<< 本格梅雨の合間に 一粒で二度美味しい >>
はじめまして
f0097970_20185042.jpg

ど も   初めまして。きっと メロンです。

昨年も 最初はこんな風にカワイイ子が出来たのに、収穫した物はこんなになったのね。


今年は、ちゃんと種から育てて、
病気?っていう危険時期も乗り越えて、ようやくらしき物が・・・・。


愛しのメロン    ちゃんと出来ますように。
[PR]
by shogame2 | 2010-06-19 20:26 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://nuruilife.exblog.jp/tb/14007820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakko at 2010-06-20 00:39 x
昨年のメロンはえらいことでしたね。
接木のメロンの台木はカボチャ(それも美味しくない)だったのですね。
今年は実生だからその心配は無しですね。
このメロンの赤ちゃん、なんとなく気品がありますよ。
美味しいメロンなりますよ。

私は実生のカボチャで失敗をしたことがあります。
美味しい栗南京、種を取って蒔きましたが
花が咲いてカボチャがどんどん大きくなっていきます。
あまりのスピードに園芸店で聞いたら、
「家畜用のカボチャと交配したんじゃないですか」とのこと。
後でわかったのですか近くでデカカボチャの品評会に出すカボチャを栽培していたようです。
一応食べようとしたのですが、これもまずすぎでした。

Commented by apricotberry at 2010-06-20 05:57
かわいい。 水風船みたい。 
今年は種から育てたのだから、きっとおいしいのができますよ。 
明日帰国です!  また遊びに行かせてくださいね〜。
Commented by shogame2 at 2010-06-20 21:47
*sakkoさん*こんばんは
メロン 気品があります?
ちょっと嬉しいかも〜。
基本はプリンスメロンなんですけど、タキイの改良品のようです。
小さいのが沢山出来るそうなので、楽しみです。

カボチャというのは、簡単に交雑してしまうんですね。
翌年のカボチャが出来るまで分からないというが何とも困った話し。
カボチャの種を取る時には気をつけないといけないですね。
実はワタシ、昨年美味しかったカボチャの種をとっておいたのですが、やっぱり心配になって、今年だけはと思い種を買いました。
sakkoさんのコメントを読んで、ちょっとホッとしています。
Commented by shogame2 at 2010-06-20 21:49
* apricotberryさん*こんばんは
種から育てるというのは、昨年みたいな失敗はないけど、その分病気になりやすかったり、実付きが悪かったりするようです。
ウチのはどうかな?
病気にはなったけど、どうやら立ち直りそうです。
今年も帰国の時期ですね!
ご連絡下さい!楽しみにしています。
Commented by oyajisans at 2010-06-21 09:44
ココまで育てば多分大丈夫でしょう。後は鳥獣の被害だけ遭わないように工夫しないと…(笑)うちもメロンやカボチャの赤ちゃんが出来ています。今年初の「ロロン」は形もユニークなので
本当に楽しみなのです。お互いセレブなデザート目指しましょう。ちなみに昨年のはもしかしたら台木が「鉄かぶと」って言うカボチャじゃなかったのかなぁ…。
Commented by yaya_seiko_udoku at 2010-06-22 00:09
これはこれは、はじめまして!
この爽やかな緑色、淡淡と生えてる産毛・・立派なメロンですよ!!
プリンスメロンをタネからって、今年も迷った末に苗からなんですけど。「かわい~な」とか言う、小さいのがいっぱい採れる品種が気になってます。
Commented by shogame2 at 2010-06-22 06:16
*おやぢさん*おはようございます
写真で見ると何だか大きく見えますが、実際は親指の先くらいで、まだまだ小さいです。
でも 明らかに昨年の「かぼちゃ?」ってのとは違うので、かなり楽しみにしています。
昨年の台木「てつかぶと」・・・・。
確かに そのももズバリの風貌でした。
もう 思い出したくもないあの姿です。
Commented by shogame2 at 2010-06-22 06:18
*睦月さん*こんばんは
ぐふふ まだなりは小さいですけど、これってメロンですよね〜、ぐふふ。
もう眺めているだけでにやけてきますよ。
さらに ぐふふ なのは、この品種が「かわい〜な」なんですよ。
ちょっとネーミングが・・・・なので、あえて品種は書かなかったのですが。
ここへ来て、沢山の雌花が咲いてきています・・・・・、が 雌花が小さくて受粉がとっても難しいというのが難点です。
<< 本格梅雨の合間に 一粒で二度美味しい >>