タグ:土と堆肥作り ( 82 ) タグの人気記事
ん〜〜な落ち葉堆肥・切り返し3回目
落ち葉堆肥、2回目の切り返しから約一ヶ月、意を決して今日3回目の切り返しをしました。
本当は、「堆肥主任」にお願いしたいところですが、このところ持病の腰痛が・・・・・。


f0097970_17134464.jpg
これが一ヶ月経った今日の落ち葉堆肥。
表面は乾いてしまっているので、何だか本当に落ち葉が置いてあるみたいな・・・・。
コンパネを乗せてあったので、少し凹んだような感じですが。


f0097970_171557100.jpg
切り返し途中の落ち葉。
一応白カビも生えている所もあるのですが、米糠がまだ残っている所もあり。
前回は、菌床を入れたために全体にすごく増えてしまい、ちょっと踏み込みをしてしまったせいでしょうか?
何となく生っぽい・・・・・・。

表面から20cm位の所は、発酵温度が45℃位になった時もあったのですが、
踏み込んだせいで、全体に酸素不足で発酵が足りなかったかもしれません。



ま 考えてもしょうがないので、ひたすらお隣の堆肥箱に積み替えです。



f0097970_1721174.jpg
左の箱から右の箱に積み替え終盤。
前回の教訓を生かして、今回は良くほぐして全体にふんわりと積んでいったら、
今度は、全部積み込めなくなりそうになり、かなり焦ってしまいました。

結局、ほどほど手でちょっと押さえつつ、何となく積み込み積み込み・・・・・・。




f0097970_17272515.jpg
作業開始から約3時間、ようやく積み替え終了。
危ういくらいてんこ盛りです・笑



f0097970_1732275.jpg

そのままブルーシートだけだと崩れそうなので、
以前に地主さんから頂いたムシロをかけてからブルーシートで覆いました。



今回は、途中にも書きましたが、発酵がイマイチだったのでニオイがちょっときつかったです。
思ったより堆肥化も進んでいませんでした。
これから暖かくなるので、まだ生っぽく残っていた米糠が
次回の切り返しまでにちゃんと発酵してくれたら嬉しいけど・・・・。


まぁ  長期戦なので、あまり気にしないことにしましょう。
[PR]
by shogame2 | 2011-03-08 17:40 | 2011春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
落ち葉堆肥作り・切り返し2回目
落ち葉堆肥、1回目の切り返しから20日が経ってしまいました。
お天気も安定しているし、暖かかったので今日思い切って2回目の切り返しをしました。

え?shogame1が・・・・いえ、私がやったんですよ。
まあ のんびりとやってみようかなという感じです。
今日中に出来なかったら、明日になっても良いしくらいの気持ちで。

f0097970_16535345.jpg
少し移し替えたあたりの落ち葉は、しっかりと白カビも出来ていて、なかなか良い感じです。
少し乾いているのは、温度がそれだけ上がったからでしょうか?
な〜んとなく、暖かいというか人肌というか、冷たさは全く感じませんでした。


f0097970_16562831.jpg
でも少しずつ移し替えて行くうち、中心あたりのきっちり圧がかかっているところは、カビが無くて冷たくなっていました。
堆肥枠に接しているところには、白いカビがあったりするので、
もしかしたら空気が少なくて白カビが生えなかったのかもしれません。
表面の油分はもう取れて、黒くなってきているのもあるのですが、温度は上がらなかったかも。


f0097970_1703948.jpg
1回目の切り返しの時に、随分シャッフルしたのですが、それでもまだこんな風に今木から落ちてきた葉のようなものもあります。
真ん中の方にしっかりと積み込まれていたのに不思議です。
残りの米糠を時々ぱらぱらとしながら、水も少々播きながら反していきました。


f0097970_172669.jpg
コーヒーをポットに入れて持っていったので、途中はもう休み休み・・・・
春先のように暖かだったし、午後いっぱいかけての〜んびりの作業でした。
まだ 葉がぱらぱらとなるので、案外重さもなかったしね。
なるべく ほんわりと押さえないようにとは思ったのですが、最後は全部積み込めそうになくなり、
やはりちょっと踏み込みをしました。



f0097970_1791942.jpg
以前にいただいた『むしろ』があったのを思いだし、それを一番上に乗せ、水をかけてブルーシートで覆いました。
さて これってまた発酵するのかな〜。
昨年はどうだったかな?
と 思ってブログを見たけど、2回目以降の切り返しはレポしていない・・・・涙
でも 昨年は落ち葉が枠に全部入らず、2回に分けて作ったので何だかちょっと・・・・。
なので 今年はやっぱりちゃんと記録を残すことに。


