<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
早くも来年の準備スタート
f0097970_16202839.jpg

収穫がようやく終わったと思ったら、いつの間にかランナーが伸びていたイチゴ。
クィーンベリーは、早生なのかランナーが伸びるのが早いです。
ネットをしてあったので、編み目の間からも出てしまっていて外すのが一苦労でした。

黒マルチを外して、ランナーを整枝して 来年用に秋に採るための株の準備。
と言っても 何となく適当にという感じになりつつ・・・・。
親株が大きかった分、ランナーも太く長いのが縦横無尽に出ていて
あちこち絡まる絡まる!
暑さもあって、ちょっといらっとしながらも
来年も大きくて美味しいイチゴを食べるためと自分に言い聞かせて作業をしました。
ランナーがあまり出ていないのは邪魔なので抜いてしました。


今日はとりあえず一畝だけ。
あと2畝残っているのですが、宝交早生は、どうもここ数年苗が良くなくて
豊産なのですが粒も小さい。
今年は大きい株3,4株だけ残して 後は処分しようかと思っています。
友人から5株もらい受け殖やし続けて15年くらい。
美味しいイチゴを楽しませてもらいました。


秋に新しい宝交早生の苗を買うか、 クィーンベリーの苗を殖やすか・・・・。
秋まで考えようかと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-30 16:31 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
仲良く並んで
f0097970_1627192.jpg

晩生の玉ネギの先が少し枯れてきて 倒れるのも出てきたので思い切って抜きました。
ニンニクと同じように なかなか大きな玉が沢山あったので
もしかしたら玉ネギ系(?)は我が家にとっては当たり年だったのかも。






f0097970_16312288.jpg

晩生の玉ネギは、全部で200個ちょっとありました。
このまま週末過ぎまで干して、週明けに縛って吊そうかと思っています。

早生の方はもう収穫が終わってどんどん食べてしまったので
さて そちらはどのくらいあったでしょう?
たぶん50個〜80個くらいだったかも。




昨年イタリアとフランスの白玉ネギが全く発芽せず もうガッカリの極みだったのですが
早生も晩生も良い出来だったので、ガッカリは帳消しになりました。

今年は・・・・ 国産でいこうと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-29 16:38 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
ニンニク収穫
f0097970_1561874.jpg

どうも私はニンニクを作るのがあまり上手ではなく、
昨年もなんだか小さな ブログにアップするのもはばかられるようなガッカリ物でした。

それが今年は最初からとても順調で、越冬の時も問題なかったのです。
これはいけるか?!と思ったのですが
春先になると 茎がとても太くなりまたしても心配になってきました。

どうなるか どうなるかと思っていたのですが
ちょっと抜いてみたら 予想に反してかなり立派な物が出来ていました。
かなり大きな玉で、使い勝手を考えるとちょっと大きすぎる?ってくらい。



でも 久しぶりの豊作ニンニクで ちょっとウハウハ・・・・なのですよ。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-27 15:18 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
トマトの雨よけについて考えてみた
家庭菜園王はなんと言っても「トマト」と思っている私。
我が家には「トマト命」みたいなヒトもいるのでこれまでにも一番力が入っていた野菜です。


それでやっぱり一番考えているのは
「いかに甘くて味が濃く、しかも皮が薄くて食感が良いトマト」
というまことに難しいお話です。

今回はこの美味しトマトのために作り続けていた「雨よけ」について書きます。
かなり長くなりますが・・・・。

以前に美味しいトマト作りの極意とのタイトルで、トマトの作り方について書いたのですが
その翌年から雨よけを作り始めました。
当時は、そんな資材も無かったので、トンネルに使うアーチを使って本当に手作りでした。
それから毎年、トマトの雨よけは作ってきました。

雨よけで まず トマトの根元から入り込む雨水を出来るだけ押さえて
トマトが常に水には飢餓状態を作りたかったのです。
トマトは、そうなると実の中に養分を蓄える→甘くなる というわけです。
ですから 私はトマトを一旦定植したら どんなに乾燥が酷くても水やりはしません。


f0097970_10341898.jpg
※最初の年の雨よけ。shogame1作


ところが、この雨よけがなかなか難しいのです。
雨よけを作ると、ビニールカバーの中はなかなかの気温になります。
苗が小さなウチはそれ程影響は無いのですが、
1m越えになりはじめると、もう温度が高いので成長が早いのです。


f0097970_10472288.jpg

f0097970_11195036.jpg

これは2011年8月の雨よけ撤去の様子。
随分前からアーチの天井にトマトが届いてしまって、結局焼けてしまった感じです。
この後、この年は結局花も咲かず従ってトマトも出来ませんでした。


