人参はまだ発芽していませんでした。
人参の種は「好光性」なので もしかしたら土を被せすぎて
しかも日除けをしたので発芽しにくかったかも。

って事で、黒い日除けは外しました。


みんな元気で育っておくれ〜〜。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-27 20:23 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
秋冬野菜の作付け計画
f0097970_158189.jpg


気がついたら8月ももう終わりに近づいています。
この夏はやたらに暑いな〜なんて思っていたのに
ここ数日は雨も降ってなんだか秋にぐぐっと近づいたような。

畑も慌てて作付け計画。
びっしり埋まっているように見える作付け計画ですが







f0097970_1581786.jpg

実は、夏から続いている野菜を除くとこんな程度。

でものんびりしていると
あっという間に9月です。

秋冬野菜は、ちょっとした遅れで
キャベツや白菜が結球遅れになってしまったり。
たまたま急に寒くなってしまったり
温暖化?って思うくらい暖かな秋冬で
越冬野菜が大きくなりすぎたり
秋冬の野菜は本当に難しい。

作付け計画もなかなかこの通りには行かないことも多いけど
今年は何とか計画通りに行くことを祈っています。





 
[PR]
by shogame2 | 2013-08-25 21:49 | 2012秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(2)
ゆるっと野良仕事
f0097970_192013.jpg

久しぶりに雨が降ってくれた昨日。
ムシムシと暑かったけど、とにかく地面が水分を含んでいるって事で
ようやく秋用第一弾の野良仕事。

5m程度の一畝にレタスと人参と大根と盛りだくさん!
本当は一畝ずつ作りたかったのですが
体力が・・・・ってのもあったり







f0097970_19225086.jpg

さらに日除けが必要だったし。
トマトの畝の横だとお昼近くまではちょっと日陰になるので
少しは涼しいかという計算もあったり。


その後 天気予報が日曜日辺りまでは雨だったり曇りだったりとなったので
もしかしたらこの黒い日除けは要らなかったかな〜。



葉物も播きたいけど きっと高温で発芽しなかったり
発芽しても虫にやられるかも。


レタスや小松菜や 緑の葉っぱが恋しいです。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-23 19:29 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
困りものの芸術家
f0097970_22193154.jpg


根や成長点をを切ってしまったり、葉を食べてしまう虫達から比べたらどうってことないのですが、
今年はこの芸術家「絵描き虫」が大発生。

家のベランダで育てている苗にもこんな風に。



f0097970_22324412.jpg


は〜〜って感心して眺めたりしますけど
あまり酷いと葉が枯れてきたりするので、まあ適当に見張っています。

と 言ってもなす術はないのですけどね。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-22 22:34 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(0)
私だけの干瓢巻きが食べたい
f0097970_2046799.jpg

干瓢です。
そう あの海苔巻きに入っている甘辛い不思議なモノ。

私 干瓢巻きが結構好きでして・・・・。
あの甘辛い味がのりと寿司飯に巻かれたのがね。
で 作ってみたんですよ。
種は、一昨年mikeさんに頂いた物です。




f0097970_20484239.jpg

これが大元の「夕顔」
スケール感が無いですけど、私がひとかかえする感じ。
くるんってなっているところが私の肩に掛かる感じです。
重さはたぶん10kgくらいかな?





f0097970_20495370.jpg

こんな感じに輪切りです。
巾はよく分からなかったので3cmくらい。
直径は20cmちょっとあります。
これをかつら剥きの要領で剥いていくのですが
大きいしなかなか難しい。





f0097970_20512712.jpg

包丁も切れないからね、って包丁のせいにもしつつ
でこぼこのきれ具合で干します。
厚みが色々になってしまったので、途中で切れてしまったりで全体に短いです。





f0097970_20524733.jpg

毎日暑くてうんざりですが、この時ばかりは大歓迎!
超晴天な毎日、一日であっという間に乾きます。
大体2日ほど干したらあの干瓢です。



せっかく乾燥させたのに、お料理する時はまた水に入れて戻すってのも
何となく不思議ですね。


近々 干瓢の海苔巻き作ろうと思います。
ちょっと大袈裟だけど、世界に一つだけの私の手作り干瓢巻き。



すんごく楽しみですっ!
[PR]
by shogame2 | 2013-08-19 20:58 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
夏小豆収穫始まる
f0097970_2083015.jpg

