畑騒動顛末記・3) 新しい畑と古い畑のその後
f0097970_21294317.jpg新しい畑の今日の姿
地主さんが1回目の耕運の後、昨日2回目の耕運もしてくれました。
長雨だったので雑草はすっかり腐って、綺麗に土と同化。




最初の状態と比べると・・・
(写真の色が変でごめんなさい)

f0097970_21445014.jpg


そして、耕運がちょっと遅れたため 夏野菜の引っ越しはあきらめ
今の畑で育てることにしました。

しかし朗報!
古い畑の引っ越しは、その後何の進展もなく地主さんもアクションがないため思い切って都市整備公団の方に電話を入れ直談判をする事に!
私の前に同じ畑仲間の一人がやはり直談判をしていました。
公団側は、12月引き渡しと確約を!
電話での約束でしたが、とにかく今植え付けてある野菜の収穫後、ということで一番長い「里芋」の収穫後と言うことに。
これで、夏野菜は安全。
ブルーベリーも秋に時を見計らって引っ越すことが出来ます。


f0097970_220094.jpg
今日はさしあたって、今引っ越しが出来そうな苗を鉢あげしました。
ラズベリーは、親は根が深くしかも大株なので引っ越しはあきらめです。
代わりに今春地下茎から芽が出た苗を鉢あげにしました。
地下茎を途中で切っているので心配。
どうか根付きますように。


それにしても秋の引っ越しはひと騒動。
まず何と言ってもブルーベリーの引っ越し。
土も相当量あるだろうし。
前にも書いたアスパラは、大きい株は持っていけないけど小さいものは土付きで運ぶ予定。
重たいだろうな〜。
畑の道具もかなりの量と重さ。
考えてるウチ気が遠くなりそう。


f0097970_2210989.jpg


こちらは、左がマリーゴールド、右がビオラ。
他にもブルーサルビア、ラベンダー、こでまり。
カリフォルニアポピーも。
新しい畑も沢山の花が咲くようにいろいろ持って行くつもりです。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-15 22:24 | 畑騒動顛末記 | Trackback | Comments(8)
アボカドの異変
このブログを始めた頃、私のウチに3年ほどいるアボカドの木(?)について少々書きました。
我が家のアボカドの歴史についてはこちら
そのアボカドが、最近奇妙な成長を始めたのです。

f0097970_10322654.jpg

写真で分かりますか?
側枝が出てきたのです。しかもすごく短時間のウチに。
これで20センチほどですが、たぶん3日くらいの間。


拡大するとこんな感じ
f0097970_10345997.jpg


アボカドは、もともと我が家で食べた後の種からの生長だったのでどうなることやらという感じではあったのです。(実は実を期待していた)
親切な方が調べて下さったのですが、実までたどり着くのには、ほとんど不可能な事らしい。

両性花なので1本で良いし、花は結構沢山咲くらしいのですが、結実は5000花か10000花に一つ(^_^;)
しかも花が咲くのに数年かかるらしい。おまけに種から育てたものは、ほとんど結実しない。

まあ ここまで成長したのも何かの縁(?)ということで先日植え替えもし、その時には気が付かなかったこの側枝。

               花・咲くの??? 
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-14 10:49 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(7)
苺ソース
f0097970_12353041.jpg

ようやく雨が上がったので、畑に行ってみました。
苺が鈴なりです♪♪♪♪♪
と言っても よく見るとこの長雨のせいか、腐ったりぶよぶよになったものが結構沢山・・・。もったいない。苺は雨に弱いのです。

気を取り直して収穫♪
苺パックにしたら3パック位?収穫。
明日も又採れるし、食べきれないので苺ソースにすることに。


f0097970_12503531.jpg

我が家は、毎朝パンなのですがジャムは使いません。
しかしヨーグルトを毎朝食べるので、そのためのソースです。
苺のソースは、ジャムよりはちょっと柔らかめに仕上げます。

