<   2014年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
アンチョビを作ろう
あの時の続きです。




f0097970_13583980.jpg

久しぶりにアンチョビを作りました。
こういうのってタイミングがありますね。
たまたま対面販売の魚屋さんで美味しそうな「しこいわし」が売られていて 私を呼んだんですよ(笑)
で これは作らなきゃって思ったんですね。


今日午前中瓶詰めにして ようやく完成。







f0097970_1441986.jpg

1月初旬、久しぶりにアンチョビを作ることに。
お塩をうっすら白くなるくらいたっぷりして、ラップをして
そのまま冷蔵庫に約1ヶ月放置。




f0097970_147313.jpg

これが1ヶ月たった2月中旬の様子。
お塩は溶けて鰯から沢山の水分が出ていました。
この水分がナンプラーなので、これも大事に取っておきます。




f0097970_14105757.jpg

鰯は水洗いをしてペパータオルで水分を取った後
こんな感じでオリーブオイルにつけ込みます。



これで 10日くらい置いて出来上がり。
その後、 最初の写真のように瓶詰めにしました。



手作りのアンチョビって、市販されているアンチョビとはかなり違います。
よりお魚っぽい感じというか。
パスタにとてもよく合うので、週末はこのアンチョビのパスタかな〜と密かに思っているのです。





f0097970_14205130.jpg

[PR]
by shogame2 | 2014-02-27 14:20 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
もう発芽!
f0097970_21494590.jpg


いつもなら10日はかかる島唐辛子の発芽。
旅行から帰ってきたら「おや?」
翌日には綺麗に発芽していました。

早速 一番小さいポットに植え替え。
畑への定植まで2ヶ月。
ここからは、しっかりお日様に当たって 大きくなることはもちろん
強くて丈夫な苗に育てなくてはなりません。

責任重大。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-25 21:55 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
冬の温泉
f0097970_2050747.jpg

秋の紅葉を部屋露天で堪能してしまったら
すっかり 部屋露天にはまってしまったお二人様。
冬の部屋露天でビールを飲むってっ!!
幸せの極みです。


f0097970_2052438.jpg

しかし 今回のお宿 前回の旅館のすぐ近くのこちら
同じ湯ヶ島温泉なのでお湯も一緒です・・・・。
ま 旅館のテイストが全然違うので良しってことで。

しかし 時は冬・・・・・露天なので温度は下がり気味。
お湯を足していくと、せっかくの源泉掛け流しがどんどん薄まってします(涙)
ちょっと残念。


f0097970_20571370.jpg

お部屋はそれ程広くないのですが、座り心地の良いソファーの前が全面一枚ガラス。
向かいは山で すぐ下を6月には蛍も飛ぶ清流が流れています。
(ベッドは丁度背の方になります。)
音楽を聞きながら景色を見て、お風呂に入り、出てきて本を読み、またお風呂に入る
を繰り返し過ごしました。

このお宿、ロビーも大浴場も無いので、こんな感じでずっと部屋にお籠もりしたまま過ごす感じです。


f0097970_21110100.jpg

夕食は、野菜がかなり多めのフレンチ。
これは「寒い大地でじっくり育てた甘みたっぷりの蕪、香ばしい帆立貝柱と菜種のアロマ甘」
つまり 何種類かの蕪と帆立をクリームっぽいスープで頂く的な?
このスープが普通なら生クリームとかが使われるところを、全くその気配が無くてさっぱりと美味しかった。
蕪は、数種類入っていて、知っているのもあれば知らない蕪も。
ちょっと作ってみたいような蕪もありました。


f0097970_2153882.jpg

芽キャベツと駿河湾のアンコウ。


f0097970_2162240.jpg

その芽キャベツが素晴らしくて、
これ ゴルフボールくらいの大きさなんですよ。
しかも甘みがたっぷりで こんなに美味しい芽キャベツ食べたの初めてでした。
ウチのはこの1/4くらいのサイズですよ。


f0097970_2173776.jpg

鶉です。
他にも色々とあったのですが、本当にどれもお野菜が美味しかったのです。
特にデザートに使われていたほうれん草のピューレは、
洋梨のピューレと混ぜてあって、さっぱりとして本当に美味しかったのです。
野菜の使い方 お料理のしかた かなり参考になりました。



