人気ブログランキング |
<< 堆肥作り始動 今年も鳥にご用心 >>
安いか高いか一粒95円
f0097970_2116266.jpg

初めてシシリアンルージュの種を買ったのは2007年。
ネットで調べても売っていなくて、ブログのお友達にお願いして送って貰いました。
その時は10粒で525円。

その後ネットでも売られるようになったのですが
そのお値段の高いこと!


今年は8粒690円+70円(送料)=760。
一粒95円。

これが一本の木に一粒だったら それはもうお高いの極みですけど
幸いなことに一本の木に沢山のシシリアンが出来るのでね。
まあ売り手市場ですから 我慢するしか無いかな。
何しろあのパスタにした時の美味しさを知ってしまったら
買わないわけにはいかないのですよ。



昨年の夏、スーパーでこのシシリアンのトマトを売っていたのですが
普通に他のトマトと一緒に置いてあって
美味しい食べ方とか書いてなかった。
しかも やはり結構良いお値段だったんです。

知らない人が買って帰って、普通のトマトと同じように生で食べたら
火を通した時みたいには美味しいとは思わないんじゃ無いかなあ〜。

「高いお金出したのに 大して美味しくなかった」
なんて思ったりして。
せっかくパスタやトマト料理で美味しいトマトなんだから
一言書いて置いたら親切なのにって思ったりしました。



我が家の夏野菜の種一番乗りは、このシシリアンルージュ。
他の種はまだこれから色々と調べての発注になります。


「色々と調べる」っていうのも、悩み悩みながらなので 
これから種蒔きまでの楽しみです。
by shogame2 | 2014-01-23 21:31 | 2014春夏畑のお話 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://nuruilife.exblog.jp/tb/21317658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asahinahikari at 2014-01-23 23:29
素晴らしいです〜こだわりを持ってお野菜作りしているんですね!
お料理の素材として考え、品種選びまでするのですね!
シシリアンルージュを使ったパスタが食べたくなりました。
高級トマトになりますね!播いて必ず発芽しますか?
8粒芽がでなかったらモット高額になりますね〜
Commented by ann at 2014-01-24 08:48 x
もうトマトですかああ~~早いね一年は
そんなにおいしいんですね、シシリアンルージュは
私もトマトは生で食べるよりソースにする率が高いので、機会があれば作ってみたいものですわ~

スーパーに売ってるときは「シシリアンルージュ」って書いてあるの?
書いてなければ普通に生食しちゃうかもね~
同じような細長い形のトマトはほかにもあるでしょう?
Commented by tomokeda at 2014-01-24 09:55
おはようございます。

こんな話を聞くと、シシリアンルージュを作ってみたいと
思っちゃおますね。
でも?一粒の種のお値段が、95円ですか〜。
つい種の採り方ってどうするんだろう?って、
つい考えちゃいました。(笑)

ちょっと日が、長くなって嬉しいです。
Commented by kao-hon at 2014-01-24 16:27
はじめまして。 いつも拝見してました。
初めてコメントさせていただきます。

シシリアンルージュはおいしいですよね。
私も毎年作ってトマトソースをたくさん作って冷凍してます。
でも、タネからではなくて、
ホムセンで240円位の苗を買ってくるだけですが。

夏野菜の苗をタネから育てるのは、うらやましいです。
Commented by abu71_nomin at 2014-01-24 20:13
昨年はマウロさんのシシリアンルージュとサンマルツアーノリゼルバをつくりましたが、どちらも調理用で最高にいい仕事をしてくれますね~
単体もいいけど、ブレンドをすることでさらに味わいが増すように感じましたよ。
私は苗からでしたが…これまた高い!(特にサンマルツアーノリゼルバが…)
Commented by offsidegallery at 2014-01-25 09:12
もう種まき!
ほんと、早いですね~。
確かにいろいろなトマトがスーパーに
並んでいますけど、食べ方はなかったようです。
ピコパパママ
Commented by shogame2 at 2014-01-25 15:49
* asahinahikarさん*こんにちは
トマトはちょっとだけこだわりがありますです。
なので タグもあえてトマトだけ別にしてあります。
このシシリアンルージュは、まあ生で食べてもそこそこ美味しいですよ。
で たぶんお店でも他のトマトと並べてたんじゃ無いかと・・・。
でも生と比べたらやはり落ちます。
最近はホームセンターでも苗を売っていますね。
ちょっとお高いですけど。
種からだと2月下旬に家の中で育苗、加温が必要ですけど発芽は100%!
かなり野性的なので、その後にダメになる事は滅多に無いと思います。
一本から沢山採れるので、私は4粒しか播きません。
トマトの種は冷蔵庫で保存したら、翌年も使えます。
Commented by shogame2 at 2014-01-25 15:56
*annさん*こんにちは
夏野菜の種の注文はまだ先なんですけど
2年に一度シシリアンの種を注文するので
無くなると痛手なため早々と注文しました。

