<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
トマトの脇芽のこと
私が家庭菜園を始めた時に買った本には 確か
「トマトの脇芽は取って 一本立ちにする」と出ていたと思います。
以来 私はずっとその方式でトマトを育ててきました。


しかし 10年くらい前だったか 同じ家庭菜園をやっている父から
「2本〜3本立ちで作っている」ということを聞いてびっくり。
それでも 全然問題なく作れているというので なるほどそういうのもありなんだって妙に得心したのでした。




f0097970_10591584.jpg
そのことはずっと気になっていたのですが、今年その「トマトの複数立ち」を試してみることにしました。

なぜって ネット上でちょっと見ていたら そういうのがやはり育て方として
あるというのが分かったからです。
但し 大玉のトマトについては 実が小さくなってしまったり
風通しが悪くて病気になりやすいとかあるみたいなのですが
中玉からミニトマトは大丈夫らしい。



トマトなんて最初に調べたっきり 整枝の仕方は考えていませんでした。
でも このクッキングトマトのサンマルツァーノは 上に伸ばそうとして脇芽を刈っても
どうも横に横にと出てきたがる感じ 縦に伸びません。
ちょっと矮性の感がしていたんですよね。
だから いつもなんとなく適当でした。

そこで このサンマルツァーノだけ 今年は脇芽を積極的に伸ばすことにしました。




f0097970_1171379.jpg
早速ジャングルですけどね(笑)
これでトマトの出来具合を見てみることにします。


他の品種については 従来通り1本立ち。
これから梅雨に入るので 茂りすぎるの病気の事とかちょっと心配ですから。
それに本数がそこそこあるので これ以上の量も必要ないと思われ・・・・






f0097970_11141228.jpg


もっとも 毎年夏の終わり頃になるとこんな状態で 整枝もなにもあったものではないのですけどね。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-31 11:15 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(11)
お豆ごはんはお鍋で炊くに限る!
f0097970_21504161.jpg

何年か前に買った我が家の炊飯器は圧力式。
初めてお豆ごはんを炊く時に焦りました。
途中でお豆を投入しようとしたら蓋が開かないんですよ。
後で解ったのは 圧力式だからロックがかかって途中で開けることが出来ないって事。

そこで炊き上がる10分くらい前かな〜 圧のロックが外れてからお豆を投入してみた。
結果・・・ お豆は初物の頃はまあ 良いんだけど 中盤になるともう硬めの出来上がり。
しかも どちらにしても香りも味もごはんには移らず・・・・

ネットとかで調べたら そういう人が結構いて
先に固ゆでして置いて そのゆで汁を冷ましてごはんの水に混ぜるとか。
お豆は圧ロックが外れてから投入。
こうするとお豆は柔らかいのですが、でも やっぱりごはんにあのお豆の香りが移らないし
第一 しばらくするとお豆の色が鴬色みたいに変わってきてしまいます。



ああ もう美味しいお豆ごはんは食べられないのか・・・・と 思っていたのですが



考えて見たら 我が家はよくキャンプに行っていて
その時はお鍋でごはんを炊いているんですよね、あまり上手くないけど。
我が家のガスコンロで炊いたらお豆の投入時間も自由に出来るし・・・・
で 思い切って我が家のお鍋を使ってガスコンロで炊いてみたんです。

そうしたら これが ことのほか美味しく炊けて!
蒸らした後フタを開けたらあの甘〜いお豆の香りがふんわりとして
お豆の色も綺麗 しかも食べたらお豆が柔らかくてもっちり!
ごはんもどういう訳かつやつやでして・・・・
しかも 翌朝に残ったごはんのお豆の色がそれ程劣化していなくて・・・・。


家の安定したガスコンロの火でごはんを炊くって 案外簡単なのか?
って勘違いしそうなほどでした。


実はこれ 2回目なのです。
最初の時は 偶然かと半信半疑でした。
今回やっぱり美味しく出来たので お豆ごはんはお鍋で炊くに限る!と確信。



余談ですが、その後 普通のごはんもガスコンロ&お鍋で炊いてみたら
これがまた美味しかった!
友人でいつもお鍋でごはんを炊いている人が居るんだけど
解るような気がしましたよ。