f0097970_21115345.jpg

朝食です。
普通は洋食だともうちょっと手抜き(?)っぽいように思うのですが
朝から元気いっぱいのお料理でした。
分量はどれもちょっとずつなんですけどね。
後ろの方に スタッフの方が描かれたというお料理の説明があります。
それを見るのも楽しかったです。


f0097970_21171373.jpg

ダイニングの窓は、部屋と同様大きな一枚ガラスで、
朝の景色がとても綺麗でした。
深緑の頃が特に良いとスタッフの方が。
それにしても このガラス凄く綺麗だったのですけど さぞお掃除が大変でしょうね〜。




今回 shogame1が年末からずっと忙しく、ようやく一段落したので
ちょっと贅沢な一泊にしました。
まあ 私はずっとヒマでしたから まるっきりの便乗型でしたけど。

河津桜を愛でて 美味しい物を食べて、ゆっくり温泉に浸かって・・・・・。
本当に良い旅行でした。
shogame1には感謝をしないと罰が当たるな〜って思いながら帰途についたのでした。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-24 21:36 | 旅のお話 | Trackback | Comments(10)
河津桜
折しも河津桜の季節。
伊豆湯ヶ島温泉に行くついでに、河津桜のお花見をば・・・・。

東名沼津から伊豆に入り、まだ雪が沢山残っている天城峠を越えたら
世界は少しずつピンクになってきていました。


f0097970_1444222.jpg


f0097970_149507.jpg


f0097970_14101887.jpg


f0097970_147169.jpg


見頃よりもほんの数日早いような6〜7分咲きという感じでしたが、美しい桜並木でした。
ソメイヨシノが華麗で上品なピンクなら、河津桜は可愛らしくキュートな感じで
丁度すぐそそこに来ている桃の節句が似合いそうな感じです。
一本の原木を土地の人たちが、増やしてこの桜並木を作ったそうです。


平日だったので、もっと人が少ないかと思っていたのですが
なかなかの人出。しかも露天も沢山出ていてちょっとげんなり。
それでも 川沿いに並木をそぞろ歩いて堪能しました。


その後、その日のお宿、湯ヶ島に戻りました。
お宿のことはまた次に。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-23 14:18 | 旅のお話 | Trackback | Comments(14)
久しぶりに
f0097970_17173066.jpg


1月初旬、ちょっと良さそうな「しこいわし」が手に入ったので久しぶりにあれを・・・・。



明日からちょっとお出かけするので、今日はこの写真のみアップします。

何を作ったかは 帰ってきてからのお楽しみってことで・・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-20 17:19 | オイシイもの | Trackback
ナゾの箱
f0097970_1718477.jpg

3日ほど前に出現したナゾのBOX。
今季初の育苗BOXです。

ウチは犬がいるので、床に箱が置けないので
台の上に小さなホットカーペットを敷いて
その上にプラスティックの箱を置いています。
そして保温できるようにフリース毛布でカバーです。





f0097970_17202154.jpg

中はこんな感じ。
3日ほど前に「島唐辛子」の種を播きました。
例年時間はかかるけど100%の発芽なので2本だけにしました。
そして今日、ナスと満願寺唐辛子を播きました。
温度は28℃〜30℃くらいに保つようにしています。
これは島唐辛子の発芽温度がとても高いためです。


ナスの発芽は、早ければ数日だと思うのですが
島唐辛子は10日はかかるので、気長に待つことにします。

後は、20日を過ぎるといよいよトマトの種播きになります。
今年も始まったな〜という感じですね。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-18 17:25 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
2014年夏の作付け
f0097970_12563066.jpg

やっぱり楽しい作付け計画。

あーでもない、こーでもない・・・・
おっと これは連作になっちゃう。
なんて考えながらまだ寒い冬に作る作付けは、
妄想を最大限に膨らませて、という感じで本当に楽しいものです。


今年も特に変わった野菜を作ることはないのですが、
莓がとにかく沢山欲しかったので、それだけは一畝増やしました。

トマトは、昨年は29本作ったのですが、さすがにちょっと多すぎたので減らしました。
と言っても25本ですけど(笑)


