<< 最後のタマネギ 特別って程じゃないの >>
もっと イタリア!
今シーズンは、イタリアの種をいただいたので、色々とチャレンジ。


f0097970_17573312.jpg
これは「サボイキャベツ・ベローナ」っていうサボイキャベツの仲間らしいのですが、ちょっと葉っぱがムラサキがかって確かに縮れ加減だけど、なんだか普通のキャベツと変わらない感じに出来上がりました。


土の酸度とか、お隣に日本のキャベツが沢山植わっていたので
多勢に無勢?
郷に入っては郷に従え?

本当はこんな感じに出来上がるのにね。



これは、葉っぱがパリッとしていたし、芯が硬そうだったので
f0097970_184375.jpg
ロールキャベツにしました。
これが大正解!とっても甘みがあって、見た目はスジぽいのに 食べてみると全然スジは感じなくてとっても柔らかです。
煮込みに美味しいキャベツです。
一緒にポロネギも使ってみたのですが、これも日本の長ネギとはちょっと違って柔らかくて甘みがありスープに最適でした。







f0097970_18152063.jpg
これは泥付きのカブじゃないの。
イタリアの「ブラック ウィンター ラディッシュ」
皮が黒い大根?
カタチは球形ですが、根は大根のように長いです。



f0097970_1821881.jpg
良く洗って切ってみるとこんな感じ。
かじってみると、「辛い!」それにちょっと硬めです。



f0097970_18225685.jpg
もうちょっと気の利いた煮物にすれば良かったものを、よりによって豚角切りと甘辛く煮てしまいました。完全和風。

お味は、大根よりはカブの硬いの、っていうか、少々お芋っぽい感じ。
軟らかく煮ると甘みもあって美味しいです。
でも たぶん和風より洋風のトマトとかと一緒に煮た方が数段美味しいと思います。
次の収穫では、トマトソースで煮込んでみます。


イタリア野菜、全然知らなかった不思議な野菜も有りますが、万国共通の「キャベツ」や「大根」もあります。
でも、硬さや味、風味も日本のものとは違います。
やっぱりその土地でのお料理に合わせるのが一番なんでしょうね。
[PR]
by shogame2 | 2008-11-13 18:36 | 2008秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : https://nuruilife.exblog.jp/tb/9653296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by woodstove at 2008-11-13 20:08
いやぁ!!珍しいものばかり拝見させていただき、たいへん参考になります
。 植物って、その植えられた環境によって変わると聞きます。
ヨーロッパで美しい色を咲かせる花も、日本に持ってくると色がくすんで
しまったり。。。。 そんな事が野菜にもあるんでしょうかねぇ。。。
でも、美味しければそれはそれで良いですよね。。。(^^;)
Commented by junjun-bread at 2008-11-13 23:02
ほんとだー!珍しいお野菜達ですね!!
サボイキャベツのベローナ・・ちゃんと見本どおり(・・見本って・・笑)に出来てますよー。ちょっと赤みが少ないんでしょうか。朱に交わればしゅらしゅしゅしゅー♪ですか。ウハハ(^v^)
ロールキャベツ、美味しそうです!キャベツの筋がこれまたお洒落だし。

黒いラディッシュ。体に良さそう~。黒い食べ物は栄養が詰まってるような気がするのですが・・・。煮物の湯気がゆらゆらしてるぅ~。
Commented by sakula-factory at 2008-11-14 05:22
うわぁ〜、おもしろ〜いっ!見本に比べると、ちじれ加減が少ないんですかね。かぶ(?)も、黒いんですね〜。いくらなんでも泥でこんなに黒くはならないですものね。なんか、楽しぃ〜。
ロールキャベツがおいしそうなこと!水菜ももちろん自家製ですよね。ポロネギなんていうのもあるんですね〜。
あ〜、楽しいですね〜。
Commented by sakko at 2008-11-14 07:22 x
お早うございます。
めずらしい、お野菜ばっかり・・・・
名前も知らないものばかりです。
ロールキャベツのキャベツは
郷に入れば郷に従ったのですね。
風土に合わせたのかな?