まあ スイッチポンの方が数段楽ちんですけどね。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-29 22:08 | オイシイもの | Trackback | Comments(6)
イチゴは終わってもイチゴ仕事
f0097970_2043667.jpg
今年は本当に豊作でしかも甘みも最高だったイチゴ
でもあっという間に終わりました。
正味3週間程度・・・
でも存分に楽しめたし 冷凍庫には食べきれなかった山ほどのイチゴが
ジャムにしてもらうのを待っています。


で 畑のイチゴは終わっても ここから仕事があるわけです。
まず 鳥&獣除けのカバーを外し 敷いてあった黒マルチを剥がして
小さかったり弱っている苗を抜いて ランナーを整えていきます。

あ これは私のやり方なので たぶん本とかだと違うと思いますが・・・・






f0097970_2091260.jpg

こんな感じで 一株から2本〜4本程度の元気の良いランナーをまとめて隣の空いている畝に伸ばします。

これは 秋に孫株を採るために分かりやすくするためなのですが
気休めと言えば気休めっぽくて 昨年の7月には既にこんな感じになってしまっています。
今年もたぶんそうなるんじゃないかと・・・・・思いつつも
いやいや 今年こそ ちゃんと管理するぞ・・・と・・・か・・・・





f0097970_20151049.jpg
ランナーは両サイドの畝に伸ばしています。
イチゴの畝は全部で3列
でも ばらばらにしたので ランナー同士が絡み合う可能性は昨年よりは低いかと思っています。


さて どうなるか・・・・ですが
この2日間 この作業にほぼ野良仕事を費やしたので
もう腰も膝もくたくた状態。



とりあえず雨の前にやり終えて 念のため水まきをして
ようやく イチゴのお仕事終了となりました。


雨 降ってくれ〜!!
[PR]
by shogame2 | 2015-05-28 20:18 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
花の気配
f0097970_2105742.jpg
ラベンダーが今年も蕾を沢山付けています。
最初は種から作った小さな苗だったのですが とても丈夫で病気知らず
虫も付かず元気に大株になりました。
この花を見ると6月の梅雨を思い出します。
6月に入った頃 開花するんじゃないかと楽しみしています。






f0097970_2133943.jpg
枝豆 これって花のつぼみ?
いつも適当に作ってみて 全然上手くいかない枝豆なのですが
今年は播き時もちゃんと守って(一回目だけですが)育てています。
夏の暑い日の野良仕事後 家に帰ってビールを くぃっと呑みながら
私作の枝豆を食べたい。

今年こそ!
って思っています。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-25 21:07 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
久しぶりの野良仕事
一週間ぶりくらいで畑に行きました。
色々とやりたいことはあったのですが どうしても行けず・・・・

イチゴは見事に終わっていて
ほんの数粒の収穫だけでした。
行けなくなる前に 収穫がほぼ終わって良かったです。

お豆はキヌサヤとスナップが終わっていました。
今年初めて作った「うすいえんどう」(グリンピースの仲間です)は
豊作でしたが これもそろそろ終わりな感じです。




f0097970_20571045.jpg
トマトは たった一週間弱 手入れをしていなかっただけでジャングルのようになっていました。
よく見るとどちらが脇芽だか分からないくらい脇芽が太く伸びていました。
この手入れをして伸びた部分を支柱に縛り付ける作業はなかなかでした。











f0097970_20534336.jpg
キュウリはトンネルにしてあったのですが 中で地這い状態になっていました。
このままで良いことにしたい・・・という気持ちもあったのですが




f0097970_20551573.jpg
shogame1が一緒だったので、手伝ってもらってちゃっちゃと棚を作りました。
二人で しかも男の人がいると作業は格段に早くなります。








f0097970_20595793.jpg
スイカは最初の花が咲いていました。
雄花だったので放置です。
茎がかなり伸びていて ちょっと遅ればせになりましたが
主枝を切って 脇芽を伸ばすようにしました。




その他にも ナスに支柱を付けたり草取りをしたり 収穫をしたりと
忙しく過ごしてきました。

久しぶりの畑は あれもこれも と やりたいこと やらなくてはならないことだらけでした。
当分忙しそうです。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-24 21:06 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
長丁場の第一歩
f0097970_8451524.jpg
長ネギもようやく発芽しました。
こんな風に折れ曲がっている線が付いているのに
もうちょっとしたら 真っ直ぐな苗になるのだから不思議です。