昨年見たスーパーのシシリアンは、
名前が付いていたのに食べ方が無くてね〜。
ちょっとシシリアンが可哀想でした。

で その食べた感想というか・・・(大昔の頃の)
http://nuruilife.exblog.jp/5763511/
こんな感じです。
興味があるなら 最初の年は試しに苗を1本買ってみて育ててみたら?
たぶん苗も高いと思うのでね。
でも野性的でどんどん育つし沢山採れますよ。
Commented by shogame2 at 2014-01-25 16:01
*tomokedaさん*こんにちは
このシシリアンもそうですけど
日本のトマトのほとんどがF1種なので、
きっと難しいでしょうね。
種は、トマトの中にほら じゅる〜ってあるあれのなかにw
私も 種から育てられたらどんなにか良いかなと思うんですけど。
こちらだと5月頃になると
昨年トマトを作ったあたりにこぼれ種の発芽があるんですけど
育ててみてもイマイチ美味しくなかったりします。

年が明けて、朝明けるのも早くなったし夕方5時でもまだ明るいですね。
もうちょっとの辛抱!
Commented by shogame2 at 2014-01-25 16:04
*kao-honさん*はじめまして!
私の拙いブログにコメントをありがとうございます!
以前から見ていてくださったのも とても嬉しいです。

シシリアン、作られているんですね。
本当に美味しいトマトですよね〜。
苗、やはりお高いですね。
種からだともうちょっとお安いし、
半分は取っておいて来年って事も出来ます。
2月下旬〜3月上旬に家の中で加温して育てないといけないですけど
シシリアンはとても野性的で発芽でも育苗でも苦労したことはありません。
今のところネット注文の種ですけど、トライしてみても?
Commented by shogame2 at 2014-01-25 16:08
* abu71_nominさん*こんにちは
そちらも育てられたんですね。
私もブレンドというのはちょっとおこがましいですけど
サンマルツァーノもシシリアンも沢山になってくると
一緒にしてピューレにします。
昨年の瓶詰めは大量に出来たので、実はまだあるんですよ。

苗もお高いんですね〜。
サンマルツァーノだと、イタリアからのだと山ほど種が入っています。
冷蔵庫の保存なら5年くらい保ちますから、種から育てたらいかがでしょう。
ちなみにうちのサンマルツァーノの種は、今年で4年目になります。
Commented by shogame2 at 2014-01-25 16:09
*ピコパパママさん*こんにちは
種蒔きまでにはまだ一ヶ月くらいあるんですけど
シシリアンは、欠品になると困るので早々と買いました。
今年もあとちょっとで忙しくなります。
Commented by mikeblog at 2014-01-26 16:57
もうそろそろ夏野菜の種蒔きの時期ですね。私はナスもトマトもほとんど苗を買ってしまうのでまだのんびりです。茄子は秋なす用に暖かくなってから遅く蒔きます。トマトは脇芽を差してケチケチ増やします。
苗も高いけど種も高いんですよね!
GWを前に夏野菜の苗が売り出されますが「どこで誰が育てたの?」って言うくらい大きくてビックリします。
shogame2 さんは苗農家にも負けてないですね。毎年すごいと思います。
Commented by shogame2 at 2014-01-27 16:19
*mikeblogさん*こんにちは
夏野菜の種播き一番乗りは、毎年島唐辛子とナスなのですが
2月上旬くらいでしょうか。
とにかく発芽温度が高いので、過保護の極みみたいにして待つんですよ。
私も1本2本で良いものは苗があったら買うのですが
島唐辛子は、種が沢山あるので(お料理に使うので種が余る)
それを使うし、トマトはどうしても欲しい品種が苗で売っていないので
やはり作ることになります。
最近は自分で育てた方が、何となく安心感があるような・・・・。
ただ 隙あらば食べてしまう黒い子がいるので、そこだけご用心です。
<< 堆肥作り始動 今年も鳥にご用心 >>