黒い蕪
切ってみれば白。
煮ると芋っぽい味、見た目もお芋かと思うほどですね。
お料理も盛り付けも工夫されていていいですね。

Commented by totonana-blog at 2008-11-14 07:42
shogame2さんは、野菜作りと料理がちゃんと両立してるから尊敬します^^
(他のブロガーさんもそうですが。)
私は野菜作りは意欲がわきますが、料理は、、、。(+_;)
近くにイタリアンのレストランがあるので、夏のシシリアントマトなんかはそこで美味しく料理に使ってもらいましたけど、秋野菜も来年shogame2さんを真似て作ってみようかなあ〜。
Commented by offsidegallery at 2008-11-14 09:55
へ~・へ~・・・・と押し続けてしまいました。
種を持っているので、使っていただこうかな?と
思わず、思いました。
いただいたキャベツは、広島お好みには、程遠くなって
しまいましたが、柔らかくって何より切った時の
香りが素晴らしかったです。
ピコパパママ
Commented by shogame2 at 2008-11-14 20:27
*woodstoveさん*こんばんは
こんな小さな日本の中でも、気候の違いで上手くできない野菜など有るわけですから、ましてや外国となるともうこれは未知の世界ですね。
日本語の説明書が無い場合は、「大根に似ているから秋に撒いてみよう」みたいに想像で育ててみるわけで、当然収穫した後どうやって食べるかはさらに未知の世界です。
これは日本の○○より美味しい!と言うのは、お料理の仕方によってですけど、あまりないような気がします。
やっぱり日本料理に合った野菜で、私たちの口にも馴染みがあるんですね。
Commented by shogame2 at 2008-11-14 21:00
*じゅんじゅんさん*こんばんは
思ったよりも紫色にならなかったサボイキャベツ、縮れ加減も今ひとつでちょっとガッカリです。
一番の原因は土の酸度?とか思っています。
でもお味は良かったです。ウチのキャベツは、ナマだと柔らかく良いのですが、煮込みになるとあまりに込めないのでこのサボイキャベツは今後も使おうと思います。
黒い大根は、もうちょと研究の余地が有りそうです。
どこかにイタリアの人とか居ないでしょうか?
食べ方知りたいです・・・・。ネットで調べても分からなかったので。

