タグ:豆 ( 203 ) タグの人気記事
ハ・ジ・メ・マ・シ・テ
f0097970_19312640.jpg
はじめまして。。。あの ワタクシ ひよこ豆です。


前回、ひよこ豆姫ちょっと不調のお知らせをして
それから悩んだのですが、もう明日にも枯れてしまったらどうしよう。
と思ったらもう心配で、心配で・・・。
思い切ってたった「一粒」ですが収穫しました!

そおっと皮を切ってみると
ナント! たった一粒でしたぁ  お豆。

ちょっと拍子抜け。
色々調べているウチに どうも2粒くらい入っているような感じだったのですが。
それに結構大きな袋に思えたので。

でもその貴重な一粒は、ことのほか大きくて、
f0097970_19383181.jpg

ほらね。でもこれって乾燥すると小さくなってしまうのかもしれませんね。

それはそうと、このひよこ豆、よ〜〜く見るとハート型の模様が!?
ね。かわいらしいわ〜。かわいらしいわ〜。
でもこのままにしても置けないので、心を鬼にして予定通り茹でて食べることに!

そのお味はというと、これが又 あ〜ま〜いの。
たった一粒をしかもshogame1と分け合ったので、ほんの一瞬の味見でしたが
間違いなく甘い。
そしてホックリする感じは、ちょっとソラマメに似ているかも知れません。
乾燥したひよこ豆とは、チョット違う味わいでした。

これから どの位収穫できるか分かりませんが 苗はあと3本。
どう考えてもそれ程の収穫が有るとは思えません。
ただ 縁有ってshogame家で発芽し、お豆になってくれるなら
この先は完熟させて、来年の種まき用にしても良いかな。なんて思ってます。


ソラマメのかき揚げ f0097970_1957320.jpg

畑のブログをやっていると野菜の育て方や、病気のこと、新しい品種のこと、色々な事を色々な方から教えていただけてとてもありがたい。
中でも収穫した野菜のお料理方法は、新しい発見にも繋がる本当に良いアドバイスをいただけたり、ヒントを見つけたりすることが沢山あります。


ソラマメは、どうもお酒のおつまみ的な考えしかなかったのだけれど
昨日は私のブログのお仲間<hatake-gardenさん>から
「かき揚げがご飯のおかずにオススメです」っとコメントをいただきました。
ソラマメは茹でてからなのかそのままで良いのか、<hatake-gardenさん>のブログで質問したら、即お返事を下さったのでもうこれは作るしかない!
と言うことで 今夜早速ソラマメのかき揚げを作ってみました。

材料は、畑で収穫したてのソラマメと三つ葉、そしてエビです。
初夏らしくアサリとか生の桜エビとかにしたかったのですが、良いのが無くて。。
でも これは美味しい!何よりソラマメが、本当にホックリとして甘いのです。
最近天ぷらはほとんどお塩でいただくのですが、
こちらもお塩の方が合っていると思います。
もちろん お酒にもあうのでありました。

hatake-gardenさん ありがとうございました!

その他にも <さぬき日記のharunoさん>のソラマメのペペロンチーノ
<mikeblogさん>のソラマメの炊き込みご飯・・・。
これから試してみようって思っております。ぞくぞくお楽しみ料理です。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-24 20:23 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(30)
初夏の楽しみ

f0097970_2054212.jpg

ふわふわの綿毛に包まれたソラマメ。3年ぶりです。
ソラマメも充分にカワイイのですが
このソラマメが包まれている柔らかい毛布のようなベッドも本当に愛らしい。

同じ畑のお爺さんに教えていただいて、思いっきり間引きをし、
ついでに上の方の花芽も潔く取ったのが良かったのか
アブラムシも付かずにスクスク大きくなりました。
と言っても、お店で売っているのみたいには巨大にならなかったのですが、
ウチで食べるには充分ぷっくりと太りました。
もう少し待つと更に大きくなるのかな?とか思ったのですが、
さすがにこの陽気でアブラムシが発生してきました。
そこで日曜日と本日収穫。

最初は塩ゆでで。
ビールも良いけど白ワインも結構合います。




f0097970_2041598.jpg

そして 待ちに待った「ソラマメのスープ」
お豆の甘さとうま味があるので塩胡椒以外調味料無し。
小麦粉とバターは使わず、タマネギと少々のジャガイモでとろみを出しました。
後は牛乳と少量の生クリーム。
暑い日には、冷たいスープにしても美味しそうです。
なにより淡い緑色が爽やかできれいです。
(スミマセン私の技術では表現できませんでした)

なんとも清々しい初夏の味わい。
お腹にも優しいソラマメのスープです。



ところで
f0097970_20382011.jpg■緊急事態発生!