最近はちょっとした道具があるとは言え、所詮手作りの雨よけ。
ビニルハウスとは 規模が違います。
手作りの雨よけの高さはせいぜい2mあれば良い方じゃないでしょうか。
夏に向かう時期、トマトはただでさえ成長が早いのに、
ビニルの高温の中であっという間に天井に付いてしまいます。
しかも幅と言ったら、せいぜい1m程度。
雨が普通に降る程度でも、下の方のトマト自体には雨がかかってしまい
品種によっては裂果のトマトも出てきます。
ビニールで囲んだこともありましたが、やはり中の気温が高くなりすぎる・・・。
葉や実もビニールに直接触れてしまいます。


f0097970_10522425.jpg

昨年は6月中旬には早くもシシリアンルージュが天井に届きそうになったので一部雨よけ撤去でした。
その後シシリアンは、雨に当たって一部裂果したのですけど。
でもこの作業も私一人ではかなり大変でした。




実は昨年、「雨よけを付けたトマトの畝」と「雨よけを付けないトマトの畝」を作りました。
品種が違うので、一概には言えないのですが、
昨年みたいに 例年通りの梅雨(だったと思うのですが)の時だと
ほとんど影響がなかったというのが感想です。
出来上がったトマト、味はと言えば最初の頃はちょっと甘みが薄かったのですが
8月になって、カッと暑い夏の日差しが降り注げば
これはもうどちらも問題ないくらいの甘くて美味しいトマト。
しかも豊作でした。
ただ やはり皮は硬めになります。


裂果のトマトについては、やはり雨が沢山当たると裂果しますし(シシリアンルージュ)
雨よけが無いと、根っこにも雨が入り込むので裂果の確率は上がります。
ただ 若い苗のウチは養分も豊富ですから、割れにくいという感じがします。
雨よけ無しの「ピンキー」は、梅雨の時期もほぼ裂果がありませんでした。
ほら9月頃に台風の大雨が来た後のトマトってほとんど割れていますよね。
あれって もう苗が年を取ってきていてしかも養分も少ないからじゃないかと思うんですよ。




あと3週間ほどで梅雨が来ます。
そのちょっと前に例年通り雨よけを作って、
一ヶ月後の梅雨明けと同時にビニールを撤去する・・・・。
それはありかもしれません。
でも 女手一つで作るしかもおばさんが作る雨よけは、なかなかの労力で
一ヶ月後にそれを撤去するのはあまりにも面倒すぎる・・・・。
しかもそこまでする効果はどのくらいあるのか・・・・。

結局


今年はもう雨よけは作らない!


というのが結論・・・・でした。
でした というのは、実はその後迷いだしているのです。

先日テレビで見た、お天気の長期予報。
今年はエルニーニョ現象の影響で、雨が多めで気温が低め・・・・とか。
昨年と同じようなら、もう雨よけは作らない!と言い切れるのですが
雨が多く梅雨が長いとなるとやっぱりね〜。



このまま梅雨突入を待って、様子で決めようかどうしようか。
というとても迷うところなのです。

農家のようなビニルハウスがあったらね〜。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-23 06:18 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(26)
初物旬物
f0097970_218266.jpg

ソラマメ、待ってたんですよ。
大きさや形はどうでも良いのですが、沢山ないと出来ないですから。
ケチケチせず思いっきり使いたいですものね。

ソラマメの甘さと香りがいっぱいのスープでした。






f0097970_21103311.jpg

ソラマメの天ぷらと新玉ネギの天ぷら。
そしてキヌサヤの塩炒め。
キヌサヤだけが炒め物なのは私が大好きだからです。

ソラマメの天ぷらはホックホクであまいお芋のようなお味でした。
新玉ネギは、今年はかなり贅沢に食べています。
生でもどんな風にお料理してもとにかく裏切らない美味しさです。
そうそう 週末またお山に行くので、小さな新玉ネギを持っていって
ダッチオーブンで焼いてみようかと思っています。


今年はソラマメは大豊作!
でも キヌサヤ、スナップ、グリンピースは 既にうどんこ病の症状が出ていて
ちょっと残念ですけど、それなりに楽しめているので「よしっ!」とします。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-21 21:16 | オイシイもの | Trackback | Comments(6)
こんなになっちゃった
f0097970_12381219.jpg

ルバーブ、株の真ん中からにょきって茎が出てきて
それがどんどんどんどんどんどん伸びて、こんな風になりました。
まるでジャングルのちょっと不気味な植物みたいですね。
高さは160cmくらい、私の背丈より高いです・・・。