次回の切り返し?
まあ 気分次第ですかね。
とりあえず2回目を切り返したので、もう後は野となれ山となれとなるかもしれないしね。
[PR]
by shogame2 | 2011-02-05 17:18 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
落ち葉堆肥作り・切り返し1回目
f0097970_2152332.jpg
落ち葉を積み込んでから11日目。
一度目の切り返しをすることにしました。
積み込んだ落ち葉は、すぐ隣の箱にほぐしながら入れていきます。
11日経った今日でも中の温度はまだ45度程あったので、葉をすくい上げる度に「もわ〜」と湯気が立ちます。
温泉のようです。

寒いところでの作業。
落ち葉を触っていると手が温かくて気持ちが良いです。


f0097970_2110638.jpg
積み込みの時に、充分に混ぜ水もかけていたのですが、まだ全くさらさらに乾いた状態の落ち葉も出てきました。

f0097970_21114045.jpg
なので、今日はその乾いているところには、再び米糠と鶏糞、水を充分に。
米糠は、20kgの米袋一袋、鶏糞は1/3袋くらい。
さらに、昨日抜いた雑草と、一昨年の堆肥の残り、昨年の菌床を投入。
これで再び発酵してくれたらと思っています。


毎年、地主さんからいただく使い終わった菌床。(菌床についてはこちら
毎年、落ち葉堆肥が出来上がる直前に混ぜるのですが、
今年は、落ち葉を例年より少なめにしたので、早めに投入して一緒に発酵して貰おうと思っています。


そして いつも積み込みの時には、レポする堆肥作りですが、
その後は何となくうやむやになっていました。
今年は、分量や方法もちゃんと記録として残しておこうと思っています。
[PR]
by shogame2 | 2011-01-15 21:25 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
落ち葉堆肥作り・一週間後
f0097970_15431869.jpg
落ち葉を積み込んで一週間が経ちました。
ブルーシートを外してみると、表面はカラカラに乾いてしまっていました。
そこでちょっと掘ってみると、白いカビにまみれた落ち葉が!
そして、もわっ〜〜っと湯気が立ちます。


f0097970_15462412.jpg
温度を測ってみると48度くらい。
積み込んで、3.4日くらいで見たら、きっと50度は超えていたと思います。
外気温、今日は暖かかったのでたぶん12度くらい。
良い感じに発酵が始まった様子です。


ああ ホッとしました。
毎年、この一度目の発酵が上手くいくかどうか・・・・・実はドキドキものなのです。
湯気が立って、50度くらいになってるとすごく嬉しい!
今まで、こんな風に温度が上がらなかった年も何度かあるのです。

まあ 温度が上がらなくても、一年間何度か切り返しをしていくうちには、
最低でも腐葉土までは出来るのですけどね。
発酵して温度が上がってくれた方が、早く堆肥化が進みます。


f0097970_1549457.jpg
真ん中の板の乗った箱、積み込んだ時は、こんもりと盛り上がっていたため、強風でブルーシートが飛ばないように、ベニヤ板を乗せておいたのですが、すっかりぺちゃんこになっています。
三つ並んだ一番奥のブルーシートの箱は、この春から使う落ち葉堆肥が出番を待っています。

一番手前でちょこっと写っている空箱の中には春ジャガイモ用程の堆肥が残っています。
この箱に、今回の落ち葉堆肥の一回目の切り返しを入れ込む予定。


出来るなら、shogame1に週末一回目の切り返しをやって貰いたいんですけど。
どうなるかな〜。
[PR]
by shogame2 | 2011-01-12 16:01 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
畑も仕事始め
f0097970_2112841.jpg

毎年この時期に行っていたスキー旅行、今年はお休みしました。
だから 何となくのんびり。
そこで1月4日 今日から畑も始動ということにしました。
手始めに、昨年末集めた落ち葉の積み込み作業。

そう 今年も落ち葉堆肥を作ります。

今年の材料は、
落ち葉:    70L〜90Lの袋×25袋
米糠:       米袋20kg袋×3袋弱
鶏糞:       10kg×1,5袋
コーラン:  1kg×2袋
苦土石灰:10kg