ひよこ豆姫2号の先端が枯れてきました!
回りの葉もあまり元気が無く、部分的に黄色くなってきています。
この2号には現在3個のお豆が着いています。
はてさてこの子達をどうしたものか。
このままにして置いて、万が一緒に枯れては元も子もありません。
さしあたって一番最初に出来たお豆は、硬くなっているので収穫してみようか。

う〜ん迷うな〜。
[PR]
by shogame2 | 2007-05-22 20:55 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(30)
恐れていたこと
山の上で命の洗濯なんて、悠長にやっていたら
下界では大変なことがおきていました。

そうあの恐れていた地獄『キヌサヤ地獄』でした。

f0097970_20325239.jpg


■何でもペペロンチーノ
取りあえず、いつものようにペペロンチーノ仕立てにしてみました。
ペペロンチーノって、懐が深いお料理。
たいていのお野菜は受け入れてくれて、しかも香りを壊すことなく美味しく頂くことが出来ます。
キヌサヤの弟分、スナックえんどう(本当に弟?)もきっとペペロンチーノ美味しいと思います。



f0097970_2042583.jpg

我が家で定番のキヌサヤの卵とじ
4月の終わりから採れ始めたフランスの白タマネギと一緒に卵とじにしました。
あくまで薄味でさっぱりと。
写真、卵ケチっているみたいに見えるけど、器に盛る時に失敗。
こういうのって、一発勝負だから難しい(言い訳がましいけれど)



f0097970_20392310.jpg

こちらは、キヌサヤとイカの炒め物
同じく採れたてのフランスの白タマネギも一緒に、中華風にゴマの香りとショウガを利かせます。

と まあ下界に降りてきてから、明けても暮れてもキヌサヤのお料理ばかり。
これ以外にも、撮り忘れた『キヌサヤのサラダ』
これは、オリーブオイルと塩ビネガーで和えた物。

お料理だけ見ていると 色々作って楽しそうに見えますが、食べる方は毎食キヌサヤ登場です。
採っても採っても次から次に実を結ぶキヌサヤ地獄。
この後には スナックえんどうが控えているし なんだか大変なことになりそうないや〜な予感。




f0097970_943511.jpg
そして
今朝又採ってきたキヌサヤ〜〜〜〜
今日のお昼もキヌサヤペペロンチーノォ?

[PR]
by shogame2 | 2007-05-10 20:59 | オイシイもの | Trackback | Comments(12)
えぇ!もう?_ひよこ豆姫の成長
f0097970_2102135.jpg

4月1日に定植したひよこ豆姫。
今朝 畑を巡回していて・・・「!!!」ウソでしょ〜??

これって もしかしたら花?花の蕾?
って事は、もうすぐご懐妊遊ばすって事?

だって定植後まだ2週間しか経っていないし、当然目に見えるような成長をしているわけでもないし・・・・。
背丈も30センチくらいしかなくて、相変わらずか細い茎。

さてさて どうなる事やら。今朝のビックリ大事件。


           ■ノンビリもいるの■
f0097970_21132719.jpg

こちらはもう既に花が終わっていよいよご懐妊のソラマメ。
ただ今長さ3センチ程度。小さくてもイッチョウマエにそらまめの形をしています。
さすがに大きいお豆なので、サヤエンドウやスナックえんどうと違って、のんびりゆっくり大きくなります。
今年はまだ アブラムシも付かず順調。
塩ゆでソラマメ、ソラマメのスープ、ソラマメのかき揚げも美味しいし。
莢を眺めていると、妄想が大きく膨らみます。





f0097970_2164090.jpg

毎年 春のこの時期の楽しみ。ゆっくり出てくるレタスミックス。
お味もさることながら、この彩りが大好きです。


このレタス達は、リーフレタスなので少しずつ間引きながら食べていきます。
私はレタスなどの葉物の場合、大きくなった葉っぱから間引いてそれを食べます。
間引きしたものを捨ててしまうのは、可愛そうで、だったら大きくなったものから食べていけば、小さいのを間引かずに済むと。。。。