ちょっと前のは、伊予柑のソースを作りました。
面倒くさいときは、市販のジャムを買ってきてメープルシロップで
薄めて使います。

明日の朝食から畑のめぐみ・苺のソースでヨーグルトをいただきます。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-12 12:59 | オイシイもの | Trackback | Comments(8)
green green green salad
f0097970_21929.jpg畑で緑の野菜が沢山出来てきたので、究極(?)のグリーンサラダに。
レタス3種類、ルッコラ、エンダイブ、水菜、グリーンアスパラ、スナックエンドウ、新タマネギ、茹でチキンが材料。
写真撮影後、オリーブオイルで和え、岩塩、胡椒、酢で味を調えます。
これは、何十年も前に旦那様がイタリアに行った時、定食屋さんで食べたサラダの作り方。ずっと気に入っています。




f0097970_21114353.jpg




グリーンアスパラはお湯で茹でるより、洗って水分が付いたまま電子レンジをかけた方が甘いような気がしてそうしています。
茹でたてなので湯気がのぼってぼやけてます。




f0097970_21241853.jpg


GW前のレタスの写真。
今日はもっともっと茂ってました。
今年はこのあと サニーレタス、グリーンリーフレタス、サラダ菜ができてきます。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-11 21:31 | オイシイもの | Trackback | Comments(4)
畑騒動顛末記・2) 新天地
新しい畑が見つかりました。
f0097970_1624252.jpg













その場所は、森と崖に囲まれた小高い丘の一角で
そんな場所があったなんて、18年もココに住んでいて知らなかった。
専業農家が数件有る程度、幹線道路もないので入ってくる人もここに用のある人だけ。
開発ともちょっと無縁な感じ。
畑仲間のひとりが探してくれました。
地主さんは、地場の農業とか、有機無農薬栽培にとても熱い人で、
ご夫婦で、この土地を本当に愛しているという感じが伝わってきます。

f0097970_13462939.jpg











見に行ったときは、菜の花が満開。
地主さんは、椎茸の栽培農家。
家の前の畑の一部を3人で借ります。
毎年要らなくなった椎茸の菌を植える木屑を畑に捨てているので
畑には、たい肥が播かれているのと同じ。栄養満点です。

f0097970_21273661.jpg













ちょっともったいなかったけど、地主さんがトラクターで菜の花を鍬込んでくれました。
今週あと一回鍬込んでくれると畑の出来上がり。
その後石灰を播いて、もう植えてしまった夏野菜をここに移植できるかどうか
微妙だなぁ〜。

f0097970_1641335.jpg




こんな緑の小道を抜けて新しい畑へ。
自転車で約12、3分。
ちょっと遠いですが、
この景色と良い土が手に入ります。
皆さん ご心配おかけしました。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-08 16:48 | 畑騒動顛末記 | Trackback | Comments(16)
楽しい収穫
f0097970_2149409.jpg

畑の楽しみは何と言っても収穫です。
特にイチゴとかブルーベリーとかの収穫は、何にも増して楽しみです。
今日は、今年初めてのイチゴの収穫。
思ったより早く色付いていました。
お味も上々。去年は最初の収穫時ちょっと雨がぶり寒かったので、あまりおいしくなかったのですが、ここのところのお天気と気温の高さが良かったのか、本当に甘い!
しかも味が濃い。

f0097970_21555141.jpg

もう一つは、キヌサヤの収穫。
これが出来ると初夏が来た感じ。
キヌサヤ、スナックエンドウ、グリーンピースの順に出来ていきます。
私はキヌサヤを薄味のお出汁で卵とじにしたのが大好きで、それを食べるために作っているようなものです。
花が咲いたあと、まだだろうと思っていたら沢山出来ていました。



f0097970_2245549.jpg


こちらは田植えの済んだ田んぼ。ウチから30分ほど車で行くとこんな田園地帯が広がっています。日本の原点、お米です。
この風景を見るとやはり日本の農業は大切にしないとと思います。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-06 22:19 | 2006春夏畑のお話 | Trackback | Comments(6)
いやされる花
f0097970_23383333.jpg毎年この季節に咲く花。
名前は知りません。私の前に畑をやっていた方が育てていました。
その後は毎年こぼれ種で咲きます。












f0097970_2339195.jpg
どう表現したらこの花にぴったりなのか、思い浮かばないほど鮮やかに咲き誇ります。
今日のような真っ青な初夏の空と、冴え冴えとした新緑が似合う花です。
ちょっと前向きになったり、又後退したりする今の私を
今年はいつにも増して元気づけようとするかのように咲いています。






f0097970_2340470.jpg








まだ咲き始めです。群生するので、一番多い時期に又ご紹介できたらと思います。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-03 20:56 | 草花 | Trackback | Comments(4)
花から団子
f0097970_2171081.jpgイチゴの花が満開です。そして早い花は終わり、いよいよイチゴの実が出来てきました。
一番大きい実は、かすかにピンク色が見えます。