落ち葉と米糠、苦土石灰、それにコーランを少々、これに水をかけながら順番に積み込んでいきます。
昨年、「軽く積み込んで空気好きな菌で発酵させる」方法が上手くいったので
今年もその方法をとることにしました。

ただ 落ち葉はカラカラに乾いていて、あっという間に箱がいっぱいになってしまうため、
少し踏み込みもしました。
何となく中途半端な気もしますが、そうしないと25袋は積み込めないので・・・・。


さて これで 今年も数日後に良い感じに発酵してくれると良いのですが・・・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2011-01-04 21:20 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(16)
畑も紅葉
f0097970_1803696.jpg

イチゴ 紅葉。
畑も秋は終わり、冬が始まった。
そろそろ ワラも敷かないといけないな。



………………………………………………………………………………
今日は家のベランダに置いておいた落ち葉の袋をshogame1に運んで貰いました。
全部で21袋だったので3往復・・・・・・。

その後、堆肥作りに必要な米糠をgetするため、無人精米所(?)めぐり。
この辺では、お米を精米する人が多くて、そうなると無人精米所で米糠が出ます。
それを 頂くわけです。

3カ所目にようやく見つけました。
米糠って、最近結構無くなっていることが多い。
家庭菜園のブームが到来したここ2年くらい顕著です。
堆肥作りにも、肥料としてもとても良い米糠。
だんだん集めるのも大変になってくるね。

ついでに 鶏糞とかコーラン(発酵促進剤)もHCで買ったので、
これで いつでも堆肥作りが始められるようになりました。

shogame1 お疲れ様でした。
[PR]
by shogame2 | 2010-12-23 18:05 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(10)
舞い散る落ち葉が呼んでいる
f0097970_13424557.jpg
はらはらと クヌギの葉が舞っています。


今年は、落葉が少し遅いのか、私がのんびりしていたのか。

落ち葉をシャクシャクと踏みしめて歩いていたら、
落ち葉の方から呼び止められるように、はらはらと舞い落ちてきました。


「ほれほれ そろそろ落ち葉集めしないと・・・・」




f0097970_13454314.jpg
クヌギは落ち葉の中でも最後の方にゆっくりと落ちてきます。
だからかな、私ものんびりしていたのは。

一昨年、自宅の直ぐそばにクヌギの大ボクが数本あるところで
落ち葉が沢山落ちているのを発見。

お隣の住宅の方が
「もうどんどん取っていただいたら私達も助かります」
と 仰ってくださったので
こちらも遠慮無く取らせていただきました。
以来毎年取らせていただいています。

やっぱり落ち葉は、クヌギが一番良いように思います。
カサカサと油分が無いし、ぱりぱりと良く割れてくれます。


ここで15袋。
いつもの神社で、今年も
「お掃除ご苦労様」とお散歩途中のお年寄りに言われて
「ああ いえいえ」と照れ笑いしつつ5袋。

合計で20袋集めました。


こちらは、今夜から雨らしいので、
そうなると かなりの葉がまた落葉しそうです。

あと1回、5袋くらい集めることにしましょうか。


※記録として:12月4日現在27袋

ところで・・・・・
[PR]
by shogame2 | 2010-12-02 14:08 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(8)
土に帰る
f0097970_17275686.jpg
この「土」と

f0097970_17281595.jpg
この「土」

見た目はほとんど違わない土。
でも 実は大きな違いがあります。

最初の土は、畑の土。良く耕されてはいますけど、ただの土です。

2番目の土は、実は土ではなくて、「堆肥」です。
一昨年の終わりに主にクヌギの落ち葉を米糠などと一緒に積み込み、
何度かの切り返しの後、菌床を投入して混ぜ合わせた物。


かれこれ4年ほど前、広々とした畑が借りられることになって
念願だった「堆肥」が畑の一角で作れることになりました。
最初は、地主さんからいただいた菌床だけでしたが、その後落ち葉を集めて本格的に作り始めました。

どうなるかなと思った堆肥でしたが、自作の物は、とにかく全部の資材が分かっているのでとても安心。
それに 思っていたより大ざっぱでも出来る物なのです。


f0097970_17432650.jpg
2年越しの堆肥は、これまでで一番の出来でした。
落ち葉のこなれ具合、触った感触と土のニオイ。
この堆肥は、2年の間にごく自然に土に帰っていきました。
しかも 飛びっきりの栄養を含んだ ホクホクの土となって。