これから気温が上がると、このレタス達も急にニョキニョキと伸びてきます。
今のウチにゆっくり眺めて、柔らかく香り高いミドリといただきます。


週末は、いよいよ出そろった夏野菜の苗購入。
そして畑は、新しく開墾の噂も・・・・。
[PR]
by shogame2 | 2007-04-13 21:33 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(20)
スナックかスナップか
何気なく呼びながらも実は、本当呼び名を知らないものって有りますよね。

これからが旬の『スナックえんどう』またの名を『スナップえんどう』
みなさんはどちらを使っていらっしゃるのでしょうか。

実はこれ前回の私のブログにコメントを下さったブログのお仲間
harunoさんからの素朴な疑問なんです。
う〜ん、harunoさん、気になるんですね。

実はワタシもチョット気になりながらもなぜか長年『スナックえんどう』
特に深い理由もないので、『スナップ』と呼ぶ方がいればそれに合わせたり
結構適当でした。

お店でも『スナックえんどう』と呼ぶところも有れば
『スナップえんどう』と呼ぶところもありますよね。

では、大手種苗メーカーのサ○タさんは?
私の去年のカタログを見てみると、『スナックエンドウ』の表示。
タ○イさんはどうやら『スナップエンドウ』

呼び名としては『スナック』ってスナック菓子とか飲み屋さんのスナックとか
野菜の爽やかなイメージからはちょっと・・ ですよね。
その点『スナップ』は<プ>と語尾に付くところがナントなんとなく可愛らしい。
さて、さて、どうなんだろう。

この際ちゃんと調べて、白黒(かな〜)はっきりさせよう!
ということで、調べました!

なんと昭和58年に農水省が正式名称を決めていました。
それによると正式には

『スナップえんどう』

だそうです。

f0097970_2292746.jpg

             ※注 写真は去年の『スナックえんどう』です

スナップエンドウは、もともとアメリカから入ってきたエンドウの仲間。
それをサ○タさんが、いの一番に
『スナックえんどう』と言う名前で専売権を取得して販売を始めたのだそうです。
だからスナックエンドウも別に間違いというわけではないようなのです。
商品名ですものね。

タ○イさんは、サ○タさんに先を越されて、
それじゃあもともとの呼び名の『スナップ』にしよう、
としたかどうかは知りませんが。


もっともアメリカの呼び名は『えんどう』じゃなくて(当たり前ですが)
「snap bean」とか「sugar snap」とか言うようです。
『snap』には「パチッという音」や「ポキッと折る」とかの意味が有るんだそうです。
(スミマセン、私は語学力がないのでちょっと調べました)
そういえば収穫する時、間違って途中で折れると『ポキッ!』っていう感じです。


じゃあ日本の呼び名『スナックえんどう』の「スナック」は?
っていうとこれはどうやら諸説有って、
スナック菓子のように簡単に食べられるからとか
妙な理由だったりとどうもはっきりしないようです。

なんだか訳の分からない感じです。
サ○タさんはどうなんでしょう。
最初にこのネーミングにした理由。


いずれにしても日本国の正式名称(?)に従うなら『スナップえんどう』
でも私はサ○タさんから種買っているから『スナックエンドウ』

だって
「サ○タのタネから『スナック753』というスナップエンドウ買いました」
っていうのなんだか早口言葉みたいだしね。


結局なんだかはっきりしない結末で、それぞれのお好みにお任せの感アリ。
さて harunoさん?みなさん いかがいたしますか?
[PR]
by shogame2 | 2007-04-11 22:15 | ゆるゆる生活 | Trackback | Comments(16)
今日生まれたて
f0097970_20164832.jpg

始めまして。今年のサヤエンドウ。
さっき生まれたみたいに出来立てほやほや。
まだ花も付いたままです。


でも・・・・
f0097970_2040989.jpgあっと言う間にこんな風に大きくなるサヤエンドウ。
これはたぶん生まれて2日ほど。
まだまだ柔らかく太陽に透き通る莢の中には、小さな豆粒が見えます。
このくらいで採って食べると お店で売っているのとは全然違う何とも香り高く柔らかいサヤエンドウ。