私は夏野菜のほぼ全部を種から作るので、種もこれから注文です。
作付けも楽しいけど、どんな品種にするかを考えるのもまた楽しみなんですよね。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-16 13:09 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
ずっと
f0097970_2013240.jpg


ずっと昔、shogame1に言われたこと。

中学生のときから 一度も途切れることなくチョコレートをもらい続けたらしく
お願いしますからこれからも忘れずにチョコをお願いします・・・・。
告白でも何でもなくて ただのお願いです。
以来毎年チョコレートを贈っています。


若い頃は、あそこのお店のが美味しいとか
いやいいやあそこの方が美味しいとか、確かに吟味(?)したものでしたが
もう何年も 手作りです。

その方が材料が良くて美味しいし第一お得ですから。
もちろん私も一緒に楽しみますし。



チョコレートは 今年もフランスのVALRHONA(ヴァローナ)のカカオ70%を使って
生クリームを温めてチョコレートを溶くだけです。
あ 忘れていけないのが枇杷酒。
こちらもお手製で、これがスィーツにめっぽう合うのです。


簡単に作れるから ずっと続けられるし
ヘタなブランドのチョコレートよりずっと美味しいと自負。
ただ 年と共にチョコレートがちょっと重くなってきたことも確か。
一度に一つ食べればもうお腹がいっぱいになります。
若い頃は2,3個平気で食べられたのにね。


まあ ちょっとずつっていうのもずっと長く楽しめるこつかもしれないけど。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-14 20:13 | 記念日 | Trackback | Comments(8)
最後まで使い切りたいよね
f0097970_18393866.jpg


白菜のポタージュです。

白菜があとちょっと残っていて、
お鍋にするにも煮物にするにもちょっとね〜って感じでしたの。

そこで思い立ったのが、ポタージュスープ。
先日買った新しいミキサーが、なかなか良い仕事をしてくれたので
今回もそれで作ってみました。

白菜を茹でて、最後にコンソメスープの元をちょっとだけ入れて。
かなりどろっとした感じになりそうだったので
ジャガイモは入れませんでした。


結果 大正解。
意外や意外・・・・へ〜〜ってくらい、濃厚な感じのポタージュになりました。
ミキサーがやっぱり良い仕事をしてくれていて
舌に気になる繊維質も全くなく、なめらかなポタージュでした。


最後の最後の芯の所まで使い切った白菜のポタージュ。
使い切れたので、何だか嬉しいし、
第一この濃厚な甘みは、芯の所に近くないと出ない味じゃないかと思うんです。

次の白菜も、最後の芯の部分になったら ポタージュスープにしてみることにします。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-11 18:45 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)
畑まで歩いてみた
除雪状態が分からなかったので、今日は徒歩で畑まで行ってみました。
約20分のウォーキングって感じです。
さすがに表の通りは、除雪してあったし
車道はもう乾いていましたが、まだチェーンを付けている車もありました。

そして 表の通りから一歩入った畑までの道・・・・




f0097970_2013584.jpg

一日中 お日様があたる道路なんだけど、
地元の人しか通らないからたっぷり雪残ってます。




f0097970_20135544.jpg

畑までの道の最大の難所と想像していましたが
本当に凄かった!
雪が上がってもう一日以上経っていて、しかもずっとお天気だったけど
ここはずっと日陰で、スタットレスの車じゃないと通れそうにない・・・・。
地面が見えているように思えるところも完全に凍っていました。

そろりそろりと、出来るだけ雪の所を踏みしめて歩きました。




f0097970_20193319.jpg

もっと凄いことになっているかと思ったけど、
トンネルの上の雪はありませんでした。
吹雪だったのと、比較的乾いた雪だったから積もらなかったのでしょうか。
まあ 周りは真っ白ですけど。


今日は長ネギとウチの黒い子用の野菜を収穫して 早々に退散してきました。
積雪は平らなところで20cmくらい?
吹きだまりだと30cmはありました。
当分畑仕事はおあずけのようです。
[PR]
by shogame2 | 2014-02-10 20:23 | 2013秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)