<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
最後の最初
f0097970_205302.jpg


今年最後の収穫は、今年初めて作って最初の収穫の「金時人参」
なんだかでこぼこになっちゃって・・・・。
どうしてこうなったのかは不明ですけど。

shogame1の実家のお雑煮には、この金時人参が入ります。
こちらで迎えるお正月には、スーパーで買った物を使っていましたが
いつも「作れば良かった」って後悔していました。

今年初めて忘れずに作ってみた「金時人参」
ちょっと畑に置きすぎたのでこうなんったんでしょうか??
まあ 周りを全て剥いてしまうので、お雑煮には問題なく使えると思うのですけどね。
これで shogame1家のお雑煮の具も全て畑の物となりました。




一年間、沢山の方からコメントを頂きました。
同じ菜園をやっていても、場所も気候も違いますから
色々な方法だったり、本当にためになる事が多くとても勉強になった一年でした。

私はといえば、コメントを頂いたにもかかわらず、
相手の方になかなかコメントを残すことが出来ず、いつも申し訳なく思っています。
が、まあ めんどくさがりな性分なので許してくださいね。


今年一年 本当にありがとうございました。
どうか 皆様良いお年をお迎えください。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-30 20:15 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback
年内最後かな〜畑
f0097970_19412894.jpg

今年はおせちをお取り寄せにしなかったので
何十年ぶり?くらいにほんの少しだけおせちもどきも作るかな〜って思ったら
これが、レシピなどすっかり忘れていて、なかなか手際が悪く多忙な身辺。


畑から野菜も採ってこなくちゃって 行ってみたんですけど
例の定植したお豆さん達、どうやら生きておりました。
凄く小さいのだけ ちょっと危うかったかな〜。


帰りには山のようなお野菜収穫。
明日から 年末の宴会用のお料理と
おせち、と言っても酢蓮とたたき牛蒡、数の子、八幡巻き、ローストビーフくらいだけど(汗)
(栗きんとんとか昆布巻きとか黒豆は買って済ませます)
久しぶりに年末が多忙です。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-29 19:48 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
まめまめしくね
f0097970_1633186.jpg

畑のお豆・・・・。
雑草の中にぽつんと。
どれか・・・・わかります?


グリンピース、スナップエンドウ、キヌサヤと
今年は種播き後の急激な寒さのため、結局育たず、
それでも 雑草はこんな風に勝手に発芽して勝手に育つというずうずうしさ。

雑草は、霜よけや寒さよけにもなるので迷いましたが、
これを放置すると、根がしっかり張ってしまい
いざ抜く時になると、お豆達も抜いてしまいそうになるので(経験済み)
やはり今のうちに成敗いたします。




f0097970_1617376.jpg

手を動かせば、小一時間で終わるんですよね。
ついでに ベランダで育てた後播きのお豆も定植。
今年は、お豆が駄目になって、あとからまた植えたりしたので草取りも頑張りました。
本当は こうやって冬の草取りも ちゃんとやらないといけないのですよね。

そう まめまめしくね。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-26 16:23 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
2013のクリスマス
我が家のクリスマスはもう昨日ケーキとチキンを食べて終わりました。



f0097970_23295411.jpg

連休は 相方shogame1が忙しかったり、
出かけなくちゃならない用事があったりで
連休はバタバタして終わってしまいました。



f0097970_23361766.jpg

そういえば、こんな風にツリーも出していないし・・・・。(ここ数年は黒い子対策で出してないけど)
そんなちょっと盛り上がりに欠ける今年の連休クリスマス。
でも例年通りケーキを焼いて、チキンだけは作りました。



あとは 残すところ一週間を大掃除と畑の整理整頓をちゃんとして終われるように頑張るのみ。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-23 23:57 | オイシイもの | Trackback | Comments(16)
かぶらぶ
f0097970_6221239.jpg

以前にも書いた大好きな蕪。
でも和風でも洋風でもしっかり煮込んだりするのは、ちょっと苦手なのです。

今回は、蕪と春菊のペペロンチーノ、若干鶏肉入り。
蕪は本当に美味しくなりました。
ダイスに切って、少々の鶏肉とニンニクで炒め唐辛子を加えます。
パスタとお鍋で和える時に春菊も入れます。