実は今年ちょっと失敗をしまして。
毎年スナックエンドウ:サヤエンドウ=3:1位で作るのを、種まきを間違えて逆にしていまいました。
こんな悠長な事を言っているウチにアットいう間にサヤエンドウ地獄到来です。




■日光浴開始■
f0097970_205135100.jpg

お天気の良い昼間、少しずつ外気に当ててきた夏野菜の苗達。
だいぶ大きくなってきて、いよいよ本格的に外気に当てることにしました。
手前のトマトの苗達はもう30センチくらいの大きさになってきたので、トロ箱に入れて夜もベランダでお休みです。
シシリアンルージュ(右側2本)もお陰様でぐんぐん大きくなっています。
島唐辛子、万願寺唐辛子、イタリア茄子は丈夫そうですが、何となくまだ小さくて、夕方は家の中に。
ゴールデンウィーク辺りには、畑に定植しようと思っているので、これからはちょっと寒い日も一日ベランダで。徐々に鍛えていきます。
これからは、スパルタでいきます。
でも 又ベランダが去年と同じに・・・
[PR]
by shogame2 | 2007-04-09 21:22 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(16)
生命のチカラ
f0097970_20291166.jpg

昨年初めて畑で実を付けたブルーベリー。
美味しい実の後 初めて電気虫にやられ、ほとんど丸坊主になりました。
新しい畑に引っ越してきても、他のブルーベリー達が元気に定着していくのに、この木だけは、死んでしまったようにか細く枝の先をつまむと『ポキッ』と枯れ枝のように折れました。
もうダメかと諦めつつも、春までは様子を見ようとそのままに。
3月に入り他のブルーベリー達が元気に花芽を出し、つぼみになり、新しい枝も出して行く中、このブルーベリーだけは、相変わらず枯れたように・・・。

ところが、この間の10日前辺りからどうも動きが・・・。
とこの2日畑に行けずどうなっているか心配していたら、なんと今朝はこんな風に嬉しい変貌を遂げていました。
枝の色もおかしくて、新芽なんて出てくる気配も見えなかった2週間ほど前から比べたら!
つくづく感じるいのちの力です。

きっと体の中で、少しずつチカラを蓄えていたんだね。
今年は、ちょっともったいないけど 花芽は落としてあげるから、その間にもっとチカラを蓄えて、大きくなってね。

そして元気で苦手な夏も乗り切って、来年の季節にはオイシイ実を沢山付けてね。


*頑張ったね
f0097970_2175114.jpg
日曜日に定植した『ひよこ豆姫』月曜日には寒の戻りの寒い雨。
今朝畑に行くまで本当に心配した姫は、
元気でした!
実は火曜日にちょっとカバーをしに畑に行って来ました。それでも筒状のカバーなので、ほんのちょっとしのぐ程度。
特にこの2日間は、畑に行けずしかもみぞれまで降る寒さ。
もうダメかもと思い、今朝畑に行ってみて本当にほっとしました。


その後の姫の調査で、やはり暑い国の植物なので出来るだけ寒さは避けた方がいいみたい。
又 湿気も苦手のようです。乾燥気味の方が良いような感じです。

きょうはそこそこ暖かかったけれど 
寒の戻りはおわったのでしょうか。このまま春になっていくのでしょうか。
まだ最低気温は、一桁に戻ったままです。
家に残っている姫2号、週末に定植しようかどうしようか。
う〜ん 迷うところです。






f0097970_2124150.jpg

            東京の桜もう終わり           
[PR]
by shogame2 | 2007-04-06 21:44 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(18)
そらまめの花 咲きました
f0097970_20451241.jpg
大きなお豆になるから 花もやはりちょっと大きめです。
でも大きさのわりに繊細。
花びらの中心に黒く見える部分は、実は濃い紫です。同じ濃い紫の線が葉脈のように花びらの外側に広がっています。
葉脈の周りは水を流してにじんでしまったような薄紫です。

この花が終わると ちいさなちいさなそらまめの赤ちゃんが出来てきます。
毎年アブラムシに悩まされたので、2年ほど作りませんでしたが、やはりそらまめのスープが食べたくて、あの塩ゆでが食べたくて作ることにしました。
対策として、もったいないと思いつつ茎をかなり間引きし風通しを良くしました。




■蒼い花が好きです■

f0097970_21112033.jpg毎年春になるとどうしても欲しくなって買ってしまう花達。
でも畑に植えると大抵は夏の日照りで枯れてしまいます。
分かっているけど今年も買いました。
蒼い花2鉢