この堆肥も あとスナックエンドウなどのおマメ達と来年のジャガイモの植え付けに使ってほぼ終わります。

思わず ありがとう と言いたくなる土なのです。
[PR]
by shogame2 | 2010-11-05 17:49 | 2010秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(20)
成長中?
f0097970_19363161.jpg
ルバーブの不思議なブッタイは、その後も成長中。


f0097970_19371254.jpg
茎がぐぐっと伸びて、どうやらやはり花のようです。


f0097970_19375320.jpg
アップで見るとこんな感じ。小さな花の集合体のようです。
引いてみると、文字通り「引いちゃう」感じだけど、アップで見るとそれなりに可愛らしい花です。
このまま放っておくと、そのうち実が出来るんでしょうか?

木(?)が丈夫そうなので、もうちょっと置いておくことにしました。




f0097970_19403687.jpg
今年の落ち葉堆肥、日曜日に遅ればせですが、一回目の切り返しをしました。
良い具合に白い菌が出てきています。
米糠がまんべんなく散っている所は、イヤなニオイも全然無くて、むしろ良い香り(?)
米糠が固まってしまった所は、ちょっと臭かった・・・。

今回は切り返す場所に、先に新しい落ち葉と米糠を入れ、その上から切り返しの落ち葉を投入。
でもまだ足りないので、空いた囲いに残りの落ち葉も積み込んでしまいました。
全部で2箱。
次回は、う〜んどうしよう・・・・。
囲いはもう無いので、どちらかに切り返しをすることになると思います。
今回みたいに、また上手くいくと良いんだけど・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2010-04-12 19:46 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(10)
気分もホクホク
毎年続けている堆肥作り。
一昨年は、積み上げてもほとんど発酵温度が上がらず、
昨年は、上がっても40度止まり。
まあ 何度かの切り返しをするので、一年後には結構良い堆肥になってはいるものの、
ネットで見るように「やれ50度とか60度とか」の発酵温度にはほど遠く
いつも「どうしてだろうね〜?」と悩んでいました。

そして今年の堆肥作り。
今年は、遅れて先週からスタートしました。


今年の方法は、
1.落ち葉を例年のようにぎちぎちに踏み固めない。
2.米糠を大量に投入する。
この2点をやってみることにしました。

落ち葉堆肥、ネットで調べてみると、どの作り方も「踏み固める」と出ています。
今まではそれを頼りに(?)実行してきたのですが、
その度合いというか、加減が分からずじまい。

あるサイトで、発酵菌は「空気を嫌う菌」と「空気好きな菌」というのが有るらしいということが分かりました。
そこで、今年はこの「空気好きな菌」を繁殖させて堆肥を作ってみようということに。

材料は、
●落ち葉:70L〜90Lのゴミ袋、30袋のうち今回は15袋。
●米糠:20kgくらい(たぶん)
●鶏糞:10kg
●コーラン(発酵促進剤):1kg×3袋
●苦土石灰:10kg

落ち葉と米糠はタダですが、他は今回投資です。
2500円位にはなったかと思うのですが、それでも堆肥を買うより安い。
何より、自作の安心感があります。(上手くいけばですけど・笑)

f0097970_957792.jpg
こちらが、3月22日に積み上げている様子。
踏み込みをしていないので、15袋で枠の中はいっぱいになりました。
米糠、今年は大盤振る舞い・笑





f0097970_9574841.jpg
そしてこれが一週間後3月28日、昨日の様子。
落ち葉を踏みしめていなかったので、既にこんなに凹んでいました。



そして、一番気になっていた「発酵温度」はというと・・・・・









f0097970_9582441.jpg
温度計を落ち葉の中に入れてみると、ナンと56度ありました。
写真では写らなかったけど、湯気も立ち上って、発酵が始まった感じがします。

ここ数年、どうしても上手くいかなかった初期発酵。
何だか ちょっと上手くいきそう?


昨日は、北風が強くとっても寒い日でしたが、
落ち葉の中はホクホクと暖かく
私達のココロも 今年はちょっとホクホクと嬉しい落ち葉堆肥作りのスタートです。
[PR]
by shogame2 | 2010-03-29 10:04 | 2010春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)