もう蕪の甘い味と歯ごたえったら!春菊の香りも良いです。


今年の蕪は本当に美味しくて、お料理の時はほぼ生か半生状態で食べます。
私にはこれが一番美味しい食べ方のように思えるんですけどね。


かぶ LOVE!
[PR]
by shogame2 | 2013-12-21 06:29 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
いのちのおもさ
ちょっと タイトルが重くてすみません。
それ程大した事ではないのかもと思うんですけど。
良い言葉・・・浮かびませんでした。



f0097970_20425470.jpg


昨日収穫したキャベツ、重さは1300gほどありました。

写真の下の方にあるつぶつぶ・・・・キャベツの種です。
20粒でようやく0.1g程になりました。
一粒だと0.005g?


重さなんてほとんど無いような小さな小さな種からこの大きなキャベツが出来ます。
どちらも同じ一つのキャベツであり、一つの命であり。



「命のおもさ」ってテレビとかでよく耳にしますけど
なんとなく分かるけど実感としてはなかなか沸かない・・・。

こうやって一粒の種とそこから育まれて出来たキャベツと並べると
どちらも同じ命の重さを感じます。


「同じいのち」が今ここにあるということです。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-18 20:53 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
ポットで発芽
f0097970_19523654.jpg

畑のお豆がかなりのダメージだったため、ちょっと前にポット蒔きしたグリンピース。

発芽しました。

が、あまりにひょろひょろなので、ちょっと上から土を被せてみたんですけどね。

何だかこのか弱さは、とても今の時期の畑では根付きそうに無いようにも思えたり。



寒さに強い子になるようにと

夜もベランダに出して鍛えとります。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-16 19:56 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(12)
お昼に贅沢三昧
f0097970_21462185.jpg


沢山頂いた生牡蠣。

まだまだあるので、
今日のお昼は、私一人で贅沢にも 牡蠣と白菜のペペロンチーノを。

牡蠣は小麦粉を付け、ニンニクを炒めたフライパンで、強火で炒めておきます。
いったんお皿に移して、白菜を炒めてお湯で戻した唐辛子を入れ
最後にもう一度牡蠣を入れて炒め、ゆであがったパスタと絡めてオリーブオイルを回し入れて出来上がり。


一晩経ってもぷりぷり&とろ〜り度は健在。
もう たまらんのですわ〜。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-14 21:44 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
ヽ(*´∀`)ノ*:・’゚☆゚・*:
きたぁ!!!!

f0097970_1524681.jpg


今年も親戚の方からの到来物!

お待ちしておりました!と言ったら失礼でしょうか・・・。

毎年この時期になるといただくので、正直もう待ち遠しいったらないの。

こちらで買う牡蠣とはお味がまず雲泥の差なのです。

実は、今年はもし届かなかったら お取り寄せしようかと思っていたんです。

ここのお店のはまた格段に美味しいのだ〜!




さて 今夜は生牡蠣を少々食べて、後は牡蠣フライ!
広島県人 なんと言っても牡蠣フライが大好物なので!
[PR]
by shogame2 | 2013-12-13 15:07 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
ルバーブジャム
f0097970_21152082.jpg

ルバーブジャム 作りました。
今日もちょっと畑に行って、まだ短かったけど紅いルバーブの茎採ってきて。

ジャムは、作る時に基本水を入れないのですが
今回はあまりに量が少なくて、お砂糖が焦げてしまいそうだったので
やむなく水を入れました。

心配していた「筋」ですが、全く残らず
食べてみても口に残ることはありませんでした。



ルバーブ自体、まあ 生で食べたことがないので分からないのですが
強い味はないのかな。


出来上がったジャムは、甘酸っぱくてちょっと独特の風味があります。
これが結構ヨーグルトとか、トーストに合うんですよ。


そうそう 過去にはこんなものも作ったりしていたわ〜。
これも美味しかった。


久しぶりに出来たルバーブですから、もっとジャムが沢山出来るようにしたいのですが
何しろどうしたものやら・・・・、という感じですな。
[PR]
by shogame2 | 2013-12-09 21:26 | オイシイもの | Trackback | Comments(4)