<ベロニカ オックスフォードブルー>




f0097970_217616.jpghana atorieさんのblogに出ていた花。昨日ガーデニングやさんで発見。
大好きな薄紫で、名前の通り素晴らしく匂い立つ花です。
買った後で2鉢とも暑さに弱いことが判明。
畑に植えていいものやら・・・。




<匂いスミレ>





f0097970_21275348.jpg■行き倒れではなくて■
暖かい日溜まりがあると、ついうとうと。
最近はあまりお仕事がないのですが、
そのうち忙しくなるから。
今はの〜んびり。(隠し撮りです)

[PR]
by shogame2 | 2007-03-12 21:32 | 草花 | Trackback | Comments(22)
行きつ戻りつやってくる
週末の千葉は最高気温7度ととても寒く真冬並でした。
特にこの冬は連日10度以上の日が続いたので、この寒さは身にしみました。
北国にお住いの方は「ちゃんちゃらおかしい!」って思うかも知れませんが・・・。

f0097970_20584382.jpg


それでも畑では、どうやら順調に春に向けて野菜達が育っていました。
今伸び盛りは、『そらまめ』です。
背丈は30センチくらいですが、もうつぼみがあって咲きそうです。
このおまめさんは、アブラムシにとても好かれているのですが、どうやらまだ彼らの姿は見られずひとまずほっとしました。


f0097970_2114017.jpg

こちらは、タマネギ。
知らなければ『わけぎ』と思うような姿形です。大きさもちょっと小さいくらいです。
茎がだいぶ太くなってきましたがまだ玉の部分は膨らんできてはいません。
種からは初めて作ったので、この時期の様子とかは分かりませんが取りあえず元気でいるのでなんとかなるかな。

f0097970_2182980.jpg

そして部屋の中ではこの若芽達。
あんまり可愛らしくて、いつもうっとりしてしまいます。
トロ箱の中に入っている若芽達。
ミニトマト、万願寺唐辛子、島唐辛子、イタリアの白茄子の面々ですが、なにせみんなナス科の野菜。
今の段階でほとんど区別が付きません。
特にミニトマト以外は、葉の形もほとんど同じ。
実が生るまで区別が付かないかも知れません。
この写真を撮るためにちょっと集めたので、忘れてしまわないか、間違えてしまわないか気が気ではありませんでした。

今日月曜日は、またお天気になり一日暖かでした。
こうして日一日暖かくなり、又寒の戻りがあって少しずつ春は近づいてきます。
[PR]
by shogame2 | 2007-02-26 21:21 | 2007春夏畑のお話 | Trackback | Comments(27)
お豆達
f0097970_0265348.jpg
11月上旬、うっかり忘れていて大慌てて撒かれたお豆4兄弟、ソラマメ、グリーンピース、スナックエンドウ、サヤエンドウは、その後予想外の暖かい晩秋で、無事発芽、順調に育っていささか育ちすぎで心配になっていたところへ、この3日間ほど寒さが急に襲ってきて大慌てです。
この寒さが襲ってきた初日の朝は元気でしたが。



私はここ数年、お豆達の越冬はトンネル状態にしているのですが、
お豆達の発芽後 あまりに暖かいので、ネットの下の方をちょっと持ち上げて風通しを良くしておきました。
f0097970_22481811.jpgf0097970_22484814.jpg












中はと言えば・・・
f0097970_22424096.jpg
お豆達は、shogame流の撒き方で、一列にお行儀良く並んでおります。
この後、少しずつ間引きをされて最終的には30センチに1本くらいになります。
こうしたやり方は、あまり見かけないと思いますが、真冬にダメになる苗もあるので、
春に足りな〜いなんていう、リスク回避の意味も込められており我ながら良いアイディ
アだと思っています。どうせ余った種は処分することになるのですから。
(普通は、一箇所に3粒とか撒いて株間は初めから30センチくらいです)






夕方、畑の帰り道 遠くたき火の煙がたなびいておりました。
もう冷え冷えとして秋も終わり、いよいよ冬です。
ちょっと上げて置いたネットは、やはり下げてほんの少し防寒をしてきました。

f0097970_23371547.jpg

[PR]
by shogame2 | 2006-12-06 23:27 | 2006秋冬畑のお話 | Trackback | Comments(14)