これは先日の強風の前の写真なのですが
この後 強風で数本倒れました・・・・。





f0097970_12394558.jpg

恐らく 左の白くホワホワッとした部分が花???
そして沢山つり下がっているのが種と思われます・・・。


さて このルバーブ、今年は葉のところの茎は全く赤くならないし
何となく硬そうにも思えるのですが(何となくがっしりしている風)
これでもジャムに出来るんでしょうか??
[PR]
by shogame2 | 2014-05-19 12:43 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
しっかり支えてね
f0097970_20382087.jpg

ようやくトマトの支柱を作りました。
地面にかなりしっかり挿すので、なかなかの力仕事です。
この畝を2本・・・ちょっと頑張りました。
ここ数年、直角に交わる支柱は、金属の留め金具を使うようになって格段に楽ちんに。






f0097970_20412660.jpg

トマトの苗も 短くて細く頼りなかった支柱から
太いしっかりした支柱の方に誘引して縛りました。



これでほっと一息です。
後は例年だと「トマトの雨よけ」を作るのですけどね。
昨年は、「雨よけを付けたトマト畝」と「雨よけを付けなかったトマト畝」を作り
どう違うか実験してみました。
その結果を踏まえて 今年どうするかについては また後ほど。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-17 20:47 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
ソラマメ 初収穫
f0097970_8323764.jpg

っていうか 試し採りですね。

お店のソラマメって、鞘がつるつるで黒い斑点が出来ているので
そういうのが一番の売り時なんだろうなと思います。
でも 家庭菜園のはそれよりはちょっと早めの方が
甘み柔らかさも格段に良いですよね。

私は、ちょっとつるってなってきて
黒い斑点が出るか出ないかの辺りで収穫していますが
もう待ちきれず(笑)とりあえず良さそうなのを
「試し採り」と勝手に言って収穫しました。




f0097970_8355637.jpg

いかにも若々しくて柔らかそうなお豆です。
このくらいだとお豆を包んでいる薄皮も柔らかくて食べられます。
ホクホク感は無いのですが、甘さは格別です。

でも 本当の収穫適期は、この「お歯黒」がもうちょっと黒くなった時なんですよね。
そうなると 初収穫の時の若々しさは無くなりますが
ちょっとお芋のようなほっくりとした甘さになります。
それもまた 美味しいのです。


今日はまた午後から畑に行く予定なので
完熟に近づいたソラマメを採ってくるつもりです。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-15 08:40 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
同時開催「豆祭り」
f0097970_11425363.jpg


イチゴと同時に豆類もどんどん出来てきています。
これはキヌサヤ。
お豆の中では一番に食べ始められますが
今年は、ちょっと異変。
既に黄色くなって枯れかかっているのがあって 病気?
収量はちょっと少なめですが、まあ その方が丁度美味しく食べられる量ってことで。




f0097970_1147949.jpg

こちらはスナップエンドウ。
収穫した後の写真なので、残っているのがちょっとスレンダーなお豆ですね。
スナップエンドウは、ぷっくりとしているのが美味しいのですが
それを待つのがじれますね〜。





f0097970_1148345.jpg

今年はソラマメがちょっとした被害に遭っています。
傷の付き方からしたら鳥かな〜、カラスとか・・・・。
でも つついた感じは無いしどちらかというと爪でひっかいたような・・・。
獣???




f0097970_11495412.jpg

幹から取って食べているところを見るとやっぱり獣っぽい感じもします。


ネットをしようか迷っていますが
風通しが悪いとアブラムシも繁殖するので
このまま少し様子を見ようかと思います。


ソラマメは、かなり膨らんできて 表面がつるつるになってきました。
これで 少し黒い斑点が出てきたら食べ頃。
もうちょっとの我慢です。


……………………………………………………………………………………

今日は、午後からトマトの支柱を立てに行く予定でしたが
shogame地方は晴れているものの 強風で飛ばされそうな勢い。
どうしようかなと迷いつつ ブログをアップしています。
[PR]
by shogame2 | 2014-05-12 11:54 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
イチゴ祭りのメインイベント
f0097970_655324.jpg


そりゃあ なんと言っても イチゴタルトです!

焼いたタルト生地の上にカスタードクリームと生クリームを層にして

その上に これでもかってくらいイチゴを乗せるんです。

丸ごとイチゴですから なかなか壮観ですが

なにせ自家製イチゴですから 大粒アリ 小粒アリでまちまちにはなります。

ただ 今年のイチゴは全体にとても甘いので、

クリームのお砂糖もかなり少なめ、イチゴの味と香りが存分に楽しめます。

作る腕も必要ないという イチゴ様々のタルトです。




 
[PR]
by shogame2 | 2014-05-11 06:09 | オイシイもの | Trackback | Comments(10)