今年は夏小豆が良い調子。
豊作と言っても良い感じです。
早生なので、今が収穫時です。


ただね、収穫もそれはそれなりに大変です。
手でもぎ取ろうとすると、鞘がぱりっと割れて中から小豆が飛び出しちゃうし
全部を収穫するなんてとてもムリ。
もともと小さな夏小豆なので、ある程度選んで収穫してきます。




f0097970_2001346.jpg

家では、鞘から出す作業が待っています。
これがまたなかなか根気の要る作業です。
さらに テーブルの下には黒い子が待ち構えていて
鞘から飛び出してしまった小豆が落ちてくるのを待っています。


でも 今年はどうやらお彼岸におはぎが作れそうな感じなので
頑張って作業をするつもりです。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-17 20:11 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
さすがに。
f0097970_20321985.jpg


たぶん雨が降らないせいもあるんでしょうけどね。

本当に異常なほど毎日暑いですね。

畑に行かれるのは、午後3時半くらいにようやく・・・・という感じです。

雨も降らないから地面もからから。

憎たらしいことに そんな中でも雑草だけは出てくるし

あっという間に伸びてしまいます。

気を取り直して・・・・。

毎回畑に行くと「ブルーベリー」「キュウリ」「莓の苗」「人参の幼苗」だけには

水やりをします。


野良仕事の最後の仕事。

でも 本当に表面だけなんですよね。

ちょっと湿った土をどけたらすぐにカラカラの土。

それでも やらないよりは良いよね、って事で。

雨乞い したくなります。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-15 20:37 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(5)
猛暑を耐える
f0097970_19482878.jpg

今年は秋の早い時期からキャベツが食べたい!
って思って、早々とキャベツ、ブロッコリー、ロマネスコの苗を作り始めました。

でも 発芽して本葉が出てきた頃
一回目の植え替えをしたら、猛暑到来!!!
一昨日 昼間のベランダはなんと


40℃!!!


「君たち 生きている?」って心配になって何度もベランダを見たり
もしかしたら部屋に入れた方が良いのかと思案したり・・・・。
だって昼間は、へにゃへにゃにしなびたりしてるし・・・・。


とにかくこの猛暑に耐えて頑張れっ!!
[PR]
by shogame2 | 2013-08-12 19:53 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
菌床を使って堆肥作り
f0097970_1831142.jpg

これ 椎茸栽培用の菌床です。
ここに菌が埋め込まれていて、椎茸がにょきにょき出てくるのです。

でも これはもう終わりを迎えた菌床。
終わるとどうなるかというと廃棄です。
菌床栽培の農家は、これを産業廃棄物としてお金を払って引き取って貰うのです。

でも それってちょっともったいない。


なぜって、菌床は「おがくず」で出来ていて
それは畑に入れたら堆肥に出来るんですから。








f0097970_18342876.jpg

私の畑は、この菌床栽培農家の方から借りています。
そこで この廃棄する菌床をいただいて、堆肥として再利用しているのです。
その 廃棄の時期が毎年8月頃・・・暑い時期なのです。
最初の写真、菌床ハウスの中から 一輪車を使って運び出し。


最初に頂いた年は、菌床のみで作った堆肥でしたが
2011年までは落ち葉と一緒に堆肥化していました。



震災で福島から放射能が出て、落ち葉は使えなくなりました。
2011年に作った堆肥は、結局全部畑の隅の地面に埋めました。
もうそろそろ大丈夫そうなんだけど、どうしようか迷っています。
昨年は、震災前の落ち葉が少しあったので、それを使って菌床と合わせて作ったんだけど。


今年は 菌床だけで堆肥を作るか・・・・・。
とりあえず、猛暑の日中は避けて、
朝「あまちゃん」が始まる前に畑に行って
頑張って運んでいます。


あまちゃん お昼も再放送やっていて良かったよ。
[PR]
by shogame2 | 2013-08-09 18:42 | 2013春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)