Commented by shogame2 at 2008-11-14 21:07
*pocpocさん*こんばんは
サボイキャベツってもともとかなり縮れているのですが、これは少し縮れ加減が少ない品種のようですね。それでもさらにウチのは縮れ加減が少ないです。それよりも色です!私ムラサキから緑のグラデーションの出来るキャベツ楽しみにしていたので、ちょっと残念でした。でもお味は上々でしたよ!
黒い大根(?)は、黒い皮の所がものすごく硬いんですよ。ざらざらとしています。
食べ方が分からなくて、こんな風になってしまいましたが、きっともっともっと美味し食べ方が有るはずです。私としてはトマトと合うように思えるんですけど。
ポロネギは、もちろんネギなのですが、日本のネギよりももうちょっとタマネギっぽい(?)感じでしょうか???
Commented by shogame2 at 2008-11-14 21:16
*sakkoさん*こんばんは
最近はイタリアンレストランも沢山あるのに、案外食べたことのないイタリア野菜ってあるものですね。きっと日本で栽培されていないのでしょう。
キノコとかフォアグラとか生ハムとか、現地から輸入したりするけど、野菜はどうやら日本の似たものを代用しているような気がします。
本当のお料理知りたいですね〜。
きっと素材を生かした美味しいお料理が有ると思うんですけどね。
Commented by shogame2 at 2008-11-14 21:20
*totonanaさん*こんばんは
お近くにイタリアンレストランがあるなんて!
なんて幸せなんでしょう!
来年は、イタリア野菜を沢山作って、そこのお店で使ってもらってお料理の仕方を是非こちらにも教えて〜。
私は、食いしん坊なので、食べることにとても貪欲で、食べたい=作る、という感じ。
お料理も上手い下手は二の次で、取り合えず作ることはスキなのです。
可愛そうなのはshogame1です。
今回の新作も 当然ご試食係でした。
Commented by shogame2 at 2008-11-14 21:24
*ピコパパママさん*こんばんは
おお こんな近くにイタリアをご存じの方が!
種はもし育てる場所が無いのなら、こちら実験農場で栽培させていただきます。
が、当然収穫のあかつきには、レシピをどこぞのイタリアンレストランのシェフにご伝授願いたいです。
もちろん今回の黒大根、どうやって食べるんですかぁ!?って聞いてみたいです。
Commented by はたけ番@緑ネット at 2008-11-15 09:00 x
イタリア野菜って、本当に面白いですね。私たちも今年はたまたまタネを頂いちゃったためにチョビッと挑戦したわけですが、そのもの本来の味や食べ方を先に調べておくべきだったかな、という反省もあります。と言っても、中華料理と比べればやはりまだまだ未知の世界。来年への対策も立てなければ・・・。と言う訳でshogame2さんとこで大いに勉強させていただくつもりでーす。
Commented by shogame2 at 2008-11-15 21:00
*はたけ番さん*こんばんは
はたけ番さんも作っていらっしゃいましたね。
黒キャベツとか・・・・。
でもやはり外国の特殊な野菜は、どうやって食べるか、調べても分からないことが多いです。
でも 想像しながら作っていくのも楽しいですよね。
まあ 多少の失敗はつきものなので、ご愛敬ですよ。
食べさせられる方は、ちょっと災難ですけど。
という訳で、私も行き当たりばったりなので、一緒に想像力をたくましくして作っていきましょう。
Commented by mikeblog at 2008-11-16 23:27
サボイキャベツに「ブラック ウィンター ラディッシュ、珍しいですー。こっちの仲間は誰も作っていませんね。この黒い大根は初めて見ました!中は白いんですね。辛いということですから黒っぽい大根おろしができますね。サラダの彩りにもいいかなー。せっかくイタリアの野菜を使ってもどうしても和風になってしまう私です。
Commented by shogame2 at 2008-11-17 22:20
*mikeblogさん*こんばんは
この黒い大根は、皮がとっても固くてまるで木の皮みたいな感じなので、煮ても美味しくないだろうと思って剥いてしまいました。
たぶん大根おろしも一緒にすり下ろしても美味しくないでしょうね。
私も大根と聞いただけで和風を連想するので、洋風、特にイタリアンなどとなると皆目見当も付かない状態です。
Commented by sahee at 2009-01-09 18:23 x
ベローナやらカステルフランコの検索してたらたどり着きました。私も同様だった(ただし寒くなると紫色が濃くなった)ので、ナチュラルさんに尋ねました。ナチュラルさんのいい所はすぐ質問メールに答えてくれる所。

他社の紫サボイも似たような物、縮れはあまりないけどサボイに分類されているということでした。生で刻んでも甘みがあって美味しいですよ。

それから、ロマネスコいいできですね。私は198円のブロッコリーサイズで250円で売ってます。採り頃は、バラける寸前です。バラけてくるとだんだん茎が伸びてきます。変なのができるのは、外国の種はアバウトだからと思います。一説によると肥料不足かも。日本の種は品質管理が厳しいんです。
Commented by sahee at 2009-01-09 18:32 x
(追加)黒大根は「タケイファーム」検索下さい。皮色を生かしてサラダ、おろし(辛いと思います)、半干しソテーや煮込み(芋のような食感になる)
Commented by shogame2 at 2009-01-09 21:18
*saheeさん*こんばんは
コメントありがとうございます。
このキャベツは、その後寒さがぐっと増したら確かにムラサキが濃くなりました。でも一皮剥くとやはり緑でしたけど。
思っていたよりずっと美味しくてこれは来年もまた作って御代かと思いました。
ロマネスコは、今年は豊作で楽しんで食べています。
失敗の時の原因は未だに不明です。肥料不足はおそらく無いと思うのですが、とにかくここ2年は無事に育ったのでホッとしています。黒大根、確かに煮込むとちょっとお芋感覚ですね。もっさりした感じに。どちらかというと日本人向きではない?って感じがしますけど。
色々とありがとうございました。
<< 最後のタマネギ 特別って程じゃないの >>