そろそろ網掛けの時期です。
れいの区画整地のせいか、森が無くなって、タヌキやウサギなどが減り 食べられることは少なくなりましたが、それでも用心に越したことはありません。






f0097970_21164459.jpg去年は、ネットにイチゴがぺとっと半分くらいひっかかっていました。
地面はなんだかひっかいたような跡が・・・。
きっと食べたくて食べたくて、必死だったんだろう。タヌキかしら。
思わず笑ってしまいましたが、アミがなければ根こそぎ食べられてしまうので、ここは一つガンバッテ網をかけました。

この網掛けもちょっとコツが必要で、イチゴから微妙に離した網を出来るかけぴーんと張るのです。そうすれば手が届かない。



f0097970_21254777.jpg





網を張り終わって周囲を見たら インゲンの芽が土を押しのけて出ていました。
季節は春から夏に向かっています。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-02 21:29 | 2006春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
畑騒動顛末記・1)何が起こったのか
私が住んでいる場所は、この間衆議院議員補欠選挙選挙で超有名になった地域です。
ここは、3年ほど前から宅地開発などでかなり森や雑木林が無くなってきていました。
特に去年 新線が出来てからは、私の目には乱開発とも見えるような造成のため
木という木はことごとく切り倒されています。

私が住み始めた18年ほど前は、カブトムシ クワガタに始まって キジ、タヌキ、
ウサギ とかもいました。
そうした生き物はどこに追いやられたのか。
畑にもあきらかに獣が来た後が残っていたりしていましたが。

そんな激変する環境の中、心配はしていたのです。
ただ 地主さんの「ここは道路計画からも外れているから大丈夫」と言う言葉を信用していました。
裏は勘ぐりたくないので、素直に受け取れば、地主さんの言っている事は本当。
でも開発はもっと大がかりで、地域一帯を区画整地することでした。
その区画整地に私の借りている畑がひっかかったと言う訳です。

相手は旧住宅都市整備公団。8月から工事に入りたい。
地主さんは、腰が引けていて「借り主の了解を取ってくれ」と旧……に言ったそうです。
冗談じゃあありません!
すでに 夏野菜の苗は植えてしまっているし、ブルーベリーやラズベリーの果樹はこれから実が成るし、秋にならないと植え替えが出来ない。
第一 菜園の場合 通常最低半年前に言うのが常識です。
地主さんも 元は農家、解っているはずの事です。

今後は、終了時期の延長交渉と新しい農地(?)探しを平行していきます。
さいわい 畑は4,5人の人とやっていたので、ちょっと心強い。
地主さんにも ここは一肌脱いでもらいます。

GW旅行の計画など立てなかったのが、せめてもの救い。
さっそく農地探しです。

■みなさん わざわざブログへの書き込み、励まし本当にありがとうございました。
 最初は、頭が真っ白になってしまいましたが、取りあえず前を見ることができるよう 
 に。パートナーの支えもあってどうにか復活です。
 こういう時は本当に支えてくれる人がありがたいです。
 皆さんのブログを改めて読むことも、私にとっては励ましでした。 
 いったん 前を向くと、結構げんきんなもので新しい取り組みがいろいろ出来るよう 
 になりました。
 手始めに<畑騒動顛末記>記を。
 交渉から新しい畑探しと決定、大移動、新しい畑での様子まで書きつづっていこうと 
 思います。
 これからもヨロシクお願いします。
[PR]
# by shogame2 | 2006-05-01 12:17 | 畑騒動顛末記 | Trackback | Comments(10)
いつかこの日が来ることは分かっていた。
突然 10年やってきた畑を返すことになりました。

ちょっとショックで言葉もありません。
もう植えてしまった夏野菜の苗はどうなるのか。
と目前の事が頭をかすめるのですがそれよりは10年間の歴史です。

子供ととった真っ赤なイチゴや
夏休み畑で子供ととれたてのトマトや生のトウモロコシを食べたこと、
秋に初めて大根やにんじんを抜いた時の子供のおどろいた顔やうれしそうな顔、
10年間子供と成長した畑でした。

今 ちょっとブログもままなりません。
コメントいただいても 返信出来ないかも知れません。
ごめんなさい。

もう少し冷静になったら記録としての畑の顛末記のブログ書きます。
f0097970_2324615.jpg
[PR]
# by shogame2 | 2006-04-29 23:24 | 2006春夏畑のお話 | Trackback | Comments(5)