タグ:椎茸 ( 2 ) タグの人気記事
あの椎茸を食す
この雨で、一番気になる畑の様子が見に行けないのでガッカリ。する事もないので、先日レポートした椎茸栽培園の方、つまり私の畑の地主さんから教わった椎茸の美味しい食べ方をご紹介。
もちろん一番オイシイのは、七輪でさっとあぶったくらいの椎茸にお醤油をじゅわってかけて・・・、とは思いますが。


f0097970_20581640.jpg

椎茸をゆっくりとごま油で炒めて、お醤油とみりんで味付け。ちょっと味が濃そうだったらお酒を入れます。最後に七味を投入して出来上がりです。
椎茸大盤振る舞いで、たっぷり使うのがポイント。
簡単な作り方ですが、口に入れると椎茸の香りがこれでもかっていうくらい広がります。
これだけでご飯2、3杯いけます。もちろんお酒にも!






f0097970_2131243.jpg

こちらは和風の椎茸パスタ。今日のお昼に作ってみました。
弱火で、ニンニクを炒め続いて椎茸も入れて炒めます。今日はたまたまベーコンがほんのちょっと残っていたので一緒に炒めました。
この時にゆっくりとどちらかといえば弱火で炒めるのがポイント。
椎茸から水分が出てきて、ちょっとぬるっとした感じになります。

最初のお料理もそうでしたが、椎茸って手早くさっと炒めるものと思っていましたが、ゆっくりジワ〜て炒めると、味が濃く残るようような感じがします。

パスタのゆで汁でもどして置いた唐辛子を入れて、そこに茹でたパスタを投入。
味付けはお好みですが、今日は和風で行くつもりだったので塩と薄口醤油を使いました。最後に三つ葉を載せて出来上がり。
頂くときに、パルミジャーノをすり下ろしてかけると椎茸と思わぬ相性の良さ。でした。



f0097970_21133896.jpg

最後は、私が勝手に作った(地主さんのお薦めではありません)けんちん汁風。
椎茸はもちろんのこと、野菜は全て自家製の、人参、ゴボウ、ネギ、グリーンアスパラ、三つ葉。他に鶏肉。
チョット寒いような気がする日、こんな一椀に自分が作った野菜が入るとそれだけで自己満足のご馳走です。

さて 10月に突入したので、いよいよブルーベリー6本とイチゴの苗の引っ越しです。イチゴはかなりの株(40株くらいかなぁ)を移動するので、ココロしてかからないと。
頑張らないとね。

★おまけ:先日ピンぼけの写真をくっきりさせる方法を 畑ガーデンさん
から教わりました。「Photoshop」というソフとがないと出来ないのですが、さてどれがピンぼけだったか分かりますか?

答えは・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2006-10-06 21:40 | オイシイもの | Trackback | Comments(16)
椎茸レポート
f0097970_2173442.jpg


きのこが美味しい季節です。マツタケもいいけど、今日は椎茸。
この椎茸、クヌギなどの木での栽培ではなく「菌床」というもので栽培されたものす。
「菌床」?そう。私が今作っている「菌床堆肥」の「菌床」です。

新しい畑の地主さんは、この菌床で椎茸栽培をしています。
菌床はだいたい半年位の寿命だそうで(意外と短い)夏の間はその入れ替え時期。
9月に入ってキノコが美味しくなる丁度その頃にこちらの椎茸も収穫時期になってきたのでお願いして見せていただきました。


f0097970_21161198.jpg

椎茸の菌床は、こんな大きなハウスの中に整然と並んでいてまるで工場のようです。
こんなハウスが2棟で約12000個くらいの菌床があります。
だいたい室温20度位湿度は80パーセント位だそうです。
一つの菌床は20cm×10cm×高さ15cm。主な原料はおが屑と米ぬかと椎茸菌。
そして沢山の水分です。だから霧が出てくるスプリンクラーもありす。
この菌床を作る業者さんがちゃんと居てココに届く時、菌床はビニール袋に一ずつ入っています。来たときは椎茸の菌で真っ白。
それが椎茸がバリアを張って茶色になると椎茸発芽(?)準備OKということです。


f0097970_21195026.jpg

そして椎茸はこんな風に出てきます。出てきたばかりの赤ちゃんもいます!
出荷できるサイズになるまでにだいたい一週間ほどだそうです。


f0097970_21211093.jpg

そして、一個の菌床からこんなに沢山の椎茸が出てきます。
この椎茸は、科学的な肥料はいっさい使っていません。
農薬も全く使わないそうです。大敵はナメクジ。椎茸はご馳走だそうです。
見つけたら即「殺」です。



f0097970_21294565.jpg
そして年老いた菌床は役目を終えて、
第2の菌生(?)「堆肥」へと移っていくのです。
役目を終えた菌床は、ぼろぼろになっています。






最初の写真の見事な椎茸は、こうして作られますが、見栄えだけでなく味の方もとても良くココの椎茸を食べたらちょっと他のお店のものは・・・・・。ていう感じです。
なにかで「下手なマツタケより美味しい椎茸がある」って言うのを聞いたことがありますがまさにこの椎茸がそうです。
地元ファンがとても多くて、直売所では売り切れもしょっちゅうです。
現在は地元の小中学校の給食にも出しているそうです。
ここの子供達は本物のオイシイ椎茸楽しめて幸せ。
そしてその椎茸はもちろんのこと菌床堆肥まで楽しめている私はもっと幸せかも。
[PR]
by shogame2 | 2006-09-25 21:47 | オイシイもの | Trackback | Comments(26)