早ければ6月 遅くても7月には新しい畝を作り彫り込んで定植します。
shogame地方は このネギの栽培もまだまだ盛んで
周りはプロのネギ農家がぐるり。

冬場はホウレン草を作り この時期からはネギの栽培が始まります。
といっても 農家はもうそろそろ苗の定植時期なんだけどね。
プロのようには行かないけど ちょっとだけ真似をしたりして育てていきます。



これから秋の終わりの収穫時期まで 長丁場のネギ栽培。
定植場所の土を掘り混む作業がちょっと大変だけど
それ以外は 基本土寄せくらいしかしないので 大して手間はかかりませんが
収穫までは ずっと一つの場所を占領することになります。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-19 08:52 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(12)
恵みの雨
f0097970_11225492.jpg

4月に種播きをしたのに 全然発芽せず・・・
大葉って不思議です。
こぼれ種からだと 必ず発芽するのに
種播きをするとなかなか発芽せず・・・・
しかも全然雨が降らなかったので、毎日のように水まきもしたのに全然・・・


それが どうやら先日の雨が恵みの雨だったみたいで
ようやく発芽しました。
大葉は、こぼれ種だと便利なんだけど
大抵は赤紫蘇と交雑するので 固くて色も悪くなります。
で 最近はいちいち種播きをする事にしています。
こうすると ちりめんの綺麗な大葉が出来ます。



ともかく 発芽してくれて良かったよ〜
[PR]
by shogame2 | 2015-05-17 11:27 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
初夏のパスタ
f0097970_9211236.jpg

今 一番美味しいものでパスタを作りました。

新玉ネギとキヌサヤのパスタ

なんてことないのですけど ちょっと一工夫があります。
2人分だと まず小さめの新玉ネギ1個〜半分くらい(ウチは1個使います)
そして さらに小さめの新玉ネギを1個すり下ろして使います。

ニンニクオリーブオイルで炒めて そこにベーコン、新玉ネギ、キヌサヤを入れて
さっと炒めます。
その後にすり下ろした新玉ネギを入れちょっと煮込む感じ?
ウチはトウガラシを入れてペペロンチーノ風にしました。

レシピのヒントは・・・HATAKEのパスタ
南青山にあるパスタやさんのシェフが出している本です。
このお店 ランチパスタがとても美味しくてお気に入りなのですが
どうも人気でお昼12時に行くと大抵満席です。
パスタより サラダプレートの方が人気っぽいですが・・・・。


新玉ネギのパスタに話を戻しますと・・・・
あま〜くシャキシャキした新玉ネギが絶妙にパスタに絡まって
キヌサヤと共に初夏を感じる美味しいパスタです。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-14 23:58 | オイシイもの | Trackback | Comments(4)
かわいい四つ子
f0097970_16183452.jpg

毎年 この最初の鞘を開ける時はワクワク
恐らく四つ子が入っているだろうと思われる鞘を開けてみると
初々しい子達が並んでいました。

まだお歯黒も出来ていないので きっと茹でて皮ごと食べても美味しはず。
全体にはまだちょっと小さめですけど
この後 鞘がツヤツヤとしてきて さらに黒い斑点が出てくる頃になると
お豆も太りお歯黒が出来て ほっくりとした味になるのです。

今日はまずは茹でていただき その後はポタージュにするつもりです。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-12 16:23 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(4)
今年はまる○
f0097970_92745.jpg
私はどうも早生 極早生の玉ネギを作るのがヘタで、何となくいつも上手くいっていなかったのですが
今年は品種を変えたのが当たった!?のか素晴らしい出来!

極早生の玉ネギは扁平のものが多いのですが
どうも お料理の時にいまひとつ使いにくい・・・・
って事で 今季は丸形の極早生にしました。
品種は『春いちばん』
これは 初収穫の頃の小さな玉もとても使いやすかったです。
特に今年は 強風の時があって まだ小さな玉だったのに茎が倒されて収穫を余儀なくされた玉ネギも
色々と使えて良かったです。


先日全てを収穫したのですが、結構大きくなったものも甘くて美味しかった!
来シーズンもこの品種でいこうと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2015-05-10 09:35 | 2015春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)